まず最初に申し上げますと…私にはこのゲームの良さが分かりませんでした(― ―;)
評判はとてもいいゲームなので、きっと私の感性がトチ狂っているんでしょう。

世間一般のサイケの感想よりかなり辛口寄りです!
おそらく今までの感想でディアラバの次に辛口です!(でもディアラバには愛があると言いはる)
サイケデリカが好きな人は今すぐお帰りください!


kokuchou_beniyuri


あらすじ
記憶喪失の男女が化け物蔓延る館に閉じ込められるお話です。


シナリオ ★★☆☆☆

私が期待しすぎたのかもしれません。館の謎はそれなりに凝ってましたが、謎解きに至るまでのワクワク感が少ないです。真相が暴かれる時も、キャラが唐突に昔話をはじめて、概ね予想通りの真相を語り出すだけでしたし…結構事務的に読み進めてしまいました。アムネシアのほうが続きが気になった。

本編は全編共通ルートで、端々にぶつ切りショートストーリーがあり、選択肢によってキャラEDに入るという構成です。物語の謎解明がメインなので、恋愛過程はありきたりかつ薄め。やっぱりショートストーリーで恋愛のすべてを賄おうとするのは無理があるのかな。本編でもそれなりにイチャイチャするんですけど、誰を攻略してても同じように共通でキャラ達とイチャイチャするので、主人公はかなりビッチくさい印象になりますw


キャラ ★★★☆☆

恋愛過程が薄いせいで、キャラの掘り下げが犠牲になってます。個別が1時間くらいしかない人もいますし。好感度は緋影以外最初からMAX。

主人公はよくあるオトメイト主人公です。お節介なドジっ子。弱いのに首突っ込んでって守られるタイプです。加えて共通ルートの仕様のせいで八方美人にも見えます。それに関しては彼女の過去のせいだから、というフォローも一応ありますが。ただの八方美人ではなく、悲しい過去があるせいで一人ぼっちを恐れる八方美人だということですね。あれ?これフォローになってるのかな?(゚ω゚)

でも私は紅百合ちゃん嫌いじゃないですよ。キャラたちが皆記憶を取り戻しているのに一人だけ何も思い出せず、「お前が知ったら傷つくだろう」的な理由で何も教えてもらえずのけ者にされる胸糞な場面で、「ふざけんなのけ者にしてんじゃねぇ!教えろ!(意訳)」と怒鳴った紅百合ちゃんに物凄く共感できたので(´ω`*)
私の乙女ゲーにおける最大の地雷にブチ切れてくれてありがとう。紅百合ちゃんどこまでもついて行きます。


総評 ★★☆☆☆

評価が難しい作品です。恋愛過程がなく、そのせいでキャラ萌えも薄く、ボリュームもないので、おそらくシナリオをどう感じたかで評価がガラリと変わるんだと思います。真相の設定は悪くないと思うんですけど…キャラたちが順に種明かししてくれるだけで、基本何も起こらないなぁ、というのが私の感想です。

たぶんこのゲームの前にスイクラを遊んでしまったのがいけなかったんだと思います。館に閉じ込められる鬱ゲーをお求めの方にはスイクラを全力でお勧めしたいです。