nico つづき * ガリーナ2世のつぶやきケニアの布

2005年08月30日

東京下町散歩

天王寺の菩提樹友人のハルちゃんと東京下町散歩。関東に来てからもう10年になろうというのに下町には初めて行きました。JR日暮里駅から散歩をスタート。駅を出て谷中霊園のほうへ歩いて行くとすぐに天王寺というお寺がありました。覗いてみると観光客とおぼしき人影が。私達も入ってみることにしました。境内には菩提樹があって、こんな可愛い実をつけていました。こじんまりしたお寺です。
愛玉子
谷中霊園の中の道を言問通りに向かって進んで行くと『愛玉子』というお店があります。その名の通りオーギョーチーを食べさせる店です。オーギョーチーは台湾で採れる愛玉子という果物の種から作られるプニプニした食感のデザートです。開業は昭和9年というレトロ一色のお店です。「チーあんみつ」なるオーギョーチーに餡を入れたメニューなどもありましたが、ここはやはり王道のシンプルなオーギョーチーを注文。注文するとすぐに出てきました。上にかかっているのは屋台のかき氷屋さんで見かけるレモンシロップ。懐かしいレモンシロップの味、そして寒天ともゼリーとも違うオーギョーチーの食感。かつては、東山魁夷などの文化人も食べに来ていたのだそう。今でこそバーミヤンなどで手軽に食べられるけど、当時は珍しかったのでしょうね。
豆大福の店
『愛玉子』の向かいに風情ある店構えの和菓子屋さんがありました。豆大福が美味しいお店だそうですが、暑くて大福を食べる気分ではありませんでしたので、写真だけ。
カヤバコーヒー
そのまま道をまっすぐ歩いて行くと言問通りとの角に『カヤバ珈琲店』があります。これまた大変レトロな建物。オーギョーチーを食べた直後ではありますが、とても惹かれます。でも、あまりにもレトロ過ぎて少し不安な気持ちもあります。そこで、ドア越しにジロジロ中の様子を伺ってみることにしました。中にいるのは御隠居さんばかり。。。私やハルちゃんのような若い女の子(自称)が入るのは相当な勇気が要ります。ハルちゃんとヒソヒソ相談の結果、入店は断念。下町散歩するからには、こういった御隠居さんのサロンみたいな場所にもドンドン入って行ったほうがいいとは思うのですが。まだまだ修行の足りない私とハルちゃんでした。

poyopoyopoyonchan at 15:34│Comments(1)TrackBack(2) その他 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 花ござ 揃いました  [ さぁさ お立会い 花茣蓙でござる ]   2005年08月31日 20:54
ここは頻繁に訪れる場所なのですが,花茣蓙を扱っていらっしゃるとは 今まで全然,気がつかなかったのです。 ここは、言問通りを,上野桜木の信号のところで、 谷中霊園の方へひょいと入ったところです。 すぐ近くに、愛玉子(オーギョーチー)という台湾の冷菓を食べさせる
2. 極楽のイメージ  [ 晴れの日、オーガニック日和 ]   2005年08月31日 20:56
見渡す限りの蓮池を、うちの奥さんは、僕とは別の感慨をもって眺めていたようです。 奥さんがよく知る人に、大学で仏教を教えている方がいらっしゃいます。その方が、あるとき、蓮池と仏陀のイメージに触れて,こう説明されたのだそうです。 「インドの乾期というもの

この記事へのコメント

1. Posted by at-masaqui   2005年08月31日 21:07
はじめまして
親しみを感じる土地の名前を目にして訪問させていただきました。
愛玉子の向いにある和菓子屋さん、豆大福も美味しいですが、季節になると「ちまき」を出してくれます。来年の話しになっちゃいますが、こちらもぜひご賞味ください。
それから「カヤバ」ですが、入ってみると、案外,適当に放っておいてくれます。確かにちょっと入りにくいですが、今度はぜひ!
そういえば、この店で、しばしば「やたらカッコいい着流しのおじいちゃん」に遭遇します。なんか、みなさんには「師匠」と呼ばれているようですが、何の「師匠」なのかは謎です。ときどき若い美人を連れていらして、ますます謎な方です。
トラックバックさせていただいたのは、愛玉子のすぐ近くの畳屋さんギャラリーの話しと,不忍の池の話しです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
nico つづき * ガリーナ2世のつぶやきケニアの布