ヨーロッパの雑貨

2014年11月09日

<雑貨屋ボレロ>新着商品!ゾーリンゲンの古いナイフ&フォーク

knifefolk
<雑貨屋ボレロ>に新着商品アップしました。
ゾーリンゲンの古いナイフ&フォーク 5,400円
古いものだけが持つ鈍い光が超クールです。
古いものですが非常に状態が良いので実用可能です。
新品にはない重厚感。あなたの食卓にぜひ。

<雑貨屋ボレロ>

ゾーリンゲンの古いナイフ&フォーク 5,400円

ドイツ
ちゅうぶる品
【ナイフ】長さ:約23.5センチ/最大幅:約2.5センチ
【フォーク】長さ:約20.5センチ/最大幅:約2センチ



poyopoyopoyonchan at 01:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月05日

ゾーリンゲンの古いナイフ&フォーク

ナイフ&フォーク
ゾーリンゲンの古いナイフ&フォークセット。
近日中に<雑貨屋ボレロ>にアップします。
取手部分は木製でなかなか雰囲気があります。
状態は良好で実用可能です。
こういうカトラリーが置かれた食卓。いいですよね。。。


poyopoyopoyonchan at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月02日

弁当箱に洗剤

ポルトガル弁当箱
ポルトガルのアルミニウム製お弁当箱。
アルミニウムの質感と赤い蓋が気に入って購入。
洗剤入れ
何を入れようか考えた末に、食洗機用の食器洗い洗剤を入れることに。
ところで、この洗剤の個包装は必要なのでしょうか?




poyopoyopoyonchan at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月01日

早くもクリスマス準備

クリスマスツリー
まだ早いかなぁ。
11月になったのでクリスマスツリーを出しました。
我が家のクリスマスツリーは卓上サイズのかわいい奴です。
木の板でできたスウェーデン製のツリーです。



poyopoyopoyonchan at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月11日

アンティークのガーデンフォーク

garden fork
我が家のベランダ。
ワイルドストロベリーとハーブの寄せ植え。
プランターにしているのはアンティークの赤ちゃん用お風呂。
アンティークのガーデンフォークとの相性もバッチリ。
gardenforkitself
関東地方は急に秋になった感じです。
ついこの間までの暑さが嘘のよう。朝晩は寒いくらいです。
夏の間はクーラーの効いた部屋に閉じこもりがちだったのですが、最近は晴れた休日にはのんびり公演を散歩したりしています。
そうすると、ガーデニング意欲がふつふつと沸いてくるから不思議です。
私と同じようにガーデニング意欲が沸いてきた方、<雑貨屋ボレロ>ガーデンフォークはいかがでしょう。
イギリスのアンティークですが、現役でガーデニングに使えます。
フォーク部分にかすかに残っている緑色のペイントがチャームポイント。
木製の取手は握りやすく、時を経た木味が美しいです。

<雑貨屋ボレロ>

アンティークのガーデンフォーク 8,000円




poyopoyopoyonchan at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月02日

F様お問合せ商品:アンティークのビールボトルかご

ボトルかご
お客様よりお問合せがございましたので、ブログにてご説明させていただきます。
<雑貨屋ボレロ>アンティークのビールボトルかご 8,000円。
ワイヤーの太さがピアスを掛けるのにちょうど良いです。
長く垂れ下がるピアスやブレスレットなどはハンドル部分に掛けると良いと思います。
写真ではゆったりとピアスを配置していますが、まだまだ掛けられそうですね。
かごの中にトレーを置き、指輪やフックタイプでないピアスはそのトレーの中に入れると良いかもしれませんね。

<雑貨屋ボレロ>
アンティークのビールボトルかご 8,000円
高さ:約22.5cm
縦:約14cm
横:約22cm



poyopoyopoyonchan at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月03日

古いアルファベットプレート

plates
我が家のリビングルーム。
ソファのうしろの壁に何か飾りたいなぁとずっと思っていたのですが、今日突然思いついて、ホーロー製アルファベットプレートを掛けてみました。
こちらのアルファベットプレートは上下に釘を打つための穴があいています。
壁に打ち付けた小さい白釘にヒョイヒョイとプレートを引っ掛けて完成!
古いプレートゆえ、ところどころ塗装が剥げていて、個人的にはそこがお気に入りポイントです。

<雑貨屋ボレロ>
ホーロー製アルファベットプレート 2,000円/枚
サイズ:約10×4.5センチ




poyopoyopoyonchan at 15:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月17日

古いシャンデリアパーツでピアスを

luster earrings
ドイツの古いシャンデリアパーツを見つけたので、ピアスを作りました。
アクセサリー作家の友人に教えてもらいながら作りました。
写真では分かりづらいのですが、太さの異なる金色のチェーンでフリンジを付けてみました。
シャンデリアパーツとフリンジを繋いでいるのも細いチェーンです。
キラキラと大変美しいです。
luster earrings & me
付けるとこんな感じです。
ぎりぎり肩につかないくらいの長さのフリンジでちょっとゴージャス。



poyopoyopoyonchan at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月21日

古いアラビアのポット

アラビア
友達がアラビア社の古いポットを手に入れた。
ひょっとこみたいな口が魅力的。
飴釉みたいな茶色も素敵。
自分のまわりの人達がお気に入りのものに囲まれて楽しそうにしているのを見るのは、嬉しいです。



poyopoyopoyonchan at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月21日

静かなデスク

白黒
我が家の机の上。
白黒の世界。

手紙に封をしたり、メモを壁に貼付けたり、何かと便利なマスキングテープも、つい白黒のものを選んでしまう。
メモ用紙とボールペンが入っているアンティーク缶は、白黒というより銀黒。
祖父母の白黒写真も白のフォトフレームに入れると、より一層静かな雰囲気に。

冬らしい静かなデスク周り。

<雑貨屋ボレロ>
アンティーク缶(銀色) 3,000円
ちゅうぶる品
ドイツ
高さ:約6cm
幅:約13.3cm
奥行:約8.5cm


poyopoyopoyonchan at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月16日

小鳥形クリップを壁に飾る

クリップ
<雑貨屋ボレロ>小鳥形クリップ
小鳥のシルエットが愛くるしいけど、黒ってところが渋くて、私好み。
クリップですから、もちろん、こんなふうに紙を挟むのに使うのですが。。。

小鳥形クリップ
こんなふうに釘にひっかけて壁に飾ることもできます。
ちょっとした雑貨が毎日の生活にちょっとした癒しをくれます。

<雑貨屋ボレロ>
小鳥形クリップ 1,000円(2羽1セット)

新品
プラスチック
イタリア製
9×3.5cm

*1セットには2羽の小鳥形クリップが入ってます*
*価格は1セット(2羽入り)あたりの表示です*




poyopoyopoyonchan at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月02日

アンティーク缶「大人の女」

全体
黒地に金と緑で模様が描かれたシックなデザインのアンティーク缶
全体的にかすれがあり模様が剥げている箇所もありますが、そのマイナス点を凌駕する素晴らしいデザインです。
上品で渋くて、それでいて華があって。
「大人の女」って感じですな。
上品で渋くて華がある、私の理想の女性像です。
そういう人に私はなりたい。。。
細部
何の鳥だか分かりませんが、とにかく、とても美しい鳥が描かれております。
使用例
ボレロ宅では腕時計やパスケースなどを収納して玄関に飾ってあります。
このアンティーク缶からサッと取り出して出掛けます。
8.5センチの深さがありますので、ハンカチとポケットティッシュを収納してもいいですね。
streithorst kaffee
裏には Bremen/Streithorst-kaffee と刻印されています。
ドイツ・ブレーメンのコーヒー屋さんで使われていた缶のようです。
昔はこんな素敵な缶にコーヒー豆を入れていたんですね。
コーヒー豆はもちろん、大豆や小豆などを入れてキッチンに置いても良さそう。

高さ:約8.5センチ
幅:約17センチ
奥行:約11.3センチ



poyopoyopoyonchan at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月25日

花とカフェオレボウル

ボウルに花
週1回英会話のレッスンに通っているのですが、帰り道に花屋さんがあり、時々花を買って帰ることがあります。
先週はピンクのダリアを購入。
しばらく背の高い花瓶に挿していたのですが、茎が弱ってきたので花の部分だけ切り取ってカフェオレボウルに浮かべてみました。
このカフェオレボウルは少し小ぶりなサイズなのですが、ダリアの大きさとピッタリ。
ボウルに描かれている花柄とも相性が良いようです。
カフェオレはもちろんジャムや生クリームを入れたり、こんなふうに花器として使ったり、とても使い勝手の良い器です。

口径:約11.5センチ
高さ:約6センチ




poyopoyopoyonchan at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月18日

我が家のキッチン用品の色は

キッチン用品

私はどうもこのテの色が好きみたいです。
我が家のキッチン用品は、ペールグリーンとペールブルーが多いです。
右からトースター、コーヒーミル、エスプレッソマシン、ポット、やかん。
コーヒーミルは<雑貨屋ボレロ>の商品ですが、錆びるといけないので毎朝これでコーヒー豆を挽いてます。
後に映り込んでいる冷蔵庫は15年くらい前に買ったもので、今もけなげに動いています。
でも、グリーンや水色の冷蔵庫に買い替えたくて、「早く壊れないかな」と密かに思っています。



poyopoyopoyonchan at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月18日

アンティークのコーヒーミルをブックエンドに

ミルasブックエンド
本来の用途とは違った使い方(見立て)をするのが好きです。
上の写真は、<雑貨屋ボレロ>アンティーク ARMIN TROSSER コーヒーミル
イギリスで買付けてきた古いものですが、問題なくコーヒー豆を挽くことができます。
でも、古いものということで、実際にコーヒーミルとして使うのに抵抗がある方もいらっしゃると思います。
とはいえ、私も含め雑貨好きの悲しい性で、姿形のかわいい雑貨は使えなくても欲しくなるもの。
特にアンティークのコーヒーミルはコレクターの方も多く、たとえコーヒーが飲めない体質でも欲しくなるほど魅力的な雑貨です。
小さな引出しがついていたり、ぐるぐる回るハンドルがあったりするところが多くの人を惹きつけるのでしょうね。

そこで、オススメの使い方が、コーヒーミルをブックエンドとして使う方法です。
コーヒーミルには適度な重さがありますから(もし重さが足りなければ引出しの中に重りになるものを入れればオッケー)ブックエンドには最適なのです。
それに、本棚に本だけを収納するのではなく、お気に入りの雑貨も飾ることで、インテリアに遊び心がプラスされます。

写真のアンティーク ARMIN TROSSER コーヒーミルは、古いものならではの木色が一番の魅力。引出しのつまみとハンドルの握り玉の黒も良いアクセントになってます。

<雑貨屋ボレロ>
アンティーク ARMIN TROSSER コーヒーミル 13,000円
 

poyopoyopoyonchan at 14:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月09日

アンティークアルファベットプレートをインテリアに

アルファベットプレート
<雑貨屋ボレロ>ホーロー製アルファベットプレートです。
アンティークなので、ただ並べておくだけで絵になります。
上の写真のように壁にたてかけても良いし、プレートの上下に穴があいているので、壁に打ちつけても良いですね。
もちろん、キャビネットやテーブルの上に並べるだけでも素敵です。
そして、夜になったら白熱灯で照らしてあげてください。
すごくカッコイイ雰囲気になります。 

アルファベットの種類は、写真のA.N.C の他に、 V.i.ï があります。

<雑貨屋ボレロ>
ホーロー製アルファベットプレート 1枚 2,000円 

poyopoyopoyonchan at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月07日

アンティークかごの使い方

かご
友人宅のキッチン。
アンティークのカゴを壁に掛けて、キッチンクロスを収納。
ナイスアイデア!

poyopoyopoyonchan at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月23日

アンティーク雑貨の見立て

ビールボトルケース
蚤の市やアンティークショップへ行くと、何に使ったらいいのか分からないけど魅力的な品物に出会うことがよくあります。
写真はアンティークのビールボトルかごですが、まさか現代日本の一般家庭でビールをかごに入れて運ぶ機会などあるはずもありません。
そこで、別の使い方を考えるわけです。
冬の間はスリッパを収納するのに使っていましたが、今はピアスを飾っています。
多肉植物
植物を飾るのにも重宝してます。

<雑貨屋ボレロ>
アンティークのビールボトルかご 8,000円

poyopoyopoyonchan at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月15日

アンティークとガーデニング

日陰植物
友達からいただいたアンティークのたらい。
友達は、底に穴をあけてプランター代わりに使っていたらしい。
私もそれに倣って寄せ植えをしてみた。

我が家の玄関ポーチ脇には花を飾るためのスペースがあるのだが、日当りが良くないので今まで何も飾っていなかったのだ。
でも、友達からこのアンティークたらいをいただいた瞬間「玄関ポーチの脇に置きたい!日当りは悪いけど、あそこにぴったり!」とひらめいてしまった。

近所の園芸ショップに出掛け、お店の方に日陰でも育つ植物を教えてもらう。
日陰でも大丈夫な植物は予想以上にたくさんあった。

左奥から時計回りに紹介すると。。。
ラミュウム、ギボウシ、ヒメツルソバ、ツワブキ、グレコマ。

右側が寂しい気もするが、右手前のヒメツルソバは驚異的に繁茂するらしいので、そのうち右側にもボリュームが出てくるだろう。

植え込みが終わり水やりをしていると、近所の方から「素敵ですね」と声をかけていただいた。
ガーデニングはあまり得意ではない(どちらかというと苦手)けれど、こんな嬉しいこともあるのだなと思った。
ご近所とのコミュニケーションのきっかけを日陰植物が作ってくれたわけだ。

丈夫に育ちますように。。。

ガーデニングのお供にこんなアンティークのガーデンフォークはいかがでしょうか?
ガーデンフォーク

<雑貨屋ボレロ>
アンティークのガーデンフォーク 8,000円

poyopoyopoyonchan at 18:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月29日

ミルクジャグ

ミルクジャグ
先日ご紹介いたしましたミルクジャグ
雑貨屋ボレロにアップしました。
ミルクジャグですからミルクを入れてコーヒーや紅茶に添えるという正統派な使い方はもちろん良し。
写真のようにドレッシングを入れてサラダに添えても、なかなか美しいです。
他にも、花を生けたり、歯ブラシを挿して洗面所に置いたり、いろんな使い方ができます。
ぽってりした形に水玉模様ーーいかにも甘くなりがちな要素ですが、水玉の大きさや色使いが絶妙で、愛くるしいけど甘すぎない、なかなか素敵なデザインです。

雑貨屋ボレロ
ミルクジャグ 2,100円

poyopoyopoyonchan at 15:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月26日

ミルクピッチャー

ミルクピッチャー
コーヒーも紅茶もめったにミルクは入れません。
でも、ミルクピッチャーは好き。
どうも注ぎ口がついているモノが好きみたいで、片口とかポットとかウォータージャグなどにも心惹かれます。
写真のミルクピッチャーはヨーロッパのちゅうぶる品で、ぽってりした形と可愛すぎない水玉模様にグッときました。
近日中に雑貨屋ボレロにデビューする予定です。

poyopoyopoyonchan at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月25日

花柄カフェオレボウル

カフェオレボウル
雑貨屋ボレロの新着商品。
花柄カフェオレボウルです。
花柄とは言っても、くすんだ色調なので、可愛いというより渋い印象です。
とてもカッコいいカフェオレボウル。
ちゅうぶる品ですがアンティークというほどには古くありません。
けれど、どこか臈たけた雰囲気があり、アンティークのテーブルやクロスと相性が良いです。
やや小ぶりなカフェオレボウルなので、ジャムやクリームを入れてスコーンに添えたり、角砂糖を入れてお茶のテーブルに出すのも素敵です。

雑貨屋ボレロ
花柄カフェオレボウル 2,100円


poyopoyopoyonchan at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月05日

アンティーク缶(eduscho)

eduscho open
たまに自宅でエスプレッソを飲みます。
清水の舞台から飛び降りる覚悟で買った機械で、プシューッとエスプレッソをいれます。
コーヒーをいれるプロ(バリスタ?)は細かく挽いたコーヒー豆を機械にギュッギュッと均一に詰めてエスプレッソをいれるのですが、この「ギュッギュッと均一に」詰めるのが至難の業。
というわけで、エスプレッソ用コーヒーポッドを愛用しています。
写真右手前に見えるのがソレで、ティーバッグのように薄い紙の中にコーヒー豆が入っています。
ティーバッグと違うのは「ギュッギュッと均一に」コーヒー豆が詰まっていることです。
このコーヒーポッドを収納するのにアンティーク缶を利用しています。
waxed paper製の袋を缶の中に仕込めば、香りも逃げないし、湿気も防げて、古い缶でも問題なくコーヒーポッドを保存できます。
eduscho
もともと、この缶にはコーヒー豆が入っていたと思われます。
缶には、eduschoというロゴと、お母さんと娘とおばあちゃんでしょうか3人の女性がのんびりとコーヒーを飲んでいるイラストが描かれています。
eduschoというのは、ドイツのブレーメンでコーヒーの輸入販売をしてきた会社(今も続いています)。
時を経て、遠く離れた日本で再びコーヒー豆を入れる運命になった、この古い缶。
これまで、どんな家庭で、中に何を入れてきたのか(きっとコーヒー豆以外のモノの収納にもなったことでしょう)。。。
古い雑貨を見ていると、その背後に物語が想像されて楽しいです。

雑貨屋ボレロ
アンティーク缶(eduscho) 5,000円


poyopoyopoyonchan at 19:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月10日

アンティークリネン

antique linen
友達からアンティークリネンをいただきました。
アンティークといっても、状態は非常に良くシミ1つありません。
白いリネンに白い糸で刺繍が施されています。
甘く美しい布です。
古い燭台の下に敷いてみました。
美しいものを見ていると、ひととき心が穏やかになりますね。


poyopoyopoyonchan at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月09日

ロイヤルコペンハーゲンのキャンドルホルダー

rc candleholder
関東は雪が降りました。
寒いですね。
こんな寒い夜には、ロウソクを灯して部屋の中でぬくぬくと過ごしましょう。

雑貨屋ボレロに新商品が入荷しました。
ロイヤルコペンハーゲンのキャンドルホルダーです。
真っ白なキャンドルホルダー。
前と後で模様が異なりますので、2つ並べてそれぞれの模様を楽しむのがオススメです。
火を灯すとやわらかく幻想的に模様が浮かび上がります。
まるで雪で作ったキャンドルホルダーみたいです。

まだまだ寒い日が続きます。
ロウソクの灯りで心も体もあたたまりましょう。

雑貨屋ボレロ
ロイヤルコペンハーゲン キャンドルホルダー 2,000円/1個

poyopoyopoyonchan at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月08日

アンティークのビールボトルかご

bottle case ex
自宅では基本的にスリッパは履きません。
でも、冬だけは寒さ対策のために暖かい素材のスリッパを履きます。
アンティークのビールボトル用のかごに収納。
このビールボトル用のかごは、植物を飾ったりするのにも使っています。
このかごに入れるだけで、こじゃれた感じになるので、重宝しています。

雑貨屋ボレロ
アンティークのビールボトルかご 8,000円

poyopoyopoyonchan at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月07日

アルファベットプレート

アルファベットプレート
ホーロー製のプレート。ロンドンのアンティークマーケットで購入。縦10センチ、横4.5センチの小さなもので、お部屋のちょっとした飾りに最適です。私は靴箱の上にばら撒くようにして飾っています。絵を飾る要領で壁に掛けてもいいし、本棚の空いたスペースなんかにちょこっと置いてもいいですね。古いものなのでホーローの端が欠けていたりして、それも味があって気に入ってます。

poyopoyopoyonchan at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月13日

ボトルスタンド

グラスと
アジアンタムと
ロンドンのマーケットでの収穫のひとつ。ボトルを入れるカゴでしょうか。こんな感じでグラスを収納したり、植物をあしらったり。いろいろ使えそうです。

poyopoyopoyonchan at 18:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月10日

クリスマス土人形

キリスト誕生
件のレトロミシンのリサイクルショップで私が買ったのはコレ。イエス・キリスト誕生を表した土人形。土人形だけど、イエス様とマリア様の頭上にはちゃんと後光(?)がついています(後光は針金でできています)。

キリスト誕生ひき
クリスマスにはこんな風に飾りました。ほのぼのとした暖かみが感じられます。

poyopoyopoyonchan at 20:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年01月09日

レトロミシン

ミシン外
イギリス旅行の話の続きです。イギリスへは学生時代に一度行って主な観光スポットはその時たいてい回ってきたので、今回は「いいものゲット!」を旅の目的に掲げロンドンを歩き回りました。
まず手始めに、友達の家の近所のリサイクルショップを偵察。すると、ちょうどそこへ「このミシンもう使わないからさー、ここで引き取ってちょうだいな」てな感じのおばさんが登場。でもって、そのおばさんが置いていったミシンがこれ。美しくレトロな佇まいにものすごく魅了される私。しかし、持ってみると腰が抜けそうなほど重い。もんのすご〜く重い。さすがにこれは日本に持って帰れない。

ミシン中
箱に結びつけられた鍵で箱を開けると中からはこんな素敵なミシンが。なんという美しさ。。。近頃の「味もそっけもないデザインだけど機能的に優れてるから文句ないでしょ」的ミシンはこのレトロミシンの爪のあかでも飲むがいい。それにしても美しい。諦めきれずに写真撮影などしつつウダウダと時間を過ごす。しかし重い。結局、購入を断念。今でも、このミシンの購入を断念したのが正しい選択だったのかと悩む日々。

poyopoyopoyonchan at 20:23|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年07月02日

ダンナ缶

ビスケット缶ビスケット缶2
 うちのダンナはいつもモノを探している。
 鍵がない〜。財布はどこだ〜。
 そこで、このビスケット缶をダンナに示した。
 帰宅したら身に付けているものは全てこのビスケット缶に入れるように!
 財布も鍵もメガネも定期券もみ〜んな、この缶に投げ入れてくれ!
 帰ったらすぐに入れられるようにリビングの入り口あたりに置いてます。
 目立つ場所だから素敵なデザインの容れ物じゃないとね。
 谷中の「かなかな」で、蓋が凹んでいるので千円値引きしてもらって2800円で買いました。


poyopoyopoyonchan at 21:07|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年12月26日

鍵っ子

antique key
 古い鍵が好きで素敵なのを見付けるとつい買ってしまうのですが、こういった小振りな鍵はペンダントトップとして使います。これは先日モチレロで買った5センチ程の鍵。たしかスペインかどっかのアンティークで2100円だったと思います。まったくもってピカピカしてないのが良いですね。鈍い金色がものすごく私好みです。手持ちの金色のチェーンに通して、黒い洋服に合わせます。


錆antique key
 でもって、白い洋服に合わせたい時にはこちらのこれ以上ない程に錆びた鍵を使用。こちらの鍵は今はなき「ナンセンス分室」で買いました。この鍵を首からぶら下げる時には黒い革紐を使います。
 どちらの鍵も私としてはすごくお気に入りのネックレスなのですが、時々「鍵っ子?」などと心無い突っ込みを入れられたりします。


poyopoyopoyonchan at 18:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年12月22日

緑色の梯子

ladder
 別宅の近所にあるアンティークショップで買った梯子。本宅で愛用中。本宅の天井はちょっと高め。なので、天井に吊り下げている照明の掃除や電球交換など、今までずいぶん苦労してきた。コーヒーテーブルの上に椅子を置き、その椅子の上に立って作業を行うという、なかなかアクロバティックなことをしてきたのだが、ちょっと「死と隣り合わせ」な気分だった。そこで、ず〜っといい梯子がないかなぁと思っていたのだが、デザインが素敵だなと思うものはどれも高さが足りなかったり、実用に足る強度がなかったりだった。今回この梯子を見付けて「うちのリビングにピッタリの色だ!」と一目惚れ。しかも、高さも充分(150センチくらい)。残る関門は強度だけ。お店の方にしつこく質問したり、何度も登ったり降りたりして強度を確認。お店の方からは「うちは実際に使えるものしか置きません。お渡しする前にしっかり調整もしますので、大丈夫。使えますよ。」と心強いお言葉。4週間かけてみっちり調整してもらいました。梯子が届いた日、タイミング良くリビングの電球が切れたので早速使ってみる。がたつき、きしみ、一切なし。イギリスの古い梯子、3万円弱したけど大満足の買い物でした。

poyopoyopoyonchan at 15:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年07月18日

器拝見

パリの器
 義妹夫婦がパリ旅行から帰って来たので、ワイン片手に戦利品を拝見に行ってきました。ライオンの顔がついた白いボウルはオニオングラタンスープの器。オニオングラタンスープ、大好きなんだけどタマネギを炒めるのにかなり根気がいるため私はたま〜にしか作りませんが、こんな器があればやる気も出るというもの。
 そして、きれいな色の細長いお皿。こういう個性の強いデザインのお皿は、「使うのが難しそう」と買うのになかなか勇気が要りますが、義妹は小さくカットしたチーズを1列に並べて上手に使っていました。そして他の食器は無地の白を選択。おかげでテーブルの上がガチャガチャせずに、しかもこのお皿の個性が引き立っていました。そのテーブルコーディネイトの写真をお見せしたいところですが、例によってすっかり食べ終わった後に「あっ、写真。。。」と気付いたのでした。 
パリでの収穫
 テレビの上には、ブロカントのお店で買ったというこんな雑貨が飾られていました。美味しそうなハチミツ色の容器。何が入っていたんでしょうね。バターを入れて食卓に出しても素敵かも。麦の穂も一緒に飾るところが義妹のかわいいところ。

poyopoyopoyonchan at 16:46|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年03月18日

ピクニックに行きたい!

thermos
 またまた近所のリサイクルショップでの戦利品。イギリス THERMOS社のフードジャーです。まぁ、フードジャーといっても要するに広口の魔法瓶です。100円でした!安い!外側はご覧の通り、キズも汚れもありません。内側もいたって綺麗で、未使用品か1−2回使用しただけの物かと思われます。私の大好きなチョコレート色に金色でTHERMOS BRANDの文字とマークが描かれています。蓋と底の部分がアイボリーなのも好み。
thermos-pic
 そして反対側には、こんな可愛いイラスト入りの説明シールが貼られています。このシールこそ私に購入を即決させた張本人です。写真では分からないと思いますが、左上に小さな文字で "Now Take a Full Meal:wide mouth for stews,chops,chicken,fruit salad,etc." と書かれています。今のところ我が家では温泉卵製造器として使用されていますが、もう少し暖かくなったらコレにスープを詰めてピクニックに出掛けたいなぁ。

poyopoyopoyonchan at 13:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年01月24日

冬専用スリッパ

スリッパ
 ちょっと北欧風の外見なのでヨーロッパ雑貨にカテゴライズしましたが、ホント言うとコレ中国製です。でも、周囲にぐるっとほどこされたステッチが北欧風でしょ。分厚いフェルト地(?)でできていて底も厚い。いかにもぬくぬくと暖かそうな様子も北欧風。というわけで、MADE IN CHINAのスリッパも無理矢理ヨーロッパ雑貨の仲間入り。
 靴下を履くのが嫌いな私。当然スリッパも出来ることなら履きたくない。しかし、一昨年の冬、シモヤケができたのをきっかけにスリッパ購入を決意。まず頭に浮かんだのは大好きなモロッコのスリッパ:バブーシュ。でも、暖かさは期待できない感じ。で、バブーシュは却下。結局、近所のアジアン雑貨屋さんでこのスリッパを見付け、800円という安さもあって即購入。以来ずっと冬になると押し入れの奥から出してきて、冬中ずっと愛用しています。

poyopoyopoyonchan at 11:49|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2005年12月05日

クリスマスの準備

クリスマスツリー
 我が家のクリスマスツリーです。高さ20センチの小さなクリスマスツリー。数年前にイルムスで購入。値段は忘れてしまったのですが、私が買ったということは、そんなに高くはないはずです。もっと大きなサイズもありました。スウェーデン製。キャンドルホルダー部の内側に金属が入っていますが、それ以外は全て木製で、とても素朴なぬくもりがあります。シンプルな樅の木のラインが子供のオモチャみたいで可愛い。。。
 ただ、このキャンドルホルダーに合うロウソクを探すのに一苦労。いろいろ試した末に、長〜いロウソクの先の部分を切り取って使うのが、長さ・太さともにバランスが良いという結論に至りました。私は赤いロウソクを選んだのですが、ゴールドのロウソクも素敵かも。
 今年は北欧旅行に出掛けたので、このスウェーデン製クリスマスツリーを眺めてはスウェーデンの町並みを思い出しています。スウェーデンのおうちも、このクリスマスツリー同様に大部分が木で出来ていて、赤だの黄色だの思い思いのペンキが塗られていて、オモチャのおうちのようでした。オモチャみたいなおうちの窓辺にオモチャみたいなクリスマスツリーが飾られていたら、本当に可愛いだろうなぁ。。。
 先日、スウェーデンの友達が撮った雪景色の写真を見たら、舞い散る雪の向こうに小さな窓があって、おうち型ランターンが飾られてあるのが見えました。ランターンのおうちの小さな小さな窓からオレンジ色の灯りが漏れているのを見ていたら、なんとも優しい気持ちになりました。寒い雪道を歩いている時に、こんな暖かなウィンドウデコレーションを見たら、さぞかしホッとすることでしょうね。我が家に道行く人に楽しんでもらう窓がないのが残念です。
 季節のデコレーションをするのは本当に楽しい。道行く人に見てもらえないのは残念だけど、自分のために飾るのも充分楽しい。あっ、そう、そう。ブログを始めたのは、私のインテリアデコレーションをたくさんの人に見てもらいたいと思ったからなのです。我が家は通りに面した窓がないので、リビングの棚にこのクリスマスツリーを飾っています。下に敷いている布もスウェーデン製で、エーケルンド社のテキスタイル。(このテキスタイルについては以前記事にしましたので、よかったら見て下さい)動物のキャンドルホルダー(このキャンドルホルダーについても以前記事にしました)をツリーの周りに並べて、クリスマスツリーを動物達が見物しに来ました、という風情。「スウェーデンのクリスマスツリーにライオン?」というツッコミには、「オモチャの国の出来事ですから」と返しておきましょう。

poyopoyopoyonchan at 11:00|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2005年11月21日

湯の沸く音のする雑貨屋さん

 UNTIDY(アンタイディ)という雑貨屋さんに行ってきました。
 アパートの一室でひっそり。。。という感じのお店です。
 ヨーロッパやアジア、いろんな国の雑貨が静かに並んでいます。
 私が気になったのは、インドの古い錠前。時を経て少し黒ずんだ真鍮(?)の錠前。掌ほどもある大きさでズッシリと重たい。表に書かれているウネウネとしたヒンディー語も魅力的。スカートをはいた女の子みたいな形の鍵穴が空いていて、鍵もちゃんとついている。すごく頑丈そうな錠前。とても好きになった。でも、古くて珍しいものということで、ちょっと私には手の出ない値段。だいたい、我が家には、こんなごっつい錠前を付ける場所なんてないしね。
 もうひとつ、気になったのは、これもインドの、小物入れに良さそうな木の箱。魚の形をした木箱で、蓋にはぶら下げて持ち運べるように丸い鉄の取っ手が付いている。蓋を開けると中は細かく仕切られていて、お店の人の話だと、化粧品を入れるのに使われていたんじゃないか、とのこと。この木箱には、ちゃんと魚の目玉やウロコが彫られていて、なんともとぼけた雰囲気を醸し出している。お店の人が、ホラという感じで木箱を持った手を差し上げると、木の魚は空中に浮いて、さらにとぼけた表情になった。それを見て、お店の人も私もクスッと笑ってしまった。こちらは、私にも買えそうな値段。欲しいなぁ。。。買おうかなぁ。。。
 このお店には一人で行かれることをお勧めします。UNTIDYという店名の示す通り、少し雑然とした店内。でも、雑貨の並んでいる様子はちっともうるさくありません。むしろ、とても静かに並んでいます。お店の奥にはアラジンのストーヴが燃えていて、その上に年季の入った琺瑯のケトルが湯気を出しています。私がゆっくりと雑貨を見ている間ずっと店内にはしゅんしゅんと湯の沸く音がしていました。

 UNTIDYの店主さんのブログです。http://blog.livedoor.jp/muntkidy/

poyopoyopoyonchan at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月31日

コペンハーゲンで買った雑貨達

2つのカフェオレボウル
 コペンハーゲンの中心街ストロイエに可愛いお店がありました。店名は”plant”だったと思います。(スミマセン。店名が微妙に間違っているかもしれません)Kobmagergade通りをDet Ny Illumデパートからラウンドタワーに向かって歩くと、ラウンドタワーの手前、右側にあります。
 このお店には買いたい物がたくさんあったのですが、お金も荷物の量も限られていますから厳選して、まずこの小振りなカフェオレボウルを買いました。オフホワイトにクラシカルなバラ模様が描かれています。赤バラを描くのに使われているのは茶色。白バラはグレイ。葉の緑もたいそうくすんだ緑です。徹底的にくすんだ色調で描かれているため、新品にも関わらずアンティークのカフェオレボウルのような落ち着いた雰囲気を漂わせています。

カフェオレを入れて
 カフェオレボウルは便利なものです。カフェオレを入れるのはもちろん、ヨーグルトやアイスクリームを入れても素敵だし、チョコレートやキャンディを入れるのにもピッタリ。お客様がたくさん来た時には御飯茶碗としても使います。

ヨーグルト花瓶
 このお店でもう1つ買ったのが、コレ。ヨーグルト瓶らしきものに針金の取っ手がついています。
 キャンドルを入れたり、写真のように花を飾ったり。デザート用の小さなカトラリーを入れてテーブルに出しても可愛いですよね。

poyopoyopoyonchan at 23:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年10月30日

この鍵で何を開ける?

アンティークキー
 最近の私の流行もの。アンティークキーです。
 右のものは、B-COMPANYで購入。あとの2本は、ナンセンス分室で手に入れました。どれも1000円前後とお手頃価格です。
 左端の鍵は、私としては、もう少し錆が欲しいところ。そこで、只今、錆つけに苦心しているところです。しかし、錆を手早く付けるのって、どうすればいいの?とりあえず私が試してみたのは、除湿剤の容器に溜まった液体に鍵を浸けて戸外に放置、という方法。一週間ほど前に、この方法を実践したのですが、未だ錆は発生せず。
 調査の結果、『サビール』なる錆付け剤が売られているようで、この薬剤を塗れば30分ほどで錆が生じるらしいのですが、20リットル缶で販売されているため購入を断念。
 どなたか、手軽に錆を発生させる方法をご存知でしたら、教えて下さいませ。

キーペンダント
 さて、これらのアンティークキーの使い道。私は、革紐をつけてペンダントトップにしたり、キーホルダーにしたりしています。壁にいくつか並べて飾っても可愛いですよね。
 アンティークキーに限らず、アンティークの物って過去の物語をアレコレ想像するのが楽しいですよね。今私の手元にある鍵も、かつては誰かが何か大切な物をそっとしまっておくための鍵だったに違いありません。

poyopoyopoyonchan at 20:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年08月29日

nico つづき * ガリーナ2世のつぶやき

ガリーナ二世
こんにちは。わたし『ガリーナ2世』。ロシア製のキーホルダーよ。輸入雑貨のお店nicoさんからLOTUSさんのおうちにやってきました。LOTUSさんは、今は遠くに住んでいるロシア人のお友達ガリーナさんに想いをはせて、私に『ガリーナ2世』と名付けたの。LOTUSさんはnicoの店内で欲しいものがたくさんあったようだけど、結局私一人だけを連れて帰ったのよ。マトリョーシカ達に随分ご執心の様子だったけれど、マトリョーシカのバッチリメイクよりも私のナチュラルメイクに心惹かれたんだって。それから、私の着ている洋服がいかにもロシアっぽいところも気に入ったみたい。
nicoのブラジルコーナー
私がいたnicoさんではブラジル雑貨も充実。写真のホウロウ製マグカップやポットはブラジルの物。LOTUSさんはボサノヴァが大好きなくせにブラジル雑貨には全くの無知で「ブラジルって、こんな可愛いホウロウ製品があるんだぁ〜」って驚いてた。ブラジルに可愛い雑貨がたくさんあることが分かって、LOTUSさんはブラジルに行ってみたくなったんだってさ。もともとボサノヴァが好きだから「こんな心地良い音楽を生むのは、どんな土地だろう」って興味があったみたいだからね。そういえば、nicoのオーナーさんは近々ブラジルに買い付けに行くって言ってたな〜。オーナーさんはとってもオチャメで楽しい人だよ。nicoは、オーナーさんの人柄そのままに、見ているだけでウキウキしてくるお店で、私はとても居心地が良かった。店の仲間と離れ離れになって少し淋しいけど、LOTUSさんはnicoにまた遊びに行くって言っていたから、その時はLOTUSさんの鞄にぶら下がって一緒について行くとしよう。そうすれば、ちょくちょく店の仲間と再会しておしゃべりができるからね。

*nico*
東京都文京区湯島4-6-12 湯島ハイタウンB棟103号室
03-5802-5463

poyopoyopoyonchan at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月28日

輸入雑貨のお店*nico

ロシアのソルト&ペッパー
東京下町散歩のついでに湯島まで行ってきました。目的は、輸入雑貨のお店『nico』さんに遊びに行くこと。湯島の駅から徒歩3分くらいの場所にあります。湯島天神の向かい側、湯島ハイタウンというちょっとレトロなマンションの一階にお店があります。一階にお店があると言っても、一階にあるのはエントランスのみで、お店自体は地下に位置します。とても面白いお店の構造です。ガラガラとドアを引くと、すぐに下へ向かう階段があります。でも、その下り階段の先には小さな踊り場を挟んですぐに数段の昇り階段が続きます。そして、その昇り階段の先は壁。。。?!「どうなってるの??」狐につままれた気持ちのまま、とりあえず階段を下ります。すると、今降りてきた階段の裏側にさらに下へ続く階段がありました。地下へ降りて行くと、いろんな国の雑貨と可愛いオーナーさんがお出迎え。
56a1ad28.JPG
お店でまず目についたのが、数々のマトリョーシカ達。写真はほんの一部で、他にもオジサン姿のマトリョーシカなどユニークなものが多数ありました。上の写真は、マトリョーシカ風ソルト&ペッパー。このとぼけた表情が可愛い!テーブルにこのコ達がいれば笑顔で食事が進むこと間違いなし。ロシアの雑貨はマトリョーシカの他に、可愛い刺繍のティーマットや水玉模様のホウロウ製やかん、ノートや鉛筆等の文具類などなど。
お店にはロシア雑貨以外に、ベトナムやブラジルの雑貨もありました。私は今までブラジルの雑貨って、あまり見たことがなかったので、とても新鮮でした。nicoさんのブラジル雑貨の話はまた明日。

poyopoyopoyonchan at 18:29|PermalinkComments(1)TrackBack(1)

2005年07月24日

"Bonne Maman"の空き瓶

b8f0359c.JPG朝食は毎朝パンの我が家。冷蔵庫には必ずジャムが入っています。買うのは決まって"Bonne Maman"。その理由はふたつあります。理由その1、美味しいから。ほどよい甘さです。私のお気に入りはブルーベリージャムとマロンクリーム。第二の理由、空き瓶がかわいいから。これが大事!多角形の瓶に赤のギンガムチェックの蓋。定番とも言えるジャム容器のデザインですが、落ち着いた可愛らしさがありますね。空き瓶にコーヒー豆、ほうじ茶、鶏ガラスープの素などを入れてキッチンに並べています。容器が統一されていると、それだけでキッチンに清潔感が生まれますし、赤いギンガムチェックの蓋が並んでいる様子は、やっぱり可愛いです。キッチンに飾るだけでなく、半分に切ったレモンや刻んだネギを入れたりと、タッパー代わりに使ったりもします。
キッチン以外でも、海外旅行で余った外貨を入れておくなど、ちょっとした小物入れとして使っています。あとは、中にロウソクを入れてキャンドルホルダーとして、バスルームなどに飾ったり。厚手の瓶なので割れる心配はありません。ラフィアを巻いたりして、瓶に少しおしゃれをさせると、いっぱしのキャンドルホルダーの出来上がりです。
黄緑色の蓋の少し大きい瓶はコンポートジャムが入っていたもの。ほんとう言うと、私、味はコンポートタイプのほうが好きです。フルーツも大きなかたまりでゴロンと入っていますから。でも、お値段が高いので、こちらの空き瓶はあまり集まりません・・・。
ちなみに、マロンクリームは蓋が焦げ茶色のギンガムチェックです。赤い蓋の瓶と焦げ茶色の蓋の瓶をどういう風に並べようか考えるのも楽しいものです。

poyopoyopoyonchan at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月15日

太陽のデッキチェア

8b879d67.JPG夏本番!暑いですね〜。そんな夏にはデッキチェアがぴったり!太陽がカンカン照りつける下で汗を流しながら読書に励むも良し、夕暮れにビール片手に涼むも良し。デッキチェアは私達が人生を謳歌するための必需品。「そんな大げさな〜」と言うなかれ。デッキチェアを買って以来、庭で何も考えずボーッとする時間がずいぶん増えました。何も考えないで、ただひたすらリラックスする時間が私達の心身の健康に良いことは、きっと皆さんも実感されていることと思います。群馬県高崎市のとあるお店で(このお店は現在はなくなっています)このデッキチェアを見た時「私がより楽しい毎日を送るためには絶対これが必要だわ」とピーンと来たんです。それ以前からデッキチェアには少なからず興味がありました。でも、無地のキャンバス地では物足りないな〜と思っていたのです。この“LES TOILES DU SOLEIL"(和訳すると”太陽の生地”)のストライプ模様を見た瞬間、これだ!と思いました。夏が似合うデッキチェアはやっぱり”太陽の生地”で作らなくちゃね。ミシンを買ったら“LES TOILES DU SOLEIL"の布で自分で座面だけ作ろうと計画中。時々着せ変えるともっと楽しそう。ちなみに、このデッキチェア、値段は1万5千円弱だったと思います。安くはないです。なので、1脚しか買えず、旦那ちゃんと取り合いの日々。
映画『アメリ』の中でも、アメリの実家に素敵なデッキチェアが登場します。このアメリパパのデッキチェアのデザインも私好み。デッキチェアとお揃いの(でも微妙にパターンの異なる)折り畳み椅子の上に冷たい飲み物を置いてくつろぐアメリパパ。絵になる光景です。リラックスしている人を見ると、見ているこちらもくつろいだ気分になるから不思議ですよね。

poyopoyopoyonchan at 16:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月11日

スウェーデンのテキスタイル

9c949fed.JPG 昨日は更新をおサボリしてしまいました。見に来てくれた人、ほんとにゴメンナサイ。実は、夜にブログ用の撮影を行ったのですが、気に入った写真が出来なかったのです。写真はやはり自然光で撮るのが一番ですね。
 さて、今日は昨日の教訓を経て、朝からハリキッテ撮影決行。スウェーデン、エーケルンド社のテーブルランナーです。数年前に銀座の「スカンジナビアの工芸ー北欧の匠」で購入。銀ブラ(まだこの言葉使います?)の途中ふらりと入ったお店ですが、その筋では有名なお店みたい。お店の中には北欧の雑貨が所狭しと並んでいて、テキスタイルもなかなか種類が多く、テーブルランナー1枚選ぶのにも大変悩みました。私なりに厳選した1枚がコレ。クッキリした色使いで、明るく元気な印象の色の組み合わせ。赤と緑が入っているのでクリスマスにも活躍しそう。コットン100%なのでジャブジャブ洗ってます。アイロン無しでもしわが気になりません。木のお皿を載せれば、いかにも北欧らしいテーブルになります。グリーンや黄色のお皿を載せれば、ヨーロッパ南部の雰囲気。お皿の色によって表情を変える優れもののランナーです。

 北欧の匠
東京都中央区銀座1−15−13
03−5524−5657

poyopoyopoyonchan at 10:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2005年06月21日

木のおもちゃ

ff6ff3c2.JPG木のおもちゃが好きです。ニスも塗られていないような素朴なものが一番好き。写真は、ドイツ製のお香入れ。中にお香を入れるとパイプをくわえている口から煙が出てきます。この人形型お香入れは輸入雑貨屋さんなどでよく見かけます。サンタクロースとか、いろんなタイプがありますね。私は、こいつを「ヨハン」と名付けているのですが、ヨハンは何をしている人なんでしょうか。手にキャンディーを持っているからお菓子屋さん? 首からぶら下げているのは何? 色々と疑問はあるのですが、私はヨハンをとても大切に思っていて、ときどき磨いてやったりしています。ヨハンは、アンティークの棚の上でも白いメラミン製天板の上でも、どこでもしっくり馴染むいい奴です。木のぬくもりって偉大です。ヨハンをちょこんと置くだけで、その空間に、人が生活しているぬくもりを生むんです。

poyopoyopoyonchan at 21:57|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年05月26日

水筒持って出かけましょ

37033766.JPG梅雨入り前のこの時期、ほんとうに気持ちいい季節ですよね。天気の良い休日にはお弁当を持ってピクニックに出かけよう。そんな時に活躍するのが、この水筒です。東急東横店内の”クロワッサンの店”で買いました。土の香りに包まれて芝生の上でいただくランチは最高。ランチのお供はやっぱり熱いコーヒーまたは紅茶が一番。ティーカップ3杯分ほどの容量なので、2人で行くピクニックにはぴったりのサイズです。シンプルなデザインなのになんだかとってもキュートです。赤とシルバーの配色バランスがいいのかな?それとも、ちょっぴりコケシっぽい形がいいのかしら?

poyopoyopoyonchan at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)