季節を切り撮りパッチワーク♪  

お花、風景、形あるものないもの、その瞬間、何でもオリンパスOM-D E-M1 m兇妊船腑チョキ切り撮っています。

紅葉弾丸旅してきました。そして師走。

32



bd667b6f



  多くの方が、紅葉風景を楽しまれてらっしゃる頃でしょうか。
二日間の弾丸紅葉旅。神戸の街で西洋の風を、姫路城下で和の風を感じたく、初めて兵庫県を訪れました。

 阪神淡路大震災で、この美しい町がどんな光景になったか、29年彼方の出来事に思いを馳せる旅でもありました。
 
 まずは神戸港メリケンパークから。崩壊した岸壁は、震災遺構として当時のままに遺されています。



33



34



35



36



37



  港からダラダラと坂を上り、北野異人館街へ。朝ドラで脚光を浴びた風見鶏の館、現在は改修中です。

P1014762-2



38



P1014765



39



4ロッキング



  最近は長く歩くと膝痛が出ることがあり、用心していたのですが、旅先でウキウキとカメラ構えながら油断していました。
 
 三ノ宮駅〜元町〜ポートアイランド〜北野異人館街〜三ノ宮駅まで歩き通し、姫路に着いてからは、ホテルから30分かけて姫路城まで歩き、スマホの歩数計アプリが、22600歩を刻むころ、左足に違和感が・・・・。坐骨神経痛というものでしょうかねえ・・(´^`;)
 
 夜は温泉に浸かりながら、懸命にマッサージを施しましたが、翌日の姫路城天守閣はあきらめざるをえませんでした。あ〜ぁ・・



41



 いざ出陣! サービス精神旺盛な、甲冑姿の職員の方です(笑)

42



43



P1014813-2



44



45



47



48



49



46



50



  この年の瀬に来て、再認識した「いつまでもあると思うな知力・体力・回復力」。とは言え、今年は各地で祭りやイベントが復活し、コロナで縮んでいた人々の気持ちもだいぶ解れて、四季の風景を楽しむことが出来ました。総じて、いい一年だった気がします。

 今年も一年、拙いブログにお付き合い頂き、本当に本当に有難うございました。
 私の投稿は年内最後になりますが、皆さまの頁には、まだまだ訪問させて頂きますので、よろしくお願い致します(^^)



そして い〜い季節になりました!

  心配していましたが、秋、なんとか来ましたね(笑)
せっかちな私が足早に歩いても、汗ばむことがなくなり、嬉しくてズンズン歩いています。
 
 ということで、今月はアクティブに、ピンク色のお花畑に夕陽のお花畑、都内で見る東北のお祭りです。復興支援という免罪符を手に、牛串・焼ホタテ・牡蠣に地ビール飲み比べなど楽しみました💦

 まずは長野県南箕輪村の赤蕎麦の群生です。


11



12



13



14



 埼玉県鴻巣市の、1000万本のコスモスです。空が焼けるまでねばりました。


15



17



18



16



21



1風立ちぬ2



2黄色いパラソル



 そして、復興支援の物産展に今年初めて祭の文化が加わった、中野区で開催の「なかの東北絆まつり」です。

 宮城県仙台市から 「すずめ踊り」。



PA290100



PA290054



 岩手県盛岡市から 「盛岡さんさ」。


PA290151



PA290174



 山形県山形市から 「花笠おどり」。


PA290198



PA290235



 福島県福島市から 「わらじ踊り」。


PA290252-2



PA290275



 青森県黒石市から 「ねぶた祭」。


11



12



13



14



15



 残念ながら、秋田からの参加(たぶん秋田竿灯)は無しになりましたが、同じ日に、日本橋周辺では、沖縄県の祭りが開催されたようで、東京にいながら、東北や沖縄各地の美味しい物を頂けて、大好きな祭りを見られて、何て有難いのでしょう。
 
 今月も本当に有難うございました! いい季節になりましたと、やっと言えたら、今年のブログ更新は残り一回。嚙みしめながら、あと2カ月をを過ごします(^^)


い〜い季節になりますね(^^)

  阿波踊りという伝統文化で、表紙?を飾った先月号に続き、これまたパワー全開の舞の文化、ヨサコイからスタートです。


11



12



13



14



15



16



17



19



20



21



  鳴子のリズムの次は、ラテンのリズム。今年はまだ縮小して開催された、浅草サンバカーニバルです。初めて見に行きました。


11



14



17































18



  心地いいリズムは、心地いい風を呼ぶのか? ヨサコイもサンバも、残暑の中、どこか秋を感じさせる風が通り抜ける一日でした。
 
 ところで、10月は衣替えの季節ですが、学校の制服なら、6月1日に夏服に替わり、10月1日に冬服に替わる、昔はとてもシンプルでした。いつの頃からか暑さが尋常でなくなり、夏服・冬服どちらもOKという、衣替えの移行期間というのができたらしいですね。
 夏がひょっこりと戻ったりする10月は、そんな曖昧さを余裕をもって楽しみたいです。

  
 ギリッギリ間に合った秋画像。埼玉県の棚田と彼岸花の風景です。バックの山は武甲山、中腹の掘削跡は、石灰岩を切り出した跡で、麓のセメント工場は今も稼動中です。


11



13



1風立ちぬ



15



18



 中秋の名月ならぬ、迷月? こんなところにお月さま!


みんなのお月さま



 今月も本当に有難うございました。い〜い季節になりますね!

東京限定 夏のお写真詰め合わせ💦

  9月ですね。この夏、とうとう蝉の鳴き声を一度しか聞かないまま、秋の虫たちの合唱が始まっています。ホッとするとともに、少しだけ季節の移ろいに感傷的にもなります。
 
 ところで、7月8月と、私は東京から一歩も出ないで過ごしました。あの暑さでは出かける気にもなりませんが、これまた少しだけ悔しい気持ちです(笑)
 好きなカメラ遊びは、夜風や屋内のエアコンに助けられて、あれやこれやの詰め合わせみたいになりました。

 
 新宿神楽坂。やっとさー あ、やっとやっとーーの掛け声で始まった阿波踊りです。久しぶりにストロボと三脚を持ち出して、写真はすべて後幕スローシンクロでの撮影です。



11



12



13



14



15



16



17



18































19



  浅草寺の歳時記、鬼灯市のカットと、お馴染みの(笑)水溜まりを使ってのリフレクションです。


夏の聲



20



21



22



 六本木の新国立美術館にて、テート美術館展「光」鑑賞の際のカットです。


24



25































26



27



3Wow!



  友人を待ちながら時間つぶしのシャッター、懐かしい気持ちでメリーゴーランドを流し撮りです。


想い出づくり



 残った残暑にとどめを刺しましょ、ソレッ!! と打ち水。


23



  今月も本当に有難うございました。東京限定土産の詰め合わせみたいな画像でしたが、いかがでしたでしょうか(笑)






暑中お見舞い申し上げます 2023盛夏

11



 暑中お見舞い申し上げます。
言うまい言うまいと思うのですが、言っちゃいますね。
あ、暑いですね〜〜〜〜(;'∀')

 この夏の蓮撮りは、府中市にある「修景池」にて。太古の浪漫あふれる大賀ハス、そして、いつになく惹かれた白蓮です。



12



13



14



15



16



  この蓮池ですが、最寄駅から徒歩で20分以上かかります。ペットボトル片手にタラタラと歩きましたが、行きはよいよい、帰りは・・来年は行きません(笑) ということで、ここからは快適な屋内と、涼しい夕方に遊びました。
 
 「和の灯り」イベントで派手派手な灯りを、「みたま祭り」でギラギラの灯りを、撮った本人は涼しいですが、画像は暑苦しくてスミマセン!



17



18



19



21



20































  靖国神社の「みたま祭り」です。国のために尊い命を捧げられた英霊を慰める行事ですが、二万個の献灯(みあかし)の光は人を呼び、インバウンドの方たちも浴衣姿で賑わい、78年後のこんな光景に、英霊たちは目を丸くしているかもです(笑)


23



24



25



26



27



28































御霊写し



  熱中症警戒アラートなどという言葉が出来ちゃいました。
どうかどうか、ご自愛くださいませ。最後はクールダウンをどうぞ。
 今月も本当に有難うございました(^^)



22


梅雨のルーティーン撮影

  長い間カメラを趣味にしていますと、好みの撮り方がコリコリと凝り固まってきて(笑)、ここにこれがあれば!という好きな小道具も定まってくる気がします。
 私にとってその一つが「傘」でして、昔観た映画のシーンで、傘が強く印象に残ったからだと思うのです。
 
 「鬼龍院花子の生涯」で夏目雅子さんが白い日傘を差した姿。
 「夜叉」で田中裕子さんが、海風に傘を飛ばされたシーン。
素敵だったなあと回想しながら、今年も撮りました。雨傘に日傘。
一年前の記事と全く同じ風景💦もはや梅雨のルーティーンですね。

 雨の夜の新宿靖国通りにて。



17



P6220362



16



15



 打って変わり晴天に映えるアンブレラスカイ。

12



13



14































15



16



17
 


 梅雨の時期の憂鬱を半減してくれる、雨の似合う花たちも。

20



22



23



19



P6230025



P6230054



14



P6230076



 今月も本当に有難うございました! 
この夏、ちょっと庭先に出ただけで、蚊に数か所刺されてしまうほど、手ごわい蚊軍団です。
虫除けスプレーに日焼け止め、あれもこれも塗りたくって、夏の思い出画像を残せるといいのですが(^^)

浮足立つ季節

  新型コロナが5類に移行されたことで、気持ちが楽になったなという方が多いと思いますが、そこへ目にも鮮やかな新緑に、次々と聞こえる祭囃子。 気もそぞろ、すっかり浮足立ち、ここのところ写欲が高止まり状態でした(笑)

11



12



13



14

































15



16



17



18



19



「敷居が高い」という言葉、本来は、「その家に不義理など重ねて足を踏み入れづらい」という意味が正しいわけですが、「高級な店なので敷居が高い」という使い方をされる方が多いと感じていました。
アナウンサーでさえ、テレビで堂々と誤った意味で使う人がいたのは、ちょっと驚きでした。
 ところがです。この記事の書き出しの文面で使った「浮足立つ」。これまた、ワクワクして足が地に着かない時に使うのは誤りで、本来は、「恐れや不安から落ち着きを失くす」というネガティブな意味なのだそうですね。知らなかった。人様を批判している場合ではありません💦
 
 この二つの言葉の使い方については、現在は誤った意味の方が浸透率が断然高いためか、どちらでもいいか?的なスタンスらしく、辞書にも二通りの意味を記載しているものがあるようです。私自身は、たまたま検索して知ったわけですが、まさに百聞は一見に如かず。
一検索に如かずですね。


20




21



22



23



25



26



27



1江戸の風



P5200037-2



P5200293-2



P5200695-2



28



  硬めの話で恐縮でございました(笑)
 今月も本当に有難うございました。




一泊旅、心と体のコスパ良し!

  春の東海地方。相棒と一泊旅行してまいりました。
今回の一番の目的。岐阜長良川温泉の日中友好庭園にて、大好きな花筏のシーンです。お宿の従業員さん曰く、「先週でしたら、まだ満開だったんですが・・・・。」いえいえ、この塩梅が目的なんです(笑)



19



20



21



 宿が近いので、夜のシーンも狙いました。

22



23



  犬山市では、犬山城と参道でグルメを楽しみ、博物館明治村へ行きました。写真は、明治村内の聖ザビエル天主堂のステンドグラス、この旅の2番目の目的です。

25



26



27



ステンドグラス7



  そして、帰り際の名古屋駅地下道にて、一度撮りたかった壁のアートを。この旅最後の目的でした。

28



3続・テレポート



29



30



P4090536



  ところで、人は一日に8000歩を歩くと、高血圧・高血糖のリスクを、ぐんと下げることが出来るとのことですが、そんな話がとっても気になるお年頃。スマホの万歩計アプリを覗けば、この一泊旅で、計38000歩も歩いておりました! やったーー!! 
 風景を楽しみ、美味しいものを頂き、三つの撮影目的を達成し、運動量を上げる。最高にコスパのいい旅になりました。
 もっとも、どこへ行っても、今どき極端に少ない喫煙所を探すために、非効率な動きをする相棒のせいで、ちょっとストレスもためて帰ることになりますが💦

 桜も終わり、いよいよ新緑の季節になるのですね。これまた大好きな季節、緑に包まれて元気に歩き、いえ、泳ぎたいです(笑)


11



12



13



14



15



17



 今月も本当に有難うございました(^^)

18


大人の社会科見学と 桜 桜 桜

a



b



  世界最大級の「首都圏外郭放水路 彩龍の川」です。全長は6・3キロ。上の画像は、その中の一部で、高さ18メートル、長さ177メートルの調圧水槽です。五つの中小河川の氾濫を防ぐため、この水槽に一時貯水され、江戸川へ放流されます。2019年の台風19号の際には、この水槽の9割まで貯水され、川の氾濫を防いだとのことです。

 見学時の入口は埼玉県春日部市にあり、地下神殿などと呼ばれ、映画のロケに使用されたり、カメラマンさんにも人気です。放水後は、天井の扉が開き(上はサッカーグランドです)、クレーンでブルドーザーを下して溜まった土砂を除去し、最後の仕上げは人の手による丁寧な清掃で、きちんと管理されているからこそ、こうして見学や撮影ができます。



c



ひび割れた鏡



  今年の桜は、生き物と絡めて撮りました。先陣をきって咲く河津桜はメジロと、3/22に、日本の14年ぶりWBC優勝を祝うかの如く(燃えました♡)、観測史上2番目に早い満開宣言の出たソメイヨシノは、なぜか猿さんと(笑)

 相変わらず早い動きで翻弄してくれたメジロさんチーム、撮影後は首から肩から右腕がパンパンに凝り、湿布薬のお世話になります。

11



12



15



18



  そして猿さんチーム。気温20度。ただただ眠そうです。

P3200018



P3200034



P3200040



  春というと、意外と雨も多くて。お約束の(笑)、雨降る街の路面に映し込んだ光景ですが、花の開花を促す催花雨(さいかう)、数日続けば菜種梅雨(なたねづゆ)、日本の情緒ある言葉ですね。


11



13



14



15



  そして雨が上がれば・・・・。花散らしの朝に、はらはらと花の雨。花びらが浮かぶ水溜まりには、久々に解放された気持ちで桜を愛でる人たちの姿が、映り込んでいました。

 今月も本当に有難うございました! 皆さんの桜はどんなだったでしょうか(^^)



1



3



2



4



鳥と 鳥?と 大蛇!

P2060070



12



  久しぶりの白鳥の撮影です。確か8時前には餌場へと飛び始めるんだからと、ギリギリ7時40分頃に到着。まだ居てくれるかな? 
ドキドキしながら土手を上がってみますと、上のような蒸気霧の中に一羽の鷺が。本当は白鳥の姿で絵作りしたかったのですが、この子たちときたら・・・・。


                    

13


  微睡む一羽以外は、泥のように、いえ、綿帽子のように眠っていました(笑) 2月になって飛び立つ時刻は不規則だそうで、暖かく風のないこの日は、なんと10時近くまでマッタリしておりました。
 それでも、いざ飛び立つべく川下へ向かい始めると、川岸に居並ぶ常連のカメラマンさんたちに、まるで朝のご挨拶をする如く寄って来て、鳴き声を上げながら、コクコクと首を上下に振ります。
もー、可愛いいったらありません!


14



15



16



18



19



20



  こちらも更に久しぶりの撮影、カワセミです。抜けのいい場所にも姿を見せてくれるのですが、好物のエビや小魚をゲットするのは、ほぼ岩陰の淀んだ場所なので、きれいな飛沫を上げながら水中から飛び出すシーンは、なかなかチャンスがありません。あっても撮れませんが(笑)

22



23



24



25



  自分の体の半分以上もある大物をゲットしてしまい、なかなか飲み込めずにジタバタした挙句、暫し静止して途方に暮れる?姿も哀愁があります(笑)

26



27



  珍しく、鳥・鳥と続きましたが、最後は、鳥? スミマセン  
日比谷公園の鶴の噴水です。つまり鶴(笑) 東京の気温が氷点下になると見られる名物で、今季初の氷点下を記録した日、テレビのニュース映像で一日中流れました。−2・9度では、大した氷柱にはなりませんが。


28



29































30


  そして鳥が進化した・・・まさかですね。八岐大蛇(やまたのおろち)の異名をとる、東京中央区の箱崎ジャンクションです。慣れないドライバーさん泣かせの構造のようです。
今月も本当に有難うございました(^^)


19



18



ポヨポヨのピクチャー・イメージング  よかったら見てください(*^-^*
ご紹介
ryoのネームで参加している、写真共有サイト ガンレフ です。 よろしければ覗いてみてくださいね(*´∇`*) http://ganref.jp/m/ryo0828/portfolios
livedoor プロフィール

ポヨポヨザウルス

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ