旅 2007年 03月号
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/




『あなたのものになるべきものは、
ちゃんとあなたを待ってくれている』

素敵なものとの出会いって、きっと何か偶然という言葉では表現しきれない、不思議に導かれる”縁”みたいなものって、きっとあるのでしょうね。

新潮社から献本いただいた月刊誌”旅”という名の女性誌の3月号、憧れの都”パリ”の特集ですが、特に”食卓のもの”にこだわってます。
歴史ある美食の都”パリ”、美味しいものを、とびっきり美味しくいただくための、素敵な演出の数々・・・ 素敵に刻まれた歴史。

美しい写真を見ているだけで、うっとりと魅せられてしまいます。
そこに写し出されている、木の、シルバーの、ガラスの色・・・
味があって、見ているだけでワクワクしてきます。


昨年11月、世田谷美術館で開催された 画家アンリ・ルソーの絵画展 で観た、作品『サン・ニコラ河岸から見たサン・ルイ島』が脳裏から離れず、描かれた”パリ”の街への憧れが、きっと私を駆り立てたのであろう。

”パリ”は、私のことを待っていてくれるであろうか?