百年の孤独 Cien años de soledad 1967
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/海外純文学



一気に読めました!
全492ページ、容易い作業ではありませんでしたが、不思議と投げ出す気になれず、浮気(併読?!)することなく、ひたすらコツコツと読み進めた。

外国の一族の物語であり、その名前と関係、経過する年月の理解(激しく困難です・・・)を試みることなく、とにかくリズミカルな流れを楽しんで駆け抜けた。
だから、とにかく凄い!としか言い得ない。

流石に「わが悲しき娼婦たちの思い出」のようにはいかなかった・・・
ノーベル文学賞「ガブリエル・ガルシア=マルケスGabriel José García Márquez、1928-」、1967年発表の、20世紀の文化遺産のひとつと評される名作。





百年の孤独