旅 2007年 11月号 [雑誌]
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/旅行・娯楽



本が好き!PJ”からの献本。
今月の大特集は”イギリスロンドン”。
歴史ある都市・国家は、”老大国”とも称される。

”♪Life is very short ・・・♪”
衣類雑貨を扱う店舗から、ジャストタイミングで耳に飛び込んできた、ビートルズ(The Beatles)の軽快なワンフレーズ。
人生は短すぎる・・・
果てしなく長く感じるときがあって、何となくあっという間に過ぎ去る感覚もあって、長いとも短いとも、その時々の状況次第。
そんなことをぼんやり考えながら、それでも、その部分だけが、頭から離れない。聴き慣れた曲、何気ない言葉。ビートルズは、イギリス・リヴァプール出身のグループアーティスト
リリー・フランキーが連載を寄せている。曲の舞台、戦争孤児院「ストロベリー・フィールド(Strawberry Field)」から。
ビートルズも、いまや歴史的存在。

ニューヨーク、パリ、東京と並びトップ水準の世界都市”ロンドン”は、経済政治文化いずれについても大きな影響力を有する。
物価の高さは東京を上回り、世界有数。1£(ポンド)=約230円、換算すると、確かに全ての値段が高い。
アンティークが、重宝されるひとつの要因?!、とも。それでも、歴史に刻まれたモノへの想い、愛着。最初にしっかりと重厚に作られていなければ、市場が形成されることがない。大量生産のプラスティック製品は、廃棄処分を前提に生産される。
椅子やシルバー、布地やレースまでもが、流通するアンティークマーケット。
イギリスに、明確に存在する階級社会上流階級(王室世襲貴族地主金融業)には、それなりの生活レベルを求められ、それなりの高価で重厚なモノを所有している必要があろう。愛しいモノたちは、やがて、アンティークマーケットを潤す。

流石は、文芸書の大手出版社新潮社
第130回芥川賞作家、金原ひとみも、書き下ろし小説を寄せる。
「スコーレNo.4」の宮下奈都の連載小説。”うなぎ”の生態の神秘。確か、愛知県出身のベテラン女性作家稲葉真弓の水、川を巡る物語「還流」にも描かれていた、海で産卵する”うなぎ”。

小さな旅は、”愛知県足助(あすけ)”。信州三河湾の””を運ぶ宿場町として栄えた山間の街、奥三河の中枢拠点。2005年4月1日、近隣町村と共に豊田市に編入された。