ブログネタ
今日の一冊 に参加中!

草すべり その他の短篇

○著者: 南木佳士
○出版: 文藝春秋 (2008/7,単行本 216ページ)
○価格: 1,575円
○ISBN: 978-4163271804


黙すしかなかった。
  (P.118、「旧盆」)


≪目次: ≫
草すべり   「文學界」二〇〇八年一月号
旧盆     「文學界」二〇〇六年九月号
バカ尾根   「文學界」二〇〇七年八月号
穂高山    「文學界」二〇〇六年一月号

浅間外輪山、黒斑山の草すべり上部からトーミの頭/撮影・梅香亮一


≪著者: ≫ 南木佳士(なぎ けいし) 一九五一年、群馬県に生れる。秋田大学医学部卒業。現在、長野県佐久市に住む。一九八一年、内科医として難民医療日本チームに加わり、タイ・カンボジア国境に赴き、同地で「破水」の第53回文學界新人賞受賞を知る。一九八九年、「ダイヤモンドダスト」で第100回芥川賞受賞。著書に、短篇集「神かくし」「家族」、長篇小説「阿弥陀堂だより」「医学生」、中篇小説「海へ」、「トラや」、連作短篇集「こぶしの上のダルマ」、エッセイ集「ふいに吹く風」「医者という仕事」「天地有情」「急な青空」などがある。


玉ボケ♪