ブログネタ
最近読んだ本 に参加中!
高校生のための哲学入門 (ちくま新書)
高校生のための哲学入門 (ちくま新書666)

○著者: 長谷川 宏
○出版: 筑摩書房 (2007/7,新書 212ページ)
○価格: 735円
○ISBN: 978-4480063601
おすすめ度: 5.0
クチコミを見る



ぼくが〈思索(論理的に筋道を立てて考えること)〉したことを、書き記しを試みるんだけど、〈教養(ヽ慳筺幅広い知識、精神の修養などを通して得られる創造的活力や心の豊かさ、物事に対する理解力。また、その手段としての学問・芸術・宗教などの精神活動。⊆匆饑験茲魃弔狆紊派要な文化に関する広い知識)〉が不足しているからであろう、まずは言葉の定義・意味で行き詰まることが少なくない、というか、ほとんど先に進まない、理論的に筋道を立てることができない。
数日前に三九歳の誕生日を迎えて(翌日に仕事で不動産売買の重要事項説明をした顧客に宅地建物取引主任者証記載の生年月日を見られて「おめでとう」と祝われ、恥ずかしかったけど正直に嬉しかった♪、のはそれが今年唯一の祝福だった。いまさら誕生日という年齢でもないのであろうが、それでもやっぱり、、、だったら普段からもう少し素直に可愛く生きたら?、できるものならそうしたい!?)、だからというわけでもないが、ブログのタイトルを変えた。「ふどうさんやさん」を掲げる必要性は、昨年の一〇月第三日曜日に宅地建物取引主任者資格試験が終了して(会社で講師をしたときに作成した全一五回の解説レジュメも)、すでに失していた。ぼくのことを日常生活で「Gori」と呼称する者は現在同僚に一人いる(写真の先輩)だけで、これまでにそう呼ばれた(あだ名された)ことがないわけでもないが明確な記憶にはない。だから、むしろWeb上で通用(ぼくを識別)する〈記号〉と言っていいのであろう。ぼくのブログのアドレス(http://blog.livedoor.jp/ppdwy632/)は、たしか自宅のインターネット環境を整備した時に提供されたと記憶しているのだが、語呂が悪くないと感じた!?ので、そのままときどき採用している〈記号〉。そもそも、ぼくが住民票や戸籍という制度上で使用(ぼくを識別)している〈名前〉だって、ある側面においては〈記号〉。それぞれの〈記号〉はすべて、〈ぼく〉という存在を表していて、そういう意味では同じようなものであり、しかしまったく異なる性質をも持ち合わせている。(どこかで読んだ受け売りである、きっと)
そんなことばかり考えて、本来思索を重ねて自らの言葉にしたいと考えていることが、ちっとも進まないぼくには、「入門」であり、もっといえば、不勉強であった「高校生」レベルから、基本の“き”から取り組む必要があろう。
著者“長谷川宏”は、思うところあって大学を去り(本書に記述あり)、小中学生を相手に学習塾の教師を三十七年間続けながら、在野の哲学者・翻訳者としても活躍する。ぼくにとっては、光文社古典新訳文庫にラインナップされた『芸術の体系 (アラン・ポー 著、2008/1)』で出会い(著者ポーが江戸川乱歩の命名由来であることも知らず)、しばらくして何気なくワイド版岩波文庫『歴史哲学講義〈上・下〉(ヘーゲル 著、2003/5)』と、翻訳著書に縁があって、いずれも「簡単(安易な理解)」とは程遠いところにある長大な著作でありながらも、丁寧に慎重に途切れることなく一歩一歩確実に前に進んでいる安定感(のようなもの?!)に、不思議な安心感を覚えた。略歴にある、学習塾を営む在野の哲学者、にも下世話?!ながらも興味を持った。だから、「高校生」を掲げられても、反感を抱くことなく(些細なことにも反応して闘いを挑む習性が発動することなく)、素直に「読もう、読みたい!」と思ったことを明確にしておこう。


≪目次: ≫
はじめに(二〇〇七年三月十六日  長谷川 宏
第1章 自分と向き合う
第2章 人と交わる
第3章 社会の目
第4章 遊ぶ
第5章 老いと死
第6章 芸術を楽しむ
第7章 宗教の遠さと近さ
第8章 知と思考の力


≪著者: ≫ 長谷川 宏 (はせがわ・ひろし) 1940年島根県生まれ。1968年、東京大学文学部哲学科博士課程修了。自宅で学習塾を開くかたわら、原書でヘーゲルを読む会を主宰するなど在野の哲学者として活躍。一連のヘーゲルの翻訳に対し、ドイツ政府よりレッシング翻訳賞を受賞。著書に『新しいヘーゲル』『丸山眞男をどう読むか』(講談社現代新書)、『ことばへの道』(勁草書房)、『いまこそ読みたい哲学の名著』(光文社文庫)など。ヘーゲルの訳書に『哲学史講義』(河出書房新社)、『歴史哲学講義』(岩波文庫)、『美学講義』『精神現象学』『法哲学講義』『論理学』『自然哲学』『精神哲学』(作品社)などがある。

歴史哲学講義 〈下〉 (ワイド版岩波文庫226、ヘーゲル 著、長谷川宏 訳、2003/5)』
歴史哲学講義 〈上〉 (ワイド版岩波文庫225、ヘーゲル 著、長谷川宏 訳、2003/5)』
芸術の体系 (光文社古典新訳文庫、アラン・ポー 著、長谷川宏 訳、2008/1)』


at dawn