ブログネタ
読んだ本 に参加中!
宇宙の謎に挑む ブレーンワールド(DOJIN選書26)
宇宙の謎に挑む ブレーンワールド (DOJIN選書026)

○著者: 白水徹也
○出版: 化学同人 (2009/9, 単行本 184ページ)
○価格: 1,470円
○ISBN: 978-4759813265
クチコミを見る



ブレーンワールド(膜宇宙、braneworld)


≪目次: ≫
まえがき
第1章 宇宙はどのように誕生したか――膨張する宇宙と力の統一
1 膨張する宇宙    ハッブルの発見/一般相対性理論が記述する宇宙/宇宙の始まり/力の進化/コラム・素粒子とはなにか
2 インフレーション宇宙論    インフレーション宇宙論の誕生/宇宙の晴れ上がり/温度のムラが意味すること
3 宇宙を構成する物質    暗黒物質ダークエネルギー/物質の起源/ダークエネルギーv.s.時空の法則
4 宇宙の果てはどうなっているか    時間の果て/宇宙の形/宇宙誕生について/どこまで理解したのか?/宇宙の最後
膜宇宙論ダイジェスト※  超弦理論の進展/次元はいくつ必要か/膜宇宙/湾曲する余剰次元/私もあなたもホログラフィー
第2章 余剰次元はなぜ必要か――アインシュタインの夢から究極の理論へ
1 時空の理論 相対性理論    特殊相対性理論一般相対性理論アインシュタイン方程式/コラム・物理法則の美しさ
2 アインシュタイン方程式が予言したブラックホール    ブラックホールの発見/ブラックホールから抜け出せない/ブラックホールはいかに形成されるか/ブラックホール研究黄金時代/数値相対論の発展/タイムマシーンは可能か?/コラム・時空の数学的表現/コラム・時空の特異点
3 余分な空間    アインシュタインの夢/なぜ余分な空間は必要か/余剰次元方向に運動する粒子/余剰次元のサイズと力の法則/万有引力の法則の検証    
4 ひもから膜へ    粒子は「ひも」で記述される?/膜の登場
第3章 究極の理論が描く最新の時空像――ブレーンワールドの登場
1 エネルギー砂漠    階層性問題とエネルギー砂漠/宇宙の過去はどこまで見えるか/砂漠のない世界はあるのか  
2 膜世界の登場    三人組のアイデア/物体間に働く力/軽い膜世界
3 地上でブラックホールをつくる?    ブラックホールができるためには/地上でつくるブラックホール/生成されたブラックホールの運命/高次元ブラックホール/回転ブラックホールの対称性/コラム・ヒッグス粒子超対称粒子の探索/コラム・高次元ブラックホール唯一性定理
4 湾曲する余剰次元    膜によって余剰次元は曲がる/無限に広がった余剰次元空間/砂漠のない世界再考/超弦理論版湾曲余剰次元模型/複雑な現象をいかにとらえるか
第4章 宇宙の新世界――ブレーン宇宙論
1 独自の発展を遂げた日本の相対論研究    コラム・アインシュタイン方程式の解
2 膨張する膜宇宙    膜宇宙の膨張をどう扱うか/おもちゃの模型/ケンブリッジにおける膜宇宙論/膜宇宙論の土台固め
3 膜宇宙とブラックホール    余剰次元を伝わる重力/暗黒輻射/ブラックホール論争/おもちゃのブラックホール/膜宇宙の衝突による宇宙の創成/コラム・膜上の重力方程式の導出法の概略/コラム・タイムマシーン再考
4 多様な余剰次元、多様な宇宙    余剰次元はいくつ必要か/超弦理論はインフレーションを説明できるか?/コラム・ダークエネルギー問題に挑む
第5章 身近な余剰次元――究極理論はすぐそこに
1 マルダセナの予想    ホログラフィー/なぜホログラフィー/そもそもブラックホールに端を発する?
2 マルダセナの予想の応用と一般相対性理論の役割    膜技術/一般相対性理論の普及
3 予想できない今後の展開    ダークエネルギー問題/今後の展開

参考図書
あとがき (二〇〇九年初夏 京都・洛中にて 白水 徹也)


≪著者: ≫ 白水 徹也 (しろみず てつや) 1969年福岡県生まれ。96年京都大学大学院理学研究科物理学第二専攻博士課程修了。博士(理学)。東京工業大学大学院理工学研究科基礎物理学専攻准教授などを経て、京都大学大学院理学研究科物理学宇宙物理学専攻准教授。専門は、宇宙論、一般相対論。2005年に第20回西宮湯川記念賞、2006年に平成18年度文部科学大臣表彰若手科学者賞をそれぞれ受賞。

DOJIN選書・シリーズ、化学同人≫
渡部潤一 『夜空からはじまる天文学入門 素朴な疑問で開く宇宙の扉』(DOJIN選書025、2009年) '09/07/13
田近英一 『地球環境46億年の大変動史』(DOJIN選書024、2009年) '09/07/02
井村秀文 『環境問題をシステム的に考える 氾濫する情報に踊らされないために』(DOJIN選書023、2009年) '09/04/29
石田秀輝 『自然に学ぶ粋なテクノロジー なぜカタツムリの殻は汚れないのか』(DOJIN選書022、2009年) '09/02/28
江守正多 『地球温暖化の予測は「正しい」か? 不確かな未来に科学が挑む』(DOJIN選書020、2008年) '09/01/17
林宏樹 『世界初!マグロ完全養殖 波乱に富んだ32年の軌跡』(DOJIN選書021、2008年) '08/12/22
八田武志 『左対右 きき手大研究』(DOJIN選書018、2008年) '08/08/31
篠原菊紀 『未来の記憶のつくり方 脳をパワーアアップする発想法』(DOJIN選書019、2008年) '08/08/23
越智啓太 『犯罪捜査の心理学 プロファイリングで犯人に迫る』(DOJIN選書017、2008年) '08/06/18
河善一郎 『雷に魅せられて カミナリ博士、その謎を追う』(DOJIN選書016、2008年) '08/06/15
長谷川善和 『フタバスズキリュウ発掘物語 八〇〇〇万年の時を経て甦ったクビナガリュウ』(DOJIN選書014、2008年) '08/04/14
桜井静香 『あなたのエクササイズ間違っていませんか? 運動科学が教える正しい健康メソッド』(DOJIN選書015、2008年) '08/04/10
大浦宏邦 『人間行動に潜むジレンマ 自分勝手はやめられない?』(DOJIN選書013、2007年) '07/12/30
井村秀文 『中国の環境問題 今なにが起きているのか』(DOJIN選書012、2007年) '07/12/19
針山孝彦 『生き物たちの情報戦略 生存をかけた静かなる戦い』(DOJIN選書011、2007年) '07/12/06
井山弘幸 『笑いの方程式 あのネタはなぜ受けるのか』(DOJIN選書010、2007年) '07/11/30
林幸雄 『噂の拡がり方 ネットワーク科学で世界を読み解く』(DOJIN選書009、2007年) '07/11/20
村山貢司 『降水確率50%は五分五分か 天気予報を正しく理解するために』(DOJIN選書008、2007年) '07/11/15
吉田荘人 『漢方読みの漢方知らず 西洋医が見た中国の伝統薬』(DOJIN選書006、2007年) '07/11/14
中田亨 『ヒューマンエラーを防ぐ知恵 ミスはなくなるか』(DOJIN選書004、2007年) '07/11/10
岸野正剛 『なぜ人は宝くじを買うのだろう 確率にひそむロマン』(DOJIN選書003、2007年) '07/11/07
藤田一郎 『「見る」とはどういうことか 脳と心の関係をさぐる』(DOJIN選書007、2007年) '07/11/06
北岡明佳 『だまされる視覚 錯視の楽しみ方』(DOJIN選書001、2007年) '07/11/02
渡邉泰治 『黄金比の謎 美の法則を求めて』(DOJIN選書005、2007年) '07/10/31
藤原晴彦 『似せてだます擬態の不思議な世界』(DOJIN選書002、2007年) '07/10/25







人気ブログランキングへ


Tm 3:24'18(7:31〜10:58, 3:27), Dst 88.35, Av 25.9, Mx 61.9, Odo 481.3..
9/22以来の大垂水峠ラン、なかなかタイムが縮まらない。まだまだタマアジサイ(↑)が薄紫色の小さな花を咲かせていたよ。いよいよ長袖(昨年買ったユニクロのヒートテック)、アンダーはまだまだショート丈、(天気予報を気にしつつ)、クルクルまわせ!!