ブログネタ
読んだ本 に参加中!
からだの一日―あなたの24時間を医学・科学で輪切りにする
からだの一日 あなたの24時間を医学・科学で輪切りにする  Jennifer Ackerman: “Sex Sleep Eat Drink Dream: A Day in the Life of Your Body”2007.

○著者: ジェニファー・アッカーマン、鍛原多惠子 訳
○出版: 早川書房 (2009/10, 単行本 398ページ)
○価格: 2,310円
○ISBN: 978-4152090805
おすすめ度: 4.5
クチコミを見る



ふと思うんだけど、しかもたびたび、なんだかんだと言いながら、ぼくは安全地帯のすこし高い位置から、まるで他人事のように。そう、甘いんだよ、必死さが感じられないんだよ(幼少の頃からなんもなんどもいろんな人からことあるごとに言われつづけてきたなぁ)。
サラリーマンの地位にしがみつきながら、毎日毎日考えていることは言えば、最低でも一冊の本を読み終えてなにかしらを書き記すこと、そのためにどうしたらいいか、と前日から無理のないスケジュールを組み立てること。イレギュラーな仕事の予定が入ることも、アタリマエのように対応しなくちゃいけない(雇用を維持するためには)ことだって、少なからず想定して。で、ほぼ予定通りのルーチンワーク(毎日読んで書き記す)を遂げちゃっているのだから、ある意味では閑職にあって、それでもとりあえずはなんとか生活できちゃっている、アリガタイアリガタイナンマンダブナンマンダブ。
夜は布団に入ればおよそ3秒で眠れることにず〜っと変わりはなく(飲酒と早起きは欠かせない)、ときどきは仕事がたてこむことがあって、そんなときには疲労や睡眠不足を感じることがあったとしても、すぐに弱音を吐いちゃって、不調には敏感に早期対処を心掛ける(ガンバラナイ)。もっとも、基礎的な身体能力が高くないと自覚して、ことあるごとに周囲には口外しちゃっているから、あぁズルイなぁ。ぶったおれるまで無理してまで不調をおして頑張っている人たちを、スゴイなぁ、えらいなぁ、と思いながら、残念ながらぼくにはできない(ゴメンナサイ)。


≪目次: ≫
プロローグ

第1章 目覚め
第2章 外界をさぐる
第3章 機知

第4章 正午きっかり(ティース・オブ・ヌーン)
第5章 ランチのあと
午後
第6章 居眠りの国
第7章 緊張感
第8章 運動する
夕暮れ
第9章 パーティーの顔

第10章 魅せられて
第11章 夜風
第12章 眠り
第13章 狼の時刻

謝辞
訳者あとがき (二〇〇九年十月 鍛原多惠子)
原注


≪著者: ≫ ジェニファー・アッカーマン (Jennifer Ackerman) 《ナショナル・ジオグラフィック》《ニューヨーク・タイムズ》などに寄稿するサイエンスライター。著書は本書のほか、Chance in the House of fate: A Natural History of Heredity, Notes from the Shore がある。

[訳者] 鍛原多惠子 (かじはら・たえこ) 翻訳家。1977年米国フロリダ州ニューカレッジ卒業(専攻は哲学・人類学)。訳書に、マーカス『脳はあり合わせの材料から生まれた』、スピーロ『ポアンカレ予想』(共訳、以上早川書房刊)、ポリトフコスカヤ『プーチニズム』『ロシアン・ダイアリー』ほか。

ナイジェル・コールダー 『オックスフォード・サイエンス・ガイド  Nigel Calder: “Magic Universe: The Oxford Guide to Modern Science” Oxford University Press, 2003.』(屋代通子訳、築地書館、2007年) '10/01/05
リチャード・ドーキンス 『進化の存在証明  Richard Dawkins:“The Greatest Show on Earth: The Evidence for Evolution”2009.』(垂水雄二訳、早川書房、2009年) '09/12/25
ジョン・ホイットフィールド 『生き物たちは3/4が好き 多様な生物界を支配する単純な法則  John Whitfield:“In the Beat of a Heart: Life, Energy, and the Unity of Nature”Natl Academy Pr, 2006.』(野中香方子訳、化学同人、2009年) '09/12/13
チャールズ・ダーウィン 『種の起源〈上〉  Charles Darwin: “On the Origin of Species by Means of Natural Selection”1859.』(渡辺政隆訳、光文社古典新訳文庫、2009年) '09/10/27
ゲアリー・マーカス 『脳はあり合わせの材料から生まれた それでもヒトの「アタマ」がうまく機能するわけ  Gary Marcus: “Kluge: The Haphazard Construction of the Human Mind”2008.』(鍛原多惠子訳、早川書房、2009年) '09/03/23
ダリアン・リーダー/デイヴィッド・コーフィールド 『本当のところ、なぜ人は病気になるのか? 身体と体の「わかりやすくない」関係  Darian Leader, David Corfield: “Why Do People Get Ill?: Exploring the Mind-body Connection”2007.』(小野木明恵訳、早川書房、2008年) '08/08/04


Sex Sleep Eat Drink Dream: A Day in the Life of Your BodySex Sleep Eat Drink Dream: A Day in the Life of Your Body
著者: Jennifer Ackerman
出版: Houghton Mifflin (2007/10, English, 272ページ)
ISBN: 978-0618187584
クチコミを見る








人気ブログランキングへ