ブログネタ
読んだ本 に参加中!
ヒトのなかの魚、魚のなかのヒト―最新科学が明らかにする人体進化35億年の旅
ヒトのなかの魚、魚のなかのヒト 最新科学が明らかにする人体進化35億年の旅  Neil Shubin: “Your Inner Fish: A Journey into the 3.5-Billion-Year History of the Human Body”Pantheon Books, 2008.

○著者: ニール・シュービン、垂水雄二 訳
○出版: 早川書房 (2008/9, 単行本 306ページ)
○価格: 2,100円
○ISBN: 978-4152089557
おすすめ度: 4.5
クチコミを見る



古生物学者といってみても、たとえば、1909年にバージェス頁岩カンブリア紀の化石群を発見したチャールズ・ウォルコット(Charles Doolittle Walcott, 1850-1927)の時代から、およそ100年。基本は、現場でコツコツと掘る、ではあろうけれど。解剖学者で遺伝子にも精しい古生物学者。
そう、「ティクターリク」の化石の発見のドラマ♪


≪目次: ≫
はじめに
第1章 内なる魚を見つける   化石の発掘――自分自身を見つめること
第2章 手の進化の証拠を掴む   魚類をじっくり見てみる/魚の指と手首を見つける
第3章 手の遺伝子のかくも深き由緒   手のつくり方/DNAのレシピ/サメに手を与える
第4章 いたるところ歯だらけ   歯と骨――硬い素材/歯・腺・羽毛
第5章 少しずつやりくりしながら発展していく   頭の内なるカオス/胚の中の本質/わが内なるサメ/鰓弓の遺伝子/頭の起源をたどる――頭のない不思議な生き物から頭をもつ祖先へ
第6章 完璧な(ボディ)プラン   共通のプラン――胚を比較する/胚での実験/ハエとヒト/DNAと形成体/内なるイソギンチャク
第7章 体づくりの冒険   身柄提出令状(ヘイビアス・コーパス)――体(ボディ)を見せろ/体を手に入れる/証拠としての私たち自身の体/細胞塊(ブロブ)の形づくり/体の起源における「パーフェクトストーム」
第8章 においのもとを質す   
第9章 視覚はいかにして日の目を見たか   光受容分子/眼の組織/眼の遺伝子
第10章 耳の起源をほじくってみる   中耳――三つの耳小骨/内耳――リンパ液が動き、感覚毛が曲げられる/クラゲと眼や耳の起源
第11章 すべての証拠が語ること   あなたの内なる動物園/(ちょっと長めの)動物園めぐり/内なる魚/歴史が私たちを病気にさせるわけ/狩猟採集民としての過去――肥満・心臓病・痔疾/霊長類の過去――おしゃべりは高くつく/魚類とオタマジャクシの過去――しゃっくり/サメ類の過去――ヘルニア(脱腸)/微生物の過去――ミトコンドリアの病気
エピローグ
謝辞
注と参考文献
訳者あとがき


≪著者: ≫ ニール・シュービン (Neil Shubin, 1960- ) シカゴ大学教授、フィールド博物館館長。進化生物学や発生遺伝学、ゲノムサイエンスを統合する新しい生物学の流れに属する、古生物学者にして解剖学者。本書にも登場する、水生動物から陸生動物への移行に関するミッシングリンク、「ティクターリク」の発見者の一人。

[訳者] 垂水雄二 (Tarumi Yuji) 1942年大阪生まれ。京都大学大学院理学研究科博士課程修了。出版社勤務を経て、1999年よりフリージャーナリストとなる。著書に『やぶにらみ生物学』ほか。訳書に『命の番人』ワイナー、『三葉虫の謎』フォーティ、『悪魔に仕える教師』『神は妄想である』(以上4冊小社刊)『利己的な遺伝子』(共訳)『祖先の物語』ドーキンス、『社会生物学論争史』セーゲルストローレ、『恐竜はなぜ鳥に進化したのか』ウォードほか多数。

スティーヴン・ジェイ・グールド 『ワンダフル・ライフ バージェス頁岩と生物進化の物語  Stephen Jay Gould: “Wonderful Life: The Burgess Shale and the Nature of the History”1989.』(渡辺政隆訳、ハヤカワ文庫NF、2000年) '10/01/20
リチャード・フォーティ 『三葉虫の謎 「進化の目撃者」の驚くべき生態  Richard Fortey: “Trilobite!: Eyewitness to Evolution”2000.』(垂水雄二訳、早川書房、2002年) '10/01/15
ジェニファー・アッカーマン 『からだの一日 あなたの24時間を医学・科学で輪切りにする  Jennifer Ackerman: “Sex Sleep Eat Drink Dream: A Day in the Life of Your Body”2007.』(鍛原多惠子訳、早川書房、2009年) '10/01/10
リチャード・フォーティ 『地球46億年全史  Richard Fortey: “The Earth: An Intimate History” HarperCollins, 2004.』(渡辺政隆/野中香方子訳、草思社、2009年) '10/01/07
ナイジェル・コールダー 『オックスフォード・サイエンス・ガイド  Nigel Calder: “Magic Universe: The Oxford Guide to Modern Science” Oxford University Press, 2003.』(屋代通子訳、築地書館、2007年) '10/01/05
リチャード・フォーティ 『生命40億年全史  Richard Fortey: “Life: An Unauthorized Biography” HarperCollins, 1997.』(渡辺政隆訳、草思社、2003年) '09/12/29
リチャード・ドーキンス 『進化の存在証明  Richard Dawkins:“The Greatest Show on Earth: The Evidence for Evolution”2009.』(垂水雄二訳、早川書房、2009年) '09/12/25
ジョン・ホイットフィールド 『生き物たちは3/4が好き 多様な生物界を支配する単純な法則  John Whitfield:“In the Beat of a Heart: Life, Energy, and the Unity of Nature”Natl Academy Pr, 2006.』(野中香方子訳、化学同人、2009年) '09/12/13
チャールズ・ダーウィン 『種の起源〈上〉  Charles Darwin: “On the Origin of Species by Means of Natural Selection”1859.』(渡辺政隆訳、光文社古典新訳文庫、2009年) '09/10/27
ゲアリー・マーカス 『脳はあり合わせの材料から生まれた それでもヒトの「アタマ」がうまく機能するわけ  Gary Marcus: “Kluge: The Haphazard Construction of the Human Mind”2008.』(鍛原多惠子訳、早川書房、2009年) '09/03/23
ダリアン・リーダー/デイヴィッド・コーフィールド 『本当のところ、なぜ人は病気になるのか? 身体と体の「わかりやすくない」関係  Darian Leader, David Corfield: “Why Do People Get Ill?: Exploring the Mind-body Connection”2007.』(小野木明恵訳、早川書房、2008年) '08/08/04


Your Inner Fish: A Journey into the 3.5-Billion-Year History of the Human BodyYour Inner Fish: A Journey into the 3.5-Billion-Year History of the Human Body
著者: Neil Shubin
出版: Pantheon (2008/1, English, 240ページ)
ISBN: 978-0375424472
おすすめ度: 4.0
クチコミを見る








人気ブログランキングへ