ブログネタ
読んだ本 に参加中!
古寺巡礼 (ワイド版 岩波文庫)
古寺巡礼 (ワイド版岩波文庫4)

○著者: 和辻哲郎
○出版: 岩波書店 (1991/1, 単行本 287ページ)
○価格: 1,260円
○ISBN: 978-4000070041
おすすめ度: 5.0
クチコミを見る



和辻哲郎(1889-1960)の「イデーを見る眼」(「解説」谷川徹三)、1919年(大正八年初版)の書。「この書は大正七年の五月、二三の友人とともに奈良付近の古寺を見物したときの印象記である。」(P.5「改版序」)


≪目次: ≫
改版序 (昭和二十一年七月 著者)
一 アジャンター壁画の模写――ギリシアとの関係――宗教画としての意味――ペルシア使臣の画
二 哀愁のこころ――南禅寺の夜
三 若王子の家――博物館、西域の壁画――西域の仏頭――ガンダーラ仏頭と広隆寺弥勒
四 南西風呂のこと――京都より奈良へ――ホテルの食堂
五 廃都の道――新薬師寺――鹿野苑の幻想
六 浄瑠璃寺への道――浄瑠璃寺――戒壇院――戒壇院四天王――三月堂本尊――三月堂諸像
七 疲労――奈良博物館――聖林寺十一面観音
八 数多き観音像、観音崇拝――写実――百済観音
九 天平の彫刻家――良弁――問答師――大安寺の作家――唐招提寺の作家、法隆寺の作家――日本霊異記――法隆寺天蓋の鳳凰と天人――維摩像、銅板押出仏
十 伎楽面――仮面の効果――伎楽の演奏――大仏開眼供養の伎楽――舞台――大仏殿前の観衆――舞台上の所作――伎楽の扮装――林邑楽の所作――伎楽の新作、日本化――林邑楽の変遷――秘伝相承の弊――伎楽面とバラモン神話――呉楽、西域楽、仮面の伝統――猿楽田楽――能狂言と伎楽――伎楽とギリシア劇、ペルシア、インドのギリシア劇――バラモン文化とギリシア風文化――インド劇とギリシア劇――シナ、日本との交渉
十一 カラ風呂――光明后施浴の伝説――蒸し風呂の伝統
十二 法隆寺より古京を望む――法隆寺十一面観音――光明后と彫刻家問答師――彫刻家の地位――光明后の面影
十三 天平の女――天平の僧尼――尼君
十四 西の京――唐招提寺金堂――金堂内部――千手観音――講堂
十五 唐僧鑑真――鑑真将来品目録――奈良時代平安時代初期
十六 薬師寺、講堂薬師三尊――金堂薬師如来――金堂脇侍――金堂製作年代、天武帝――天武時代飛鳥の文化――薬師の作者――薬師寺東塔――東院堂聖観音
十七 奈良京の現状、聖観音の作者――玄弉三蔵――グプタ朝の芸術、西域人の共働――聖観音の作者――薬師寺について――神を人の姿に――S氏の話
十八 博物館特別展覧――法華寺弥陀三尊――中尊と左右の相違――光明后枕仏説
十九 西大寺の十二天――薬師寺吉祥天女――インドの吉祥天女――天平の吉祥天女――信貴山縁起
二十 当麻の山――中将姫伝説――浄土の幻想――久米寺岡寺――藤原京跡――三輪山丹波市
二十一 月夜の東大寺南大門――当初の東大寺伽藍――月明の三月堂――N君の話
二十二 法隆寺――中門内の印象――エンタシス――ギリシアの影響――五重塔の運動
二十三 金堂壁画――金堂壁画とアジャンター壁画――インド風の減退――日本人の痕跡――大壁小壁――金堂壇上――橘夫人の廚子――綱封蔵
二十四 夢殿――夢殿秘仏――フェノロサの見方――伝法堂――中宮寺――中宮寺観音――日本的特質――中宮寺以降

解説 谷川徹三


挿画目次: 撮影 入江泰吉(新薬師寺本堂/三月堂本尊不空羂索観音/三月堂梵天/聖林寺十一面観音/百済観音伎楽面法華寺十一面観音/唐招提寺金堂/薬師寺金堂本尊薬師如来/薬師寺東塔/薬師寺東院堂聖観音/法華寺弥陀/薬師寺吉祥天女/三月堂/法隆寺金堂/法隆寺五重塔/法隆寺金堂壁画弥陀浄土図/法隆寺金堂壁画中尊阿弥陀仏/法隆寺金堂壁画右脇侍/法隆寺金堂壁画右脇侍面相/橘夫人念持仏/夢殿/夢殿観音/中宮寺観音)


※〔編集付記〕本書の底本には『和辻哲郎全集』第二巻(1961年12月、岩波書店刊)初秋のテクストを採り、あわせて単行本『古寺巡禮』(1947年3月、岩波書店刊)を参照した。
※2001年6月5日 第10刷発行


和辻哲郎 『人間の学としての倫理学』(岩波文庫、2007年) '09/04/07
和辻哲郎 『風土 人間学的考察』(ワイド版岩波文庫、1991年) '09/02/25
和辻哲郎 『孔子』(ワイド版岩波文庫、1994年) '08/11/29

熊野純彦 『和辻哲郎 文人哲学者の軌跡』(岩波新書、2009年) '09/11/13







人気ブログランキングへ