ブログネタ
読んだ本 に参加中!
関口・新ドイツ語の基礎 CD付 復刻版
関口・新ドイツ語の基礎  Bausteine der deutchen Sprache (復刻版・CD付)

○著者: 関口存男関口一郎 改訂
○出版: 三修社 (2008/9, 単行本 302ページ)
○価格: 2,310円
○ISBN: 978-4384030310
おすすめ度: 5.0
クチコミを見る



さいしょに読んだとき(平成22年5月3日読了)にも、読み進めるのがしんどかったような記憶だけはあって、たしか時間もずいぶん費やしたはず(ただただ読み終えるのがセイイッパイ)。
なにが愉しくて?!(ソンナニイッショケンメイニナッテルノ?)、とは、ぼくだって途中に何回か自問した。そこまでやる必要はないんじゃないの?、意味あるの(意味ないんじゃないの)??、テキストは182ページ、およそ練習問題といっていいであろう課題(6月に解答して提出したもの)とその解説が手元にある。それを丸暗記するだけで、もしかしたら単位認定試験はクリアできちゃうかもしれない(いやいやそんなに甘くはない)。まぁまぁ単位認定試験は近いところでのクリアしなければならないハズスことがあってはならない通過点、チェックポイントなのであって、けっして目標にはなりえない。あくまでもドイツ語の習得(修得)を目的としているぼくは、できることなら可能なかぎりで、やれるときに気持ちがあるうちに(ウワキモノ)、と考えるのかどうなのか。書いて書いて書き写して書きまくって体で覚えること(とりあえずいまのところの試みとして)、A4ノート17ページ、いずれも静かで集中できる図書館の自習室にこもって、ときに受験勉強に励む高校生と机を並べての、14:20〜17:40(本書〜P.53)、10:00〜12:50(〜P.88)、10:05〜13:50(〜P.134)、14:05〜17:00(〜P.185)、10:00〜13:45、13:52〜14:15。(ダカラドウシタノ??!)、ノリとしては写経?!、もちろん意味を考えながらも頭真っ白にして雑念を払い除けて集中して、またある側面ではクロスバイクでのトレーニングのイメージで、峠を越えるルート(道)をただただひたすらに休むことなく、およそ3時間半から4時間くらいのあいだノンストップでクルクルクルクルあしを回転しつつづける、みたいな♪
で、忘れちゃいけないのが、この作業(本書の読書と筆記と)は、あくまでも近いところでの単位認定試験対策として、テキストを復習する前にクリアしておきたいと考えた、ぼくの自己満足にすぎない



≪目次: ≫
改訂の序 (昭和59年3月 関口一郎)
序(初版の序文) (昭和二十二年二月九日 長野県西筑摩郡吾妻村妻籠にて 著者識)
トラック対応表(CD)

第1講 アルファベートと字体/第2講 発音の要点/第3講 動詞の不定形と人称変化(1)/第4講 動詞の不定形と人称変化(2)/第5講 動詞の不定形と人称変化(3)/第6講 定冠詞・名詞の格変化/第7講 人称代名詞の格変化/第8講 der、dieser、jenerなど、および形容詞の格変化/第9講 ein、kein、meinなど、および形容詞の格変化/第10講 名詞の複数形/第11講 定形とその位置/第12講 話法の助動詞/第13講 動詞の3要形/第14講 過去と未来/第15講 受動形/第16講 前置詞/第17講 分離動詞/第18講 関係代名詞/>第19講 完了時称/第20講 zu不定句/第21講 再帰動詞/第22講 比較級と最高級/第23講 形容詞の名詞化/第24講 非人称動詞/第25講 命令法/第26講 接続法の形/第27講 接続法の用法(1)間接話法/第28講 接続法の用法(2)要求話法/第29講 接続法の用法(3)約束話法/第30講 講数詞
付録 不規則変化動詞表
索引

福本義憲 『はじめてのドイツ語』(講談社現代新書、1991年) '10/07/03 【第二読】
関口一郎 『すぐに役立つ はじめてのドイツ語』(NHK CDブック、日本放送出版協会、1992年) '10/05/16
関口存男、関口一郎改訂 『関口・新ドイツ語の基礎  Bausteine der deutchen Sprache (復刻版・CD付)』(三修社、2008年) '10/05/03
福本義憲 『はじめてのドイツ語』(講談社現代新書、1991年) '10/04/04





人気ブログランキングへ