ブログネタ
読んだ本♪ に参加中!
ドン・キホーテ〈前篇3〉 (岩波文庫)
ドン・キホーテ 前篇三   Miguel de Cervantes Saavedra: “El ingenioso hidalgo Don Quijote de La Mancha”, 1605. (岩波文庫 赤721-3)

○著者: セルバンテス牛島信明
○出版: 岩波書店 (2001/2, 文庫 399ページ)
○価格: 798円
○ISBN: 978-4003272138
おすすめ度: 5.0
クチコミを見る



どうなんだろう(よく分からないのだけれど)、この物語が描かれた1605年のスペインでは、すでに「騎士」はオールドスタイルで、騎士道を気どって騎士の格好をして遍歴の(戦いを目的とする?!)旅をするような人(郷士ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ)は、文化?!としても社会的にも、レギュラーではなかった。イレギュラーで、しかし、イレギュラーなかたちとはいえ、当時の人びとに、現実として、この騎士道?!物語が大いに受け容れられた(読まれた)ということは、騎士(騎士道)という在り方は、ある意味では歴然と認知されていた(リアルタイムのモノとしてではなく懐古的なモノとして?!)ということなのであろうか。
ところで、1605年、おなじ時代の日本では、1603年(慶長8年)に江戸に幕府が樹立している。いわゆる「武士」の時代。日本は「武士」で、西洋?!では「騎士」で、いずれも戦いを、本来的にはおもな目的とする、と考えるには、おなじような存在!!?。で、日本の江戸時代を考えるには、戦国時代の終焉であって、戦国時代からつづく武士の時代であって、しかし武士による戦いはなく(戦争のない平和な時代)、武士は戦う者としてではなく官僚としての機能をつよくしていた!!?、フシギ♪



16世紀、17世紀のスペインの片田舎で、意気軒昂たるドン・キホーテが「冒険」を演じているとき、そこには、実は何ひとつ非日常的なことは起っていない。彼の狂気が、けだるく弛緩した田舎の現実を勇壮な「現実」に変え、目覚ましい「冒険」を現出させる。


≪目次: ≫
機知に富んだ郷士ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ 第四部(続き)
第三十五章 ここでは小説『愚かな物好きの話』に結末がつけられる
第三十六章 旅籠で起こった、そのほかの風変りな出来事を扱う章
第三十七章 ここではその名も高き王女ミコミコ−ナの物語が続き、そのほかの愉快な冒険が語られる
第三十八章 ドン・キホーテが文武両道にわたって行なった興味津々たる演説を扱う章
第三十九章 ここでは《捕虜》がおのれの身の上話をする
第四十章 ここでは《捕虜》の身の上話が続けられる
第四十一章 ここでは《捕虜》がさらに身の上話を続ける
第四十二章 なおも宿屋で起こったこと、および、そのほか知るに値する多くのことについて扱う章
第四十三章 ここでは騾馬引きの若者の聞いて楽しい身の上話、および宿屋で起こったそのほかの珍しい出来事が語られる
第四十四章 ここでは旅籠で起こった前代未聞の事件が続く
第四十五章 ここではマンブリーノの兜と荷鞍にまつわる疑問が最終的に解決されると同時に、ほかの実際に起こった冒険が語られる
第四十六章 《聖同胞会》の捕吏たちの目覚ましい冒険、ならびにわれわれのあっぱれな騎士ドン・キホーテの猛々しさについて
第四十七章 ドン・キホーテ・デ・ラマンチャにかけられた奇妙な魔法、および、そのほかの目覚ましい出来事について
第四十八章 ここではトレードの聖堂参事会員がなおも騎士道物語について論じ、さらに彼の才知にふさわしいそのほかの事柄に言及する
第四十九章 ここだはサンチョ・パンサと主人のドン・キホーテが交わした気の利いた会話が扱われる
第五十章 ドン・キホーテと聖堂参事会員が交わした思慮に富んだ論争、およびそのほかの出来事について
第五十一章 山羊飼いが、ドン・キホーテを連れていくすべての人に語ったことを扱う章
第五十二章 ドン・キホーテと山羊飼いの喧嘩、およびドン・キホーテが大汗をかくことによってめでたくおさめた、苦行者相手の珍しい冒険について

訳注
解説(一)『ドン・キホーテ』に向けられたセルバンテスの生涯/牛島信明
地図

挿絵 ギュスターヴ・ドレPaul Gustave Doré, 1832–1888)


セルバンテス 『ドン・キホーテ 前篇二   Miguel de Cervantes Saavedra: “El ingenioso hidalgo Don Quijote de La Mancha”, 1605.』(牛島信明訳、岩波文庫、2001年) '10/08/26
セルバンテス 『ドン・キホーテ 前篇一   Miguel de Cervantes Saavedra: “El ingenioso hidalgo Don Quijote de La Mancha”, 1605.』(牛島信明訳、岩波文庫、2001年) '10/08/22
牛島信明 『ドン・キホーテの旅 神に抗う遍歴の騎士』(中公新書、2002年) '10/08/15





人気ブログランキングへ