ブログネタ
読んだ本♪ に参加中!
地中海世界の歴史―古代から近世 (放送大学教材)
地中海世界の歴史 古代から近世 '09 (放送大学教材)

○著者: 本村凌二高山博 編著
○出版: 放送大学教育振興会 (2009/3, 単行本 224ページ)
○価格: 2,520円
○ISBN: 978-4595309120
クチコミを見る



ぼくのなかでは、こうして読んだ本について、とりあえず読み終えて、まずはいったん終わりにして終わらせて、もちろんそこから他の本へと展開することはよくあることで、むしろ積極的に発展させるためにも幅広い発展を促進すべく、だからこそ記録を残す、みたいなところがあって
が、ちょ〜〜〜〜〜〜っとコイツはカンタンに終わらせてしまうにはあまりにも気がかりにすぎて、いやいや、あとすくなくとも2回くらいは45分×15回⇒約12時間×2⇒約24時間!?のDVDの授業を受講してでも、テキストをさらに時間を費やして読みこんででも、体系的な理解を得なければ、なにをどうしても理解を得たい!!、そうだ、次学期に履修をして(今回は視聴覚室での自習)、教科書を手中に得て単位認定試験に向けて暗記して♪


地中海世界は、古代から現代まで、ヨーロッパのみならず西アジア北アフリカを取り込み、独自の風土と文化、歴史を築いてきた。ギリシアローマエジプトマケドニアなどの古代文明は、その後のこの地域のみならず世界の歩みの中でも特色ある文明を支えてきたし、イスラムの成立以降はヨーロッパの歴史にも複合的な性格を与えてきた。本書は、地中海の多面的な歴史を古代から近世まで概観する。地中海の歴史は、世界史にとって極めて魅力的である。


≪目次: ≫
1.地中海世界と文明の創造力 〔キーワード: 地中海、島、船、都市国家、オリーブ、ワイン〕/本村凌二(東京大学大学院教授)高山博(東京大学大学院教授) DVD 10/05 11:30〜
2.オリエント世界 〔キーワード: 楔形文字ジッグラトヒエログリフピラミッド心性〕/本村凌二(東京大学大学院教授) DVD 10/06 14:35〜
3.東地中海世界の激動と波及 〔キーワード: アルファベット、アクエイアテン、ハビル、海の民〕/本村凌二(東京大学大学院教授) DVD 10/08 14:15〜
4.ギリシア世界 〔キーワード: ポリス民主政アレクサンドロスシンクレティズム〕/本村凌二(東京大学大学院教授) DVD 10/10 10:25〜
5.共和政期ローマ 〔キーワード: S・P・Q・R、「父祖の遺風」、内乱の百年カエサル〕/本村凌二(東京大学大学院教授) DVD 10/13 14:25〜
6.ローマ帝国と多神教世界 〔キーワード: 権力と権威、「パンとサーカス」、多神教世界帝国〕/本村凌二(東京大学大学院教授) DVD 10/15 14:40〜
7.一神教世界帝国と古代末期 〔キーワード: 「三世紀の危機」、グローバリズム、地域分裂〕/本村凌二(東京大学大学院教授) DVD 10/17 14:15〜
8.西地中海の新たなる秩序――古代から中世へ? 〔キーワード: 地中海世界の東部と西部、古代末期、中世初期〕/本村凌二(東京大学大学院教授)、高山博(東京大学大学院教授) DVD 10/20 14:25〜
9.東地中海の覇者――東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の千年 〔キーワード: 東ローマ帝国、ビザンツ帝国、ユスティニアヌスギリシア正教〕/高山博(東京大学大学院教授) DVD 10/24 16:00〜
10.三つの文化圏 〔キーワード: ラテンカトリック文化圏、ギリシア・ビザンツ文化圏、アラブ・イスラーム文化圏〕/高山博(東京大学大学院教授) DVD 10/31 13:05〜
11.ノルマン人と地中海 〔キーワード: ヴァイキング、ノルマン人、南イタリア征服、ノルマン・シチリア王国の成立〕/高山博(東京大学大学院教授) DVD 11/02 14:05〜
12.シチリア王国――文明の交差点 〔キーワード: シチリア島、異文化交流〕/高山博(東京大学大学院教授) DVD 11/06 14:15〜
13.地中海における文明の衝突――十字軍 〔キーワード: 十字軍、フリードリヒ二世、文明の衝突〕/高山博(東京大学大学院教授) DVD 11/13 14:15〜
14.地中海ネットワーク 〔キーワード: 交易路、交易圏、制海権、商品、商人、旅人〕/高山博(東京大学大学院教授) DVD 11/14 14:05〜
15.地中海世界の歴史 〔キーワード: グローバル化、地中海史、地中海研究、時代区分〕/本村凌二(東京大学大学院教授)、高山博(東京大学大学院教授) DVD 11/16 10:50〜


本村凌二 『古代ポンペイの日常生活』(講談社学術文庫、2010年) '10/11/02
高山博 『中世シチリア王国』(講談社現代新書、1999年) '10/11/25





人気ブログランキングへ