ブログネタ
読んだ本♪ に参加中!
スイス (ヨーロッパ読本)
スイス (ヨーロッパ読本)

○著者: 森田安一/踊共二 編著、野嶋篤/岡村民夫/穐山洋子 著
○出版: 河出書房新社 (2007/11, 単行本 263ページ)
○価格: 2,100円
○ISBN: 978-4309619033
クチコミを見る



おぉブレネリあなたのおうちはどこぉ??!

アルプスに抱かれた小国スイス。一方で国連本部を擁し、永世中立を保ち続けるなど国際社会における存在も大きく、四つの言語が飛び交う複雑な文化を持つ。


≪目次: ≫
西洋の桃源郷(森田安一)
スイスという国(森田安一)    日本から見たスイス/アルプスは心のふるさと――スイスの誕生と成長/四つの国語と二つの宗教/祝祭と記念日
スイス・ブランドの光と影(森田安一)    ブランドは技術力から/時計の聖地/粉と水とチョコレート――食品産業/スイスの銀行信用度
働くことと学ぶこと    スイス人の仕事術――あるビジネスマンの一日(野嶋篤)/仕事さまざま(踊共二)/スイスの学校(踊共二)
日々の暮らし    スイス住宅事情(野嶋篤)/スイス料理はあるか?--食文化(踊共二)/スイス人の買い物(踊共二)/鉄道王国――交通事情(踊共二)
変化する社会    アルプスを守る――環境問題(踊共二)/医療・介護・老後の暮らし(野嶋篤)/女性と社会――男女共同参画(野嶋篤)
生活を楽しむ    人生で大切なこと――スポーツ(踊共二)/スイス映画(岡村民夫)/美術館と博物館(岡村民夫)/演劇と音楽(野嶋篤)/書店の風景(野嶋篤)/メディア(踊共二)
青と白と緑――観光の国スイス(踊共二)    観光業ことはじめ/登山鉄道と氷河急行/七つの世界遺産
一致しないことに一致する――スイスの政治(森田安一)    民主政治のなりたち/最終決定は市民の手に/ランツゲマインデ――青空議会/永世中立と民兵制/世界の孤児――国連EU

コラム    スイスの通貨(踊共二)/ヒトラーの銀行(穐山洋子)/スイスの日本人社会(野嶋篤)/健康食品ミューズリ(森田安一)/面ファスナー マジックテープとベルクロ(森田安一)/国際貢献と外国人の受け入れ(踊共二)

読書案内
索引
執筆者紹介


カバー写真・チューリヒ、バーンホーフ通りのトラム


≪編者・執筆者: ≫ 森田安一 (もりた やすかず) 日本女子大学文学部教授(を経て、日本女子大学名誉教授、放送大学客員教授)。1940年、東京都新宿区生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業、同大学院人文科学研究科西洋史学専攻博士課程中退、博士(文学、東京大学)。著書に『スイス――歴史から現代へ 地域主義・直接民主政・武装中立』(刀水書房)、『スイス中世都市史研究』(山川出版社)、『ルターの首引き猫――木版画で読む宗教改革』(山川出版社)、『物語 スイスの歴史 知恵ある孤高の小国』(中公新書)、『スイス 中世都市の旅』(世界歴史の旅、山川出版社)、編著に『スイス・ベネルクス史』(山川出版社)、『スイスの歴史と文化』(刀水書房)、『岐路に立つスイス』(刀水書房)、『スイスと日本――日本におけるスイス受容の諸相』(刀水書房)、『日本とスイスの交流――幕末から明治へ』(山川出版社)がある。

≪編者・執筆者: ≫ 踊 共二 (おどり ともじ) 武蔵大学人文学部教授。1960年、福岡県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学大学院博士前期課程および後期課程に学び、博士(文学)の学位を取得。専攻は西洋史とくに中近世。1999年4月〜2000年3月、スイスに研究滞在(ベルン大学客員研究員)。主な著書に『改宗と亡命の社会史――近世スイスにおける国家・共同体・個人』(創文社)、『ヨーロッパ学入門』(共著、朝日出版社)がある。

≪執筆者: ≫ 野嶋 篤 (のじま あつし) ジャーナリスト、翻訳・通訳、日本語教師、書道家。1952年静岡生まれ。立命館大学文学部人文学科卒業。エックス・マルセイユ第一大学(フランス)文学部歴史学専攻修士課程修了。大阪アリアンス・フランセーズのフランス語教師を経て、スイス移住。1998年より、日本とスイスを結ぶ情報誌「グリエツィ」(年4回の季刊発行)を編集・発行。著書に『ビジネスフランス語』(共著、白水社)がある。

≪執筆者: ≫ 村岡民夫 (むらおか たみお) 法政大学国際文化学部教授。1961年、横浜市生まれ。スイス政府給費留学生としてジュネーヴ州立大学文学部一般言語学科でソシュール言語学を研究し、立教大学文学研究科博士後期課程を満期退学。専攻は、フランス現代思想、表象文化論、近代日本文学。主な著書に『『注文の多い料理店』考 イーハトヴからの風信』(共著 五柳書院)、『スイスの歴史と文化』(共著、刀水書房)、『ゴダールに気をつけろ!』(共著 フィルムアート社)、『旅するニーチェ リゾートの哲学』(白水社)など。訳書に、マルグリット・デュラス/ドミニク・ノゲーズ『デュラス、映画を語る』(みすず書房)、ジル・ドゥルーズ『シネマ2*時間イメージ』(叢書・ウニベルシタス 共著 法政大学出版局)など。2004年より宮沢賢治学会イーハトーブセンター理事を務める。
 
≪執筆者: ≫ 穐山洋子 (あきやま ようこ) 1968年、東京生まれ。東京外国語大学卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍(ドイツ・ヨーロッパ研究センター 助教)。


R. W. スクリブナー/C. スコット・ディクスン 『ドイツ宗教改革  R. W. Scribner and C. Scott Dixon: “The German Reformation, Second Edition, Studies in European History”, Palgrave Macmillan, 1986, 2003.』(森田安一訳、岩波書店、2009年) '11/02/04
森田安一 『スイス 中世都市の旅』(世界歴史の旅、山川出版社、2003年) '11/02/01
森田安一 『物語 スイスの歴史  知恵ある孤高の小国』(中公新書、2000年) '11/01/30
森田安一 『図説 宗教改革』(ふくろうの本・世界の歴史、河出書房新社、2010年) '11/01/27
草光俊雄/五味文彦/杉森哲也編著 『歴史と人間 '08』(放送大学教材、放送大学教育振興会、2008年) '10/09/25





人気ブログランキングへ