ブログネタ
読んだ本♪ に参加中!
芸術史と芸術理論―芸術の深く豊かな意味 (放送大学教材)
芸術史と芸術理論 (放送大学教材)

○著者: 青山昌文
○出版: 放送大学教育振興会 (2010/3, 単行本 296ページ)
○価格: 3,150円
○ISBN: 978-4595311949
クチコミを見る


3.11_14:46、、、東京電力の計画(輪番)停電は、ぼくのところは第2グループは、なかった、今日のところは(明日以降はどうなるんだろう??!)。どうなんだろう。ぼくは停電を積極的に覚悟していた、およそ3時間前後×2回の期限(時間)を定めた停電くらいの不便はトウゼンに(黙して)受け容れてしかるべき、などと。そしてまた、停電が実行されなかったことについても、黙して受け容れてしかるべき、などと(苦渋の選択、計り知れない、予知不能、緊急事態)。そう、昨夜遅くの緊急事態(ぼくの自室にテレビがないことを知ってる、いつも世話になってるカイシャの社長が電話で教えてくれた、こともあってwebでチェックはしていたのだが)、有線放送のスピーカーから流され発せられた市の災害対策本部の広報であり(アパートの大家さんの手書きの張り紙も朝にはあった)、そして、今日の朝に停電の中止を知らせ、夕に停電の中止を知らせ、、、モチロンぼくはホッとした、とはショウジキなところ。だって、たとえば18時過ぎから21時過ぎまでの初春の夜の闇のなかの電気のない生活は、こんなことを口外するのは無自覚なこと極まりないのだけれども、恐怖だ、不安だ、平静を保てない、げんに今日いちにち、いつもにも増して行動はトンチンカン(予定していた読了を果たせなかったギブアップ)。そうそう、市の災害対策本部の方の有線放送から流れる声色は、夕刻の停電予定時間をすこしすぎたころだったか「東京電力から連絡がありました……」とは、どこかこころなしか疲れ果ててバツがわるそうで、いやいや、そんなことはない、きっとぼくの気のせいだろうとも思うのだけれども(雰囲気・印象)、、、たとえば、停電して、信号が消えたら、公共施設の市役所の病院の電気が途絶えたら、想定しうる対策を、あらかじめなんらか講じておかなければならない、多少の不自由は仕方がないとしても、二次災害や重大事故を生じさせないような現場での対応の責任、みたいなものが、行政(市役所であったり警察であったり)にあるものなのかどうなのか、少なくともぼくは、ないものではないと考えるし、そんな気構えの心意気の職員が公務員が、いないものでもないであろうし、もしかしたら、くだんの有線放送の主も、そんな一員なのかもしれない(分からない、もしかしたら、ホントにただただ草臥れ果てていただけなのかもしれない、緊張は計り知れない、しかし、もともとそういう声色の持ち主なのかもしれない)、モチロン東京電力の側(の計画停電の決定)も苦渋の選択であったであろうし、現場を担う行政の側との調整が最終の時間ギリギリまでなされたものなのかどうなのか、ぼくには知る由もないのだけれども


2011年1月26日(水)第3時限目、平成22年度第2学期の単位認定試験の評価はマルA(100〜90点)、本学期履修7科目中唯一のマルA判定(評価)なのだが、芸術(美学)を学問としてのその履修の評価の判定がマークシートによる二択で問われることの、、、とはいえ、果たしてなにをどうして判定し評価しえると(すんなりとは受け容れがたいが、まぁそういうものなのであろうと落ち着く、落ち着けざるをえない、すくなくともぼくには他により好い方法を見出しえない)


芸術は、単に感じ取ればいいだけの趣味の世界のものではなく、世界の様々な素晴らしいものがたくさん詰まったものであり、世界の奥深いものが凝集しているものである。芸術のこのような本質を、プラトンアリストテレスの美学・芸術理論のあらましから起こし、古代から現代までの各時代の芸術が、いかに同時代の哲学・思想と根本的に結びついていたか、そしてそれらが人類の至宝というべき素晴らしい傑作であるかということを明らかにしていく。


≪目次: ≫
1.芸術とは何か――芸術の見方・味わい方/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/11, '10/11/02
2.プラトン美学――文学の深い可能性/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/12, '10/11/06
3.アリストテレス芸術哲学――演劇の哲学的普遍性/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/14, '10/11/13
4.ロマネスク美術――超越のプラトン主義/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/15, '10/11/16
5.ロマネスク美術――輪廻転生のプラトン主義/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/15, '10/11/20
6.ゴシック美術――内在のアリストテレス主義/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/17, '10/11/27
7.イタリア・ルネサンス美術――ルネサンスの新プラトン主義/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/18, '10/11/28
8.イタリア・ルネサンス美術――ルネサンスの政治思想/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/18, '10/12/01
9.北方ルネサンス美術――宗教改革と芸術/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/19, '10/12/04
10.バロック美術――対抗宗教改革の芸術戦略/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/20, '10/12/05
11.ロココ美術――ディドロ美学と市民の芸術/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/22, '10/12/08
12.19世紀美術――革命の時代の芸術/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/25, '10/12/19
13.20世紀美術――戦争の世紀の芸術/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/27, '10/12/25
14.現代の芸術――死の影の下の芸術/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/28, '10/12/26
15.今日の芸術――環境問題と芸術/青山昌文(放送大学教授)  DVD '10/08/29, '11/01/05

参考文献
人名・作品名索引


≪著者: ≫ 青山昌文 (あおやま・まさふみ) 1952年、青森県に生まれる。1976年、東京大学教養学部教養学科フランス科卒業。1978年、東京大学文学部美学科卒業。1984年、東京大学大学院人文科学研究科美学芸術学博士課程単位取得満期退学。放送大学教授・博士(東京大学)。専攻、美学・芸術論・自然哲学・表象文化論。






人気ブログランキングへ