ブログネタ
読んだ本♪ に参加中!
一揆と戦国大名  日本の歴史13 (講談社学術文庫)
一揆と戦国大名 (日本の歴史13、講談社学術文庫1913)

○著者: 久留島典子
○出版: 講談社 (2009/8, 文庫 384ページ)
○価格: 1,260円
○ISBN: 978-4062919135
クチコミを見る



ところで、「一揆」ということばの意味するところは、本書の冒頭に説かれる、、、“ある目的をもって組織や集団をつくること、そしてつくられた集団自体をいう、、、あらゆる階層で一揆が結ばれた。”(P.10)、、、とは。
さて、「戦国大名」って、なんだかやたらと大勢いるような印象ばかりがあって(覚えきれない?!)、だからぼくにはまったくピンとこなくて苦手意識ばかりがあって興味も関心もなかったんだけど、分からないながらも(苦痛に耐えながら)あれやらこれやらとすこしずつ読みすすめるうちには、、、いやいや、まったく分かった気がしていない♪


応仁・文明の乱を機に未曾有の「地殻変動」に曝される中世社会。室町幕府の権威は失墜し始め、荘園公領制も変質してゆく。集権的性格が薄れるなか、民衆は村や町を拠点にどう自立性を強めていったのか。また守護や国人たちはいかにして戦国大名へと成長したのか。あらゆる階層で結ばれた「一揆」に着目、史上最も激しく社会が動いた時代を分析する。


≪目次: ≫
第一章 領主の一揆――戦国大名の登場    1 戦国時代のキーワード(一揆と戦国大名/一揆と民衆)/2 応仁・文明の乱が残したもの(京都での戦闘終息/地方への戦乱拡大/家督の分裂/畠山斯波細川氏の場合/将軍独裁化/幕府の分裂/山城の国一揆)/3 戦国の世――明応の政変(明応の政変/細川政元の人物像/政元の政権構想と覇権の性格/細川京兆家の分裂)/4 北条早雲と東国(応仁・文明の乱と関東の情勢/北条早雲の登場/関東の戦国状況/古河公方の分裂と北条氏/北条早雲の強さ)/5 流浪する将軍(将軍の改名/義稙改名の事情/強権への願望/義稙と大内義興/西国の状況/越後の下剋上/父たちの時代)
第二章 百姓の内と外――村と村々    1 村のかたち(村と町の時代/文書が映す多様な村の姿/動く村、消える村/村という単位/絵図と戦国時代の村/戦国期の用水差図/村の由緒と絵図)/2 村の構成(畿内村落の代表者/侍衆の選択/北条氏領国の郷村と名主百姓棟札にみる伊豆の郷村/東北の「在家」、西国の「名」)/3 村の動き(近江の村入り相論/相論が示す惣村の動向/共同する地下)/4 村と地域権力(百姓の一揆、国衆の一揆/徳政のコントロール/小倭郷と甲賀都中の一揆/代納請負制と徳政問題)
第三章 家中の形成から合従連衡へ――西と東の戦国大名    1 契約する領主たち(家分裂の回避――一族契約/越後黒川氏の親類被官誓約状/石見益田氏の家督継承/益田氏と領主間契約)/2 家中の形成と毛利氏(毛利氏の家中形成/享禄起請文天文の起請文/毛利氏の覇権)/3 合従連衡――領主間連合(新たな領主たちの結合/大和宇陀郡沢氏と都内掟/「方」と「方質」の形成/越後の国衆連合/島津氏大友氏と自立的勢力)/4 縁約の世界(養子縁組と家臣団/伊達氏天文の乱/家を結ぶ女性/女性の執政/政略結婚武田氏/甲駿相三国同盟/北条氏の領国形成と縁約)
第四章 家中と国家――領国の仕組み    1 身分と「役」の成立(統合の運動/身分呼称の諸相/赤松氏分国法の「侍」と「被官」/被官関係の一元化/身分と役負担の体制)/2 領国支配の仕組み(家臣団の構造/給人・同心衆・軍役衆/国衆他国衆検地の意義/)/3 支配の内実――賦課の諸相(北条氏の検地と軍役・百姓役/東国大名と棟別役段銭/西国大名と諸賦課)/4 家中から国家へ(戦国大名の裁判/戦国家法の制定/裁定の実態/寺社造営への動員/道・橋の普請/家中の徳政、領国の徳政/戦国大名と徳政/偏諱授与/権威の構造)
第五章 都市と都市民    1 職人と戦国大名(権威と職人集団/職人のなわばり/職人の由緒/北条氏の職人編成/特権の否定と付与/畿内・西国の職人と領主)/2 流通と商人の世界(坂東屋富松氏と奥羽大名/商人の多面的機能/領国下の商人役/撰銭大内氏毛利氏/東西通貨圏の発生)/3 地方都市の幕開け(城郭と町場/越前一乗谷の生活/多様な城と城下/宗教都市の興隆/伊勢・杵築と大名/大名と都市法/上杉氏の越後府内支配/由緒の起点)
第六章 戦乱に生きる    1 戦乱と飢饉(戦場への動員/乱取り・苅田・放火/飢饉と戦争/自衛する人々/軍陣定と兵農分離/領有権の再編――還住と山林保護)/2 民衆の救い(一向宗とは/本願寺教団と一向一揆天文法華一揆/社寺参詣の興隆/廻国する宗教者/死者供養と寺院/キリスト教の受容/多様な信徒)
終章 戦国の収束    1 鉄砲の伝来と受容(伝来の実像/各大名の鉄砲受容)/2 各地の覇権確立の戦い(九州における覇権確立/中国・四国地方の状況/畿内の政権の推移/畿内周辺・東海・北陸の情勢/関東・東北の覇権争い)/3 戦国時代――十六世紀が残したもの(「国家」の転換/身分の変質と「家」の成立/十六世紀の転換の行方)

学術文庫版あとがき (二〇〇九年六月 久留島典子)
年表 (1493年〜1568年)
参考文献
索引


編集委員 網野善彦大津透鬼頭宏桜井英治山本幸司


※本書の原本は、二〇〇一年、小社より刊行されました。


≪著者: ≫ 久留島典子 (くるしま のりこ) 1955年生まれ。東京大学大学院博士課程中退。東京大学史料編纂所教授。日本中世史専攻。中世武家文書の編纂に従事しながら、中世から近世への社会の転換の特質を明らかにするために、村落史や領主制の研究をすすめている。主な論文に、「領主の一揆と中世後期社会」(『岩波講座 日本通史 中世3』)、「東寺領山城国久世庄の名主職について」(『史学雑誌』第93編8号)など。

桜井英治 『室町人の精神 (日本の歴史12)』(講談社学術文庫、2009年) '11/04/11
新田一郎 『太平記の時代 (日本の歴史11)』(講談社学術文庫、2009年) '11/03/27
筧 雅博 『蒙古襲来と徳政令 (日本の歴史10)』(講談社学術文庫、2009年) '11/03/15
山本幸司 『頼朝の天下草創 (日本の歴史09)』(講談社学術文庫、2009年) '11/03/04
大津透/大隅清陽/関和彦/熊田亮介/丸山裕美子/上島享/米谷匡史 『古代天皇制を考える (日本の歴史08)』(講談社学術文庫、2009年) '11/02/14
下向井龍彦 『武士の成長と院政 (日本の歴史07)』(講談社学術文庫、2009年) '11/01/29
大津 透 『道長と宮廷社会 (日本の歴史06)』(講談社学術文庫、2009年) '11/01/21
坂上康俊 『律令国家の転換と「日本」 (日本の歴史05)』(講談社学術文庫、2009年) '11/01/12
渡辺晃宏 『平城京と木簡の世紀 (日本の歴史04)』(講談社学術文庫、2009年) '11/01/07
熊谷公男 『大王から天皇へ (日本の歴史03)』(講談社学術文庫、2008年) '10/12/29
寺沢薫 『王権誕生 (日本の歴史02)』(講談社学術文庫、2008年) '10/12/17
岡村道雄 『縄文の生活誌 (日本の歴史01)』(講談社学術文庫、2008年) '10/12/03
網野善彦 『「日本」とは何か (日本の歴史00)』(講談社学術文庫、2008年) '10/11/20





人気ブログランキングへ