ブログネタ
読んだ本♪ に参加中!
日本の古代 (放送大学教材)
日本の古代 '05 (放送大学教材)

○著者: 佐藤信 編著、倉田一宏/佐々木恵介 著
○出版: 放送大学教育振興会 (2005/3, 単行本 240ページ)
○価格: 3,150円
○ISBN: 978-4595305504
クチコミを見る



日本の歴史は(日本に限られず)、古代から。そう、ぼくはいわゆる「天皇制」に興味であり関心があって理解したいと欲しているんだけど、摂政であり関白であり、院政といったシステム(体制)がすでに古代に採用されて(確立して?!)、「天皇」は朝廷とともに、現在まで絶えることなく、、、なのかどうなのか(そんなにカンタンに言いえるものでもないだろう)

さて、放送大学学生生活2年目、2011年度の第1学期は、ぼくのなかではすでにはじまって久しく、4月といわず前学期の単位認定試験直後の2月初旬から、ジッサイ試験期間中(1月下旬)には次なる履修科目の選択を、学習プログラムを組み立てていた(などと言ってしまうほどのものでもない)。単位認定試験は効果測定(落とすことを不合格を目的としない、カンタンな平易なものではないが、あくまでも素直にストレートにベンキョウしてればフツーに合格できるレヴェルの試験問題)であって、出題の傾向を理解してそれなりの対策を講じて、100%を狙う必要はない、サイアクでも6割をキープして、まぁ70点から80点を確保できれば、そのことに試験勉強に過分の労力を注力することをしたくない。さらには、試験が終わったからといって休んで休憩している余裕などないのであって、教養課程と位置づけている2年のあいだに、もしかしたら卒業までの4年間をも費やしたとしても、どれだけの教養を獲得、蓄積することができるのか、トウゼンに、ぼくとしては卒業をイチバンの目的(目標)としていないのであって、なにがどうなるのかどうなっているのか、システムをよく理解できていないから、先のことはよく分からないのだけれども、、、ぼくは商売が、お金儲けがまるでダメで苦手で、もっとも困ることがない程度には報酬を得ることができていることにつき、こればっかりは周囲に感謝しなければならないのだけれども、ぼく自身としても努力を怠る気はない、ヘタクソはヘタクソなりに、やっぱり一所懸命には(上手い下手の結果はともかくとして)やらなきゃいけない、怠ることがあってはならない。
2011年度開設科目の「日本古代中世史 '11」(五味文彦/佐藤信 編著)をこの第1学期に選択したのだけれども、2010年度で閉講なった、この「日本の古代 '05」と「日本の中世 '07」がミックスされて、と考えるには、まずは

じぶんでも哂っちゃうくらいに(まったく笑えない)イライライライラ、やることなすこと、結果のひとつひとつのことごとくに。アタリマエのようにぼくなんかの思い通りにはなにごともゆかないもので、分かっていないわけではないんだけど(マッタク分かっちゃいない)。疲れているのかなぁ、と思って、しかし、極度の貧乏性だから、さいきんますます偏狭の傾向がつよいと自覚しつつ、一方では、無為な時間の過ごし方をしたくないと考えるには、アクセルとブレーキを同時に目一杯踏み込んで、イチオウこころもちアクセルよりもブレーキのほうをつよく踏み込んでいることから(ちいさいなぁ)、どうなんだか分かったもんじゃない、ごちゃごちゃごちゃごちゃと雑音ばかりが大きくなるばかりで、大きくなる一方の雑音は止む気配を一向にみせない。ということは、どういうことなんだろう?!、花粉もおさまったのかどうなのか、これまた分かったもんじゃないけれど(薬を飲むのはやめたけど、くしゃみと鼻水はときどき止まらない)、およそ半年ぶりにトレーニング(寒いの苦手でサボって冬眠?!シテマシタ)、クロスバイクラン♪、サイコロコンピュータが電池切れなのか調子がよくないこともあって、時間を気にせずに(時間に追われることなく)、前日から迷いながら、朝起きても迷いは振り切れない、えぇ〜い、上手くいかないことを予定通りにはゆかないことを前提として、などと考えながらも、やっぱりイライラしながら、ハードワークで頭はカラッポ、まっしろけになっても、やっぱりイライラ、、、(ダメダコリャ)


日本の古代史像はさまざまな新資料の発見により、各地域の歴史、古代都市の新たな実像が明らかになるなど多元的に見直されている。本書は最新の研究動向、とくに東アジアの国際関係の史料と史跡に焦点をあてた日本の古代史を再考。「邪馬台国の時代」「地方豪族と倭国の大王」「飛鳥の王権」「律令国家の形成」「遣唐使と天平文化」「藤原北家の台頭」などのテーマで構成され、終章では日本の古代史を律令国家一元論と見るのではなく、蝦夷の歴史や琉球における統一国家の形成を視野に入れて捉え直す必要性を提示する。


目次: ≫
1.史料と史跡が語る古代史   佐藤信(東京大学大学院教授)  DVD '11/02/08
2.ヤマト政権の成立   倉本一宏(国際日本文化研究センター教授)  DVD '11/02/16
3.大王と地方豪族   倉本一宏(国際日本文化研究センター教授)  DVD '11/02/19
4.飛鳥の王権   倉本一宏(国際日本文化研究センター教授)  DVD '11/02/27
5.律令国家の形成   佐藤信(東京大学大学院教授)  DVD '11/03/01
6.奈良時代の政治史   佐藤信(東京大学大学院教授)  DVD '11/03/02
7.古代の宮都と地方官衙   佐藤信(東京大学大学院教授)  DVD '11/03/06
8.遣唐使天平文化   佐藤信(東京大学大学院教授)  DVD  '11/03/19
9.平安王朝への道   佐藤信(東京大学大学院教授)  DVD '11/03/23
10.平安京とその文化   佐藤信(東京大学大学院教授)  DVD '11/03/25
11.藤原北家の発展   佐藤信(東京大学大学院教授)  DVD '11/03/29
12.摂関政治と貴族の生活   佐々木恵介(聖心女子大学教授)  DVD '11/03/30
13.受領と平安時代の交通   佐々木恵介(聖心女子大学教授)  DVD '11/04/01
14.院政と平安時代後期の文化   佐々 恵介(聖心女子大学教授)  DVD '11/04/03
15.南と北の古代史  佐藤信(東京大学大学院教授) DVD '11/04/06






人気ブログランキングへ