ブログネタ
読んだ本♪ に参加中!
謎とき平清盛 (文春新書)
謎とき平清盛 (文春新書835)

○著者: 本郷和人
○出版: 文藝春秋 (2011/11, 新書 235ページ)
○定価: 788円
○ISBN: 978-4166608355
クチコミを見る



そののちにはじつにおよそ七百年にわたって日本を統治した武家の政権のパイオニア



「平家にあらずんば人に非ず」と栄華を誇り、武士の時代の先駆者となった平清盛。ずば抜けた武力を持ちながら、朝廷貴族たちの顔を立てつつ、武家・公家両面での栄達を遂げたのはなぜか。大河ドラマの時代考証を担当する第一人者が、その実像に迫る。


≪目次: ≫
はじめに
系図1 「平家系図」/系図2 「摂関家系図」/系図3 「皇室系図」/平清盛 略年譜(元永元年・1118年〜治承5年・1181年)

巻の一 清盛の時代を知る
第1章 史実とフィクションの間で
(1) 実証ということ――歴史学の大前提として
(2) 史実と史像――光秀は「本能寺の変」をなぜ起こしたか
(3) さらに、史論――権門体制を例として
(4) 大河ドラマの立ち位置とは――清盛がラーメンを食べると
第2章 大河ドラマの時代考証
(1) つるつる頭のエキストラ――実例に則して
(2) 天皇の儀式を「画」にする」には――実例に即して
(3) 時代考証の限界――学問を押しつけてはいけない
第3章 清盛、その出生の謎
(1) 院政の隆盛――それは古代か中世か
(2) 婚姻と家族について――招婿婚と「平家一門」
(3) 父親は誰だ――白河上皇の落胤説を検証する
第4章 平家は武士か貴族か
(1) 武士とは何か――スポーツマンかハンターか
(2) 貴族の条件――世襲が基本で抜擢は珍事
(3) 立身出世の現実――たしかに官位は得たけれど

巻の二 改革者・清盛は何を学んだか
第5章 ライバル源氏、義朝頼朝
(1) 義朝の都落ち――「たてまえ」と「なかみ」
(2) 義朝と関東――【じい】と【兄貴】と【親方】
(3) 源頼朝をめぐって――助命と再起
第6章 武力のめざめ、保元平治の乱
(1) 紀伝道を究めた文臣・藤原信西――古今無双の大学者
(2) 保元の乱――武士の世の始まり
(3) 平治の乱――清盛の決断が勝敗のカギを握った
第7章 頂点に立つ平家幕府
(1) 清盛の累進――武人初の公卿、太政大臣へ
(2) 六波羅幕府――コロンブスの卵
(3) 福原幕府――清盛が頼朝に先んじたものは
第8章 源平の戦いと清盛の死
(1) 清盛の死――クーデターの残照
(2) 「源氏vs平氏」でよいのか――治承・寿永の内乱の主役は誰か
(3) 理念より現実――日本中世のパイオニア

おわりに


≪著者: ≫ 本郷和人 (ほんごう・かずと) 1960年、東京生まれ。東京大学史料編纂所准教授。東大文学部・同大学院で石井進氏・五味文彦氏に師事し、日本中世史を学ぶ。専攻は中世政治史、古文書学。史料編纂所で『大日本史料』第五編の編纂を担当。主著に『天皇はなぜ万世一系なのか』(文春新書)、『天皇はなぜ生き残ったか』(新潮新書)、『中世朝廷訴訟の研究』(東京大学出版会)、『新・中世王権論』(新人物往来社)、『武力による政治の誕生』(講談社選書メチエ)、『武士から王へ』(ちくま新書)などがある。

五味文彦/佐藤信 編著、佐々木恵介/本郷和人/中島圭一 著 『日本古代中世史 '11』(放送大学教材:専門科目 人間と文化コース、放送大学教育振興会、2011年) '11/10/28
五味文彦 編著、本郷和人/中島圭一 著 『日本の中世 '07』(放送大学教材:専門科目 人間と文化コース、放送大学教育振興会、2007年) '11/05/12
本郷和人 『天皇はなぜ万世一系なのか』(文春新書、2010年) '11/03/03
本郷和人 『天皇はなぜ生き残ったか』(新潮新書、2009年) '10/07/13
本郷和人 『武士から王へ お上の物語』(ちくま新書、2007年) '10/07/10
本郷和人 『人物を読む 日本中世史  頼朝から信長へ』(講談社選書メチエ、2006年) '10/07/06
本郷和人 『新・中世王権論 武門の覇者の系譜』(新人物往来社、2004年) '10/07/03
本郷和人 『天皇の思想 闘う貴族 北畠親房の思惑』(山川出版社、2010年) '10/06/27
本郷和人 『武力による政治の誕生』(選書日本中世史、講談社選書メチエ、2010年) '10/06/12

石井良助 『天皇 天皇の生成および不親政の伝統』(解説 本郷和人、講談社学術文庫、2011年) '11/09/20
高橋昌明 『平清盛 福原の夢』(講談社選書メチエ、2007年) '11/06/04
高橋昌明 『平家の群像 物語から史実へ』(岩波新書、2009年) '11/05/24
橋本治 『院政の日本人 (双調平家物語ノートII)』(講談社、2009年) '11/04/27, '09/10/18
橋本治 『権力の日本人 (双調平家物語ノートI)』(講談社、2006年) '11/03/25, '09/09/12





人気ブログランキングへ