ブログネタ
読んだ本♪♪ に参加中!
文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
銃・病原菌・鉄 〈下〉 1万3000年にわたる人類史の謎  Jared Diamond: “Guns, Germs, and Steel: The Fates of Human Societies”, 1997 (草思社文庫)

○著者: ジャレド・ダイアモンド倉骨彰
○出版: 草思社 (2012/2, 文庫 432ページ)
○定価: 945円
○ISBN: 978-4794218797




世界史の勢力地図は、侵略と淘汰が繰り返されるなかで幾度となく塗り替えられてきた。歴史の勝者と敗者を分けた要因とは、銃器や金属器技術の有無、農耕収穫物や家畜の種類、運搬・移動手段の差異、情報を伝達し保持する文字の存在など多岐にわたっている。だが、地域によるその差を生み出した真の要因とは何だったのか? 文系・理系の枠を超えて最新の研究成果を編み上げ、まったく新しい人類史・文明史の視点を提示した知的興奮の書。


≪目次: ≫
第3部 銃・病原菌・鉄の謎(承前)
第12章 文字をつくった人と借りた人
文字の誕生と発展/三つの戦略/シュメール文字とマヤ文字/文字の伝播/既存文字の借用/インディアンが作った文字/古代の文字表記/文字を使える人びと/地形と自然環境の障壁
第13章 発明は必要の母である
ファイストスの円盤/発明が用途を生む/誇張された「天才発明家」/先史時代の発明/受容されなかった発明/社会によって異なる技術の受容/同じ大陸でも見られる技術の受容のちがい/技術の伝播/地理上の位置の役割/技術は自己触媒的に発達する/技術における二つの大躍進
第14章 平等な社会から集権的な社会へ
ファユ族と宗教/小規模血縁集団/部族社会/首長社会/富の分配/首長社会から国家へ/宗教と愛国心/国家の形成/食料生産と国家/集権化/外圧と征服

第4部 世界に横たわる謎
第15章 オーストラリアとニューギニアのミステリー
オーストラリア大陸の特異性/オーストラリア大陸はなぜ発展しなかったのか/近くて遠いオーストラリアとニューギニア/ニューギニア高原での食料生産/金属器、文字、国家を持たなかったニューギニア/オーストラリア・アボリジニの生活様式/地理的孤立にともなう後退/トレス海峡をはさんだ文化の伝達/ヨーロッパ人はなぜニューギニアに定住できなかったか/白人はなぜオーストラリアに入植できたか/白人入植者が持ち込んだ最終産物
第16章 中国はいかにして中国になったのか
中国の「中国化」/南方への拡散/東アジア文明と中国の役割
第17章 太平洋に広がっていった人びと
オーストロネシア人の拡散/オーストロネシア語と台湾/画期的なカヌーの発明/オーストロネシア語の祖語/ニューギニアでの拡散/ラピタ式土器/太平洋の島々への進出/ヨーロッパ人の定住をさまたげたもの
第18章 旧世界と新世界の遭遇
アメリカ先住民はなぜ旧世界を征服できなかったのか/アメリカ先住民の食料生産/免疫・技術のちがい/政治機構のちがい/主要な発明・技術の登場/地理的分断の影響/旧世界と新世界の遭遇/アメリカ大陸への入植の結末
第19章 アフリカはいかにして黒人の世界になったか
アフリカ民族の多様性/アフリカ大陸の五つのグループ/アフリカの言語が教えてくれること/アフリカにおける食料生産/アフリカの農耕・牧畜の起源/オーストロネシア人のマダガスカル島への拡散/バンツー族の拡散/アフリカとヨーロッパの衝突

エピローグ 科学としての人類史
環境上の四つの要因/考察すべき今後の課題/なぜ中国ではなくヨーロッパが主導権を握ったのか/文化の特異性が果たす役割/歴史に影響を与える「個人」とは/科学としての人類史


訳者あとがき (二〇〇〇年八月三十日 訳者)
文庫版のためのあとがき (二〇一一年十二月 訳者)

関連文献(下巻)


※本書は、二〇〇〇年に当社より刊行された著作を文庫化したものです。


≪著者: ≫ ジャレド・ダイアモンド (Jared Diamond) 1937年ボストン生まれ。生理学者、進化生物学者、生物地理学者。ハーバード大学、ケンブリッジ大学で博士号を取得。カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授。アメリカ国家科学賞、タイラー賞、ピュリッツァー賞、コスモス国際賞など受賞多数。長年にわたってニューギニアでフィールドワークを続けている。著書に『人間はどこまでチンパンジーか』(新曜社)、『セックスはなぜ楽しいか』『文明崩壊』(いずれも草思社)などがある。

[訳者: ] 倉骨 彰 (くらほね あきら) 数理言語学博士。専門は自動翻訳システムのR&D。テキサス大学オースチン校大学院言語学研究科博士課程修了。同校で数学的手法による自然言語の統語論と意味論を研究。主要訳書に『マーフィーの法則――現代アメリカの知性』『C言語入門(ASCII SOFTWARE SCIENCE Language)』(アスキー)、『思考する機械 コンピュータ』(草思社)ほか多数。共著書に『怪我と病気の英語力』『英文Eメール文例ハンドブック』(ともに日本経済新聞出版社)ほか。

ジャレド・ダイアモンド 『銃・病原菌・鉄 〈上〉 1万3000年にわたる人類史の謎  Guns, Germs, and Steel: The Fates of Human Societies, 1997 』(倉骨彰 訳、草思社文庫、2012年) '13/02/12

日本機械学会 編 『新・機械技術史  A New History of Machine and Technology 』(三津間秀彦/米澤克雄/緒方正則/下間頼一/天野武弘/三輪修三/白井靖幸/佐藤建吉/川上顕治郎/堤一郎/菊池昇/中尾政之 執筆、日本機械学会、2011年) '12/10/12
ウィリアム・H・マクニール 『世界史 〈下〉  A World History 』(増田義郎/佐々木昭夫 訳、中公文庫、2008年) '12/10/05
ウィリアム・H・マクニール 『世界史 〈上〉  A World History, 1967, 2nd ed., 1971, 3rd ed., 1979, 4th ed., 1999 』(増田義郎/佐々木昭夫 訳、中公文庫、2008年) '12/09/29
H・G・ウェルズ 『世界文化小史  A Short History of the World, 1922 』(下田春直 訳、講談社学術文庫、2012年) '12/08/25



Guns, Germs, and Steel: The Fates of Human Societies
Guns, Germs, and Steel: The Fates of Human Societies

○著者: Jared Diamond
○出版: W W Norton & Co Inc (1999/4, ペーパーバック 480ページ)
○価格: 1,668円
○ISBN: 978-0393317558







 「あなたがた白人は、たくさんのものを発達させてニューギニアに持ち込んだが、私たちニューギニア人には自分たちのものといえるものがほとんどない。それはなぜだろうか?」というヤリの問いかけは、まさに更新世以降の人類史、そして現代の人類社会の核心をついているといえる。人類史の軌跡をそれぞれの大陸ごとに駆け足でたどってきたいま、われわれは、ヤリのこの問いかけにどのように答えるべきだろうか。
 私ならこう答えるだろう。……   (p365、「エピローグ 科学としての人類史」)



人気ブログランキングへ