ブログネタ
読んだ本♪♪♪ に参加中!




 Tenno in Japanese History


復古と欧化への決断。成長する君主と国家。
――天皇と日本史を問い直す――『天皇の歴史 07巻』

神道の主宰者にして「欧化」の象徴。巡幸によって人々にその姿を見せ続けた「大帝」。国民国家の形成とともに誕生した「我らの天皇」は、政治家としてどのように成長し、現代に何を残したか。

幕末の混乱の中で皇位に就いた一六歳の少年は、いかにして「建国の父祖」の一員へと成長したか。京都を離れて江戸城跡に新宮殿を構え、近代憲法にその存在を規定された天皇の政治への意思とは。神道の主宰者にして「欧化」の象徴であり、巡幸と御真影でその姿を見せ続け、国民国家の形成とともに「万国対峙」を追求した「我らの大帝」の時代を描く。


■天皇は薩長の「操り人形」だったのか? 生身の政治家としての成長を追う。
「王政復古の大号令」の夜、小御所会議で「幼冲の天子」と揶揄された16歳の少年は、その後、伊藤博文ら元勲たちと信頼関係を結び、「建国の父祖」の一員として自ら重要な決断を下していくようになります。幕末の混乱のなかで皇位につき、現実政治の厳しさに直面した若き天皇は、いかに鍛えられ、成長していったのでしょうか。

■最初の「東京の天皇」は、復古の象徴でありながら、欧化の体現者でもあった。
京都の公家社会を離れて東京にうつり、新たに「宮中」を創設した明治天皇。和風建築でありながら、儀礼の空間は洋風に装飾された明治宮殿。国学的な尊王論に支えられた神道の主宰者ながら、髷を切り、西洋料理を食した天皇は、歴史上初めて、「憲法」というものによってその地位を規定されることになっていきます。

■「見られる存在」となった天皇・皇后。国家の成長と「我らの大帝」の時代。
明治以前の天皇が、決して人々の前に姿を見せなかったのに対し、明治天皇は全国への巡幸や「御真影」で国内外にその存在をアピールしていきました。洋装の皇后も天皇とともに姿を見せ、慈善活動や女子教育に新たな役割を見出していきます。西南戦争を経て、国会開設から日清・日露戦争へと向う国民国家建設の時代、この国に住む人々に「我らの天皇」という意識が生まれてくるのです。


講談社創業100周年記念企画
特集ページ http://bookclub.kodansha.co.jp/books/tennou/


≪目次: ≫
カラー口絵・写真
「幼冲の天子」の王政復古/欧化する天皇と「国家建設」/姿を見せる「大帝」


序章 欧化と復古を生きた「大帝」
京都御所御内庭――孝明天皇父子の空間/明治の「伝統」と現在/「立憲君主」という制限/明治大帝と国民国家

第一章 小御所会議の「幼冲の天子」
 1 「江戸時代」の皇子
王政復古/小御所会議への出御/誕生と成長儀礼/短気で勝ち気な少年/中山忠能と公家の世界/実母中山慶子/宮中の日々と父孝明天皇の期待/儲君治定と親王宣下
 2 幕末政治の中で
八月十八日の政変と禁門の変/天皇の政治的地位の上昇と国学/大政委任論/天皇の政治的地位の上昇と後期水戸学/国学と水戸学/朝廷の政治主体化と公議/朝廷と軍事/八月十八日の政変後の祭儀復興/父・孝明天皇の死/践祚後の日々/再び王政復古

第二章 京都の天皇から東京の天皇へ
 1 東京奠都
大磯の地引き網/大坂遷都論/天皇、大坂に行く/即位式の改変/一世一元制の制定/天皇、東京に行く/五箇条の誓文/公議の制度化/神祇官復興/再幸から版籍奉還
 2 政府の強化と廃藩置県
孝明天皇“忌”から神武天皇“祭”へ/神祇官と大教宣布/明治天皇の日常/三傑集合/攘夷派の排除と廃藩置県
 3 宮中改革と洋装の天皇
髷を切り、西洋料理を食す/士族侍従の誕生/女官総免職/皇后美子の教育/東京での大嘗祭/新しい宮中祭祀/改暦と祝日/明治五年の大阪中国西国行幸/西郷隆盛への思い/天皇と写真
 4 「現実政治」との直面
征韓論政変/明治天皇の生活態度/君主としての教育/御談会と木戸孝允/東奥巡幸という実地教育/西南戦争と西郷隆盛

第三章 明治憲法と天皇
 1 侍補の教育と天皇親政運動
天皇の政治教育係・侍補の設置/内廷で夜二時間の談話/大久保の死と天皇親政運動/北陸東海両道巡幸と天皇の学習/天皇の意思の発露/教育をめぐる対立/文書の中の天皇親政/参謀本部の設置/侍補の廃止
 2 明治十四年政変
財政論と天皇/国会論の高揚/大隈の辞職
 3 明治天皇と伊藤博文
幻の明治天皇の外遊/伊藤博文の憲法調査/岩倉具視と京都/岩倉の死/伊藤の帰国と宮内卿就任/華族の創設/内閣制度の導入と三条実美の引退/明治天皇と初代首相伊藤博文
 4 憲法の中の天皇
憲法と天皇の地位/天皇と国会/天皇と内閣/天皇の勉強/皇室典範と皇位継承/女系・女帝の否認/嫡子優先と養子・譲位の否定/宮家の形成/皇室の財産

第四章 立憲君主としての決断
 1 新宮殿と洋風儀礼
憲法発布式/明治宮殿探索/曲折する造営/外交儀礼の整備と建築方法/伊藤と井上の宮殿設計/宮内省顧問モールの回想/銀婚式と皇太子結婚式/御真影の作製/伊藤の演出
 2 洋装の国母・美子皇后
皇后の洋装問題/皇后の新たな役割/女子教育・慈善・産業奨励/明治天皇と「天狗さん」
 3 天皇と元勲たち
明治宮殿の日常/生涯の御製九万三〇三二首/侍従と侍従試補/井上馨の条約改正/大隈の条約改正/元勲優遇/山県有朋と軍/教育勅語の制定/神祇官設置運動/大津事件
 4 日清戦争の決断
議会開設と政党否認論/選挙干渉の混乱/和衷協同の詔勅/日清戦争起こる/広島大本営/東京への凱旋/靖国神社臨時大祭
 5 政友会の成立と立憲政治の安定
日清戦後議会/大隈内閣成立事情/元老の形成/伊藤と立憲政友会/桂内閣と伊藤博文/天皇と裁可

第五章 万国対峙の達成
 1 日露戦争と戦後の天皇像
日露対立/日露戦争/国民の形成/目標喪失の社会/国民動員の型/天皇の威信と政府の統治/戊申詔書と大逆事件/皇太子行啓と東宮御所
 2 皇室制度の再整備と波紋
明治天皇と内親王/皇室制度の整備/皇室祭祀令と登極令/公式令と軍令
 3 「明治の精神」の葬列
伊藤の死と朝鮮併合/疲労と病の晩年/漱石、花袋らが語る崩御

終章 君主の成長と近代国家
 1 大正天皇の課題
明治天皇の教誡/厳しい父と病弱の子/父とは違う天皇像/制度の安定と君主の個性
 2 明治天皇が維持した帝国日本
明治天皇の明治維新/立憲君主としての成長/道徳教育と統帥権/明治天皇による安定/京都の明治天皇


参考文献
年表 (西暦1852・嘉永五年〜西暦1921・大正十年)
天皇系図
歴代天皇表
索引


カバー写真: 迎賓館赤坂離宮(旧東宮御所)の中央階段  写真提供 迎賓館


【編集委員】 大津 透河内祥輔藤井讓治藤田 覚
講談社創業100周年記念企画 「天皇の歴史」 全10巻


≪著者: ≫ 西川 誠 (にしかわ まこと) 1962年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。川村学園女子大学教授。専攻は日本近代政治史。主な共編著に、『日本立憲政治の形成と変質』(吉川弘文館)、共著に、『明治天皇と政治家群像』(吉川弘文館)、『皇室事典』(角川学芸出版)、論文に、「大正後期皇室制度整備と宮内省」(『年報近代日本研究20 宮中・皇室と政治』山川出版社)、また、『木戸孝允関係文書』(東京大学出版会)の編纂にも携わる。


井上寿一 『日本外交史講義』(岩波テキストブックス、岩波書店、2003年) '13/02/23
伊藤雅人/前坂俊之 編著 『図説 明治の宰相』(ふくろうの本・日本の歴史、河出書房新社、2013年) '13/03/30
伊藤之雄 『山県有朋 愚直な権力者の生涯』(文春新書、2009年) '12/01/30
伊藤之雄 『元老西園寺公望 古希からの挑戦』(文春新書、2007年) '11/12/08
伊藤之雄 『政党政治と天皇』(日本の歴史22、講談社学術文庫、2010年) '11/10/23
刑部芳則 『洋服・散髪・脱刀 服制の明治維新』(講談社選書メチエ、2010年) '10/05/24
オットマール・フォン・モール 『ドイツ貴族の明治宮廷記  Ottmar von Mohl: “Am japanischen Hofe”, 1904 』(金森誠也 訳、講談社学術文庫、2011年) '12/01/27
木村幸比古 編著 『図説 戊辰戦争』(ふくろうの本・日本の歴史、河出書房新社、2012年) '12/12/05
坂本一登 『伊藤博文と明治国家形成 「宮中」の制度化と立憲制の導入』(講談社学術文庫、2012年) '12/04/12
佐々木隆 『明治人の力量』(日本の歴史21、講談社学術文庫、2010年) '11/09/25
鈴木淳 『維新の構想と展開』(日本の歴史20、講談社学術文庫、2010年) '11/08/29
瀧井一博 『明治国家をつくった人びと』(講談社現代新書、2013年) '13/08/13
瀧井一博 『伊藤博文 知の政治家』(中公新書、2010年) '11/11/30
瀧井一博 編 『伊藤博文演説集』(講談社学術文庫、2011年) '11/10/31
瀧井一博 『文明史のなかの明治憲法 この国のかたちと西洋体験』(講談社選書メチエ、2003年) '11/12/24
鳥海靖 『もういちど読む 山川日本近代史』(山川出版社、2013年) '13/07/09
鳥海靖 『逆賊と元勲の明治』(講談社学術文庫、2011年) '11/12/02
西修 『図説 日本国憲法の誕生』(ふくろうの本・日本の歴史、河出書房新社、2012年) '12/06/10
原田敬一 『日清・日露戦争』(シリーズ日本近現代史3、岩波新書、2007年) '11/08/27
坂野潤治 『西郷隆盛と明治維新』(講談社現代新書、2013年) '12/05/10
坂野潤治 『日本近代史』(ちくま新書、2012年) '12/07/06
坂野潤治 『明治国家の終焉 1900年体制の崩壊』(ちくま学芸文庫、2010年) '10/08/11
坂野潤治 『近代日本の国家構想 1871-1936』(岩波現代文庫、2009年) '10/04/01
坂野潤治+大野健一 『明治維新 1858-1881』(講談社現代新書、2010年) '10/02/23
坂野潤治 『明治デモクラシー』(岩波新書、2005年) '10/02/17
坂野潤治 『未完の明治維新』(ちくま新書、2007年) '10/02/10
牧原憲夫 『民権と憲法』(シリーズ日本近現代史2、岩波新書、2006年) '11/08/23
宮本又郎 編著 『図説 明治の企業家』(ふくろうの本・日本の歴史、河出書房新社、2012年) '12/09/09
松浦玲 『勝海舟と西郷隆盛』(岩波新書、2011年) '12/02/07
三谷博 『明治維新を考える  Thoughts on the Meiji Regeneration 』(有志舎、2006年) '09/12/06 三谷博/並木頼寿/月脚達彦 編著 『大人のための近現代史 19世紀編』(月脚達彦/遠藤泰生/川島真/櫻井良樹/千葉功/デイヴィッド・ウルフ/松本武祝/茂木敏夫/飯島渉/生田美智子/大谷正/岡本隆司/岸本美緒/木畑洋一/栗原純/小島毅/斎藤修/塩出浩之/杉原薫/鈴木智夫/高橋均/豊見山和行/中見立夫/新村容子/朴薫/古田元夫/松方冬子/宮崎ふみ子/吉野誠 執筆、東京大学出版会、2009年) '09/12/02

藤田覚 『江戸時代の天皇』(天皇の歴史06、講談社、2011年) '13/09/29
藤井讓治 『天皇と天下人』(天皇の歴史05、講談社、2011年) '13/08/25
河内祥輔/新田一郎 『天皇と中世の武家』(天皇の歴史04、講談社、2011年) '13/07/24
佐々木恵介 『天皇と摂政・関白』(天皇の歴史03、講談社、2011年) '13/04/21
吉川真司 『聖武天皇と仏都平城京』(天皇の歴史02、講談社、2010年) '13/03/24
大津透 『神話から歴史へ』(天皇の歴史01、講談社、2010年) '13/02/03



人気ブログランキングへ