ブログネタ
読んだ本♪♪♪ に参加中!





行政法は、六法科目と異なり中心となる法典が無いこともあって、その全体像をイメージしにくいといわれることがあるが、本書では、警察、公害環境、福祉、公共事業など多種多様な現代行政作用の法制度を個別に説明するのではなく、それら諸制度に横断的に共通する一般的な行政法のしくみとして、行政立法、行政処分、行政強制、行政指導などの行政作用類型を体系的に概観するとともに、それら行政活動の適正手続的な統制、ならびに行政活動を対象とする行政事件訴訟や国家賠償訴訟など、裁判的統制のしくみを解説します。


≪目次: ≫
まえがき (2012年11月  磯部 力)

1 行政法の世界
 1 行政法のイメージ
法典の不在/行政法は身近な法
 2 行政法とは、どのような法分野なのか?
行政と行政法の定義問題/行政の積極的な定義と控除的な定義/形式的・組織的な定義
 3 公法としての行政法
行政に特有な法/公法と私法の峻別と相対化/公法私法の区別の基準

2 行政を規律する基本的な法原理
 1 行政法の基本原理としての法治主義と法律による行政の原理
法治主義と法律による行政の原理/法律による行政の原理の3つの側面
 2 法律の留保
組織法規範と作用法規範/侵害留保説、全部留保説、権力留保説など/法律の規律密度、二重効果的行政、緊急行政
 3 行政法の一般原則
さまざまな一般原則/信頼保護の原則

3 行政活動の主体――行政組織法概説
 1 行政組織の基礎概念
行政主体/行政機関/行政庁
 2 国の行政組織
行政組織の法定主義と行政の組織自律権/もう1つの「行政機関」概念/内閣と各省庁の組織
 3 地方自治体の行政組織
地方自治の本旨/地方分権改革/普通地方公共団体と特別地方公共団体/長と議会の二元主義と執行機関の多元性

4 行政活動の諸形態;行政立法
 1 行政活動の諸形態
行為類型の4区分/たような行為類型とその特徴
 2 行政立法―概説
行政立法の概念/法規命令と行政規則/制定権者による分類
 3 行政立法のコントロール
委任立法の限界/通達の違法性/意見公募(パブリックコメント)手続

5 行政処分
 1 行政処分の概念と特質
行政処分という用語/行政処分の特別の効力
 2 行政処分の諸類型
各種の分類法/利益処分、不利益処分、二重効果的処分
 3 行政処分の無効と取消し
無効と取消しの区別/重大明白な瑕疵/職権取消しと撤回

6 行政契約;行政指導
 1 行政契約
行政契約と法治主義/契約手法の活用例/行政事務の民間委託
 2 行政指導の定義と法治主義
行政指導の法的規律の必要/行政指導の定義と法律の根拠/行政指導の効用
 3 行政指導の限界
任意性の原則と不利益取扱いの禁止/行政指導が違法となる場面/行政指導の形式、訴訟的救済

7 行政上の実効性確保
 1 行政上の強制執行
司法的強制の原則と行政の自力執行/強制執行の法的根拠/履行すべき義務の性質と強制執行
 2 行政代執行と強制徴収
行政代執行/強制徴収
 3 その他の実効性確保手段
義務履行確保の必要性/氏名等の公表/公共サービスの給付拒否など

8 行政罰、即時強制・行政調査、行政計画
 1 行政罰
行政刑罰/行政上の秩序罰
 2 即時強制・行政調査
即時強制/行政調査の諸類型/強制調査の法的統制
 3 行政計画
計画の種類と法的特質/計画の法的統制

9 行政手続法
 1 行政手続法の意義
適正手続の理念/行政手続法の制定
 2 申請に対する処分手続
申請に対する処分の概念と審査基準/理由の提示/標準処理時間、到達主義、公聴会
 3 不利益処分手続
不利益処分の概念と処分基準/意見陳述手続/手続の瑕疵と処分の効力

10 情報公開・個人情報保護
 1 情報公開制度
情報公開制度の目的/情報公開の対象範囲/開示原則と不開示情報の類型
 2 情報の開示手続
手続概説/不服申立て手続
 3 個人情報保護
個人情報保護法の体系/個人情報取扱いの諸原則/本人の関与

11 行政不服審査と行政事件訴訟
 1 行政不服審査制度
行政上の不服申立て/不服申立ての種類と要件/不服申立ての審理と裁決
 2 行政事件訴訟の概念と行政事件訴訟法
行政事件訴訟の概念
 3 行政事件訴訟の諸類型
行政事件訴訟の4類型/抗告訴訟の概念/抗告訴訟の4類型/当事者訴訟/民衆訴訟/機関訴訟

12 取消訴訟
 1 取消訴訟の訴訟要件
取消訴訟中心主義;7つの訴訟要件/訴えの対象――処分性/原告適格/法律上の利益(狭義)
 2 取消訴訟の判決
判決の種類/判決の効力
 3 執行停止制度
執行停止の要件/内閣総理大臣の異議

13 取消訴訟以外の行政事件訴訟
 1 無効等確認訴訟と不作為の違法性確認訴訟
無効等確認訴訟/不作為の違法確認訴訟
 2 義務付け訴訟と差止訴訟
義務付け訴訟/差止訴訟
 3 抗告訴訟以外の行政事件訴訟
公法上の当事者訴訟/民衆訴訟/機関訴訟

14 国家補償法 (その1)
 1 国家補償法の意義
国家賠償法と損失補償法/国家賠償制度の歴史/国家賠償法の構成
 2 公権力の行使に関する賠償責任 (国賠法1条責任)
代位責任か自己責任か――1条責任の性質/賠償の要件
 3 行政権限の不行使に伴う国家賠償責任

15 国家補償法 (その2)
 1 営造物の瑕疵に関する賠償責任 (国賠法2条責任)
公の営造物の設置管理/設置・管理の瑕疵/水害と河川管理の瑕疵
 2 損失補償
損失補償の概念/損失補償の要否/損失補償の内容
 3 国家賠償と損失補償の谷間
 
索引


≪著者: ≫ 磯部 力 (いそべ・つとむ) 1944年 神戸市に生まれる。1967年 東京大学法学部卒業。東京都立大学教授、立教大学教授を経て、國學院大學法科大学院教授。専攻、行政法、環境法。主な著書、フランス行政法学史(共著 岩波書店)、自治体行政手続法(共著 学陽書房)、手続的行政法学の理論(共編著 勁草書房)。




人気ブログランキングへ