ブログネタ
読んだ本♪♪♪ に参加中!









日本語は、そもそも文字を持たなかった日本人が、いい加減に漢字を使うところから始まった―—
成り行き任せ、混沌だらけの日本語の謎に挑みながら、日本人の本質にまで迫る。
あっけに取られるほど手ごわくて、面白い日本語論。


≪目次: ≫
はじめに (橋爪大三郎)

日本語のできあがり方――鎌倉時代まで
 文字を持たなかった日本人
 日本語のDNA螺旋構造
 外国に説明できない日本史
 学問に向かない日本語
 日本語は「意味の言葉」ではない
 言葉は神から与えられる?
 お経を日本語に訳さなかった理由
 言葉はまず音であった
 音の多様性
 ひらがなができた理由
 歌があったから日本語がある
 話し言葉を文字化する日本、文字化しない朝鮮
 男女のコミュニケーションが国家体制の根幹
 書きながら成長する紫式部
 男は和歌が詠めない
 公式には認めない女性とひらがな
 日本に宦官が存在しない理由
 律令制と特権
 戦争ができない日本人
 声の重要性
 カタカナv.s.ひらがな
 『竹取物語』の作者は女性?
 徳川幕府はひらがな、明治政府はカタカナ

日本語の壊し方 室町以後
 幽霊が主役の能
 江戸の印刷文化
 武士が歴史をつくらなかったから天皇制につながった
 漢字とナショナリズム

あとがき (橋本治)


≪著者: ≫ 橋本 治 (はしもとおさむ) 1948年生まれ。小説・評論・戯曲・古典の現代語訳・エッセイ・芝居の演出など、ジャンルにとらわれず精力的に活動。近著に『知性の顚覆 日本人がバカになってしまう構造』(朝日新書)、『たとえ世界が終わっても』(集英社新書)、『国家を考えてみよう』(ちくまプリマー新書)など多数。

≪著者: ≫ 橋爪大三郎 (はしづめだいさぶろう) 1948年生まれ。社会学者。近著に『げんきな日本論』(大澤真幸との共著、講談社現代新書)、『はじめての聖書』(河出文庫)、『日本逆植民地計画』(小学館)、『戦争の社会学』『教養としての聖書』(ともに光文社新書)、『面白くて眠れなくなる社会学』(PHP研究所)、『丸山眞男の憂鬱』(講談社選書メチエ)など多数。


橋爪大三郎×大澤真幸 『げんきな日本論  Sociology of Japanese History 』(講談社現代新書、2016年) '17/04/02
橋爪大三郎/植木雅俊 『ほんとうの法華経  The Lotus Sutra in the True Sense 』(ちくま新書、2015年) '16/01/10
橋爪大三郎/大澤真幸/宮台真司 『おどろきの中国  Astonishiing Chaina 』(講談社現代新書、2013年) '13/07/11
橋爪大三郎 『政治の教室  Politics For Beginners, 2001 』(講談社学術文庫、2012年) '12/07/18
橋爪大三郎×大澤真幸 『ふしぎなキリスト教  Wonders In Christianity 』(講談社現代新書、2011年) '11/11/11



人気ブログランキングへ