ブログネタ
読んだ本♪♪♪ に参加中!










「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」
村上春樹、待望の紀行文集。アメリカ各地、荒涼たるアイスランド、かつて住んだギリシャの島々を再訪、長編小説の舞台フィンランド、信心深い国ラオス、どこまでも美しいトスカナ地方、そしてなぜか熊本。旅というものの稀有な魅力を書き尽くす。カラー写真多数を収録。


≪目次: ≫

I チャールズ河畔の小径――ボストン1

II 緑の苔(こけ)と温泉のあるところ――アイスランド
1 作家会議
2 すかすかの国
3 読書好きの国
4 アイスランドのちょっと変わった動物たち
5 アイスランドの食事
6 パフィンを探して
7 スナイフェルスネース半島に
8 温泉だらけ
9 オーロラ、その他いろいろ

III おいしいものが食べたい――オレゴン州ポートランド/メイン州ポートランド
1 オレゴン州ポートランド
2 メイン州ポートランド

IV 懐かしいふたつの島で――ミコノス島/スペッツェス島
1 ミコノス島
2 スペッツェス島

V もしタイムマシーンがあったなら――ニューヨークのジャズ・クラブ

VI シベリウスとカウリスマキを訪ねて――フィンランド

VII 大いなるメコン川の畔で――ルアンプラバンラオス

VIII 野球と鯨とドーナッツ――ボストン2

IX 白い道と赤いワイン――トスカナ(イタリア)

X 漱石からくまモンまで―熊本県(日本)
1 どうして熊本なのか?
2 橙書店のしらたまくん
3 漱石の住んだ家・芭蕉の木
4 お城のまわりを走る
5 万田坑に行ってみる
6 人吉までのSLの旅
7 海の上の赤崎小学校
8 阿蘇に行く
9 最後にくまモン

あとがき

初出
 I 『太陽』 1995年11月号 臨時増刊 CLASS X 第2号 「チャールズ湖畔における私の密やかなランニング生活」
 II 『TITLE』 2004年2月号 東京するめクラブ 特別編 「アイルランド独りするめ旅行。」
 III 『AGORA』 2008年3月号 「二つのポートランド」(前編)/『AGORA』 2008年4月号 「二つのポートランド」(後編)
 IV 『AGORA』 2011年4月号 「ギリシャのふたつの島」
 V 『AGORA』 2009年11月号 「Live Jazz in New York」
 VI 『AGORA』 2013年7月号 「フィンランディア讃歌」
 VII 『AGORA』 2014年10月号 「大いなるメコン川の畔で」
 VIII 『AGORA』 2012年4月号 「ボストン的な心のあり方」
 IX 『AGORA』 2015年6月号 「トスカーナ・白い道と赤いワイン」
 X 『CREA』 2015年9月号 「熊本旅行記」




人気ブログランキングへ