ブログネタ
読んだ本♪♪♪ に参加中!









近代日本文学の黎明期に誕生した「私」をめぐる二つの小説――田山花袋『蒲団』と二葉亭四迷『平凡』が、文学の未来に残した可能性と困難。なぜ彼らは新しい文体を必要としたのか?
『古事記』に始まり、平安後期の慈円による『愚管抄』を経て、二葉亭四迷の翻訳『あひびき』に至るまで模索されてきた日本語文体は、言文一致体の誕生によって一つの完成をみる。
新しい言葉を獲得していく書き手たちのドラマを、小説家の視線と身体性から鮮やかに描き出す「第一部 言文一致体の誕生」。
つづく「第二部「自然主義」と呼ばれたもの達」では、「言えない」を主題とする小説として生まれた「自然主義」が、いつしか赤裸々な「自分のこと」を告白する私小説へと変貌する姿を活写していく。
橋本治がはじめて近代日本文学の作品群と向き合いながら、「近代」の組み立て直しを試みる本格評論


≪目次: ≫
はじめに

第一部 言文一致体の誕生
第一章 そこへ行くために

 一 「古典」という導入部から――
 二 文学史はなにを辿るのか
 三 『徒然草』の時代――あるいは、芸能化と大衆化の中で
 四 和漢混淆文と言文一致体――あるいは、文学史の断絶について
 五 大僧正慈円の独白

第二章 新しい日本語文体の模索――二葉亭四迷と大僧正慈円
 一 大僧正慈円と二つの日本語
 二 慈円と二葉亭四迷
 三 『愚管抄』とは、そもそもいかなる書物なのか?
 四 「作者のあり方」と「作品のあり方」を考えさせる、日本で最初の発言

第三章 言文一致とはなんだったのか
 一 二葉亭四迷とは「何者」か?
 二 口語と文語――あるいは口語体と文語体、更にあるいは言文一致体の複雑
 三 言文一致体は「なに」を語ったか
 四 そして、言文一致体はどこへ行くのか

第四章 不器用な男達
 一 哀しき『蒲団』
 二 近代文学の本流争い
 三 いたってオタクな田山花袋
 三 どうして「他人」がいないのか
 四 「もう一つの『蒲団』」の可能性
 五 空回りする感情
 六 「そういう時代だった」と言う前に

第五章 『平凡』という小説
 一 改めて、言文一致体の持つ「意味」
 二 『平凡』を書く二葉亭四迷
 三 「言わないこと」の意味、「言えないこと」の重要さ
 四 「言わないこと」のテクニック
 五 連歌俳諧的な展開と論理
 六 「隠されたテーマ」がやって来る

第六章 《、、、、》で終わる先
 一 『平凡』がちゃんとした小説であればこそ――
 二 「ポチの話」はどのように位置付けられるのか
 三 尻切れトンボになることの真実
 四 『浮雲』の不始末を完結させる『平凡』
 五 「悪態小説」としての『浮雲』
 六 分からないのは、「他人のこと」ではなくて、まず「自分のこと」である


第二部 「自然主義」と呼ばれたものたち
第一章 「自然主義」とはなんなのか?

 一 森鷗外と自然主義
 二 自然主義の悪口はうまく言えない
 三 「『性的人生記(ヰタ・セクスアリス)』と題される書物に関する物語」
 四 なにが彼を翻弄するのか?
 五 本家の自然主義と日本の自然主義
 六 もう一人の「自然主義」の作家、島崎藤村の場合
 七 果たして近代の日本に「自然主義の文学」は存在していたのか?

第二章 理屈はともかくてして、作家達は苦闘しなければならない
 一 通過儀礼としての自然主義
 二 理念もいいが、文体も――
 三 言文一致体が口語体へ伝えたもの
 四 言文一致体の「完成」
 五 若くて新しい「老成の文学」
 六 「自然主義」をやる田山花袋
 七 様々な思い違い
 八 「翻訳」について――あるいは、文体だけならもう出来ていた
 九 田山花袋の道筋

第三章 「秘密」を抱える男達
 一 田山花袋の恋愛小説
 二 かなわぬ恋に泣く男
 三 美文的小説
 四 『わすれ水』――そのシュールな展開
 五 「言えない」という主題
(下巻につづく)


※本書は、2010年4月2013年3月、2014年10月に小社より刊行された『失われた近代を求めて』全三巻の構成を二分冊にしたものです。


≪著者: ≫ 橋本 治 (はしもと おさむ) 1948年東京都生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、1977年『桃尻娘』で小説現代新人賞佳作を受賞しデビュー。1996年『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、2002年『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞、2005年『蝶のゆくえ』で柴田錬三郎賞、2008年『双調平家物語』で毎日出版文化賞、2018年『草薙の剣』で野間文芸賞を受賞。近著に『父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない』『思いつきで世界は進む』がある。2019年1月に逝去。


橋本治 『「自然主義」と呼ばれたもの達 (失われた近代を求めて II)』(朝日新聞出版、2013年) '13/04/21
橋本治 『言文一致体の誕生 (失われた近代を求めて I)』(朝日新聞出版、2010年) '10/06/25


人気ブログランキングへ