Gori ≒ ppdwy632

〈ぼく〉の思索の一回性の偶然性の実験場。

大津透

本「神話から歴史へ (天皇の歴史01)」大津透5

ブログネタ
読んだ本♪♪ に参加中!
神話から歴史へ (天皇の歴史)
神話から歴史へ (天皇の歴史01)

○著者: 大津 透
○出版: 講談社 (2010/11, 単行本 398ページ)
○定価: 2,730円
○ISBN: 978-4062807319



Tenno in Japanese History


天皇はいつ生まれ、どんな役割で、いかに統治したのか。三輪山のふもと、ヤマトに生まれた王を中核として展開される古代国家統一への道。その正統性の根拠は何なのか。また東アジア情勢が与えた影響とは? 神意を知る存在としての宗教的機能を中心に、天皇号・大和政権の成立過程と支配の構造を明らかにする。


≪目次: ≫
カラー口絵・写真 「大和朝廷発祥の地・纏向遺跡全景」「王権誕生の証し \仂綽正椶亮兄拇瓠伸∪仂綽正槐凖臓伸ぐ隹抻蓋妬出土鉄剣銘文/Ψ本県江田船山古墳出土金銅製冠帽」「天皇号は7世紀前半・推古朝に成立」

はじめに

序章 「天皇の歴史」のために
1 天皇研究の出発
日本史にとって最大のテーマ/戦前から戦後への古代史研究/天皇は専制君主か/中世天皇研究と網野善彦氏の研究/王権論からの考察へ
2 天皇の役割を考える
古代天皇制と太政官/儀礼と密接に関係する天皇/古代史の儀礼研究/天皇と宗教・学芸との関係研究へ
3 天皇と「日本」の成立
天皇制の持続と本質/水林彪氏の権威説/「日本」という枠組みと古代天皇制

第一章 卑弥呼と倭の五王
1 卑弥呼と邪馬台国
王権の始まり/邪馬台国に関する二つの説/三角縁神獣鏡の分有関係から考える/繰り上がる弥生時代/古墳時代も引き上げられる/ヒメ・ヒコの男女二重主権/神功皇后と女帝の伝承/邪馬台国が大和にあった可能性/卑弥呼は天皇系譜に位置づけられるのか
2 鏡と剣――王権のレガリア
三種の神器/即位儀礼/剣と鏡が大和王権のレガリア/分与される剣・鏡の機能/石上神宮のホクラ
3 倭の五王と大王
好太王碑/中国的な姓秩序の中の倭王/冊封体制の中での大将軍号と倭王/官爵を求める武王の上表文/稲荷山古墳鉄剣銘/倭国「天下」と大王号の成立

第二章 『日本書紀』『古事記』の伝える天皇
1 記紀神話の意味と津田史学
歴史的事実ではない「記紀」/記紀神話のあらすじ/各地神話を統合し、王権の正統性を説明/タカミムスヒからアマテラスへの皇祖神の転換/氏族の祖先神の活躍/津田左右吉による記紀研究の方法/「記紀」は八世紀の作品か
2 「帝紀」「旧辞」から「記紀」へ
『古事記』編纂の経緯/天武天皇が始めた編纂事業/「帝紀」「旧辞」の内容/神功皇后伝説の成立時期/『日本書紀』の紀年論と日本の「建国」/欠史八代と氏族の祖/神功皇后后と『日本書紀』紀年/天皇の名前・おくり名=諡号論/タラシヒコとヤマトネコ/「イリヒコ」の王朝、「ワケ」の王朝
3 ワカタケル大王とウヂの成立
『万葉集』巻一の一番、雄略天皇の歌/系譜はなぜ記されたか/大伴家持が歌うウヂの意識/ウヂの成立/「児」でつながる氏族系譜の意味/雄略朝の画期
4 葛城ソツヒコと帰化人の伝承
「帝紀からみた葛城氏」/ソツヒコの実在性/応神朝の帰化人渡来/渡来人集団を統率する東漢氏/渡来人技術者を重用した雄略天皇
5 王権の祭祀
アマテラス・天皇家・伊勢神宮/アマテラスは大和地方で祭られていた?/三輪山の神とオホクニヌシ/三輪山祭祀の起源伝承とタタリ/味酒、三輪の山

第三章 大和朝廷と天皇号の成立
1 継体から欽明へ
雄略天皇のあと/飯豊皇女/継体の登場/押坂部と息長氏/名代・子代/継体紀の史料批判/安閑から欽明へ/蘇我氏の登場
2 大和朝廷の形成と国造制
大臣・大連制度確立の画期/大夫とよばれる豪族の合議/皇位決定権を持った大夫の会議/相互に承認しあう大王――ウヂの関係/殯宮儀礼の成立と日嗣/筑紫国造磐井の反乱/在地首長としての権力を持つ国造/屯倉の支配権と国造――朝廷関係/東国国造の実態と舎人の貢上/朝廷の軍事的基盤としての東国
3 推古天皇
崇仏・破仏と政治対立/大后制の成立と太陽神祭祀/大王の輔政としての大兄/崇峻天皇暗殺/古代女帝の本質/冠位十二階/憲法十七条という法秩序の性格
4 天皇号の成立
六〇〇年前後の東アジア情勢/六〇〇年、隋に使者を送った倭王/煬帝を怒らせた国書とその後の表現/天皇号成立は推古朝か天武朝か/推古朝説の補強/「スメラミコト」の意味するところ

第四章 律令国家の形成と天皇制
1 舒明天皇と唐の成立
大和には群山ありと/舒明朝の大規模な宮・寺の造営/唐の成立と恵日の奏上/唐から冊封を受けない「不臣」の外夷/東アジア世界緊張の中でのクーデター/乙巳の変――蘇我入鹿殺害の意味
2 大化改新の詔が描きだす国家体制
改新の詔/大化改新に関する論争/東国国司と郡司任用/国造の力を媒介とする支配/評官人任命のための手続き/大化の税制/供給役をめぐって/大化改新の意義と国造制/官僚制と朝堂院/新羅・唐との通交
3 斉明女帝と白村江の戦い
興事を好む/飛鳥の不思議な石造物/蝦夷の服属に対する饗応・賜物/大和政権の帝国構造を支える蝦夷の朝貢/唐を敵とする百済救済の意図/白村江の戦い/戦後処理と国土防衛の本格化/天子自ら天を祭る封禅の儀
4 天智から天武へ
甲子の宣/近江令は体系的な法典だったのか/位階と官職/庚午年籍による徴税再編/天智十年の官制/全官社への班幣祭祀/天武・持統朝に始まる律令制祭祀/幣帛の内容とミツキノノサキ/神祗政策の進展

終章 天皇の役割と「日本」
1 シラスとマツル――祭祀の構造
天皇を神とする例外的な思想/神意を知る天皇の役割/天皇が祭る神/祟りを占い神を祭る伝統
2 マツロフとマツル――服属の構造
武力的征服と宗教的服属/ミツキ・食物献上による服属の確認/采女の役割
3 日本国号の成立
遣唐使が称した国号「日本」/東アジア世界の中での国号変更/大宝の遣唐使と「日本」の位置

参考文献
年表 (西暦239年〜西暦686・朱鳥元年)
天皇系図
歴代天皇表
索引


カバー写真 大池から見た箸墓(浜四津成信 撮影)

【編集委員】 大津 透河内祥輔藤井讓治藤田 覚
講談社創業100周年記念企画 「天皇の歴史」 全10巻


≪著者: ≫ 大津 透 (おおつ・とおる) 1960年生まれ。東京大学大学院修士課程修了。山梨大学助教授を経て、東京大学教授。専攻は日本古代史、唐代史。主な著書に『古代の天皇制』『日本古代史を学ぶ』(以上、岩波書店)、『日本の歴史06巻 道長と宮廷社会』(講談社)など、編著に『日本の歴史08巻 古代天皇制を考える』(講談社)、『王権を考える』(山川出版社)などがある。本シリーズ編集委員。

大津透/大隅清陽/関和彦/熊田亮介/丸山裕美子/上島享/米谷匡史 『古代天皇制を考える』(日本の歴史08巻、講談社学術文庫、2009年) '11/02/14
大津透 『道長と宮廷社会』(日本の歴史06巻、講談社学術文庫、2009年) '11/01/21

石井良助 『天皇 天皇の生成および不親政の伝統』(講談社学術文庫、2011年) '11/09/20
熊谷公男 『大王から天皇へ』(日本の歴史03巻、講談社学術文庫、2008年) '10/12/29
寺沢薫 『王権誕生』(日本の歴史02巻、講談社学術文庫、2008年) '10/12/17





いまだ花咲かぬ梅の木にメジロ節分


人気ブログランキングへ




本「古代天皇制を考える (日本の歴史08、講談社学術文庫1908)」大津透/大隅清陽/関和彦/熊田亮介/丸山裕美子/上島享/米谷匡史5

ブログネタ
読んだ本♪ に参加中!
古代天皇制を考える  日本の歴史08 (講談社学術文庫)
古代天皇制を考える (日本の歴史08 、講談社学術文庫1908)

○著者: 大津透/大隅清陽/関和彦/熊田亮介/丸山裕美子/上島享/米谷匡史
○出版: 講談社 (2009/3, 文庫 384ページ)
○価格: 1,260円
○ISBN: 978-4062919081
クチコミを見る



そう、天皇制って、よく分からない。ある意味では「天皇」は王様で君主で、だから日本王国(君主国)でもあるわけで、、、今上天皇は第125代(多いのか少ないのか、ながいのか短いのか)



古来、千数百年にもわたり連綿と続く天皇制。しかし、それは創成期と同じかたちで存続されてきたわけではない。そもそも、古代、天皇の権力を育み、その権威を支えたものとは何か。天皇以前=大王の時代から貴族社会の成立、院政期までを視野に入れつつ、七人の研究者が、朝廷儀礼、神祇祭祀、神話等多様な角度から古代天皇制の本質と変容に迫る。


≪目次: ≫
第一章 「日本」の成立と天皇の役割--大津透    1 「日本」はどのように成立したのか(網野史学/天皇号の成立/これまでの研究の流れ/儀式研究と皇位継承)/2 律令制における天皇の役割(衣服令と天皇の服/荷前と調庸/天皇に何を奏上するか/天皇の人格的支配の意義)
第二章 君臣秩序と儀礼--大隅清陽    (歴史的生成物)/1 畿内政権と群臣(熾烈な王位継承争い/畿内政権の形成/群臣による大王の推挙/即位儀礼と氏族社会)/2 過渡期としての奈良時代(畿内豪族から貴族官人へ/天皇の代理としての五位以上官人/天皇の超越性と在来・外来思想/現御神への試み/直系の継承--天武草壁文武/権力の絶対化と群臣からの自立/権力分掌体制の名残)/3 平安貴族社会の形成と天皇の変貌(画期としての桓武朝/唐風化/一君万民的秩序の形成/畿内政権の解体/平安貴族の誕生/貴族社会のなかの天皇)
第三章 民衆世界の天--関和彦    1 「天皇の御代」の形成(時代区分を問いなおす/「宮の御代」の創出/地名起源伝承にみる「王化」/「落ち伝承」と王化地圏拡充/国見と国形/国見の限界/天皇支配の昼・神支配の夜)/2 「民衆の世」と天皇(天皇巡行がもたらしたもの/「宮の御代」の民衆的現実/生活体験としての遷都/民衆による地名訛化)/3 律令制における皇命(「御言持ち」としての国司/皇命と「風化」/「大君の命恐み」の心情/「宮の御代」から年号へ)
第四章 夷狄諸蕃と天皇--熊田亮介    (「多賀城碑」)/1 エミシとアシハセ(「東方に住む勇猛な人々」/「未開・野蛮で未服の異種族」/境界地域における支配領域の拡大/阿倍比羅夫の遠征)/2 南島人と隼人(南島政策と隼人集団の服属・朝貢/京を起点とした新たな国土像/服属儀礼としての風俗の歌舞)/3 夷狄・諸蕃と帝国の論理(帝国型国家の論理と構造/王化思想と相容れないエミシ/帝国の論理への抵抗と反乱)/4 皇帝の時代(聖武と積極的なエミシ政策/「新羅撃つべし」--帝国型国家の再編/エミシ社会内の亀裂)/5 帝国の論理の崩壊(三十八年戦争の時代/「異域」と「神国」の論理)
第五章 天皇祭祀の変容--丸山裕美子    (権威の純粋化と普遍化)/1 スメミマノミコトの祭祀(集わり待る国造たち/地域の神祭りへの介入/神祇令の祭祀の創出/班幣の場に天皇はいない/「皇御孫の命」による一元的支配)/2 中国の皇帝祭祀と神祇令の祭祀(他を超越する皇帝の権威/社稷--地域の神祭りへの楔/天命思想の天子と「天つ神の御子」/国つ神の上に立つ天皇へ)/3 新たな天皇祭祀(公家(天皇)祭祀の出現/「皇御孫(すめみま)」祭祀から「天皇」祭祀へ/純粋な権威の器/「在すが如きの礼」なき新年祭/国司の神拝(じんばい)/天皇の権威は皇帝に近づく)
第六章 中世王権の創出と院--上島享    (〈天皇〉観の変貌/院政の成立/中世王権はいかにしてできたのか)/1 国家・社会構造の転換--古代の終焉(財政構造の変化/官人機構の縮小/中世の胎動--古代から中世へ)/2 新たな天皇権威の形成(天皇を権威化する神々/王権を支える仏教/新たな天皇の出現)/3 藤原道長と院政--中世王権の確立(王権構造に組み込まれる摂関家/道長が目指したもの/新たな権力形態--〈道長の王権〉/〈道長の王権〉から院政へ/院政は道長〈政治〉を継承/摂関家の地位強化/院権力の出現--中世王権の確立/院・天皇・摂関による補完的支配)/4 中世王権秩序の社会的浸透(一宮と仏教/神仏習合の進展と本地垂迹思想/護国仏教秩序の社会的浸透/王権の民衆的基盤--一国平均役/官位秩序の社会への浸透/衛門・兵衛/〈天皇制〉を考える)
第七章 古代東アジア世界と天皇神話--米谷匡史    1 東アジア世界における王権と文字(「皇帝」と「王」のネットワーク/東アジア世界における文字の交通)/2 「倭王」の誕生と「日本天皇」への転換(東アジア世界における「倭王」の誕生/「天」と「日」の思想/「日本天皇」への転換/「天皇」号と東アジア世界の軋轢)/3 『古事記』『日本書紀』を読む視座(帝国「日本」の「天皇」神話/「天皇」という文字)/4 『古事記』における帝国的秩序(「言向」の論理--「天下」平定の物語/神功皇后応神天皇--朝鮮服属の物語)/5 『日本書紀』における帝国的秩序(『日本書紀』の世界像/『日本書紀』における高句麗・加耶諸国・耽羅)/6 東アジア世界の歴史と「天皇」(東アジア世界における「天皇」号/「天皇」の「国民化」)

参考文献
索引


編集委員 網野善彦大津透鬼頭宏桜井英治山本幸司


※本書の原本は、二〇〇一年、小社より刊行されました。


≪著者: ≫ 大津 透 (おおつ とおる) 1960年生まれ。東京大学卒業。東京大学大学院准教授(を経て、東京大学大学院教授)。

≪著者: ≫ 大隅清陽 (おおすみ きよはる) 1962年生まれ。東京大学卒業。山梨大学教育人間科学部准教授

≪著者: ≫ 関 和彦 (せき かずひこ) 1946年生まれ。早稲田大学卒業。共立第二中学高等学校校長。

≪著者: ≫ 熊田亮介 (くまた りょうすけ) 1947年生まれ。東北大学卒業。秋田大学教育文化学部教授

≪著者: ≫ 丸山裕美子 (まるやま ゆみこ) 1961年生まれ。お茶の水女子大学卒業。愛知県立大学文学部教授

≪著者: ≫ 上島 享 (うえじま すすむ) 1964年生まれ。京都大学卒業。京都府立大学准教授。

≪著者: ≫ 米谷匡史 (よねたに まさふみ) 1967年生まれ。東京大学卒業。東京外国語大学国語学部准教授


下向井龍彦 『武士の成長と院政 (日本の歴史07)』(講談社学術文庫、2009年) '11/01/29
大津 透 『道長と宮廷社会 (日本の歴史06)』(講談社学術文庫、2009年) '11/01/21
坂上康俊 『律令国家の転換と「日本」 (日本の歴史05)』(講談社学術文庫、2009年) '11/01/12
渡辺晃宏 『平城京と木簡の世紀 (日本の歴史04)』(講談社学術文庫、2009年) '11/01/07
熊谷公男 『大王から天皇へ (日本の歴史03)』(講談社学術文庫、2008年) '10/12/29
寺沢薫 『王権誕生 (日本の歴史02)』(講談社学術文庫、2008年) '10/12/17
岡村道雄 『縄文の生活誌 (日本の歴史01)』(講談社学術文庫、2008年) '10/12/03
網野善彦 『「日本」とは何か (日本の歴史00)』(講談社学術文庫、2008年) '10/11/20





人気ブログランキングへ


本「道長と宮廷社会 (日本の歴史06、講談社学術文庫1906)」大津透5

ブログネタ
読んだ本♪ に参加中!
道長と宮廷社会 日本の歴史 06 (講談社学術文庫)
道長と宮廷社会 (日本の歴史06、講談社学術文庫1906)

○著者: 大津 透
○出版: 講談社 (2009/2, 文庫 416ページ)
○価格: 1,260円
○ISBN: 978-4062919067
クチコミを見る



なるほど、編集委員のひとりとして(網野善彦の次に名を連ねる)、「十年や二十年はもつことを書いた自負がある」とは、旧著執筆から八年を経ての「学術文庫版あとがき」に
これでもかこれでもかと、あっちからもこっちからもこんなところからもあんなところからもそんなところからも多角的に多方面から読み解かれる


平安時代中期、『源氏物語』や『枕草子』など、すぐれた古典はどうして生まれたのか。栄華を誇った藤原道長はどのように権力を掌握したのか。貴族の日記や古文書の精緻な読解によって宮廷を支えた古代国家のシステムを解明、日本の古典文化の形成に重要な役割をはたした中国文明との交流に迫る。貴族政治の合理性を鮮やかに描く平安時代史研究の劃期。


≪目次: ≫
はじめに――システムの解明をめざして    国際経済史学会と宮廷社会/宮廷の経済機構/貴族社会のイメージ/謀略史観と外戚政治
第一章 道長の登場    1 摂関制度の変遷(延喜・天暦の聖代藤原忠平の時代/摂政関白実頼から兼通頼忠花山朝の政治)/2 兼家とその子息(兼家の登場/兼家の政権/中関白家の栄光と没落/伊周と道長の対立/伊周の自滅/定子の悲劇と彰子の入内)/3 藤原道長一条天皇(道長の二人の妻/土御門第東三条殿/後見と里内裏/一条朝の政策)/4 政と定――政務の構造(朝政と旬政/外記政と陣申文/陣定のすすめ方/主要議題/諸国申請雑事定/内覧一上叙位除目
第二章 一条朝の名臣と貴族社会    1 日記を記す貴族(『御堂関白記』の自筆本/日記の使われ方――『九暦』/日記のはじまりと終わり/家の日記/切り張りされた『清慎公記』/三大儀式書)/2 小野宮右大臣実資(出世のコース/近衛府行事所上卿/大臣になる/官奏を奉仕する/大臣大饗小野宮流)/3 藤原行成と書(寛弘の四納言/天皇の信頼が厚い蔵人頭弁官局太政官行政/和様書道を完成した三蹟行成の活躍/屏風歌の芸術/和歌の鑑賞)/4 藤原公任三舟の才/『北山抄』編纂の偉業/公任の和歌/花山院との合作『拾遺和歌集』/道長と漢文学/漢詩の作り方と白詩/『本朝文粋』と『和漢朗詠集』/王朝文学と紫式部
第三章 宮廷社会を支えたもの    1 受領支配の成立(負名体制と官物の成立/尾張国郡司百姓等解/受領郎等と「所」/検田の手続/任国への旅と神拝)/2 受領の役割と任官システム(下級官人の昇進と受領巡任/受領の出世/受領挙の意義/国司の交替と交替政の形骸化/受領功過定の重要性)/3 財政の再編(率分と年料――調庸制の再編/行事所召物と弁済使/内裏の造営はどうして可能になったか/給与制度の変化と地方財政の役割)/4 裁判秩序(摂関期の裁判システム/罪名定の実例/刑罰のあり方と律令法/検非違使と使庁政/着ダ勘文/下手人制の慣習と拘禁制/天皇の裁定者としての役割)
第四章 王朝の文化    1 神事と祭(我が朝は神国なり/奉幣対象は二十二社に/諸社行幸と公卿勅使/大嘗祭御禊/大嘗会和歌/賀茂祭と御禊/祭の運営/文久の賀茂行幸)/2 仏教と法会(諸法会と僧侶/仁王会季御読経/内論義と最勝講慈恵大師良源)/3 道長の信仰(法華八講と三十講/浄妙寺の建立/金峯山埋経/法性寺五大堂と五檀法/康尚と同聚院不動明王法成寺供養/道長の歴史的意義)/4 定朝平等院鳳凰堂(大仏師定朝/鳳凰堂阿弥陀如来像/寄木造の完成/極楽の再現/来迎図と『往生要集』/恵心僧都源信)/5 貴族の文化(内裏と大内裏/紫宸殿賢聖障子清涼殿年中行事と朝議/「絵」と「和絵」/後宮文化と女房)/6 外交と唐物刀伊の襲来/政府の対応/渡海制/年期制と唐物使/五台山天台山
第五章 道長のあとに    1 三条天皇から頼通の時代へ(三条天皇と藤原道長/後一条天皇/頼通と摂関家/家格の成立と家業の形成へ)/2 受領支配と国家財政の変質(公田官物率法の成立/郡郷制の再編/一国平均役荘園整理令後三条天皇の登場/)
あとがき――日本の古典文化
学術文庫版あとがき (二〇〇八年十二月  大津 透)

年表(901年〜1072年)
参考文献
索引


編集委員 網野善彦大津透鬼頭宏桜井英治山本幸司


※本書の原本は、二〇〇一年、小社より刊行されました。


≪著者: ≫ 大津 透 (おおつ とおる) 1960年生まれ。東京大学大学院修士課程修了。東京大学准教授(を経て、東京大学文学部・大学院人文社会系研究科教授)。専攻は日本古代史、唐代史。著書に『律令国家支配構造の研究』『古代の天皇制』『日唐律令制の財政構造』、共編著に『法社会史』『王権を考える』『日唐律令比較研究の新段階』などがある。


坂上康俊 『律令国家の転換と「日本」 (日本の歴史05)』(講談社学術文庫、2009年) '11/01/12
渡辺晃宏 『平城京と木簡の世紀 (日本の歴史04)』(講談社学術文庫、2009年) '11/01/07
熊谷公男 『大王から天皇へ (日本の歴史03)』(講談社学術文庫、2008年) '10/12/29
寺沢薫 『王権誕生 (日本の歴史02)』(講談社学術文庫、2008年) '10/12/17
岡村道雄 『縄文の生活誌 (日本の歴史01)』(講談社学術文庫、2008年) '10/12/03
網野善彦 『「日本」とは何か (日本の歴史00)』(講談社学術文庫、2008年) '10/11/20





人気ブログランキングへ



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

since 2007.11.19

Categories
じゃらんnet 宿・ホテル予約

Amazon
honto
TagCloud
本が好き!
本が好き!
記事検索
管理人・連絡先
管理人 Gori が書き記しています。 不適切な表現及び解釈などありましたら連絡ください。
ppdwy632@yahoo.co.jp
livedoor プロフィール

Gori

主として“本”が織りなす虚構の世界を彷徨う♪

‘表 BLOG (since 2006.8)
▲ロスバイク TREK 7.3FX(神金自転車商会 since 2008.8)
写真 Canon IXY900IS(since 2006.12.4) & EOS40D + EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM(since 2008.7.23) + EF100mm F2.8 Macro USM(used, since 2008.9.10) + EF-S55-250mm F4-5.6 IS(used, since 2008.9.30) + EF50mm F1.8 供used, since 2009.4.4)

Archives
Recent Comments
Recent TrackBacks
父が子に語る近現代史 (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
本「父が子に語る日本史」小島毅
BlogRanking
  • ライブドアブログ