ブログネタ
読んだ本♪ に参加中!
本「英語講読」大橋理枝/成田篤彦
英語講読 '08 (放送大学教材、共通科目・外国語科目)

○著者: 成田篤彦/大橋理枝
○出版: 放送大学教育振興会 (2008/3, 単行本 192ページ)
○価格: 3,150円
○ISBN: 978-4595308710
クチコミを見る



さて、ぼくの大学生生活はおよそ1年半を、3つの学期を経過した。まだまだなかなか要領を得ていないところがたぶんにあるのだけれども、これまでに3回にわたり20科目の単位認定試験を受験した。よくもわるくも、そのときどきで波の高い低いが気分の盛り上がり盛り下がりが、ぼくじしんの内的な要因だけではなく外的な事柄のことごとくにも影響を受けないものでもなく、たとえば荒波にもまれる小舟よろしく右往左往しながら苦悩して苦悶して、それでも継続することができた(ツヅケリャイイッテモンデモナインダガ)。もちろん、最低でも必要とされる4年間の在籍期間と単位修得を経て、ひとつには「卒業(学士)」という目標がおおきくあって、もちろんそのさきも。その先を考えて、であるとするならば、さていますべきは、いまなにをすべきであるのか?!、に正しい答えみたいなものがあるものなのかどうなのか、たとえるなら、途(道)といってみようか、目指すところ(モノ)があって、そこに辿り着くための方途は、ひとつではない、必ずしも近道を最短距離を最短時間で向かうこととかは、すくなくともいまのぼくには魅力が感じられない、もちろん時間は有限であり無限なものではない、慌てることはないけれど(セイテハコトヲシソンジル)のんびりしている余裕は、ない

平成23年度第1学期の単位認定試験(2011年7月30日(土)第4時限目)の成績評価はB(79〜70点、合格)


Lafcadio Hearn小泉八雲, 1850-1904)の書いた作品のなかから短いものを3編(『怪談 Kwaidan』に収録されている「乳母桜 Ubazakura」、「青柳の物語 The Story of Aoyagi」、『骨董 Kottō』に収録されている「常識 Common Sense」)を選び、それらを読みながら英語を学ぶ。文学作品をきちんと精読していくという作業を通して、書き言葉としての英語とじっくり向き合う。本文の読解・訳・文法事項の説明および背景説明・比較文化的解説の二部に分け、多角的な視点からのアプローチで英語が学習できるよう工夫されている。


≪目次: ≫
はじめに (2008年1月 成田篤彦・大橋理枝)
 出典・参考資料・辞書
 英語講読 '08 添付CDについて

Lesson1.Ubazakura (1).  成田篤彦(了徳寺大学教授)/大橋理枝(放送大学准教授)  CD '11/02/09.
文法の解説(文とは/be動詞/一般動詞/助動詞のbe, have, do)/背景説明――ハーンの生いたち/練習問題 The Story of O-Tei (1).
Lesson2.Ubazakura (2).  成田篤彦/大橋理枝  CD '11/02/16.
文法の解説(文の要素/形容詞/副詞/《前置詞+名詞・代名詞》はいつも修飾語)/背景説明――乳母の語義/練習問題 The Story of O-Tei (2).
Lesson3.The Story of Aoyagi (1).  成田篤彦/大橋理枝  CD '11/02/19.
文法の解説(補語と目的語/補語/補語になる品詞/目的語)/背景説明――柳のイメージ/練習問題 The Story of O-Tei (3).
Lesson4.The Story of Aoyagi (2).  成田篤彦/大橋理枝  CD '11/02/27.
文法の解説(繋ぎの言葉――接続詞/句と節(1)――副詞節)/背景説明――嵐に伴われるもの/練習問題 The Story of O-Tei (4).
Lesson5.The Story of Aoyagi (3).  成田篤彦/大橋理枝  CD '11/03/01.
文法の解説(句と節(2)――名詞句と名詞節/形容詞句/形容詞節――関係代名詞と関係副詞/関係副詞)/背景説明――物語の構造〈1〉/練習問題 The Story of O-Tei (5).
Lesson6.The Story of Aoyagi (4).  成田篤彦/大橋理枝  CD '11/03/02.
文法の解説(準動詞/have+過去分詞=現在完了/had+過去分詞=過去完了/be+現在分詞=進行形/be+過去分詞=受動態)/背景説明――定型恋愛詩/練習問題 The Story of O-Tei (6).
Lesson7.The Story of Aoyagi (5).  成田篤彦/大橋理枝  CD '11/03/06.
文法の解説(to不定詞/名詞用法――形式主語と形式目的語/形容詞用法/副詞用法)/背景説明――ハーンのまわりの女性たち/練習問題 The Story of O-Tei (7).
Lesson8.The Story of Aoyagi (6).  成田篤彦/大橋理枝  CD '11/03/19.
文法の解説(現在分詞と動名詞/動名詞/現在分詞/分詞構文/動名詞と現在分詞の区別/過去分詞)/背景説明――dowryとdowerについて/練習問題 The Story of O-Tei (8).
Lesson9.The Story of Aoyagi (7).  成田篤彦/大橋理枝  CD '11/03/27.
文法の解説(第4文型 S+V+IO+DO/第5文型 S+V+O+C)/背景説明――大名とlord/練習問題 The Story of O-Tei (9).
Lesson10.The Story of Aoyagi (8).  成田篤彦/大橋理枝  CD '11/03/30.
文法の解説(S+V+O+準動詞の文型/V+O+to不定詞/V+O+原型不定詞/V+O+現在分詞/V+O+過去分詞)/背景説明――結婚式の周辺/練習問題 The Story of O-Tei (10).
Lesson11.The Story of Aoyagi (9).  成田篤彦/大橋理枝  CD '11/04/06.
文法の解説(能動態と受動態/現在分詞と過去分詞)/背景説明――化身の命/練習問題 The Story of O-Tei (11).
Lesson12.The Story of Aoyagi (10).  成田篤彦/大橋理枝  CD '11/04/10.
文法の解説(現在時制の注意点/現在進行形と現在時制)/背景説明――弔いの慣習/練習問題 The Story of O-Tei (12).
Lesson13.Common Sense (1).  成田篤彦/大橋理枝  CD '11/04/13.
文法の解説(現在完了時制/現在完了時制の用法/1.現在における動作の完了・結果を表す用法/2.現在までの経験を表す用法/3.現在までの動作・状態の継続を表す用法/過去完了)/背景説明――物語の構造〈2〉/練習問題 The Story of O-Tei (13).
Lesson14.Common Sense (2).  成田篤彦/大橋理枝  CD '11/04/20.
文法の解説(時制の一致/話法と時制の一致)/背景説明――日本への視線/練習問題 The Story of O-Tei (14).
Lesson15.Common Sense (3).  成田篤彦/大橋理枝  CD '11/04/23.
文法の解説(仮定法/仮定法過去/仮定法過去完了/仮定法現在/時制の一致と仮定法)/背景説明――ハーンにとっての日米/練習問題 The Story of O-Tei (15).

練習問題解答
「注釈」中の選択設問の解答
Words and Phrases (語句索引)


≪著者: ≫ 成田篤彦 (なりた・あつひこ) 1940年、東京都に生まれる。1964年、東京大学文学部英吉利文学科卒業。1967年、東京大学大学院英語英文学専門課程修士課程修了(文学修士)。1970年、東京大学大学院英語英文学専門課程博士課程単位取得退学。了徳寺大学教授(学長)、東京大学名誉教授。専攻、英文学。主な著書、『シェイクスピア「恋人の嘆き」とその周辺』(共著、英宝社、1995年)、『シェイクスピア全作品論』(共著、研究社、1992年)、『エリザベス朝演劇の誕生』(共著、水声社、1997年)、『シェイクスピアを読み直す』(研究社、2001年)、『英語VI '03』(共著、放送大学教育振興会、2003年)、S・シェーンボーム『シェイクスピアの生涯――記録を中心とする』(共訳書、紀伊国屋書店、1982年)、ピーター・ゲイ『歴史と精神分析――フロイトの方法的有効性』(共訳書、岩波書店、1995年)。

≪著者: ≫ 大橋理枝 (おおはし・りえ) 1970年、京都府生まれ、東京育ち。1993年、東京大学文学部英語英米文学科卒業。1995年、東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻修士課程修了(学術修士)。2000年、ミシガン州立大学コミュニケーション学科博士課程修了(Ph.D. in Communication)。放送大学准教授。専門、異文化間コミュニケーション。主な訳書・著書・論文、『外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠』(共訳、朝日出版社、2004年)、『文化摩擦における戸惑い』(共著、創元社、2004年)、『英語基礎A '05』(共著、放送大学教育振興会、2007年)、『コミュニケーション論序説 '07』(共著、放送大学教育振興会、2007年)、「縦型/横型―個人主義/集団主義の性差・地域差・年齢差について:放送大学生の場合」(『放送大学研究年報』第24号、P.93-100、2007年)。


斎藤兆史/大橋理枝 編著、Tom Gally 著 『英語の基本 '08』(放送大学教材、放送大学教育振興会、2008年) '11/03/21
大橋理枝/根橋玲子 『コミュニケーション論序説 '07』(放送大学教材、放送大学教育振興会、2007年) '10/09/19
大橋理枝/大石和欣 『基礎からの英文法 '09』(放送大学教材、放送大学教育振興会、2009年) '10/07/30





人気ブログランキングへ