こんな女でごめんあそばせ
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/




私、これ好きです(笑)!
あそばせさせていただきました(笑)! 大満足です(笑)!!
<蝶々ワールド>全開バリバリ(?!)、と〜っても楽しかった〜!!
早速、ブログ「CHOCHO生しぼり」もチェックしました!
世の中の流行に疎い私は『蝶々さま』存じ上げませんでした。 こんなに素敵な女性が、ブームを巻き起こし、ご活躍されるのは、そりゃ〜当たり前のことでしょうし、マスコミが放っておく道理がありません!!
何なんでしょうか? 文字と文字、言葉と言葉の間から、ヒシヒシと感じさせる輝き(?!)、オーラ! す、凄い、凄過ぎる「蝶々さま」! 私のような一般庶民には、「ご縁」は無いのでしょうが(当たり前!?)、是非、実物のご本人から、そのオーラを拝ませていただきたい(笑)!

ところで私は、蝶々さまが、まるで何かに導かれるかのように、著しい進化を遂げていく様を、本作品の中に感じた。 2003年〜2004年と2006年では、同じ人間であることを確認することはできるものの、全く別人である! しかし、2003年〜2004年の蝶々さまがあるから、2006年の蝶々さまが受け入れられるのであり、また、2006年の蝶々さまで無ければ、決して本作品が輩出されることは無かったのでは?! とも考える! だから凄い!


私は2006年、ブログデビュー(?!)を果たした(笑)!
凡庸で、無力な一般庶民の私は、何かに導かれるのか? (蝶々さまの著作に、導かれて、ご縁をいただいたように!) そして、進化を受けて発展していくのか??
んなわけ、ないかぁ(笑)!