2005年11月15日

DOAHO

虹プロを終了して新企画を始めました。

DOAHO 進化型一人大喜利開発機構
http://deadlypale.hp.infoseek.co.jp/doaho/

この企画の一番の目玉は「投票ページ」です。

ボケの見せ方に新しい試みを採用しています。
まだ予選結果が出ていないので投票はまだですけどね。
投票開始をお楽しみに。

予選は早い者勝ちですよ!
さあ、君も今すぐ参加!  
Posted by pplus108 at 22:26Comments(0)TrackBack(0)サイト更新

2005年05月20日

今日の電車の中にいた人

・正面に座ったピアスの兄ちゃん。
 折りたたみ式携帯を全開ではなく110度くらいに中途半端に開き、
 耳と口にぴったり携帯をくっつけて、何やらボソボソとしゃべっていた。
 マイクが口に密着してるので、小声でも会話ができるのだろうが、
 聞き耳を立てても会話の内容が本当に聞こえないのだ。
 囁くように話すことのできるフランス語をしゃべっていたのではないか。
 ここでひとつ気になったのは、彼が「マナーモード」と言う言葉の意味を履き違えていて、
 携帯を110度に折ることを「マナーモード」だと勘違いしているのではないか?ということだ。
 そう考えるとちょっと面白かった。

・その兄ちゃん、大きく「韋駄天」と書いたTシャツを着ていたのだが、
 ネックレスはジャラジャラ付けてるわ、ジーンズは腰ではいてるわで
 早く走ろう、という姿勢はこれっぽっちも見受けられなかった。
 どうしたいねん!

・向かいに座って文庫本を読んでた女の子のカバンに
 ドコモダケのマスコットがぶら下がっていた。
 僕がそれに気づき、ドコモダケに視線をやるや否や、
 女の子はドコモダケをサッとカバンの中に隠してしまった。
 恥ずかしがるようなマスコットならわざわざ自分から付けることはない、と考えると
 彼女はカバンにドコモダケ菌を着床させ栽培し、食料にしようと思っていたのではないかと考えるのが自然である。
 
・15分くらいかけて1個のおにぎりをゆっくりと味わっていたおっさん。
 途中「ふぅ〜っ」と休憩を入れたりもしてた。よっぽどおいしいんだろうか。 
 コンビニのおにぎりなんだけど、値段がちょっと高くて白い和紙みたいな包み紙のやつ。
 幸せの基準って、人それぞれなんだなあ。
 横目で見た肉厚な鮭の身に、人生を垣間見た。  

2005年05月19日

今日の電車の中にいた人

・向かって右のまゆ毛エリア内にほくろがある人を立て続けに2人も見た。
 何かの前兆か?

・座って寝てるんだけど、めっちゃ眉間にシワの寄ってるおっさん。
 お疲れ様です。

・座席にかばんを置いて、立ったままスケッチブックにペンを走らせているおっさん。
 無理すんなって!座って描けよ!意味わかんないよ!  

昨日の電車の中にいた人

・派手な黄色い携帯をいじっていたおっさん。
 おしゃれなおっさん、というわけではなくて
 多分娘のお下がりなんじゃないかとプロファイル。
 悲しくなった。がんばって!

・方眼紙を使って一級建築士の勉強をしていたおっさん。
 僕も取りたいと思っている資格があることを思い出した。
 あー、負けてるなー俺。やんなきゃなー。

・その隣でなにやら難しい数式と格闘しているお兄さん。
 「なんちゃらUniversity / Physicsなんちゃら」とマークの入ったレポート用紙に
 ギリシャ文字が延々と書き記されていく。
 物理学科だ。
 理系の四大卒としては、理解不能な数式を目の当たりにしてなんだか「負けた」気分。
 2連敗。

・そしてその隣のおっさんが読んでいたものは…
 「オークス波乱含み」の文字が躍る新聞だった。
 ほっ。なんとか「勝ち」かな?
 同一カード3連敗は免れたみたいです。  

2005年05月17日

クイズ!

うちの子(1歳8ヶ月)がマスターした歌は次のうちどれでしょう。

(1) 童謡「七つの子」
(2) 中島美嘉「桜色舞うころ」
(3) マライア・キャリー「It's Like That」  
Posted by pplus108 at 00:22Comments(4)TrackBack(0)