宗教 )( 幸福


人生は苦に満ちています。仏教でいう四苦八苦の世界です。

しかし、苦のない世界は幸福なのでしょうか。

世の中には、四苦八苦以外の苦も沢山在るようにも感じます。

幸福につながる苦と幸福につながらない苦という分類はあるのでしょうか。

一切の苦のない生活は幸福なのでしょうか。チョット退屈なのではないかとも思うのですが。

苦のない生活は、張り合いのない生活なのではないかと思ったりもします。

四苦八苦は幸福につながる苦なのでしょうか。

苦には、種類とともに程度の問題もあると思います。

当然のことながら、許容範囲を越えた苦は幸福につながらない苦なのだと思います。

ほどほどの苦は幸福につながるのではないでしょうか。

苦の克服と幸福感とは密接に絡み合っているのではないかと感じます。

ただ、苦の克服が自己満足だけでは幸福感もイマイチなのではないでしょうか。

自己評価基準と客観的評価基準がばらばらだと、主観的評価だけだと、幸福感は充分には得られないような気がします。

ゆとり教育や無競争教育の問題にも関連すると思いますが、一定のプレッシャーと一定の評価はとても大事です。

「人生苦なり幸福なり」なのではないでしょうか。

以上




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















宗教 )( 幸福

宗教の本質について、宗教の本質は救済であると思います。

しかし、これだけでは、救済の対象がよく分かりません。でも、救済の対象が救済を必要としている人々であることには間違いないとは思います。

悪人正機説では、宗教は悪人を救うためのものであると言っているようです。この場合の悪人と言うのはどういいう悪人なのかというと、自分自身では煩悩を断ずる事ができない人々のことのようです。

ところで、自分自身では煩悩を断ずる事ができない人々は、救済を必要としている人々であるとしても、どういう救済を求めているのでしょうか。また、本当に救済を求めているのでしょうか。

現状では、一般的には、救済と言えば、弱者救済のことではないでしょうか。また、宗教的な救済と言っても、現世における悲惨な状態からの救済と説明されているのではないでしょうか。

そうだととすれば、自分自身では煩悩を断ずる事ができない人々が、現世における悲惨な状態からの救済を求めている−という課題に応えることが正しい宗教的救済になるのでしょうか。

もちろん、自分自身では煩悩を断ずる事ができない人々は弱者なのだと思います。しかし、自分自身では煩悩を断ずる事ができない人々が、いつも現世において悲惨な状態にあるわけでもないのではないでしょうか。

煩悩に対する理解が失われている−ということではないでしょうか。煩悩の害悪についての認識が失われている−ということではないでしょうか。

煩悩からの救済が宗教の本質なのだと思います。

まず、煩悩にまみれながら現世を謳歌している人々も救済の対象である−という根本的理解を深めることから宗教の救済は始まるのだと思います。

以上




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















幸福 )( 悟り


幸福感は達成感と充実感でしょうか。
充実感と虚脱感の違いは何から来るのでしょうか。

仏神は人々の幸福を願っているのだと思います。
仏神は人々に幸福感のある人生を願っていると思います。

達成感と充実感を味わえる世界はどんな世界なのでしょうか。
苦難や困難のない世界でしょうか。

達成感や充実感と苦難・困難のある世界との関係を、どのように考えればいいのでしょうか。

苦難・困難のある世界には当然、失敗もあると思います。挫折もあると思います。徒労もあると思います。

失敗のない世界、挫折のない世界が幸福な世界なのでしょうか。

どんな生き方をしても「みんな幸福」という世界が幸福な世界なのでしょうか。

どんな生き方をしても「みんな幸福」という世界では、達成感や充実感はどのように感じられるのでしょうか。

現実の世界には「悪」もありますが、どんな生き方をしても「悪のない世界」というのが「幸福な世界」なのでしょうか。

仏神がいるのであれば、なぜ「悪」が存在するのか−という問題もあるようですが、どんな生き方をしても「悪のない世界」というのが「幸福な世界」なのでしょうか。

苦難・困難・障害を乗越えたところに幸福があるのではないでしょうか。

以上



アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















宗教 )( 悟り


仏神と出会うことが出来るでしょうか。仏神を信じない人の中には、「目の前に現れれば信じる」という発言をする向きもあるでしょう。

しかし、神の声と悪魔の声でも触れたのですが、見分けることが出来るのかどうか−という問題が残っているのです。

仏神を正しくイメージ出来ていない人たちは、仮に、仏神が目の前に現れても、仏神とは思わないのではないでしょうか。

つまり、例えば仏神は三角形だとイメージしている人は、仏神が四角形だと、仏神が目の前に現れても、仏神と認識出来ないのではないかということです。

正しく仏神を見分けることが出来るのかどうか−というハードルを越えること自体が、なかなか難しい難関なのではないでしょうか。

仏神が「目の前に現れれる」前に、正しく仏神をイメージ出来ていなくてならないのです。

正しく仏神をイメージ出来ていて初めて、仏神との出会いが可能なのではないでしょうか。

以上

 



アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















幸福 )(


幸福感と不幸感と言うのがあると思うのですが、かなり異なった感情のような気がします。

不幸感と劣等感はどうでしょうか。
不幸感と嫉妬心はどうでしょうか。
ねたみ心と不幸感はどうでしょうか。
恨み心と不幸感はどうでしょうか。

貧困と不幸感はどうでしょうか。
いじめられて喜ぶ人はいないでしょう。
盗まれて喜ぶ人はいないでしょう。
ストレスと不幸はどうでしょうか。

自己卑下の心は不幸な心なのでしょうか。
祝福の心と幸福感はどうでしょうか。

祝福の心が持てれば、幸福な心になれるのでしょうか。
自己卑下の心を克服できれば、幸福な心になれるのでしょうか。

「人間、神の子」の教えは、自己卑下を否定する教えです。

「人間、神の子」の教えに納得がいけば、自己卑下から解放されるのではないでしょうか。

自己卑下は間違った自己認識から出てくる不幸感なのではないでしょうか。

強い心、強い自己信頼が幸福感につながるのではないでしょうか。
強い自己信頼が祝福の心につながっていくのではないでしょうか。

「人間、神の子」を自覚した強い自己信頼が幸福感を生むのではないでしょうか。

以上






アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















幸福 )( 教え

幸福の科学は「愛・知・反省・発展」を教えていますね。

 ^Δ箸牢遒咾任垢諭0Δ箸牢心遒里海箸世隼廚い泙后

◆|里箸話匏鼎任靴腓Αつまり、知とは学習・進歩・向上の教えですね。質的向上のポイントは智慧の蓄積だということです。

 反省とは優しさなのでしょうか。反省すれば許されるということでしょうか。

ぁ“展は豊かさね。物質的な豊かさを肯定・推奨しているということですね。量的拡大の教えだと思います。

「愛・知・反省・発展」が神であり、仏であるということですね。

以上


アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP



















続きを読む

宗教 )( 仏教

仏神とは、仏のことであり、神のことです。

仏や神の存在を否定する人々は沢山います。

何を以って仏と言うのか、何を以って神と言うのか−という議論もあると思いますね。

ただ、「仏のような人」とか「神のような人」といった言い方についてはどうでしょうか。

「仏のような人」や「神のような人」は実際に存在しているのではないでしょうか。

「仏のような人」や「神のような人」の存在については、肯定する人も多々あるのではないでしょうか。

非常に単純化して言えば、「仏のような人」や「神のような人」が実際にも、仏であり、神なのです。

「仏のような人」とか「神のような人」と言われる人は、ある意味で、「真」「善」「美」を体現しているのではないでしょうか。

仏性というのは、仏の性質です。全ての人の心に在ります。言わば、良心のことです。

人は神の子・仏の子と言いますが、つまり、良心があるということです。

この良心が成長し、良心に恥じない生き方が出来るようになるということが、仏や神へと成長するということなのです。

「真」「善」「美」を体現したような存在になれば、「仏のような人」とか「神のような人」などと評価されることになるでしょう。

そうした存在が仏神なのです。

以上






アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















宗教 )( 幸福

夢のない人たちがいます。

希望のない人たちがいます。

理想のない人たちがいます。

向上心のない人たちがいます。

こういう人たちは不幸なのだと思います。

無神論は、こういう人たちの考え方なのでしょうか。

夢の究極にある存在が仏神です。

希望の究極にある存在が仏神です。

理想の究極にある存在が仏神です。

向上心の究極にある存在が仏神です。

全ての善きものの究極にある存在が仏神です。

菩提心は仏神を求める心です。

仏神とは全ての善きものの究極にある存在です。

無神論は、夢もなく、希望もなく、理想もない、向上心もない−ということです。

暗い暗い考え方だと思います。

無神論は、幸福とは無縁の考え方ではないでしょうか。

仏神は、全ての善きものの究極の存在−としてあるのです。

以上




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















宗教 )( あの世


神も仏もない世界のように感じられるのは、どういう場合でしょうか。
きっと、不幸のどん底に陥った時、でしょうか。

でも、神や仏から何を得たいと思っているのでしょうか。
神や仏から何が得られると思っているのでしょうか。

神や仏は人々に何を与えたいと思っているのでしょうか。
神や仏は人々に何を願っているのでしょうか。

ここいら辺が間違っていると、話はコンガラガッテ来るのではないでしょうか。
というよりも、既に、コンガラガッテしまっているのが現状なのではないでしょうか。

与えられるものは、智慧なのではないでしょうか。
また、苦難・困難の中にあっても、愛と勇気と希望を失わない姿なのではないでしょうか。

神仏の願いは、智慧と愛と勇気と希望なのではないでしょうか。

神や仏に、一方的に頼るというか、一方的に救いを求めるというのではなく、
自分の力で何かを掴み取ろう、歩みを止めずに困難に立ち向かおう−という「たくましさ」なのではないでしょうか。

この世だけを考えれば、世の中は不公平で一杯です。
この世とあの世をトータルで見れば、公平なのだと思います。

神仏の世界は、この世だけではないのではないでしょうか。
この世とあの世の両方の世界を含めた世界が、神仏の世界なのではないでしょうか。

あの世の天国と地獄を含めて考えれば、神も仏もない世界ではないのではないでしょうか。

ただ、神仏をナイガシロにする生き方をしていれば、この世で報いを受けることもあるのかも知れません。

天災も、多くの人たちが神仏の願いをナイガシロにしてきた結果なのかも知れません。

以上


アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















)( 仏教

マズローの欲求階層理論で分かりにくいのが5段階目の「自己実現欲求」だと思います。

自己の成長や発展の機会を希求ということですが、分かりにくいと思います。

簡単に言うと、「自己実現欲求」とは、自分の持っている能力を100%発揮することです。

自分自身も認識できていない、自分自身の隠れた才能・能力、隠された才能・能力を100%発揮することだということです。

つまり、個々人が持っている全ての才能・能力を100%顕現させるということです。

どんな能力があるのでしょうか。

仏教では仏性があると教えています。
仏教の教えは仏性を顕現させなさいという教えだと思いますが、いかがでしょう。

仏性を顕現させて、慈悲に活きるということですね。
「自己実現欲求」も行きつくところは「慈悲に活きる」ということでしょう。

慈悲に活きたいから慈悲に活きるのではなく。
持っている仏性のままに活きようとすると、慈悲に活きてしまうのだと思います。

マズローの「自己実現欲求」は、持っている才能・能力を100%顕現させたいという欲求です。

そして、持っている才能・能力を100%顕現させると、慈悲に活きる存在に到達するということです。

以上


アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















宗教 )( 悟り

神の声が聞こえる
悪魔の声が聞こえる

神の声と悪魔の声に違いは何なの

神の声は優しいの
悪魔の声は怒っているの

優しい声の悪魔もいるよ
神も怒ることはあるよ

どうやって神の声と悪魔の声を聴き分けるの

神は神の話をするよ
悪魔は悪魔の話をするよ

聴き分けるのは自分自身
自己責任の世界

神の話と悪魔の話を聴き分けるの
聴き分けるのは自分自身の自己責任

 

 




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















仏教 )( 宗教

「仏陀は預言者と呼ばれることを断固拒否した。彼の宗教は天啓ではなく、発見である」(山際素男訳『仏陀とそのダンマ』光文社)

という話があるの。
それから、

「ふつう、唯我独尊というと‘世の中で自分ほどえらいものはいない’という意味で使われますが、本来はそうではありません。お釈迦様のいう唯我独尊とは、この世の中で、みんなそれぞれにお互い自分というのは、かけがえのない尊い存在であり、かけがいのない尊い命であるということです」(天上天下 唯我独尊

という話もありますね。

でもね、「お釈迦様は、天国(天上)の神々よりも、この世(天下)の誰よりも、悟りが深い」という解釈もあるのよ。

預言者の場合は、
「天国の神々が預言者自身よりも優れている」
ということを前提条件のように預言者自身も認めている感じですね。

お釈迦様の場合はそうではないの。
「天国の神々よりも、自分(お釈迦様)の方が悟りが深い」
ということなのよ。

預言者は仏陀ではないの。お釈迦様は仏陀なのよ。
仏陀は自分自身で自分自身の法を説くのね。

預言者は法を伝えるの。仏陀の法を伝えるのが預言者なのよ。
天国の仏陀の法を伝えるのが預言者なのよ。 




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















宗教 )( 仏教

仏法僧についても、いろいろと解釈があるみたい。
そのまま素直に解釈すればいいらしよ。

仏というのは、神様仏様ですね。
因みに、お釈迦様は、神様仏様がこの世にお生まれになった存在ですよ。

法というのは、教えのことですよね。
お釈迦様の教えのことです。

僧というのは出家したお釈迦様のお弟子様たちのことです。
簡単ですね。

ところで、「仏法僧に帰依せよ」と言われています。
「道徳的に生きよ」ではないのよね。

確かに、人間は道徳的に生きると幸福に生活できるの。
これは間違いないことです。

でもね、道徳的にだけ生きていればよいのでしょうか。
仏はそれだけでは満足しないの。

人間は、ただ道徳的に生きてれば良いというだけの存在ではないのよ。
もっともっと強い存在なの。もっともっと偉大な存在なの。

道徳的にだけ生きるのであれば、仏法僧はいらないのでは???
仏法僧に帰依するのは、ただ単なる道徳からの飛翔なのよ。

もちろん道徳は大事です。
道徳的に生きること自体も難しいことですけれどね。







アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















宗教 )( 幸福

ありのままの自分自身を知ること

ありのままの自分自身を受け入れること

アイデンティティは幸福への必要条件

宗教は本当の世界の在り様を明らかにする

この世とあの世を明らかにし、人間存在の在り様を明らかにする

宗教は幸福への必要条件

宗教とアイデンティティが幸福への必要十分条件

 

 




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















メンタルヘルス )(

自然現象から生じるストレス

人間関係から生じるストレス

ストレスというのは「苦」と同じ

「嫌な人と会う苦しみ」が職場のメンタルヘルスの中心課題

嫌な上司に仕える苦しみ

嫌な先輩と付き合う苦しみ

パワハラから生じるストレス・苦しみ

職場の人間関係を「苦」から「喜」に

 




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















宗教 )( あの世

作用反作用がバチの正体でもあるようなのよね。
でもね、仏神は、とてもとても、積極的で能動的で強い強い意志を持った存在なのよ!!!

因果応報の世界
善因善果・悪因悪果の世界

仏神は、そういう世界を司っている存在なの!!!

バチが当たる世界
地獄に落ちる世界

仏神は、そういう世界を司っている存在なのよ!!!

だから、仏神は、バチを与え、地獄に落としている存在であるとも言えるのよ。
ただね、全ての人が天国の存在に成長することを心の底から願いながらよ。
しかしね、仏神は決して甘い顔はしないのよ。決してね!!!


アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















悟り )( 修行

修行の目的は心の制御ですね。

心が感動し、喜び、感謝する境地になること!!!

嬉しい,楽しい、祝福する気持ちになること!!!

その為には悟りが必要ですね。

悟りとは全てが分かること!!!

全てが分かれば、心は幸福な気持ちで満たされるのよ!!!




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















仏教 )( 教え

質問::悪いことをすると仏罰があたり地獄に堕ちるというのは、
本当でしょうか? 答え::本当ですね。

質問::気に入らないといって罰を与えるような神や仏なら
人間と大して変わりないんじゃないですか?
答え::間違っているから罰が当たるの。

説明::仏や神が自分の意志に沿わない人間を憎んで罰するということは、ありえません。涙を流しながら罰するのよ。


アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP



















続きを読む

悟り )( 幸福

「悟り」とは「愛」に到達すること

世界が「愛」だと気付くこと

「愛」が全てであると気付くこと

「悟り」の到達点には「愛」があるのです

そこに「愛」がなければ、「悟り」ではありません

「愛」に包まれた、そして、「幸福」な自分自身

「愛」している自分自身が、

「愛」に包まれた、そして、「幸福」な自分自身なのです

 




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















幸福 )(

「幸せは求めるものではなく、感じるもの」という言葉があるらしいの。
何となく、正しい捉え方だと思うのよ。

幸せは発見するものなのね。既にある自分の幸せを発見するの。
幸福は、既にある自分の幸せに気付くことなの。
既にある自分の幸せに気が付くだけで,全ての人は幸福になれるの。

“不幸”と呼ばれる出来事に見舞われている人に、そんな余裕はありませんね。
でも、余裕があれば、そして、幸せを感じることが出来れば幸福なの。

四苦八苦のこの世の中で自分の幸せに気付くことが大事なのよ。
なかなか、そんな余裕を持つことは出来ないのだけどね。
でも,それが出来れば幸せになれるのよ。幸福なのよ。




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















宗教 )( あの世

ダーウィン進化論と宗教の関係についてですが、
「イメージ(思い)は実現する」ということですね。

つまり、新しい動物をイメージすれば、ダーウィンの進化論のような過程を経て、イメージされた新しい動物が出現するの???

イメージするのは創造主だよね???

ダーウィンの進化論のように新しい動物が出現するのとは別に、空(イメージ)即是色(動物)的に出現する場合もあるようですよ???

創造主もイメージする能力の強弱によって役割分担???

人間は空即是色的に出現した存在のようですね???
つまり、人間は最初から人間の姿をしていたようですよ???

結局、進化論のように見える部分もあるのですが、最初にイメージがあって、そのイメージに向かっての進化・変化ということなのよ。

そして、人間は全然別なの。人間は人間としてイメージされイメージされたままの姿で出現したみたいよ???




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















宗教 )( 伝統

「啓示宗教と経典宗教」「啓示宗教と仏教」とも関係することだけど、

「預言者と仏陀」について思うことは、どちらも普通名詞ということ。

「土着の信仰形態と稲作文化」「一神教と多神教」でも触れたことだけど、

それぞれの地域の常識から、かけ離れた教え方はしないと思うの。

「預言者」が一般的な地域では預言者が「預言者らしく」教えを説く。

「仏陀」が一般的な地域では仏陀が「仏陀らしく」教えを説く。

そういうことではないでしょか。

仏神も教え説くのに、能率・効率の良い方法を選択したのでは???

 




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















仏教 )( 教え

「正思」と「正念」はどちらもお釈迦様の八正道の一つです。

「正思」は「正語」「正業」に直接的につながる思いですね。

「正念」は理想とかビジョンとかの継続的な強い思いですね。

思いにもイロイロなレベルがあるのよね。

正しく思い、正しく念じることが大事ですね。

仏性を封じ込めている煩悩を打ち払い。

仏性のままに思い・念じることが大事ですね。

 




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















仏教 )( 修行

「心の思い」もいろいろあって、
どれが「本当の自分」の思いかナカナカ分かりません。

また、「心の思い」は感情の支配も受けます。
怖い,怒り,悲しみ,鬱々感。イロイロな感情に左右されます。

思考を正しくコントロールするには、
感情への正しい対処方法が必要です。

正しい思いは「正念」です。
正しい知識も必要です。

間違った思いも、その思いが強ければ、
間違った思いのままの自分自身になってしまいます。

「心の思い」を正しく持って、
仏性に適った「正念」が大切です。




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















)( 悟り

仏性は心の中に封印された状態になっているのよ。
そして、誰でもみんな、心の中の仏性は完全無欠なの。

仏性は煩悩で封印されているの。
封印を解けば仏そのものが現れるの。

誰でもみんな、心の中に宝物が埋もれているの。
心の中に埋もれている仏性を探し出すのよ。

誰でもみんな、仏になれるの。
誰でもみんな、神になれるの。




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















メンタルヘルス )( 悟り

マズローの欲求階層理論

\戸的欲求
 食物、水、空気、休養、運動などに対する欲求。

安全・安定性欲求
 安全な状況を希求。不確実な状況を回避する欲求。

所属・愛情欲求
 社会的欲求。集団への所属、友情や愛情を希求する欲求。

ぢ嵯浜澣
 自己尊厳を希求する欲求、他人からの尊敬や責任ある地位を希求。
 自律的な思考や行動の機会を希求する自律欲求。

ゼ己実現欲求 自己の成長や発展の機会を希求。
 自己独自の能力の利用、自己の潜在能力の実現を希求する欲求。

悟りの境地はイ涼奮ではないでしょうか。
自己の独自能力・潜在能力、つまり、仏性の顕現ですね。

 




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















宗教 )( 神道

「イランで救世主待望論」という記事が読売新聞に掲載!!!

もう、ビックリですね!!!

記事の内容もビックリですけど、読売新聞にもビックリですね!!!

世界が悪に満ちた終末の時に、正義を実現する救世主マフディが再臨!!!

アフマディネジャド大統領もマフディ信仰を口にする!!!

「神風」信仰と同じようなものなのでしょうか???

ブッシュ大統領の信仰と衝突しなければイイのですが!!!

 

 

 




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















メンタルヘルス )( 宗教

イメージトレーニングは一般的に認知されてますね。

これは「心の思いが自分自身」ということと同じなのよ。

自己形成能力と同じことなのよ。

心を取り巻く世界は不思議な世界で、

心のイメージ通りの世界が展開するの。

イメージトレーニングの世界なのよ。

宗教の世界はイメージトレーニングの世界なのよ。




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















)( 宗教

神様について、人それぞれのイメージがあるようですね。
「ダ・ヴィンチ・コード」をめぐる騒ぎで強く感じますね。

信じているいないに関係なく、人はそれぞれイメージを持ってますね。
イエス様についても同様ですね。

神様はこうであるべきだというイメージが強すぎるのね。
誰も神様のことを正確に知らないにもかかわらずですね。

知らないから余計に口出しするのかもしれませんが。
知らないのが明らかになるのは困ることでしょうからね。

イエス様は神様なのよ。神様が肉体を持って地上に転生していたの。
啓示していたのは別の神様なのよ。

神様も肉体を持てば普通の人間としての生活があるのよ。
お釈迦様も同じことよ。

ところがそれだと神様のイメージに合致しないのね。
アリガタミが感じられないの。

思い込みの神様とイメージが違いすぎるのね。
思い込みは思い込み。宗教闘争の産物ですね。




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP




















宗教 )( 伝統

米映画「ダ・ヴィンチ・コード」が各地で論争らしいですね。
キリストに対する誤った認識を与える可能性があるらしいの。

問題は、キリストがマリア(母親とは別のマリア)と結婚し、
子供をもうけたことを、教会が隠してきたという箇所。

ギリシャ正教会などは「作品は真実を曲げた人心操作」と強く批判。
インドでは、上映禁止を求めるデモ。
カトリックの多いフィリピンでは、成人向け映画に指定。

キリスト教は宗派間の争いが厳しく行われた宗教だから、
勝ち残った宗派でも無謬性には神経質なのでしょうか。

別に結婚して子供がいても構わないと思いますが。
結婚相手もイエス様が選んだ相手なら問題ないのでは???

 




アクセストレードレビュー


                           ABC-AIUE-ALPHA-SHOP