2017年08月17日

1ポンドステーキを食べてみる

旅行やらで書くタイミングがなく随分経ってしまい、もうフェアも終わってしまったようだけど、ステーキガストでやってた厚切りステーキフェアに行って来ました。

st_gust




















1ポンド厚切りサーロインステーキ、2人で分けて食べて4000円弱。極厚。
サラダスープパンごはんデザート等全て食べ放題。

平日ランチタイムでリーズナブルなセットが多々ある中、あえて夜のメニューから選びましたあ!昔ならまず出来なかったことなので、それだけでもちょっと悦に入るw


ステーキって昔からあまり好きじゃなくて焼肉派を自負してたんだけど、昨年いきなりステーキに行って以来認識が変わりました。よくある薄いステーキと比べたら焼肉の方が好みだっただけで、分厚く食べ応えあるステーキは別ジャンルとして大好きです。

嫁も同じように開眼したようなので、当面は毎月一回で色んな店を食べ比べてみようと思います。こうして新たな経験を模索していくのって、本当に楽しくて仕方ないです。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




practice_retire at 00:00|PermalinkComments(8)  ・株主優待/グルメ 

2017年08月15日

急ぐなら走るでしょ普通

世陸が終わりました。そしていつも不思議に思う種目が競歩です。だって何十キロレベルの距離でタイムを競う種目ならマラソンがあるのに、何で「歩く」縛りで競う必要があるんでしょう?

例えば重荷を背負って走る速さとか、逆立ち移動の速さを競う別種目があっても理解はできます。でも歩くのと走るのってあまりにも違いが無さ過ぎないですか?少なくとも私は遅刻しそうな時、早歩き~小走りの間で随時上げ下げするけど、今がどちらかなんて区別してません。

競歩は「歩く」の定義として「常に片足が地面についてること」をルールとしてるみたいだけど、競技中の人を見ても走ってんだか歩いてんだかよく分からない、今すぐトイレに駆け込みたいけど衝撃与えたらヤバいからダッシュできないような、特殊な状態の人にしか見えません。


ミスって走ってしまっても指摘されるのが2回までなら許されるというルールもあるみたいです。何だかねえ、投資家心理なのかそういう曖昧さが許せないんですよね。そもそも何でそこまでして走らずに急がなきゃならないの?急ぐなら走るでしょ普通?って思ってしまうんです。

一応書いておきますけどこれは素人目での感じ方であり、それを記事に書いてみたかっただけで、この競技で頑張ってる人を否定したり茶化したりする意図は毛頭ありません。ただ何でこの種目が過去に淘汰されなかったのかは本当に不思議なんです。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(12)◎雑感