2020年08月08日

相手に求めること

私の嫁は昔から私に負けず劣らずのストイックな人でした。そういう人種同士の結婚だったので、リタイア前は夫婦の年間生活費が100万円を切るなんてことも普通でした。

私は他人に多くを求めませんし、それは夫婦間でも同じです。最低限の役割だけ果たしてくれればそれで良く、あーして欲しい、こーじゃなきゃ駄目なんて面倒くさいことは言いません。

あまりに求めなさ過ぎるのも良くないみたいですけどね。例えば夕食に何が食べたいか聞かれても大体いつも何でも良いと即答してしまうから、張り合いが無いと感じられることもあるようです。それでも自由に好きなようにやって欲しいって気持ちが先立つんですよね。


互いに多くを求めないせいか仲が良さそうにはよく見られます。ベタベタするのは好きじゃないしラブラブとか表現されるのは気恥ずかしいから、いい加減やめて欲しいんだけどねw

まあ不仲になる時期はあるけど離婚は考えられないです。手続きが面倒くさいし、資産の分け方も面倒くさいし、次の相手を一から探すのも面倒くさいです。長年遠ざかってる恋とやらをするにも年齢的に昔とは勝手が違うでしょうし、やっぱり面倒くささの方が先立ってしまう。

それでも離婚する人達って、相当なパワーが必要だと思うんですよ。その源泉は一緒にいたくないという負の感情でしょ?それって求めるものや期待が大き過ぎた反動なんじゃないの?

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



2020年08月06日

購買意欲がわかない

先日久々に大阪の中心地に行ったんで、毎度恒例の阪神百貨店・海産物売り場に寄ったんですよ。コロナの影響なんでしょう、客はいつもの5~6割くらいしかいませんでした。

すいてて嬉しいって思ったんだけど、見てるうちに何か面倒くさくなって来て、結局何も買わずに帰って来ました。面倒くさくて売り場に寄らないことなら時々あるけど、寄ったのに面倒くさくて買わないなんて初めてのこと・・・。


疲れてた、体調が悪かったなど思い当たるフシはなく、何でそんな結末になったのか不思議です。商品が無難で、たまに見かける目玉商品や珍しい品がほぼなかったのは原因の一つだと思います。でもそれだけじゃ何一つ買わないなんてことにはならないはず。

店員の声出しが少なくて普段より売り場の活気がなかったこと、次から次に売れていくほどの客がいなくて購買意欲を刺激されにくかったこと。といったあたりが影響してたんじゃないですかね。逆に言えば普段はそういう要素で購買意欲がONになってたんだろうね。


さらにその後、大阪のソウルフードとしてジモティにも観光客にも超人気の阪神名物・いか焼きの前を通ったんだけど、何と誰一人並んでない。生まれて初めて見る光景です。

千載一遇のチャンスだから30年ぶりくらいに食べてブログに載せようかってのも思ったんだけど、ここもやっぱり購買意欲をそそられず、スルーとなってしまいましたとさ。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(2)  ・株主優待/グルメ