2017年09月12日

思考し続けるのも良し悪し

出歩いてる時もドラマとか見てる時もそうなんだけど、もっとよく観察して色々感じ取りたいのにいつの間にか別のことを考えてて、無意識行動になってしまってることが多いです。つまり意識が外の世界よりも自分の内側に向いてしまう、内向的な傾向が強いようです。

「今ここ」への意識を重視するマインドフルネス的観点でもそれはまさに幸福感を逃す習慣だし、この中毒的な思考癖を何とか低減したいです。でもググっても、もっと考えて行動したいといった逆の悩みばかりヒットするし、悩みまで少数派で天邪鬼なんだなあと痛感します。

思考し続ける習慣はむしろ称賛されてて、その習慣さえあればまず退屈することはないとのこと。なるほど確かにその通りです、そんな性格も早期リタイア向きだったのですね。


なのに何故思考し続けるのをやめたいのか?を改めて考えてみると・・
1.思考が先走ることでリスクばかり意識し過ぎ、怖くなって行動力が鈍る。
2.感じたままでなく考えて話すので、会話中に言葉で出て来ず頭が真っ白になることがある。

自分がイメージする「理想的な自由」に対して、この2つが阻害要因になってるってことですね。そう言えば在職中からずっとこれらの恐怖に行動を制限されて来た気がします。

思考し続けることは長所でもあるようだし、変えようと意識し過ぎると自己否定じみて来るので、これまで通り目先の自己満足を第一に意識しつつ、でも諦めずに理想を目指していたいです。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(6)  ・肯定思考 

2017年09月09日

ネタバレサイト管理人逮捕

発売日前に雑誌を入手しネットで公開して逮捕されるという事件がありました。
これに関してはすごく思うところがあるので書いてみたいと思います。


そもそもこの商売が成り立つのは「人より早く読みたい」との心理が存在するからだと思います。きっと合理的で辛抱強い傾向にある早期リタイア関係者には理解しにくい心理です。

立ち読みなら同じ無料だし、毎週立ち読みするのも毎週サイトで読むのも「インターバル期間」は同じ一週間です。だからそこに合理的なメリットなどなくて、ただ「人より早く読む」こと自体に優越感があるということなのでしょうか。

それも幸福感を得る一つの手段なわけだから、違法サイトにアクセスする行為はともかくとして、「人より早く読みたい」と感じること自体は悪くもないしおかしくもないけどね。


私の購読雑誌は数日で売り切れるためいつも発売日に買いに行ってますが、これが面倒なんです。定期購読扱いにしたら郵送してもらえるけど、送料がかかってしまうから当然却下です。

発売日に買っても忙しくて1週間放置なんてザラなんだし、5回分とか10回分セットでいいからどうにか送料無料で送ってくれないかといつも思ってます。それくらい、人より早く読むことには私は魅力を感じませんけどねえ。だって、いつ読んでも内容は同じなんだから。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(12)  ・経費削減