2017年05月04日

視野なんて広げられねー

昔からそうなんだけど私は人気者が苦手であまり近づきたくないです。ネット上で支持されている有名ブログなんかも興味はあるんだけど、きっかけもなくてほぼ見たことないです。

そうなる理由は自分でもよく分かっていて、多くの人に支持される人の考え方が自分とあまりにも違うと心が揺れてしまうから、蓋をして遠ざけておきたい存在なんですよね。

変わり者で大体いつも少数派に属する自分は嫌いじゃないし、友人等との会話の中でそんな自分を感じるのはむしろ楽しいくらいなんですけどね。ただ多くの支持を集める人ってある意味この世の「正解」なわけですから、そこと考えが違ってばかりいると何だか疲れて来ます。


そんな感じで視野を広げようともせず生きてるし、世間の空気に同調する気もないわけですから、偏屈な面にも昔から自覚があって、これでいいのかなとよく自問自答したものです。

でも致命的な弊害がない限り目を背けたいことからは背け、したくないことはせず見たいものだけ見てもいいと思います。発想の独創性にはそれが一番です。独りよがりにも陥りがちだけどw

このへんがもう少し柔軟ならもっと器用に生きれたんだろうけど、揺れに揺れて全てが中途半端で仕事でも成功せず、早期リタイアも目指さない人生になった気がします。そもそもが流されやすい性格なんだから、多分これで良かったんでしょうよ、知らんけど。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(12)  ・肯定思考 

2017年05月02日

ラに同情した合唱団イベント

近所で市民合唱団のミュージカルイベントがあったので行ってみました。今回は舞台ではなくて、団員が集まってミュージカルナンバーを歌う感じの内容でした。

五十名くらいいる団員の半分は小中学生と思われる女の子、残り半分はその親世代のおばちゃん。男の子は1人しかいなかったけど今の時代はそんなものなのかな。

私が子供の頃は町の子供会が盛んで、よくこういうイベントにイヤイヤ参加させられたものです。大人数が苦手で人と違うことをしたい性格はそこに由来するのかも。表情豊かで楽しそうな子供とやらされてる感満載の子供に二極化してましたが、後者の気持ちが理解でき過ぎて困る。。



あとウケたのがドレミの歌の英語版歌詞でした。日本版同様ドから順に何かに例えてくんだけど、ラだけ扱いがゾンザイで「ラはソの次の音符~♪」なんですよ!でもよく考えたら日本版の二番も「ラ~ラララララと~♪」ってかなり適当な歌詞なんですよね。ラが可哀想。

他にアラジンの名曲「A Whole New World~」が「アホ言うわ~」にしか聞こえなくなったり、相変わらずズレた楽しみ方ながら楽しかったです。やっぱり音楽っていいですね。来月はいよいよ本格的なミュージカルを見に行ってみようと思っています。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村