2019年08月10日

2019年08月10日

個性

私は昔から何かにつけて個性的と言われて来たけど、それは私が正直だったからそう見えただけで平凡な人間なんていないと思ってます。見せるか見せないかの違いだけです。

個性は良いこと、と世の中では一応されてるけど、仕事をこなすうえでは邪魔になることも多く、悪目立ちしたくないから平凡ぶってしまうなんてことは私も日常的にしてました。


リタイア後は立派な社会人でいる必要がないため平凡ぶるシーンは少なくなり、他人の前で個性を出せる度合いと幸福度は比例する、と思うようになりました。その方がラクな生き方だからです。

じゃあ私自身がいつでもそう出来てるのかと言うと、必ずしもそうではありません。ヒンシュクを買うのを恐れて黙ったり、おかしな奴と思われないためについ常識的な行動を取ってしまったり、ああ自分の気持ちに嘘ついちゃったなって後から反省することも多いです。


自分のフツーな一面なんて特に好きでも嫌いでもないし、そこには大して興味も無いんですよね。自分で自分を好きになれる点は、長所にせよ短所にせよ決まって「人と違う一面」です。

それを誇りに思える時は他人の前でもそれを素直に表現でき、思えない時は隠す傾向にあります。どちらになるかは、その時々の精神状態により無意識下で決まりますが、前者のパターンが優勢になりやすい環境を普段からどう作れるかだと思います。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(8)  ・心に関する話