QLOOKアクセス解析

2017年06月15日

ケチってた時代の成果

早期リタイアを迎えた当時はまさにケチケチ生活で、夫婦での生活費が百万円を切っていました。早期リタイアを目指した11年間おおよそそんな生活だった気もしてたけど、嫁曰く2011年を境にエスカレートして行っただけで、それまでは遥かに健全なケチだったようです。

2011年というのは当初駄目元で立てた資産計画の実現が少しずつ現実味を帯び始めた頃でした。そういう時って意識が高いから、どんな負荷でも自分にかけられてしまうんですよね。

弁当は絶対嫌と言ってたのに、時々は弁当でいいとか急に言い始めてそのうち毎日になったとか、旅行が趣味だったのに2011~2015年は0回だったとか、急変エピソードには事欠きません。


でケチケチ度MAXだったこの5年間を概算してみたら、それで削れた消費額なんて計百何十万円がいいところなんですよ。そんな金額はリタイア時期に何の影響も与えていません。目標資産達成~退職までの猶予期間にもらった給料だけでもその5倍以上なんですから。

無駄にエスカレートして無意識のうちに我慢が習慣になってた最後の5年間って一体何だったの?って本当に思いますよ。まさに見えない敵を作り出してそれと戦ってた感覚です。

でも今ちょっと消費をしただけでやたらと楽しくなるのは多分その5年間のおかげなんですよね。だから人生に無駄なことなんて無いってこともつくづく感じます。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00│Comments(14)  ・経費削減 

この記事へのコメント

1. Posted by 招き猫の右手   2017年06月15日 00:04
2011年からは最後の直線でムチをビシバシ入れてる状態だったんでしょうね。
あとはゴールだけ。

その結果お金には余裕のある状態になったのだから、これからは消費を楽しんでください。

僕は妊婦関連消費が増えてしまい、今年の出費は夫婦で200万は超えてしまいそうです。。。
2. Posted by クロスパール   2017年06月15日 05:29
うちは程よい消費で今とあまり変わらない状態が続きそうだなあと感じています。
リタイア思考のケチというか普通の生活は一般的な思考の人からみるとかなりケチだと思います。逆にリタイア思考の人から一般的な思考の人をみるとなんて浪費をしているんだと感じます。

自分が楽しめているんだったらケチと呼ばれてもいいなと思います^^
3. Posted by tabitin   2017年06月15日 05:45
一年の消費が100万円以内だろうが、それが我慢しているものなのか、楽しんでいるものなのかで抑圧しているかどうか違いますよネ。

きっと、そのケチケチマックスのときだって、後から何だったのかって思うのでしたら楽しんでいたのではなく、抑圧がマックスだったのでしょうか。

いずれにせよ、今が楽しければいいですね。「人生は楽しむためにある。」ですもの♪
4. Posted by freeflyfisher   2017年06月15日 06:03
ご無沙汰です。
私も退職後、メリハリつけて、
使いたいところにはお金使うように心がけていますが、
長年培った癖で、なかなか思うようには使いきれませんw
普通の人に比べたら全然使っていないんですよね^^;
こういう感じだから、このカテゴリにいる人っていうのは
普通の人に比べて、かなり少ない消費でも
満足している方が多いのかなと思います。
5. Posted by 消費しないピノキオ   2017年06月15日 07:55
変化なんでしょうね

変化があるから楽しいと感じる

だから変化を求める

停滞はそれ自体が人にとって
あまり心地よい状態ではない

昔から、ぼんやりとそう思っています

6. Posted by プライア   2017年06月15日 14:08
>招き猫の右手さん
最後の直線に入った時点でも既に群を抜いてたわけですから、
先行馬が最強の差足も持ってる感じでまさに無敵のケチ馬ですなw

妊活込みで200万くらいなら十分抑えられてるんじゃないんですか?
子供のためと思ったら喜んで消費できそうだから、それもまた楽しみですね。
7. Posted by プライア   2017年06月15日 14:12
>クロスパールさん
自分で自分をケチと呼ぶ分には全然かまわんけど、
どこか悪意が含まれた言葉だから、その意味で人に言われたくない部分はあるけどねw
最近正直あり得んレベルで浪費してるんやけど、でもまだ一般人には程遠いかな。
8. Posted by プライア   2017年06月15日 14:18
>tabitinさん
そうですねえ、その観点で言えば、当時も楽しんでましたよ。
いかにして金をケチるかの追究って本当に楽しいですから。
でも拒食症と一緒で、やりたくてやってても実は負担がかかってたのかも。

今考えたら何だったのとは思うけど、当時を否定や後悔する気には全くならないし、
でも消費の楽しさ知らなかったなんて勿体なかったなって感じかな。
9. Posted by プライア   2017年06月15日 14:22
>freeflyfisherさん
多分普通の人を基準にしたり、目指したりするのは間違いなんでしょうね。
そもそもケチってのがなけりゃ人生中盤での早期リタイアなんて成功しませんからw

私も最低限使おうと思う目標月額すら達成できてないのが現実ですが、
でも在職中と比べたら圧倒的に気軽に衝動買いできるようになっていて、
その点でむしろ自分を褒めたたえるようにしてますよ。
10. Posted by プライア   2017年06月15日 14:25
>消費しないピノキオさん
変化なんでしょうねえ。私は保守的で変化を嫌う部分も強いんですが、
リタイア後は平坦な生活の中でやっぱりどこか変化を求め始めましたから。
どんなに居心地がよくても、変化がないとどこか心地よくなさが生まれるのかな。
11. Posted by あけび   2017年06月15日 20:33
私もケチだったお陰でセミリタイアできましたが、抑圧が過剰すぎたなと思っていて今は自分を解放するのが大変です(^-^;
でも無駄遣いをせずにお金を大切にする精神が養われたのは良かったと思います。
12. Posted by プライア   2017年06月15日 23:33
>あけびさん
多分ケチも、いろんな事を我慢し抑圧してた中の一つだったんでしょうね。
でもそこから自分を解放する日々って、何もない日々よりは楽しいと思いますよ。
頑張って金を使おう、なんて一部の人にとってはとんでもない贅沢でしょうから。
13. Posted by ヒョウタンツギ愛好家   2017年06月16日 06:43
出費を抑えることが楽しい。
私にもそういう時期がありました。
14. Posted by プライア   2017年06月16日 10:45
>ヒョウタンツギ愛好家さん
何でも目的持ってやったら楽しいんでしょうね。
でも目を向けないだけでもっと楽しいこともある、と。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字