謹慎と不謹慎早期リタイアは隠しにくい

2020年07月28日

正直者がアホを見る

突然思い出した、在職中に起きた事件について書こうかな。歳をとると昔話がしたくなってのう。

私は入社後まもなく主な仕事場となる取引先企業の近くに引っ越して、自転車通勤になりました。取引先企業には自転車通勤を申し出て駐輪場を借り、自分の会社にはバス通勤で申告して交通費をもらってました。これは上司からの助言であり、現場では公然と行われてたことでした。

ところが5年ほどして取引先が方針を変更し、駐輪場が有料になってしまいました。代金の請求は個人でなく会社にまとめて行きますので、当然そこで不正が発覚することとなります。


これを機に一斉調査が行われ、バイク・自転車通勤者のほとんどが交通費を不正に得ていたことが判明して大問題になりました。当然、会社は交通費ルールの厳粛化に乗り出しました。

そこで打ち出された方針が、期限までに正しい通勤経路に申請し直した者は不問、但しそれ以降に虚偽が判明した場合は降格や減給など含めて厳しく処すというものでした。それまでのことは水に流されたわけで、詐取していた我々の側から見れば丸儲け。

そして最もアホを見たのは正直に申告してた人達。抜本改革をするには、過去を全て水に流す形で新しい体制を築くのが最適なので、組織に属する限りこういった理不尽はつきものなんですよね。やっぱり自分の方針で生きられるのが理想です。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00│Comments(4)  ・会社での出来事 

この記事へのコメント

1. Posted by たんちん   2020年07月28日 06:48
やってる人が多すぎてそのような処分になったでしょうか、自転車の場合も経費を出せば良いのにねえ。
2. Posted by 朝寝坊   2020年07月28日 18:53
 赤信号、みんなで渡れば怖くない

 多数が不正をしている時は、大目に見るのが日本流。小心者の私はバカを見る事もありました。老齢となった今は達観の域?で、わが道を行くです。
3. Posted by プライア   2020年07月28日 22:34
>たんちんさん
交通機関で行くところを、労力使ってチャリで行くんですからねえ。
交通費相当くれてもええやん、その方が理にかなってると思うんですけど。
でも残念ながら社会はそうはなってませんよね。
4. Posted by プライア   2020年07月28日 22:41
>朝寝坊さん
そうそう、正直に申告してた人の一体どれほどが、真の意味での正直者だったことか。
自分の信念で正直を貫くなら価値がありますが、保身で嘘がつけないだけなら価値がない。
わが道を行く=まさしく信念ですね、ならばどんな選択にも価値があると私は思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
謹慎と不謹慎早期リタイアは隠しにくい