QLOOKアクセス解析

◎生活関連

2017年04月25日

奈良に行って来ました

京都に続く「近くて遠い観光地巡り」第二弾。子供の頃から家族旅行や学校遠足で度々訪れたのも今は昔、奈良を改めて自転車で回って来ました。平城京跡・東大寺・法隆寺など、主要な観光地はひととおり回りましたが、変なのと食に絞ってご紹介したいと思います。

奈良市も京都市同様、観光地が市街地周辺に密集していて、自転車で回るのには適していますが、規模が小さくてすぐに回れてしまうので、市外にも足を伸ばしています。

頭塔




















日本版ピラミッド「頭塔」。昭和中盤まで正体不明物体だったそうです。奈良時代に造営された、当時の最先端デザインの仏塔とのことですが・・・あんまり流行らなかったんでしょうねw

奈良女




















日本一敷地面積の狭い国立大・奈良女子大。入構の目的は変態行為・・じゃなくて、奥の記念館を見るためです。国の重要文化財に指定されていて男性でも見学可能なのです。でも建築物に大して興味はないし、女子大に一度入ってみたかったって方が大きいw

さかなや




















夕食はチムニー優待利用で「さかなや道場」。鯛刺身は注文後に生簀から上げて調理。うまっ。

ホテル夜




















ホテルに帰って飲み直し。有名な「たなか」本店の柿の葉寿司セットと、コンビニで偶然見かけて自分達のお土産にした奈良限定っぽい袋麺。

ホテル朝




















ホテルはチャペルクラシック、久々のラブホです。やたらと宿泊の高い奈良市内にあって部屋代4000円弱で朝食付、生ビール2杯無料は破格。ラブホまで候補に出て来るトリバゴって最高!

天理




















日本唯一の宗教都市・天理市にある天理教本部。建物の東西南北にこのような巨大な神殿があり、信者に紛れて中に入って一周したけど、建物自体が甲子園球場ほどあるんですよ、いやホントに。

天理高




















旅の定番、高校野球強豪校巡り、天理高校。町全体がこういう建物ばかりで圧倒されます。

 さいか




















関西では超有名な天理ラーメンの元祖・彩華本店。ニンニクがすごい。

金魚




















金魚生産量日本一の大和郡山市。電話BOX、自販、意味不明な改札口・・町全体で金魚推しです。資料館では何十種類もの金魚が見られて楽しかったけど、展示品の投げやりさにウケたw

奈良はとにかく観光施設の方々が親切でおしゃべりです。ふれあいが多く楽しい旅でした。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(12)

2017年04月22日

奈良の名店に行って来た

奈良県まで旅行に行って来ました。旅行記はまた書きたいと思っていますが、ひとまず今回の旅の主目的だった「粟(あわ)ならまち店」でのランチについて上げたいと思います。

旅行のお目当ては観光よりも圧倒的に飲食という性分ですので、今後の旅行ではその土地の名店といわれるお店に行くことをテーマにしていて、今回は祇園末友につづく第二弾となります。

1




















大和の食材に拘った郷土料理店で、食べログの奈良県郷土料理ランキングで1位、飲食店全体でも7位という完全予約制の人気店です。見たことも聞いたこともない大和野菜が出て来るらしいので楽しみにしていました。佇まいも昔ながらのオツな感じでした。

2




















屋根裏の個室といった雰囲気の席に通されました。写真は階段を上から撮ったもので、店員さんはこの狭くて急な階段を配膳盆を両手に上って来ます。

3



























何とも鮮やかな前菜。コース全般を通じて一品一品説明して頂けます。一応全部メモったんですが長くなるので割愛。ビーツ・八頭・紅くるり大根・黒丸大根など珍しい食材が使われています。

4




















野菜の炊き合わせ。黄金カブ・レッドムーン・粟餅など。

5




















天ぷら。宇宙芋・すくなかぼちゃ等。

6




















メイン料理。手前が大和牛ステーキ、奥が「世界の野菜鍋」。世界のナベアツを思い出したw

7




















抹茶と銘菓「粟生」。白餡は希少食材「白小豆」で作ったものだそうな。

8




















奈良にちなんだデザート類。一人4000円ほどのコースでした。

y




















店内随所に珍しい食材が飾ってあります。順に八頭・バターナッツ・そうめんかぼちゃ・宇宙芋。知りたがりなので色々質問したんだけど店員さんはみな優しくて、珍しい食材の冊子を出して来て逐一丁寧に説明してくれます。


料理ごとにコメントを書くのもおこがましくなるほど、味の感想は「おいしい」しかありません。まさに猫に小判だとしても、この歳で何かを初めて口にする事自体は感慨深いものです。

細かい味の違いよりそういった感慨に価値を感じますし、無知丸出しで気安く質問もできますから祇園よりこういったお店の方が自分達には向いてるのかな。第三弾は夏に横浜中華街の予定。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(22)TrackBack(0)

2017年04月15日

早期リタイアが生む緩さ

10年前に社会現象になった「14才の母」を視聴しました。中学生カップルの間に子供ができて、紆余曲折の末に出産を決断するという衝撃的なドラマです。素晴らしい作品でした。

最初に引きこまれるのが、親が子から妊娠の事実を聞かされるシーンです。動転する反応がうまく描かれていて、まさしく泣いて笑って怒って殴って抱きしめて・・・特に父親ってのは狼狽したり怖気づいてばかりで情けないし、アッタマ硬いなあとヤキモキする行動が多過ぎ。

子供が中学生ということなので私と同じような年代でしょう。私も男ですから、イザの場面で何も出来なくなってしまう弱さは痛いほどよく理解できるんですけどね。


でも少なくとも今の私ならもう少し冷静に現実を受け入れられると思うなあ。子供がいませんからもちろんそれは無責任な空想でしかないんだけど、客観的にそう思えるんですよね。

会社に属しておらず立場や世間体と縁遠い環境なので、恥や外聞に対する耐性が強いということがまず挙げられるし、もう一つは「非常識」な早期リタイアを受け入れている人種なので、人と違う生き方でも構わないという下地が根付いていることかな。

このように何事にもあまり執着がなく、他人や世間の動向を批判的な視点で監視しない緩さって、早期リタイアの一つの魅力なのかなと思いました。悪く言えば無関心だけどねw

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(16)

2017年04月11日

ガストをナメてました&オフ会

すかいらーくの優待で20年ぶりにガストに行って来ました。

初めてガストが身近に出来たのは確か大学時代でした。下宿仲間でたまに行くことはあったけど、当時貧乏学生だった私の感覚では一人での食事でファミレスに行くなんて贅沢でまず無かったし、ガストはそのファミレスの中では安いという位置づけに過ぎませんでした。

でも今やランチが税込539円~と、一般的な外食ランチの中でも安いクラスに位置するんですね。あとワインや梅酒もグラス100円でサイゼリヤ同等なのも驚きました。安っ。

なお「ファミレスと言えば?」の都道府県別結果では九州と山口がジョイフル、東京はデニーズ、それ以外は全国ガスト一色なんだって。すみませんガストさん、ナメてました。

gust




















日替わりランチ539円。普通においしい。スープ飲み放題。あえて断ったけどご飯大盛も無料。

・オフ会
先週末いつものメンバーでいつも通り楽しくオフ会しました。詳細は略、っていうかいつも通り。麻雀大会に出るため早目に切り上げたのに、たんちんさんと共に電車を降り過ごして間に合わず。しゃべりに夢中になり過ぎ。そそっかしい奴が二人いてもそそっかしい事を実証。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(14)

2017年04月04日

花粉症と17/04インデックス

・お蝶夫人、まさかの高校生
ドラマ版「エースをねらえ」を見ました。最も衝撃的だったのは、名前や容姿くらいは知っていた有名キャラ「お蝶夫人」が実は高校生だったこと。全然見えんし、どんなあだ名やねん!w
 
しかも後輩が「お蝶夫人」って呼ぶのおかしくない?「お蝶夫人さん」やろ。私の時代にも先輩をあだ名で呼ぶのはあったけど変なあだ名でも「さん」付けでしたよ。「久保ちゃん」だけ例外的に「久保ちゃん先輩」で当時から例外って嫌いだったけど。え?どうでもいいって?
 
主人公は初心者のうちから天才コーチに才能を見抜かれますが、至って平凡な性格なので気持ちがついて来ず苦しみます。周囲からはいじめられたり祭り上げられたり、そして地獄の特訓の日々。21世紀の感覚では正直悲惨です。高校時代に才能を見抜かれず本当に良かったです。

・花粉症対策
今年は初めて花粉症対策をしました。アレルスクリーンというジェルにマスク、花粉用の目薬で。やってみるもんですねえ、例年に比べて症状は圧倒的にマシでした。

こんなに楽なら最初からやればいいのに選択肢にありませんでした。理由はただ一つ、放置したら悪化して行く病気じゃあるまいし、我慢すれば済むものにお金なんて使いたくなかったからです。うん、ケチですねえ、こういう姿勢は根本から改めたいと思います。
 
↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
以下、インデックス投信(毎月積立中)の先月の実績です。

※アクティブ投信・個別銘柄・投資型保険などは含んでいません。
※単位は全て円で、総損益は利益と含み益の和、差益は前月末の集計時との比較です。
※運用方針はこちらを参照 国内株・先進国株 新興国株・債券・REIT

時価(円)総損益(円)差益(円)差益(%)
日本株
8,223,440
4,713,628
174,433
+2.1
先進国株
7,939,590
3,153,935
102,605
+1.3
新興国株
4,446,280
568,171
80,956
+1.8
先進国債券
7,575,000
1,184,276
38,116
+0.5
新興国債券
3,536,000
16,991
80,182
+2.3
国内REIT
946,500
411,732
8,062
+0.8
32,666,810
10,048,733
484,354
+1.5




practice_retire at 00:00|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2017年03月25日

それ順番逆やろ

映画館でジュースとポテトの乗ったトレーを持った爺さんが隣に座ったんです。買い食いするのが初めてだったみたいで、やたらとテンションが高くフレンドリーでした。私も最近はそういうのを面倒くさがらないもんだから本編開始まで時々会話してました。

そのうち爺さんはトレーを膝の上に置いたままスクリーンに気を取られて、危ないなと思った瞬間見事にひっくり返すのをスローモーションで見てしまいました。床はコーラびたし、通路側にいた嫁がすぐ係員を呼びに行き、係員は大量の紙とバケツを持って来ました。



係員は爺さんと少し言葉を交わすと、全てを放置のまま走り去りました。その間にも床のコーラはジワジワ広がり周囲の人達も立ち上がって避難していました。爺さんはとても申し訳なさそうで、さっきまでハイテンションだっただけに少しかわいそうな状態に。

やがて店員がコーラを手に走って戻って来ました。不手際のない映画館側が補償してくれたことに驚く以前に、そっち先!?ってツッコミそうになりました。はよ拭かな映画始まるってのw

爺さんが係員に聞いた話によると、トレーは席の手すりにちゃんとフィットするものなんだとか。毎年二十本くらい見に来るクセに、いつも菓子持ち込みだからそんなことすら知りませんでした。たまにはポップコーンでも買ってみるかな、気分出て楽しそうだし。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


practice_retire at 00:00|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2017年03月21日

しゃぶしゃぶランチを比較する

よく行っていた濱ふうふうの涙の閉店以来遠ざかっていたしゃぶしゃぶが久々に食べたくなって、3387 クリレスの優待で「しゃぶ菜」にランチで行って来ました。

shabusai




















牛豚ミックス定食的なやつ。野菜きのこ類・ごはん・麺類食べ放題で確か990円+税。

ごまだれが半透明のシャバシャバで好みじゃなかったのと、〆の麺類が驚くほど伸びまくっていて貧乏舌でも食べられなかった・・・茹で済のやつを常温の水に漬けてりゃ、そりゃそうなるよね。せめてスーパーの一玉20円くらいのレベルにはして欲しいところ。


リベンジで行ったのは3197 すかいらーくの優待が使える「しゃぶ葉」でした。

shabuyo




















牛豚ミックス定食的なやつ1099円+税と、豚定食的なやつ999円+税。

一皿の肉の量が多いうえに何と3皿もあり、20種ほどもある野菜きのこ類やごはん・麺類に加え、ちらし寿司やらカレーやらデザート類まで食べ放題、もちろん麺も状態良かったです。

さらにスープとタレが6種類くらいずつ、薬味まで10種くらいありまさに至れり尽くせりでした。そしてクーポンでドリンクバー無料。何これ最高やん。多分優待ランチでNo.1、常連確定。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2017年03月16日

NMB48のライブに行った!

と言っても京セラドームで先週末開催された無料ライブの話です。今年はパークロと乃木坂46のライブに行く計画をしていることもあり、場慣れも兼ねてのぞいて来ました。

一応開演前に行ったんだけど正面は熱心なファンで既に満席、仕方なくステージ横の座席を確保。ところがステージを横から照らすライトが眩し過ぎてほぼ何も見えません。周辺の人たちもみんな目の前のステージでなく遠くのライブビジョンを見てましたw



正面席のファンはサイリウムを振ったり掛け声を合わせてノリノリだったけどビジョンを見ている我々の視界には入らないし、生歌でもなかったのかな?単にライブビデオを見ている感じが退屈で全四部あるうち第一部(約30分)で帰るハメに。

でもあの内容で無料なら、席を確保できたファンの方々は大満足だったのではないかと思います。席が全てなんですねえ。そこは失敗しましたが、我が阪神タイガースがよく試合をするこの球場のグラウンドに初めて降りられただけでも行って良かったかな。


あと印象的だったのは、自己紹介に対する声援の大きさが各メンバーごとに全然違うことでした。他人からの評価=自分の価値というシビアさ。私ならすぐに自分の心を見失ってしまうだろうな。ある意味早期リタイアとは対角ある世界なんでしょうね。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


practice_retire at 00:00|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2017年03月09日

久々のはなまるうどん

丸亀製麺香の川製麺にはよく行くんだけど、何年か前から「はなまるうどん」で吉野家の優待が使えるようになっていることを思い出して行ってみました。多分5年以上ぶり。

hanamaru





















久々に食べてみるとなかなか満足いく内容でした。かけうどん中と鳥天で370円、吉野家で牛丼を食べるより10円安く済みます。って吉野家と比べても意味ないか。
 
鳥天がやや丸亀に劣るのとネギ入れ放題じゃない点だけ少し残念だけど、かけうどん中が230円で丸亀の290円と比べてかなり安く、量も目に見えて多いのでコスパ面では圧勝でした。
 

釜揚げ・かけ・ざる等が均一価格な他チェーンとは一線を画し、かけだけ安く設定されています。これのおかげで今回久々にかけうどんを食べることとなり、このお店どうこう以前にかけうどんのおいしさを再認識したってのが最も率直な感想でしたw

本場讃岐は驚くほどコスパがいいですが、丸亀や香の川と違ってはなまるは発祥も讃岐ですので、強いこだわりを持っている部分なのかも知れません。これからも頑張って欲しいものです。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(14)

2017年03月07日

専業主夫って大変だな

昔のドラマ「アットホームダッド」を見ました。一流企業のデキる男がローンで家を建ててすぐにリストラされ、専業主婦だった嫁と「一時的に」交代して主夫となるお話です。

主人公は男が家事なんて情けないという考え方で、隣人になった主夫を最初は露骨に軽蔑します。だけどやがて一人じゃ何も出来ない自分に気付き、家事の大変さを理解して行きます。

私は早期リタイアであって主夫ではないけど、似たようなものですから最近は影響を受けてしまい昔よりは自主的に手伝うようになっています。彼らよりは随分気楽な立場なのを感謝しながら。



主人公と隣人には幼稚園の子がいて母親達の会合に参加せざるを得ないのですが、お局みたいのが「子供がいるのに働く母親」とか「社会で活躍しない男」をいちいち叩いて来るんですw

隣人は嫁が会社を経営していて、納得して主夫業を任されて何でもできるまで熟練しているのに、やっぱり男だから肩身が狭く感じるようで、少しは自分で稼ごうと投資に手を出して失敗したり。こういった主夫と主婦の性格差がうまく描写されていて面白いです。

また嫁の母が連絡も無く突然来て主人公の失業と娘の再就職を知り、男は外で働いてナンボだから就活に専念せよ、それまでは自分がこの家の主婦だとか言って居つくシーンなんかもありました。想像するだけで死にそう、そんな未来が来ないことを祈るばかりですw

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


practice_retire at 00:00|PermalinkComments(12)TrackBack(0)