QLOOKアクセス解析

◎リタイア精神

2017年02月23日

自由が制限されイライラ

嫁のパートは月末に翌月のシフトが確定します。これってつまり、月の最後の週は翌週のシフトも分からないままプライベートの計画を立てざるを得ないわけで、結構イライラ来ますw
 
ランニング等で週に数回ほどは嫁と行動しますが、その日程が嫁次第ということになるわけです。事前に日程を決めてその日は出勤不可としてもいいんだけど、正直そこまででもないんですよね。当日雨なら中止する程度の予定ですから。

リタイア生活ではそもそも先々の日程まで事細かに決まっているわけではありません。でもいくら融通がきくからって「確実に来週中にやるけど日は未定」なんてのがあるのは気持ち悪いんです。「この日は予定がないから自由」という予定(保証)が欲しいんですよね。

 
在職中は休出が金曜夜に決まるとか当たり前でしたから、いつの間にか感覚が変わったんですね。忙しくなくても自分の自由を制限されることに何よりも敏感になります。どちらかと言えばそれに鈍感なサラリーマンが過剰適応気味なんでしょうけど。
 
この程度の心境変化は退職前でも容易に予測できたはずで、何て普通のことを書いてんだろうって自分でも思うんですが、いざ体験するとその変化ぶりに意外とびっくりするものなんですよね。 

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(10)

2017年02月21日

前進と逃避のリタイア

ふと思ったんだけど、早期リタイアで多数派を占める心理というのは逃避の心理なのでしょうか?それとも一種のステップアップとかゲームクリアするような感覚なのでしょうか?その違いだけでリタイア後の精神状態にかなり差が出ると思うんですよね。
 
前者の心理が強ければ当然「会社員なんて向いてないし絶対に戻りたくない」と思うわけだから、同時にリタイア後の生活に対しての満足を感じやすくなると思うんです。
 
一方で後者が強ければ時として「社会で活躍したい」という衝動に駆られる瞬間もあるだろうし、「まだまだやれる力があるのに今のままでいいのか」といった不安にも駆られやすいです。



私の場合は苦手な職場で全てがうまく行かず早期リタイアの前倒しを決断した過去がありますし、一転して転勤後の最終職場では人にも恵まれ全てが順調だったので、両心理のカオス状態でした。なのでリタイア後の1年間ほどは両者が喧嘩して不安定な時期もありました。

今でも迷った時には「君は実は前者なんだよ」って言い聞かせています。会社員としてそれなりに通用し円満に終焉した過去を自信の源泉とするより、今の満足度を少しでも上げる意識を持つ方が早期リタイアという自分の選択を尊重することなのでしょうから。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


practice_retire at 00:00|PermalinkComments(20)TrackBack(0)

2017年02月18日

変な家庭と早期リタイア

嫁の実家は社会人になったら子供が親や祖父母にお年玉を上納する変なシステムだと書いたことがありますが、もっと変なシステムの家庭に育った人を知りました。
 
高校までは親が出してくれるけど、以降は自費で学ばなきゃならず、そして社会人になってからの給与は一旦全て家に入れて、その中から数万円を小遣いでもらう方式なんだって。怖いよねw


その人は高校を卒業して専門学校に進み、偉いことに本当に自分で稼ぎつつ通っていたようです。ところが親から早く働けとの執拗な圧力がかかるようになり屈する形で中退、100万円ほど学費を無駄にしてしまったのだとか。
 
で仕事を始めたんですが家庭が上記システムのため常に金欠なので、さすがに不満がたまって来て家を出ることを決断したんだそうな。それにより家賃を自ら払わなければならなくなりましたが、言うまでもなく手元に残るお金は圧倒的に増えたとのこと。


同時に親との関係は悪化したみたいです。この変なシステム、親が作ったにせよ先祖代々にせよ、アホなことやってんなあと改めて自分の恵まれていた「普通の」家庭環境に感謝しましたよ。

でもこのシステム、子供を一人前に育て上げさえすれば後は仕事をしなくても食えるわけだから、手塩にかけて投資手法を確立して早期リタイアするシステムと、発想的には全く同じなんですよ。ただし人間の場合は感情があるという、よく考えたらそれだけの違いなんですよね。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(18)

2017年02月14日

これも老化なのか・・?

健康体なもので「意識して健康関連に消費」の方針は歯科予防にばかりベクトルが向いています。洗口液を習慣づけてもうすぐ1年ですし、電動歯ブラシも最新のを購入しました。さらに先月からデンタルフロスまで毎日するようになっています。


そしてこれまた方針の一環である3ヵ月ごとの歯石除去にも行って来ました。いつも痛くてかなり出血するのに、前回から3ヵ月しかインターバルがないためか驚くほど痛みもなく余裕でした。

先生見たか、おれ様の優等生っぷり!くらいに胸を張ってたんだけど、ひととおりの診察を終えた先生の言葉に膝から崩れ落ちそうな感じに。「虫歯3本増えてます」ええっ?ええーっ?


虫歯治療を放棄し5年も放置した状態だった前回でさえ2本しか増えなかったのに、心入れ替えて真面目にやるようになった瞬間、何で3ヵ月で3本も増えるの?何なのこの仕打ち?

新しい歯ブラシでは勝手が違ってうまく磨けていないのでしょうか。一から歯磨きを勉強しようと子供用の歯垢染色液(赤く染まる例のアレ)をさっそくネットで注文しました・・・。


これも老化なんでしょうかねえ?だけど考え方が昭和な私にはどうしても、予防を意識して守りに入った姿勢自体が虫歯菌に心理的余裕を与え、攻めっ気を助長している絵が浮かんでしまいます。虫歯ごときを恐れて無茶苦茶しなくなったことの方がむしろ老化だったりして。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(22)

2017年02月04日

嫁が働き始める

嫁が無事訓練学校を卒業してパートで働き始めました。同僚のパートは共働きの主婦の方が多いようで、希望すれば扶養のラインである年収130万円を意識した勤務シフトを組んでくれるそうです。

なので嫁もそれに乗っかろうかと思ったようですが、夫が遊び人の我が家にはまるで関係ない基準ですし、とりあえずのんびり行こうと年収100万円で希望を出したとのこと。


で、実際に組まれた最初のシフト表を見せてもらって驚きました。週1~2回程度の勤務かと思っていたら、週3回以上入ってるんです。「こんなのすぐ100万超えるやん」って言ったんだけど、そうでもないとのこと。確かに計算してみたら時給1000円・6時間・週3の年収って約94万円なんですね。

私にもフリーター時代がありましたけど、当時はその日暮らしなので年収なんて全く意識しませんでした。少なくとも当時の感覚では「時給1000円」はむしろ高かったのに年収に換算したらその程度なんですね。やっぱり正社員って給与面で恵まれてるんだなと改めて思いました。


ちなみに嫁が職場に私の肩書をどう伝えるのかが密かな楽しみだったんですが、在宅勤務でも何でもないごく普通の会社員なのだそうです。まあ無難に行くならそうなりますわな。

でも土日祝勤務を厭わない姿勢を見せたら夫婦仲を疑われたみたいな空気になって、即座に私の休日が土日ではないってことになったんだそうな。人のキャラ設定勝手に決め過ぎw

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(14)

2017年01月31日

朝から買い物などやってみる

特に予定のない日をどう過ごすかなんて基本的に全て思いつきとアドリブなんですが、最近は午前中からスーパーに行って買い物をするというパターンが増えつつあります。

散歩中にフラッとスーパーに立ち寄って目についたものを気まぐれに買うという習性なら前からありました。でも午前中は何かと忙しいことが多いのと、どうせ寄るんだったら見切り品に出会える可能性を考慮して、何となく夕方と決まっていたんです。


料理はほぼ全くやらないんですけど、平日の昼食は嫁に頼らずいつも一人で食べています。半分が外食、半分が自作(と言ってもラーメンかうどん)というのがこれまでのパターンでした。

でも午前中にスーパーに行くと昼食を見繕うことが出来るんですよね。この前なんて肉が目についたので突然一人焼肉になりましたし、揚げ物を買ったり冷凍餃子を焼いてみたり、たこ焼き屋の前を通りがかってそれが昼食になってみたり、缶ビールに反応して突如飲酒デーになったことも・・・。

たこ焼きや飲酒は別として、多分こういう行動って主婦が買い出しに行ってすぐ夕食を作るのと同じ感覚に過ぎないんだろうけど、そんな経験自体が今まで無かったし楽しくて仕方がないです。何を食べるかなんて前もって決めるよりその場の気分で選択する方が数倍おいしいんですよね。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(12)

2017年01月28日

またまた策士策に溺れるw

ああ、またやってしまった・・・。以前ファミマでファミマカードを使うなんて話を書いたことがありましたけど、そこに落とし穴がありました。皆さん、こんなアホなミスをしないようお気を付け下さい。

10年以上前はまだ普通にコンビニでよく買い物していましたから、その頃にファミマカードを作ったんです。でリタイア資産構築のケチケチ時代が来て長らくコンビニに行かなくなった後、リタイアして再び財布の紐を緩めて時々行くようになっています。

でどうせファミマで払うならと、引き出しの奥からファミマカードを引っ張り出して来て使うようになりました。ナイス機転さすがおれと自画自賛していました、それが安易な愚策とも気付かずに・・・。



そのカードを使っていた時代が昔過ぎて、引き落とし先がもう使っていない銀行口座になっていたんです。当然残高ゼロですから、知らない間に2回も自動引き落としに失敗していました。

当然すぐにメールでその連絡は来たのでしょうが、そのアドレスもおそらくもう使っていないアドレスなので、全く気が付きません。そしてついにカード会社から自宅に電話が来ました。お姉さんが言葉は丁寧ながら、ちょっと怖いんです。もう外は暗いのに「今日中にファミマで入金できるよな?コラ」的な感じw

後で携帯からかけ直したんだけど「この携帯番号も登録してよろしいですか?」でなく「また問題起こったらこの番号にかけるのでご了承下さいコラ」って感じ。別に横柄だったわけじゃありません、悪いのは私だし。でも人の風下に立つのってリーマン時代以来で、やっぱり嫌で仕方なかった~!

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


practice_retire at 00:00|PermalinkComments(18)TrackBack(0)

2017年01月24日

真の楽しみにやっと気付いた話

大好きな酒ですが酔えれば味なんてどうでもいいので、普段の家飲みはコスパだけ考えて安ウィスキーのコーラ割りが常でした。そんな私が何と先月の京都旅行以来、日本酒にハマっています。
 
実はこれまでも一番好きな酒を問われれば日本酒と答えていました。でも一晩で一升はあけてしまうため明らかに糖分過多になるし、そんな体に悪い酒をわざわざ選ぶことはまずなかったんですね。

でも伏見の工場で高級品(といっても一合当たり500~700円ほど)をおちょこで少量試飲した際に突然、よく言われる「舌の上で転がしながら味わう」感覚にピンと来たんですよね。

 
 
日本酒が好きなのに弱いからすぐに酔ってしまうとボヤく人って割といます。酔うために飲んでいる私には到底理解できない話だったんだけど、ちびちび味わう良さがようやく分かって来ました。味がよく分からなくなるから酔いたくないって感覚も分かり、高級品はおちょこ数杯以内で飲みやめられるんです。

食べることは生きるために必要でもあり、娯楽にもなり得るものです。でも前者で一杯一杯な環境にいたら楽しむなんて感覚は皆無でしょう。もしかして在職時代の私の酒もまた、ストレスにつぶされない手段として前者だったのかも知れません。取り戻すためにもっともっと飲まなければ。うひょw

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


practice_retire at 00:00|PermalinkComments(24)TrackBack(0)

2017年01月21日

他人に関心が出て来たw

元々一人が好きなので、その時間を増やすことが早期リタイアの主目的の一つでした。今でもその時間は日々大切にしています。そしてその中で少しずつ心境に変化が生まれていることを自覚しています。

コンスタントに月1~2回くらいは誰かと飲む機会があるんだけど、毎回その日が楽しみでその日を標的に生活を組み立てている自分がいるんですよね。寂しさは全く感じませんが、人恋しさはあるのかな?

そして長年他人に無関心だったのが、自分含め人間をもっと知りたいという心境になって来ているんです。アスペルガー症候群のような症状は昔からありませんでしたし、実は他人に興味がなかったのではなくて他人の干渉を極端に嫌悪していただけなのかなと思い始めています。


それは自分が実は他人の影響を受け易い人間だと分かっていたからでしょう。思い描いたリタイア環境に身を置いて、それが他人に振り回されようの無い環境だということを実感し、ようやく安心して他人の話に再び耳を傾ける心境になったってことなのかな。

あるいは単に、一人の時間が欲しい理由である数多くの「やりたかったこと」が順調に消化されているため今度は他人と一緒に過ごす時間に興味を持ち始めたのかも知れません。

仕事上で人との関わりが多過ぎたせいか、どう雑談せずに済ませるかとか、どうやって人払いするかとか、在職時代はよくそんなことを考えていました。後悔はありませんが今の感覚では少しモッタイナイw

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(12)

2017年01月12日

好意の持ち方が変なの

世の中には好かれる人も嫌われる人もいるものですが、何故そうなるのかよく分からないことも多いです。世間から嫌われがちな人に好感を持つなんてことはしょっちゅうでした。

対人関係において自分って変なのか?と子供時代から薄々気が付いていたことを今改めて言葉にすると、私が人を好きになるのってその人の性格や能力がどうこうというよりも、その人が私をどう扱ってくれるかによるところが大きいみたいなんですよね。

どんなに人気者で魅力的な人でも、自分が一度でもゾンザイな態度を取られたらその瞬間に大嫌いだし、それなりに真剣に接してくれるなら嫌われ者だろうが何だろうが受け入れられるんです。


こんな性格だから異性に対しても、何とか自分を振り向かせようと必死に口説いたなんてまずありません。歯牙にかけられていない時点でその人に興味が湧かないからです。そもそも自分を買ってくれない相手に良い所を見せようなんて気力がありません。

自身の存在すら知らないタレントに熱を上げる人、自身を重んじない上司に憧れ認められたくて頑張る人、世の中では多数派であるように感じますが、私には全く分からない世界なんですよね。


好きって感情に理由なんてないことはよく分かってます。でもそこに一定水準以上の労力を注ぐためには主観だけでなく客観的要因も必要となってしまうわけで、これって自己愛が強過ぎるのかなとも思います。それともこんなことも早期リタイア関係者にありがちな傾向だったりするのかな?是非聞いてみたい。。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(18)