QLOOKアクセス解析

  ・旅行

2018年04月14日

はじめてのひとりたび

先日は吉野に一人で日帰り旅行に行って来たんだけど、当初は宿泊を前提として検討してたので、言わば初めての一人旅でした。一人旅こそ本当の旅なのではないかと長年思ってました。

だって自分の行きたい旅行先があって、同行者も偶然そこへ行きたいなんてケースは稀でしょう。たとえあったとしても、行きたいスポットまで完全一致するはずはありません。なのに終始行動を共にするのなら、それは互いにどこかで妥協してることだからです。


たとえ相手が嫁や彼女でも、違う人間なんだから好みも違って当然です。私は目的が不明確なまま何となくそれをやるということが大嫌いなので、自分がしたいことに相手を付き合わせたくないし相手は相手で勝手に楽しんで欲しいとの思いが強いです。

恋愛モノにありがちな「貴方にならどこへでもついて行きます」なんて、ただ鬱陶しいだけです。お互いが目的を明確に持って、それぞれにやりたいことをして有意義な時間を過ごすのがベスト。それこそが家庭円満、いやそれ以前に人生円満の秘訣だと思うんです。


昔からそう思ってたはずなのに、在職中は「何となく付き合いで」「そう決まってるかのように」人と一緒に動き過ぎてな、それが本当の自由に目覚め始めた今、痛烈に感じてることです。

上記のことは嫁とも話し合いました。夫婦で一緒に旅行するのは一緒に行くだけの理由のある旅に限定する方が、一緒に旅する価値も上がると思います。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(8)

2018年04月10日

世界遺産の桜の名所

先週、関西の桜の名所として名高い吉野山を初訪問して来ました。山奥なので平地よりも少しだけ開花が遅く、ちょうど満開でした。

1




















かなりの僻地にあるのに、かつ平日なのに人は多かった。

2




















桜だらけ。

4




















一面の桜。それにしても電線が邪魔。

3




















柿の葉寿司のお店が密集する中、食べログ吉野山一番人気「ひょうたろう」にて。1350円。
店内飲食が出来なかったのでそのへんの芝生で食べました。柿の葉寿司って本当にウマいよね。

6




















あちこちで撮りまくった中、後から見て最もお気に入りだった写真。何となく良くない?

7




















世界遺産・金峯山寺蔵王堂。ちょうど特別展中で普段の倍の1000円!涙のスルー。
経験のためだけに全く興味ないものに出せる金って700円くらいが限界だなあ。

8




















作り立て「賞味期限10分」で有名、中井春風堂の葛餅800円を花フロントの特等席にて。
時々こうして高級品に触れるようにしてるけど、違いの分からん男だなと思うことが多いw

9




















ってか、よく考えたら「作り立てじゃない普通の葛餅」を食べたことがないことに気付いた。
だからあえて15分置いて賞味期限を切ってみたけど、普通にウマくて違い分からず・・・

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(8)

2018年01月18日

飛行機こわい

いやもうホントしょーもない話なんだけど飛行機って何回乗っても怖いです。旅行で主に新幹線を使ってるのは、利便性もありますけどその理由も大きいです。

子供の頃はこんなんじゃなかったんです。ANAでジュニアパイロットという、CAのサポートを受けつつ子供一人で搭乗できる制度があるんですが、小学生時に親に頼んで参加したことがあり、もう楽しくて楽しくて仕方なかったことを今でもよく覚えています。


でも30歳を過ぎたあたりから年々チキンになって来て、特に高い所への恐怖感は増すばっかりで観覧車にも乗れなくなったし、飛行機を利用するのも可能な限り避けるようになりました。

搭乗1週間前くらいから「落ちるんじゃないかなあ、落ちるんだろうなあ」なんて思考になるし、搭乗時は「この人達と共に碑に名前が刻まれる」とか「冥土で同期生だな」とか考えてしまうし、怖いせいで機内サービスの酒もついつい進んでしまいます。

理系だから基礎的な航空力学は理解してるクセに、いざ乗ると鉄の塊が空を飛ぶはずがないなんて急に脳が退化するんですね。根は楽観的なのにチキン過ぎて目先の事になると怖いんだろうなあ。でも格好悪いから言わないだけでそんな人って割といるんちゃうの?いない?おれだけ?


今回のツアーは食事がついてたけど1回だけ夕食のない日があって、嫁と夜市に行ってみました。この旅で最も楽しかったのはこの時でした。やっぱり自由行動は最高!自由に酒が飲めるしw

a7




















有名店・園環邊蚵仔煎のカキオムレツ。おいしかったし、何より店員さんがとっても優しい。

a6




















方家の魯肉飯と鶏肉飯。共に台湾名物、各120円くらいと異常に安くてうまい。ここでもすごく親切にしてくれた人がいました。台湾の方って本当に素朴で優しい人が多い。

a3




















やたら人が並んでるって理由だけで買った芋餅。日本にはないスイーツで激ウマと嫁が絶賛。

a4




















麺線。味は良かったけど、やっぱり台湾の麺はコシがなくて今イチかな。

a2




















何か忘れたけどドーナツみたいなの。全部で約80円だったかな、安いけどおいしい。

a5




















名物マンゴービール。この日は他にもさんざ飲み食いして、本当に楽しかった。

a1




















これは別の日。三峡名物・角パンとタピオカミルクティー。台湾のタピオカはとても大きいです。店員さんが何かを訴えかけて来てたけど最後まで分からなかった。言葉の壁を唯一感じた日。

a8




















世界四大博物館の故宮博物院で見た、焼豚にしか見えない天然石。って、画像汚ねーっ!

a9




















駄菓子屋で購入した駄菓子、ラーメン、謎のドリンク黒松w

スーパーで中国製は一切買わない主義なのに、現地だと何の抵抗もなく食べられるのが不思議。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(12)

2018年01月16日

初めてのツアー旅行

行動を制限されることが何より嫌いなもので、これまでの旅行は全て個人旅行かフリープランで、添乗員やガイドがいるツアーへの参加経験はありません。今回は11~12月がかなり多忙だったし久々の海外ということで初めて参加してみました、行先は台北です。


感想は、とにかくラク!いつも綿密に計画するから旅行の事前調査にはかなりの時間を要します。それが必要ないというだけでも、既に比較にならないほどラクです。

さらにいつも旅行先では歩きまくりかチャリ乗りまくりなのに、ずっとバスだから肉体的にラク。地図を常に意識しないのもラク。特に海外は注文せずとも勝手に食事が出て来る点がラクです。


人との接点を大切にしてる身としては、ガイドとか他のツアー客という比較的気軽に話せる相手がいるのも良い点で、約20人のツアー客全員と話をしたし一部の人とはとても仲良くなりました。リタイア前の私ではまずあり得なかったことで、変化が確認出来て楽しかったです。

ただツアー慣れしてないのもあって距離感が難しかったかな。ついつい馴れ馴れしくし過ぎたり、逆に疲れてて交流したくなったり。やっぱり長く人といるのが苦手なのは変わってない・・・w

そして衝撃的だったのが、ツアーが終わった瞬間に他人に戻るというのか、何日も一緒に過ごして色々話した仲にも拘わらず、挨拶もなく散って行く率の高いこと!ツアー慣れしてる人ほどそんな傾向が強いみたいです。別れ慣れすると感傷とか無くなってくものなんでしょうね。


ツアー旅行で定番観光地と定番料理ばかりでしたが、珍しい物・変な物中心に一部ご紹介します。

b4




















世界的に有名で日本にも10店舗以上出店している高級店・鼎泰豐のコース料理の一部。
ツアー中、最も豪華で最もおいしい料理でした。

b7




















野柳風景区。浸食されて出来た天然の地形なんだそうな。

b3




















十分老街で天燈上げ体験。我々もしたんだけど、写真は別のツアーの方々。give me the $ってw
この後、下からを火をつけて熱気球の要領で天高く飛ばします。

b8




















そして何より驚くのがこれ。普通の線路なので電車も通ります。日本じゃ考えられない。

b5




















ホテルの朝食バイキングは常に五十品目以上あった。さすが美食の国。

b6




















男性なら誰でも知ってるトイレの「一歩前へ」。どの国でも同じなのね。

b9




















名店・好記の担仔麺。台湾の麺料理はどれも日本人には伸びてる感じで少し物足りないかな。

b2




















「千と千尋」に出る湯屋そっくりで突然観光地化したという九份。田舎なのにすごい人だった。

b1




















北投温泉で買った温泉卵。恐竜の卵みたい。日本のもこんなだっけ?

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(8)

2018年01月13日

心温まるサービス

現在10年以上ぶりの海外旅行中です。なお前回海外に行ったのはハワイで、挙式のためでした。その時にあった嬉しい心遣いを書いてみたいと思います。

式が終わって双方の両親と共にホテルのレストランで会食しました。配膳の人が料理を持って来た時に母が調子に乗って、今日この2人結婚したんですって言ったら、特大の鯛型マンゴープリンをサービスとして急遽用意してくれたんです。

アメリカだから料理はどれもサイズが大きくそれだけでかなり満腹なのに、こんなにでかいプリン食えるかよって思うほどだったけど、心遣いが嬉しくて意地でも完食しました。


だって、こんなサービスするから来店して下さい的な勧誘ならよくあるけど、この場合は既に店に入ってますからね。そのマンゴープリンを出すことで、本来追加注文されるはずだったデザートが注文されなくなる可能性だってあるわけで、店にとっては一方的に損しかないわけです。

しかも明らかに観光客で、そのサービスが次回につながるわけでもありません。つまり何の打算も営業目的もなく、単純に我々を喜ばせることだけに価値を見出してくれたわけです。

言い換えれば自己満足なんですが、そんな生き方を目指したいです。その時に何の得も無くても、相手の記憶から消えようとも、心ある行動は自らの気持ちを一生満たし続けるはずだから。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(10)

2017年10月19日

その土地らしい食べ物

琵琶湖は先日記事にした滋賀県産の熊や淡海地鶏以外にも、土地ならではの食べ物の宝庫でした。そういう旅行先って理想です、我が家の旅の目的は常に8割方が飲食ですので。

1bas




















琵琶湖と言えばブラックバス、ブラックバスはまずくて食えない・・・ずっとそう思ってましたが何とバス料理を出すお店が僅かながらありました。その一つ、「にほのうみ」さんを訪問。

奥のがバス天丼。食べた感想は普通の白身魚でした。手前のはナマズ天丼。ナマズって食べたことありますか?ものすごくやわらかくておいしいんです、また食べたい。

3saba




















長浜名物・焼鯖そうめんを、土地の名店「翼果楼」さんにて。鯖自体はあまり脂が乗ってない鯖で今一つ好みではなかったけど、麺は味がよくしみこんでておいしかった。粉山椒が異常に合う。

4salad




















関西ではかなり有名、木之本名物「つるやパン」のサラダパン。具は何とたくあんとマヨネーズでこれが独特の食感なんですが、具材うんぬん以前にパン自体もすごくおいしかった。

5ushi




















道の駅藤樹の里あどがわ」にて豪華に近江牛、ビフテキ重とすき焼き風。やっぱり肉はうまい。疲れてる時は急に元気になった気になります。珍しくご飯おかわりしてしまった。

6ruta




















石窯パンの店「るぅた」さんで休憩。ご夫婦でされてるみたいで、商品も対応も一つ一つが丁寧。嫁が異常に気に入って、2年後もまた訪問することが早くも確定w

2cup




















お土産は近江ちゃんぽん。有名店の本店に行く予定がトラブルで行けず、これで手を打ちました。味は普通かな、そりゃカップラーメンだもんね。2年後リベンジ予定。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(6)

2017年10月17日

琵琶湖一周しました

興味ない人にとっては一体何のためにそんなことすんの?って感じなんだろうけど、自転車乗りがいつか達成したい目標の一つに琵琶湖一周があります。

涼しくなって来たので満を持してチャレンジして来ました。せっかくだから観光にも時間を割いて2泊3日、全250kmほどの行程となりました。印象的な場所のみアップします。

astart




















南岸のスタート地点付近。綺麗な風景に胸が躍ります。遠くに見えるのは近江大橋。

b8




















豊臣秀次が築いた八幡城の城下町、近江商人発祥の地である近江八幡。風情のある街並みでした。秀吉や秀次が残したと言われるメッセージ(?)はウケる。

cnagahaama




















でも一番ウケたのはここ。「長浜ラーメン」と言えば誰もが福岡を想像しますが、滋賀県長浜市で長浜ラーメンを見つけました。ややこしいねん!・・と思ったら、福岡に由来する長浜ラーメンを出すお店とのこと。さらにややこしっ!

dsig




















私が田舎者なだけかも知れないけど、長浜界隈の信号はこんな薄いのばかりで驚いた。

enorth




















一周の最難関とされる琵琶湖北部、賤ケ岳付近から琵琶湖をのぞむ。絶景。琵琶湖って広いから、中に幾つか島があるんです。中央に見えるのがその一つの竹生島。

ftori




















途中少しトラブって真っ暗になってしまい、かなり暗い道を走ってる時に急遽視界に現れた鳥居。分かりにくいけど琵琶湖から生えてます。めちゃくちゃ怖かった。

gbridge




















琵琶湖東岸と西岸とを結ぶ琵琶湖大橋。橋の中央から北側をのぞむ。

hu




















浮御堂というこれまた風流な場所なんですが・・・

iu




















拡大写真だと何か姫みたいなの写ってる。誰もいなかった気がしたけど。気のせいか?

jkarahasi




















日本三名橋の一つ、瀬田唐橋。交通量が多過ぎてとてもそうは思えない・・。


かなり疲れたけど、割と余裕でした。色々トラブルもあって、やり残したことが多いのが心残り。来年はおそらく淡路島一周に挑戦すると思いますが、その翌年にまた琵琶湖再訪の予定です。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(16)

2017年10月14日

野生のツキノワグマを食らう

琵琶湖に旅行に行って来ました。ここ一年ずっとそうしてるように、今回も土地の名店での食事が旅のメインだったので、まずはそのレポートから上げたいと思います。

今回訪問したお店は滋賀県の食べログランキング第7位、滋賀県産の食材にこだわった品がウリの「炭火割烹蔓ききょう」さんです。10席あまりの小さなお店でした。

注文したのは滋賀県の淡海地鶏を使った焼鳥丼、一日限定5食です。仕入れの都合で用意できない日もあるとのことで予約はできませんでした。訪問したのは正午ごろ、運よく2食だけ残っていて手拍子で注文しました。

NEC_0126




















地鶏の焼き鳥丼が1000円な時点でリーズナブルだと思うのに、何と付け出しまでつきました。高級店らしく何ともオシャレな内容。一品ずつ説明もあり、祇園の料亭を思い出しました。

NEC_0128




















これが焼鳥丼。炭火焼の香り漂う。歯ごたえあって、めっちゃうっまー。最高!

NEC_0131




















そしてこれが追加注文した滋賀県産、月の輪熊3500円。こんなのは普通食べられないでしょ。経験を買うために消費するという意向にピッタリな逸品。

ちょっと怖かったんだけど野生という割に臭みは全くなく、もちろん初めてだけど何の抵抗もなく食べられました。皮下脂肪が豊かで口に入れるととろけます。その甘味が口いっぱいに広がり・・うーんやっぱりグルメレポートは苦手だな。。

でも本当においしかったあ!脂身が苦手な嫁もパクパク食べてました。何の肉に似てるだろうって議論になったんだけど、結論出ず。おいしけりゃ何でもいいよね。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(10)

2017年09月07日

漁業体験などやってみる

年4回旅行することにしてるんだけど、何かと忙しくてゆっくり調査できる状況になかったので、今回は日帰り旅行として嫁希望の漁業体験をやって来ました。大阪は中心部でも海に面してるのにそういったアクティビティがなく、結構な田舎まで出なくてはなりません。

a01



















こんな船でした。

沖に沈めてあるカゴを引き揚げる作業と、網を引き揚げる作業があったんだけど、この時代だから当然機械で巻き上げます。そこに補助的に人間の手が必要な感じで、とは言え肝心なことはプロの方々がやってくれるから、子供でも出来る簡単なものでした。ってか子供ばっかりいたw

a01a


















それが終わったらそのまま船で空港近くまで行って間近で離着陸を見学。頭のすぐ真上を飛行機が通過します。前に伊丹空港で動画を撮ったこともありますが、やっぱりすごい迫力。

a05




















そして最後はもちろんバーベキュー・・・ってオイ、獲った魚介を焼くんじゃないのかよ!

a04




















と思ってたら唐揚げになって出て来ました。夏は一年の中でもあまり獲れない時期だそうですが、2人に割り当てられる量としては十分過ぎます。そしてうまっ!海最高!

a03




















漁港の市場って魚介類が異常に安いですねえ。この舌平目、300円で買いました。

a02




















このイボニシ貝も300円。安過ぎるやろ!いつか海の近くに住んでみたい。

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(10)

2017年08月10日

サザンオールスターズを巡礼する

以前も書いたけど私はサザンのファンで、神奈川県と言えばそのサザンのお膝元、7月の旅行では歌詞に出て来る地を可能な限り巡って来ました。


「広く浅く」より「狭く深く」を愛する性分なので、投資とか野球とか麻雀とかいくらでも語れる得意ジャンルは幾つか持ってるんだけど、専門知識がなければ分かりにくい記事は極力避けるのがこのブログの開設当初からのポリシーで、サザンもこれに当たります。

だけど写真を整理してるうちにどうしても誰かに見て欲しくなって来て、やっぱり記事にします。以上、ポリシー違反の言い訳でした。では西の方から順番に。

s01




















砂まじりの茅ヶ崎~♪(勝手にシンドバッド)
桑田さんの出身地。天然の嫁はプロ野球の桑田と勘違いしてた。そっちは大阪やろ!

s02




















エボシ岩が遠くに見える~
♪ (チャコの海岸物語)
中央やや上部付近に見える。肉眼ではもっとよく見えたのに、カメラぼろ過ぎ。

s03




















こちらは茅ヶ崎駅にあるエボシ岩のモニュメント。結局ピンボケ。腕も悪過ぎ。

s04




















辻堂あたりで気取ってようじゃん♪ (夜風のオンザビーチ)

s05




















江ノ島が遠くにぼんやり寝てる
♪(夏をあきらめて)

s06




















稲村ケ崎は今日も雨~♪(君こそスターだ)
映画「稲村ジェーン」の舞台にもなった稲村ケ崎海水浴場は、何と今はもう消滅してます・・・。

s07




















極楽寺坂みどり(古戦場で濡れん坊は昭和のHero)

s08




















由比ヶ浜 鍵や~たまや~♪(愛の言霊)

s09




















鎌倉よ何故夢のような虹を遠ざける
~♪(鎌倉物語

s10




















日影茶屋ではお互いに声をひそめてた~♪鎌倉物語
鎌倉の日影茶屋のことではないという説もあるけど。

s14




















あの日の思い出あふれる江の電見つめて~♪鎌倉物語

s11




















二の鳥居通りゃんせ~
♪(通りゃんせ)
鶴岡天満宮。

s12




















三の鳥居通りゃんせ
♪(通りゃんせ)

s13




















名刹古刹 大銀杏に小雪舞う頃(通りゃんせ)
この大銀杏も倒伏してしまい、今はこんなことになってます。

s15




















振りかえる渚橋♪(SEA SIDE WOMAN BLUES

s16




















あなた悲しや天ぷら屋(今宵あなたに)
原由子さんの実家のことだそうです。知らんかった~。

s17




















二人たたずむスタジアム(想い出のスターダスト)

s18




















夜霧のChinaTownの中ほど行くあたり~(メリケン情緒は涙のカラー)

s19




















山手の裏街 いばらの地のはてに
♪(メリケン情緒は涙のカラー)
横浜山手西洋館(イギリス館)。

s20




















マリンルージュで愛されて♪(LOVE AFFAIR)
マリンルージュは欠航中だったため、姉妹船のマリンシャトルでお茶濁しw

s21




















大黒埠頭で虹を見て♪(LOVE AFFAIR
横浜ベイブリッジの西に連なる辺りが大黒埠頭。遠過ぎて行けず。。

s22




















シーガーディアンで酔わされて
♪(LOVE AFFAIR
やっぱり高いよね、これはさすがに入れないでしょw

s23




















ブルーライトバーで泣き濡れて♪(LOVE AFFAIR

s24




















歌に関係ないけど、完全にサザン人気に便乗してる茅ヶ崎市のサザン通りとサザンビーチ。

旅行してる間中、ずっと頭の中のBGMはサザンでした。楽しかった~。夏最高!

↓↓↓↓よろしければクリックをお願い致します。  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



practice_retire at 00:00|PermalinkComments(18)