2006年11月21日

■陸上コーチ 高野進さんに見るコーチングスキル その1

空4

 私は毎週木曜日放送のNHKプロフェッショナル仕事の流儀という番組を見ています。
 先週の放送では元バルセロナオリンピック選手で現在陸上コーチをしている高野進さんが紹介されていました。

 放送を見て分野は違いますが、同じコーチとして私は、高野さんからいくつかコーチとしてのあり方をいくつか改めて教えられました。

 高野さんは壁にぶつかっている選手に対して3つのことを大切にコーチしています。
 1.教えない 2.鼓舞しない 3.見捨てない

 1と2は一見冷たそうに思えますが、自分が壁にぶつかっている立場だったらどうでしょうか?「一生懸命やっているけど上手くいかない」そんな時あなたが上司等から「ああしろこうしろ」、「もっとガンバレ!」と言われたどんな気持ちでしょうか?

 私だったら「いちいちうるさい」、「もう充分がんばっている」と思ってしまいますが、あなたはいかがでしょうか?

 選手が自分で考えて乗り越えなければ、選手はそれ以上伸びない。だからそれまで見守ることが大切であると高野コーチは考えているのだと思います。

 そのことが3.「見捨てない」という愛情のこもった言葉に要約されていると思います。

 私は、ビジネス、パーソナルコーチをしていますが、高野のさんの考えに同感です。クライアントが悩んでいる時、コーチはつい解決方法を教えてあげたくなったり、ガンバレと言いたくなってしまうものです。

 しかし、ここが我慢のしどころで、コーチがすぐに解決方法を与えては、「クライアントが自分で答えを見つけて納得して行動する」というコーチングの強みを消してしまいます。コーチングはティーチングとは違うということです。

 私も、高野コーチのように、自分のクライアント様を見捨てないコーチでありたいと改めて思わされました。

投稿者コーチングHPコーチングで切り拓く!

praising at 14:38│Comments(1)TrackBack(0)コーチング 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by imcalfus   2011年11月27日 08:09
��合�����罧眼��������������鐚������ㇱ����������������帥����с����⓾�障�������с��������
絎�蕁�腟☖�������勌戎�����鴻�������⓾�������勉�����違�с�壔����������☁����������勉�����罅������障�����
��������с�夌��羇祉����⓾�������������ŝ�������������������障��������

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔