2017年07月23日

トレンドラインの引き方PART2

このサイトは「1年で100倍になるFX投資術」のサブサイトです。
最重要である基礎的な概念等をより重視した内容で詳しく解説していきます。

宜しかったらクリック応援お願いします。
  ↓
banner_01

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

こちらも最後にお願いします。

おきてがみ

今年も過去の掲載分を順次掲載しますので
是非ゆっくり読んで力をつけていってください。

2009年5月9日掲載分
トレンドラインの引き方PART2

こんにちは。

今日は、トレンドラインの引き方の第2弾です。

まずは復習です。トレンドとは、相場の流れの事を言います。
その方向を見つける一番の方法がトレンドラインです。
相場が上昇している時は、右肩上がりのラインになり、
逆に相場が下落している時は、右肩下がりのラインが引けます。
トレンドが上昇の時は、下値の2つを結んでラインを引きます。
これが上昇のトレンドラインで、サポートラインと言います。
逆にトレンドが下降の時は、上値の2つを結んでラインを引きます。
これが下降のトレンドラインで、レジスタンスラインと言います。

宜しいでしょうか。

このトレンドは、人が作るものだということを良く覚えていてください。
買いたい・売りたいという気持ちの表れなのです。
ですから、「人の心理」が表れます。
それを最大限利用するのが、成功の秘訣です。

さて、トレンドは、上昇と下降だけではありません。
保合いのレンジのトレンドというのがあります。
これは値があるレンジの中に留まり上昇でも下降でもない場合です。
つまり「上昇」・「下降」・「保合い」の3つに大きく分類されます。

それでは、保合いのパターンを紹介しましょう。

7月18日用チャート2









図のように長い時間上値と下値に挟まれて上昇も下降もしていない時を
保合いのレンジと呼んでいます。
上値を結んだトレンドライン(レジスタンスライン)と
下値を結んだトレンドライン(サポートライン)をそれぞれ引いてみます。
その中に値が留まっているのがお分かりでしょう。
これは、「買い」と「売り」のエネルギーが拮抗していて、どちらにも動けないという
バランスをとっている状態ですので、これが破られると意外な大きな力になります。
つまり上に行けば、強い上昇トレンドが、
下に行くのならば、強い下降トレンドが、生まれる可能性が高いのです。
運動会の綱引きをイメージしてみてください。

ここでは、上昇のブレイクですので、下値を結んでラインを描きます。
その後トレンドラインを抜けて、ブレイクポイントが発生します。
ここですぐに下降になるかというとそんなに簡単ではありません。
上昇の力は強いのですが、さすがに下降の力も完全に消えていないので、
何とか引きづり降ろそうと頑張ります。
しかし上昇力にはかなわなく、結局上昇トレンドに戻ります。
これをダマシと呼びます。
ここに引っかかる方がとても多く、皆さん失敗をしてしまうのです。
そう単純かつ簡単ではないという事です。
勢いを常にきちんと見なくてはいけません。
勢いがあるときは、若干の反転は様子見をする必要があるのです。

これほどキレイな保合いレンジは、そう滅多に出ませんが、
出たときはかなりのチャンスです。

もう少しバランスが悪いものは、かなり見られます。
例えば、下の図をご覧下さい。

1月18日用チャート








これは、若干下降トレンドを持ちつつもレンジ相場になっているので、
やはりどちらかにブレイクすれば、大きな力を持つ可能性が大です。
ここでは、下降側にブレイクですので、
上値を結んで、下降のトレンドラインを引きます。
最初に引いたトレンドラインは、当然ブレイク直後なので、
かなり強いトレンドライン(急勾配)になっています。
このラインに沿っていれば、安心して、売りが出来ます。
ただ、そう長くは続かず勢いが弱ってきます。
つまりブレイクされるのですが、これは、当初が強すぎただけですので、
少し弱まっただけの時は、トレンドラインを引き直します。
気を付けなくてはいけないのは、弱まり方が大きいと
本当のブレイクにもなりますので、要注意です。
いづれにしてもすぐに飛びつかずに、様子を見て、
タイミングを遅らせて、確実なところで仕掛けましょう。

欲張ってはいけません。
少しくらいは、くれてやるという大きな気持ちでトレードしましょう。
ここが一番のポイントです。
多くの方は、この欲のために逆に大きな損出をさせられています。
これが人の心理だからです。

焦らずに、トレンドが確認できた時だけトレードをすれば、
確実にかつ安全に儲ける事が出来るのです。
こう分かっていても人間の心理は、なかなか変えられずに、
ついつい早く仕掛けてしまいがちです。
なぜなら大きく儲けたいという欲は、誰もが持っているからです。

完全に自分の意識で克服する事はできないと思いますが、
この心理を知っていると知らないのでは、大きな違いが出るのです。

これからも頑張りましょう。

―口座紹介―

1.GMOクリック証券私が2%2pipsトレードで実際に使っている口座で、
トータル的にバランスのとれた口座です。

GMOクリック証券

2.DMM FX私がシステムトレード分析で使っている口座
FX月間取引高 第1位!TV・CMで話題沸騰中。
↓  詳しくは
DMM FXは初心者向け

3.人気急上昇中外為オンライン使いやすさとコストの低さ、
そして何よりシステムが、非常に安定しているという点が、ポイントのようです。

キャンペーンの実施していて、今なら5000円がもらえます。
詳しくは、↓
外国為替証拠金取引なら外為オンライン

4.外為ジャパンFX
コスト最安値で、デイトレに最適な口座。
私もこのシステムで使っています。
取り扱いペアも32種類と豊富
詳しくは↓
最強のFX、スプレッド0.8銭&取引手数料無料の『外為ジャパンFX』

6. トレーダーズ証券
社名変更でEMCOM証券からトレーダーズ証券となりました。
詳しくは↓
FXならみんなのFX!!

7.FXトレーディングシステムズスプレッドが何と0.5円〜です。
詳しくは↓
業界最高水準スプレッド0.5銭〜



※設置タグでの口座開設・クリックのアフィリエイトの一部を当ブログの運営資金としています。
 ご協力お願いします。
※投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。
 本ブログの情報により読者の皆様に生じたいかなる損害についても当方は
 一切の責任を負いかねますことをご了承願います。


pramido at 09:46|PermalinkComments(0)FX | トレード手法

2017年07月16日

トレンドラインの引き方

このサイトは「1年で100倍になるFX投資術」のサブサイトです。
最重要である基礎的な概念等をより重視した内容で詳しく解説していきます。

宜しかったらクリック応援お願いします。
  ↓
banner_01

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

こちらも最後にお願いします。

おきてがみ

今年も過去の掲載分を順次掲載しますので
是非ゆっくり読んで力をつけていってください。

2009年5月2日掲載分
トレンドラインの引き方

こんにちは。

2週に渡りエントリーポイントについてをお話しましたが、
そもそものトレンドラインが上手く引けないという方が結構いらっしゃいました。

そこで今回は、トレンドラインについて、お話しましょう。
トレンドとは、一般的には相場の流れの事を言います。
日本語でも流行とか、言いますよね。
どちらに向かっているかと言う意味です。
その方向を見つける一番簡単な方法がトレンドラインを用いる方法です。

それでは基本的な、トレンドラインの引き方です。
と言いたいところですが、ラインを引く前にやるべき事があります。
それは、チャートを眺め相場がどちらに向かっているのかをよく観察することです。
ここでの判断を間違えると全く逆の答えになってしまいます。
微妙な時は、確実に思えるまで見送る事です。
必ずどちらかに向かっている事がわかる時が訪れます。

方向が分かればその方向にあわせたラインを引きます。
相場が上昇している時は、右肩上がりのラインになり、
逆に相場が下落している時は、右肩下がりのラインが引けます。

ではどうやってそのラインを引くのかを説明します。

トレンドラインには、チャートを使います。
以下の図をご覧下さい。
これは、USD/JPYの1分足のチャートです。
とても見やすいので「外貨どっとコム」のものを利用しています。


7月3日チャート ブログ1年








図をご覧下さい。
トレンドラインを二つ引いてみましょう。

まずは、チャート全体を眺めその時の方向を判断します。
値が下に向かっていれば、下降トレンドです。
前半は下降ですから下降のトレンドラインを引いていきます。
このときは、突出している2つの上値を結んでラインを引きます。
何処の点を取るかでラインは変わってしまいます。
一般的には、直近で他のポイントにぶつからない2点を選びます。

これが下降のトレンドラインで、上値抵抗線(レジスタントライン)と言います。
このラインを抜くには、かなり大きな上昇エネルギーが無いと抜けません。
図の赤丸のところを見てください。
あと少しというところまで来ていますが、
エネルギーが足りませんでした。
結局抜けずに大きく値を下げています。
このときに売りをかければ、勝てるのです。

次に上昇線についてです。
先程とは逆に下値の2つを結んでラインを引きます。
これが上昇のトレンドラインで、下値抵抗線(サポートライン)と言います。
このラインも先程と同様、かなりの下降エネルギーが無いと抜けません。
図の赤丸のところを見てください。
あと少しというところまで来ていますが、
こちらもエネルギーが足りませんでした。
結局抜けずに大きく値を上げています。
このときに買いをかければ、簡単に勝てるのです。

どうですか。
この2つを見ていると意外と簡単に思えるでしょう。
トレンドラインが正確に引けるようになると、
このように、トレンドが分かりどちらにどのくらいの勢いがあり
どこで、どう仕掛けると有利かが、非常に分かりやすくなります。
まず最初にこれを覚えてしまえば、他には何も無くてもよいと言う方もいるくらい
重要な指標です。
簡単だと侮らず、しっかりと基本をマスターしましょう。
たかがトレンドラインされどトレンドラインです。
チャートの種類が変わっても同じ要領で引くことが可能ですから、
是非習得して、応用してみてください。

時間軸をずらすと上昇下降が逆にもなりますので、
トレードの時間軸に合わせたラインを正確に引く必要があります。
この「2%2pipsトレード」では1分足でのエントリーを基本としており5分足を参考にしています。
私は、現在いちいちラインは引かずに頭の中でのイメージで対応しています。
こうすると1分足でも5分足での動きも見えてくるのです。
いきなりそこまでは難しいので、まずはそれぞれでしっかりトレンドを捕まえられるようにしましょう。

次回はもう少し詳しくお話しましょう。

今週も頑張りましょう。

―口座紹介―

1.GMOクリック証券私が2%2pipsトレードで実際に使っている口座で、
トータル的にバランスのとれた口座です。

GMOクリック証券

2.DMM FX私がシステムトレード分析で使っている口座
FX月間取引高 第1位!TV・CMで話題沸騰中。
↓  詳しくは
DMM FXは初心者向け

3.人気急上昇中外為オンライン使いやすさとコストの低さ、
そして何よりシステムが、非常に安定しているという点が、ポイントのようです。

キャンペーンの実施していて、今なら5000円がもらえます。
詳しくは、↓
外国為替証拠金取引なら外為オンライン

4.外為ジャパンFX
コスト最安値で、デイトレに最適な口座。
私もこのシステムで使っています。
取り扱いペアも32種類と豊富
詳しくは↓
最強のFX、スプレッド0.8銭&取引手数料無料の『外為ジャパンFX』

6. トレーダーズ証券
社名変更でEMCOM証券からトレーダーズ証券となりました。
詳しくは↓
FXならみんなのFX!!

7.FXトレーディングシステムズスプレッドが何と0.5円〜です。
詳しくは↓
業界最高水準スプレッド0.5銭〜



※設置タグでの口座開設・クリックのアフィリエイトの一部を当ブログの運営資金としています。
 ご協力お願いします。
※投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。
 本ブログの情報により読者の皆様に生じたいかなる損害についても当方は
 一切の責任を負いかねますことをご了承願います。


pramido at 08:44|PermalinkComments(0)FX | トレード手法

2017年07月09日

エントリーポイント

>このサイトは「1年で100倍になるFX投資術」のサブサイトです。
最重要である基礎的な概念等をより重視した内容で詳しく解説していきます。

宜しかったらクリック応援お願いします。
  ↓
banner_01

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

こちらも最後にお願いします。

おきてがみ

今年も過去の掲載分を順次掲載しますので
是非ゆっくり読んで力をつけていってください。

2009年4月25日掲載分
エントリーポイント

こんにちは。

前回の続きでエントリーポイントについてお話します。
前回のチャートをもう一度ご覧下さい。

エントリーポイント







前回は、トレンドフォローのエントリー方法でしたが、
今回は、もう一つのエントリー方法で、以前ちょっと触れた
タートルズでのエントリー方法です。

第1回目の上昇の後、エントリーできず悔しい思いをしながら
動きを見ていると、完全に狭いレンジでの取引が続いているのが分かりますよね。
横長の楕円の部分です。
およそ20分くらいのレンジが続くとそこには、
エネルギーが蓄積されていると思ってよいでしょう。
買いたい人と売りたい人の欲と欲がぶつかり合っているから起こる現象です。
ただその力が拮抗している為にどちらにも離れる事が出来ない状態なのです。
ところが、そのレンジを一旦破ると一気にその方向に離れていくという
経験則を応用してエントリーするのが、タートルズの基本です。

例えば、綱引きを想像してみてください。
ある時点まで、お互いに譲らず、暫くすると
どちらかが優勢になり、あるとき均衡が崩れると
あっという間に勝負がついてしまいます。

この原理を利用するのですが、
トレードの場合、やはりダマシはつき物で、
本来「タートルズの1回目」とした黒丸でエントリーなのですが、
そもそもこの手法は、小さく負けても、大きく勝つという
トレード法なので、「2%・2pipsトレード」には、あまり合いません。
そこで、最初のシグナルを敢えて見送り
2回目のシグナルの「タートルズの2回目」とした赤丸で
エントリーします。
こうすることで、ダマシをかなりの確率で排除できます。
何せ「2%2pipsトレード」は、小さく勝つことが前提ですので、
ダマシに会ったら、そのリカバリーが厳しいので、
あくまでもエントリーは慎重にならざるをえません。

この手法を取り入れると「トレンドフォローのエントリー」で
なかなかタイミングが取れず時間がかかっていた
以前のときに比べ、レンジの時にもエントリーできますので、
より早い時間で、2回のトレードができて、
より強い集中力で、トレードが持続できるようになり、
成功の確率がぐんと上がります。

別のトレード手法を組み合わせて行なっている方は、
そちらに移る事が、早くできるようになります。
今回は、たまたまその前にトレンドフォローのエントリーサインが出ていますが、
こうなる事はそう滅多にありませんので、
一般的には、かなり有利になるはずです。

最後にタートルズでのブレークをエントリーポイントにした場合の
2回目のエントリーポイントですが、こちらは先程い話しましたとおり
すでに相当強く長いトレンドが形成されていきますので、
トレンドフォローのルールと一緒ですので、同じタイミングでエントリーをします。
最後の赤丸の時がそのポイントになります。
かなり安心しての確実なエントリーです。
以上です。

2週間に渡りエントリーの仕方を2種類紹介しました。
少しでも参考になればと思います。
実際は、私の場合トレンドラインをチャートに描いているわけではなく
頭の中で、ラインを想像しています。
その方が、全体の勢いとか流れなどを把握しやすいからですが、
皆さんはまず、チャートにラインを思うがままに描いた方が良いと思います。
その場合結ぶ起点と終点は、正確には後から分かるものですが、
とりあえず最新のもので結んでみましょう。
ラインが引けるポイントが出たら、取り合えずラインを引いて、
違っていたら描き直すということを繰り返していれば、
そのうちあまり間違わなくなり、いづれラインを引かなくても
イメージで、エントリーできるようになると思います。

ただそこまでには、ちょっと時間がかかりますので、
気長にやってみてください。
焦らずにやっていく事が、精神的にもテクニック的にも
成長する近道だという事は、間違えの無い事実です。

今週も頑張りましょう。

―口座紹介―

1.GMOクリック証券私が2%2pipsトレードで実際に使っている口座で、
トータル的にバランスのとれた口座です。

GMOクリック証券

2.DMM FX私がシステムトレード分析で使っている口座
FX月間取引高 第1位!TV・CMで話題沸騰中。
↓  詳しくは
DMM FXは初心者向け

3.人気急上昇中外為オンライン使いやすさとコストの低さ、
そして何よりシステムが、非常に安定しているという点が、ポイントのようです。

キャンペーンの実施していて、今なら5000円がもらえます。
詳しくは、↓
外国為替証拠金取引なら外為オンライン

4.外為ジャパンFX
コスト最安値で、デイトレに最適な口座。
私もこのシステムで使っています。
取り扱いペアも32種類と豊富
詳しくは↓
最強のFX、スプレッド0.8銭&取引手数料無料の『外為ジャパンFX』

6. トレーダーズ証券
社名変更でEMCOM証券からトレーダーズ証券となりました。
詳しくは↓
FXならみんなのFX!!

7.FXトレーディングシステムズスプレッドが何と0.5円〜です。
詳しくは↓
業界最高水準スプレッド0.5銭〜



※設置タグでの口座開設・クリックのアフィリエイトの一部を当ブログの運営資金としています。
 ご協力お願いします。
※投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。
 本ブログの情報により読者の皆様に生じたいかなる損害についても当方は
 一切の責任を負いかねますことをご了承願います。


pramido at 08:54|PermalinkComments(0)FX | トレード手法

2017年07月02日

トレードトレーニング

>このサイトは「1年で100倍になるFX投資術」のサブサイトです。
最重要である基礎的な概念等をより重視した内容で詳しく解説していきます。

宜しかったらクリック応援お願いします。
  ↓
banner_01

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

こちらも最後にお願いします。

おきてがみ

今年も過去の掲載分を順次掲載しますので
是非ゆっくり読んで力をつけていってください。

2009年4月18日掲載分
トレードトレーニング

こんにちは。

今回は、エントリーポイントについて、おさらいをしておきます。
このブログを昨年に始めて以来、暫くの間なぜか負けが出なかった理由を
自分でも不思議に思い、当時どのタイミングでエントリーしているかを
見直してみました。やはり基本に忠実にやっているなーなんて、
妙に感心してしまいましたが、そのポイントをチャートで説明します。


エントリーポイント080426



日付は変わり0時半前に勢いのある下降線が確認できました。
その後上昇トレンドに変わります。
5分足は上昇なので狙う態勢に入ります。
一般には、ここでエントリーと言われていますが。
私は再三言っています様に、ここではあえて見送ります。
2度目になるまでチャンスを待ちます。
つまり次の同じ波形の繰り返しを待ちます。
残念ながらそれはすぐには現れませんでした。
次第にレンジ内の移動に変わり
方向感は無くなりどちらに動くか分からなくなります。
この時は「GPタートルズ法」でのエントリーになります。
この手法は後日ゆっくりお話します。
参考までにチャートに記載してありますが、あまり気にしないで下さい。

1時半頃やっと上昇のトレンドが現れます。
そこで、前回の上昇しているトレンドラインを
参考に平行移動させて、今回のトレンドラインとしてみます。
基点は、小さい黒丸のところです。
このときは、ばっちりはまりましたが若干ずれる事の方が多いので、
その時は、それを消して、本来のトレンドラインを引き直します。
この時の角度が前回より急であり値動きに勢いがあれば、概ね強いトレンドであり
緩やかで勢いがなくなってくれば弱いトレンドとなっていることが多いようです。

上昇の中にトレンドラインから少し離れまた近づいたところまでを
1回目の上昇とします。
ついに2回目の波動がやってきました。
ここでもその中で反発した時のタイミングで、エントリーします。
チャートの2本目の足と言う意味ではありません。
それは後から分かることですし、1本目の中にあることも多いと思います。
単に値動きの中での上昇という意味です。
ここでは、1つ目の赤丸です。

その後3度目の波動もありましたが、
あえて丸をしていませんので、
皆さんで大きな丸をしてみてください、
エントリーポイントは何処か分かりますか。
大体で結構ですので、小さな丸をしてみた下さい。
その次の4回目のエントリーポイントが、2つ目の赤丸です。
その後も勢いがあるため何回かエントリーポイントが現れています。
表にも書きましたが、トレードは2回で終了ですので、欲をかかないようにしてください。

いつ反転するかは、誰にも予測できません。
ただ勢いがあれば、複数回繰り返される傾向にあります。
ダマシも必ずあります。チャート上で後から見れば簡単ですが、
リアルの場合は、次の形は分かりませんので、
2回で切り上げるのがポイントです。(実際は、1回見送っているので3回の波動)
勢いがあるのでこうしましたが、勢いが弱い時は、
2回ではなく1回でやめて、更に次のチャンスを待つこともあります。
その場合は少し時間を要します。
それでも1時間はかかる事は少なく、数十分あれば終了できる事が多いと思います。

たった2回のトレードのために?と思うかもしれませんが、
この忍耐が最大の力になります。見送る勇気こそが
一般の人がなかなか出来ない一番大事なことなのです。
こうして勝率を上げることが、最大のポイントですので
我慢して実行してみてください。

失敗が続く方は、この辛抱が足りなかったり、勝手に同じ波動だと
思い込んでエントリーしてしまったりしていると思いますので、
必ずもう一度必ず振り返ってみて、何が間違ったのか検証する事が大事です。
間違った事をしないようにすれば、徐々にエントリーの精度が高まってきて、
結果、勝率が上がってきます。

これがトレンドフォローのエントリー方法です。
値動きの勢いに逆らわず勢いに身を任せて、
すばやく利益を確定するのです。

今週も頑張りましょう。

―口座紹介―

1.GMOクリック証券私が2%2pipsトレードで実際に使っている口座で、
トータル的にバランスのとれた口座です。

GMOクリック証券

2.DMM FX私がシステムトレード分析で使っている口座
FX月間取引高 第1位!TV・CMで話題沸騰中。
↓  詳しくは
DMM FXは初心者向け

3.人気急上昇中外為オンライン使いやすさとコストの低さ、
そして何よりシステムが、非常に安定しているという点が、ポイントのようです。

キャンペーンの実施していて、今なら5000円がもらえます。
詳しくは、↓
外国為替証拠金取引なら外為オンライン

4.外為ジャパンFX
コスト最安値で、デイトレに最適な口座。
私もこのシステムで使っています。
取り扱いペアも32種類と豊富
詳しくは↓
最強のFX、スプレッド0.8銭&取引手数料無料の『外為ジャパンFX』

6. トレーダーズ証券
社名変更でEMCOM証券からトレーダーズ証券となりました。
詳しくは↓
FXならみんなのFX!!

7.FXトレーディングシステムズスプレッドが何と0.5円〜です。
詳しくは↓
業界最高水準スプレッド0.5銭〜



※設置タグでの口座開設・クリックのアフィリエイトの一部を当ブログの運営資金としています。
 ご協力お願いします。
※投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。
 本ブログの情報により読者の皆様に生じたいかなる損害についても当方は
 一切の責任を負いかねますことをご了承願います。


pramido at 08:44|PermalinkComments(0)FX | トレード手法

2017年06月25日

FX基礎講座 第2章(基本に立ち返える)

>このサイトは「1年で100倍になるFX投資術」のサブサイトです。
最重要である基礎的な概念等をより重視した内容で詳しく解説していきます。

宜しかったらクリック応援お願いします。
  ↓
banner_01

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

こちらも最後にお願いします。

おきてがみ

今年も過去の掲載分を順次掲載しますので
是非ゆっくり読んで力をつけていってください。

2009年3月28日掲載分
トレードトレーニング

こんにちは。

このシステムが、FXで成立している事、そして、その理由は既にお話しました。
ところが、何人かの方から上手く行かないと言うのでよく聞きますと
今までスワップを狙っていたので、当然スワップの高い口座で行っているので、
スプレッドが大きいと言うのです。それでは上手く行かないのは当然です。
(スプレッドとは、外貨を売り買いする際の値段の差をいいます。)
この手法は、小さな利幅で大きく稼ぐのですから、
スプレッドは最小でないと思うようには行きません。

昨今、大変な数の口座が世の中に存在しています。
玉石混合と言った感じですが、その中でどのように口座を選択したらよいのでしょうか。
それは手法によって使い分ける事です。
先程申しましたとおりこの手法は、スプレッドを重視します。
では小さければそれでいいのかと言いますと必ずしもそうだとは限りません。
それは、スプッレドが固定か変動かによって結果が大きく異なるからです。
完全に固定いというのは無いのですが、概ね固定というところで
行う方が断然有利です。「変動で最小」は一見良さそうですが、
いざという時、値が大きく動けば、かなり大きなスプレッドが生じます。
そうなったら、そこでの勝負が出来なくなってしまいます。
当然手数料は無料の口座を選んでください。
トレード回数が多くなりますので、手数料も馬鹿にはなりません。

今お持ちの口座が概ねこうなっていれば、その口座で結構です。
使い慣れた口座の方が特に始めのうちはトレードだけに専念できますので、
大きく外れていなければ、そのままで良いと思います。

また、少し慣れてきたら時間をかけていろいろ試してみて
自分にあっている口座を見つけることが重要だと思います。
何と言っても大事なお金を預け、そこでお金を増やすのですから
最適なところで最終的には行なうべきなのです。

条件や環境も日々変わっていますのでその時点での
最良な口座を選択すべきなのでしょう。

一般的にFXの口座はそれぞれ特徴があります。
私はその中から、安心出来て役に立ちそうな口座を紹介しています。
分類の仕方は、総合的にバランスの良い「総合型」・スプレッドの小さな「スプレッド型」・スワップの大きな「スワップ型」に分類しています。

業者は、儲けを出す為に高く売り安く買いたいのですから、当然そこに差をつけます。
その差をスプレッドと呼びます。
ここで取り上げている口座は、概ね小さなものを選んでいますが、
「外為どっとコム」だけは、少し大きくなっています。
こちらは、備えているツールや、サービスレベルが非常に高くそれ以上に有効である為、この手法に関わらずはじめてFXを行なう方には特に推薦しています。
実際、私もこの口座から始めて、次第に特徴のある口座を増やしていきました。
解説は、この口座のツールを良く使いますので、持っていると分かりやすいでしょう。またこの手法においても値動きの指標として使っています。
次に持つ口座は、「クリック証券」・「外為オンライン」・「MJ」・「バンタレイ」・「FXST」のうちのどれかがよいと思います。
「MJ」と「バンタレイ」のシステムは、同じものを使っていますが、
やはり業者の考え方が違いますので、値段のつけ方やトレードの反応が若干違います。
それぞれ、一長一短ですので、どちらが良いというのはありません。
私は両方使っていますが、癖を見つけて都合の良いものをその時々で使い分けています。
利用できるものは全て自分に有利になるように使うと言うのが、私のモットーです。

「FXST]はちょっと癖が強いので、初心者はその他のもので、ある程度慣れてからの方が良いと思います。慣れてから使うとかなり面白いと思います。

スワップと言うのは、金利差の事です。最近はかなり小さくなっていますので、
これを狙ってと言う方は大分減っているようです
それでもドルの金利と円の金利が違いますので、金利の高いドルを円で買えば、その差分の金利が手に入ります。(現在は豪ドルやNZドルが大きくなっています。)
ですから、スワップの大きい方が、受け取れる金利が大きいので、一般に好まれれる傾向にあります。
ただ、このシステムでは、ポジションを長く持つ事はしませんのでスワップは気にしなくて良いと思います。
かえって買いで長く持とうなんて思ってしまうので、避けた方が良いかもしれません。
先日相談された方は、ロス分をいつかこのスワップ金利でまかなえるので、
放っておいたら、とんでもないことになり何度か追加の証拠金を入れたにもかかわらず最後はロスカットにより資金の8割以上を失ったとの事でした。
私にはとても考えられない事です。
そんな愚かな事は間違ってもしないで下さい。

巷にある本で、以前のスワップが大きい時には
「3年も持っていれば、円が史上最高値になっても大丈夫なのだから絶対儲かります」と言ったといたコメントが、よく見られましたが、
実際にはそうして行なった結果
昨年大きな資金を全て失った方が大勢いらっしゃるのです。
大変残念なととです。
少なくとも我々同志には、そうした方は殆どおらず
被害も最小限にする事ができた思っています。


今週も頑張りましょう。


―口座紹介―

1.GMOクリック証券私が2%2pipsトレードで実際に使っている口座で、
トータル的にバランスのとれた口座です。

GMOクリック証券

2.DMM FX私がシステムトレード分析で使っている口座
FX月間取引高 第1位!TV・CMで話題沸騰中。
↓  詳しくは
DMM FXは初心者向け

3.人気急上昇中外為オンライン使いやすさとコストの低さ、
そして何よりシステムが、非常に安定しているという点が、ポイントのようです。

キャンペーンの実施していて、今なら5000円がもらえます。
詳しくは、↓
外国為替証拠金取引なら外為オンライン

4.外為ジャパンFX
コスト最安値で、デイトレに最適な口座。
私もこのシステムで使っています。
取り扱いペアも32種類と豊富
詳しくは↓
最強のFX、スプレッド0.8銭&取引手数料無料の『外為ジャパンFX』

6. トレーダーズ証券
社名変更でEMCOM証券からトレーダーズ証券となりました。
詳しくは↓
FXならみんなのFX!!

7.FXトレーディングシステムズスプレッドが何と0.5円〜です。
詳しくは↓
業界最高水準スプレッド0.5銭〜



※設置タグでの口座開設・クリックのアフィリエイトの一部を当ブログの運営資金としています。
 ご協力お願いします。
※投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。
 本ブログの情報により読者の皆様に生じたいかなる損害についても当方は
 一切の責任を負いかねますことをご了承願います。


pramido at 08:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FX | トレード手法