March 10, 2007

檸檬のころ5

かっこ悪くて、情けなくて、でも忘れられない瞬間がある。田んぼと山に囲まれた、コンビニの一軒もない田舎の県立高校を舞台に綴る、青春の物語。

連作短編になってます。
この人のこういう作品はすごいスキ。
エバーグリーンなんかもそう。
読んだ後どうコトバにすればいいかわからないけどなんかココロが暖かくなる感じというか。
もっと長く感じていたいんだけどすぐ読み終わってしまったり。。

やっぱメイン?になってる「ルパンとレモン」がスキだなあ。。


映画化するんですけど、正直映画では期待出来ないなあとか思ったり。
ぶっちゃけあんまり見たくない。

檸檬のころ
檸檬のころ
posted with amazlet on 07.03.10
豊島 ミホ
幻冬舎 (2007/02)
売り上げランキング: 4425



檸檬のころ
檸檬のころ
posted with amazlet on 07.03.10
豊島 ミホ
幻冬舎 (2005/03)
売り上げランキング: 169345


おすすめです。

アヒルと鴨のコインロッカー5

「一緒に本屋を襲わないか」大学入学のため引越してきた途端、悪魔めいた長身の美青年から書店強盗を持ち掛けられた僕。標的は、たった一冊の広辞苑――四散した断片が描き出す物語の全体像とは?


面白い。
最初からすごい話に引き込まれて一気に読んでしまった
カットバック形式になってます。
そのカットバック形式が後々聞いてくる辺りとかスゴイ。

もうすぐ?映画化されるらしいんですけどたしかにこれは映画化難しいよな。。
逆にどういう風に監督が表現するのか見てみたい。

アヒルと鴨のコインロッカー
伊坂 幸太郎
東京創元社 (2006/12/21)
売り上げランキング: 1029


アヒルと鴨のコインロッカー
伊坂 幸太郎
東京創元社 (2003/11/20)
売り上げランキング: 21560


おすすめです。

prays at 10:00|PermalinkComentarios(0)TrackBack(0)clip!あ行 

March 04, 2007

ミタカくんと私 - 銀色夏生5

特にこれといった事件も起こらず、なんとなく毎日が過ぎていく。過ぎていく中でそれなりにいろいろ考えもする。そして日々の暮らしはこれからも続く。という状態が好きなので、そんな話を書きたくてこの物語を書いてみました。ナミコとミタカと他数名が出てくる気まま話。ナミコとミタカのつれづれ恋愛小説。

恋愛小説と書いてますが特に恋のにおいはほとんどしません。
すごく読みやすいので本を読むのが苦手な人なんかにはおすすめだと思う。
すぐ読み終わってしまう。
途中出てくるシーンのイラストが入ってたり面白い。

この人の作品は初めて読んだんだけど他にも読んでみたい。

ミタカくんと私
ミタカくんと私
posted with amazlet on 07.03.04
銀色 夏生
新潮社 (2000/06)
売り上げランキング: 201983



ミタカくんと私
ミタカくんと私
posted with amazlet on 07.03.04
銀色 夏生
新潮社 (1997/03)
売り上げランキング: 939399





February 26, 2007

99%の誘拐 - 岡嶋二人5

末期ガンに冒された男が、病床で綴った手記を遺して生涯を終えた。そこには八年前、息子をさらわれた時の記憶が書かれていた。そして十二年後、かつての事件に端を発する新たな誘拐が行われる。その犯行はコンピュータによって制御され、前代未聞の完全犯罪が幕を開ける。第十回吉川英治文学新人賞受賞作。


前半が↑にも書いてある手記がメイン。
そこがちょっと話になかなか入っていけなかったのでちょっと挫折しそうになりましたが2章に入った辺りから一気に引き込まれた。
読んでみる人は挫折せずに頑張ってもらいたい。

初版が88年なのでもう20年近く前に書かれた作品なんだけどパソコン関係のことがたくさん出てきます。
この時期だからこそ書けたものなんだろうな。
今だったらまた別な感じになっていたと思う。

物語として終わってはいないんと思うんだけどある意味すごい良い終わり方でした。

99%の誘拐
99%の誘拐
posted with amazlet on 07.02.26
岡嶋 二人
講談社 (2004/06)
売り上げランキング: 137854



おすすめです!!



February 20, 2007

東京公園 - 小路幸也3

ファインダー越しに感じてるこの気持ち。これって、ただの好奇心? それとも、もしかして恋? カメラマン志望の大学生・圭司をとり巻く様々な人間模様。柔らかな光を浴びて、ゆっくりと芽吹く恋の物語。



なんかスゴイ話だった。
ちょっとありえないというかなんというか。
終わりはアレでよかったのかなあ?
中盤までは好きな感じだったんだけど終わり方がちょっと無理やり終わらせた感じがした。

けどこの人の作品はすごい読みやすい。
長さもそんなにというか短い方だしあんま読むの苦手な人とかにお勧めかも。


東京公園
東京公園
posted with amazlet on 07.02.20
小路 幸也
新潮社
売り上げランキング: 196330



そのときは彼によろしく - 市川拓司4

小さなアクアショップを営む「ぼく」のもとに、一人の美しい女性がアルバイトにやってくる。やがて二人の間にあった不思議な縁が、ぼくの人生を動かし始める。市川拓司テイストたっぷりのファンタジックな青春小説。



初めてこの人の本を読んだ。色々映画化されてたりで名前は知ってたけど読むのは初。
タイトルの意味がある意味裏切られた。
別に悪い意味じゃなくてね。これはその場面までわからないと思う。

6月公開で映画化されます。


そのときは彼によろしく
市川 拓司
小学館
売り上げランキング: 54145



ちょっと色々変えてみようと思う。
あらすじを書くのがしんどいからamazonからのコピペにしてやりました。

February 08, 2007

ひさびさ

最近忙しかったりで全然書けてなかった。
その間も少しずつですが本は読んでたのでゆっくりと書いていこうと思います。
とくにこれといって書くことがないので以下はここ1ヶ月くらいで読んだ本の個人的まとめです。
予告編みたいなものですかねww


陽の子雨の子 豊島 ミホ
永遠。 村山 由佳
GOTH 乙一
そこへ届くのは僕たちの声 小路 幸也
スノードーム アレックス シアラー
100回泣くこと 中村 航
クローズド・ノート 雫井 脩介




prays at 22:43|PermalinkComentarios(0)TrackBack(0)clip!雑記 

January 09, 2007

カフーを待ちわびて - 原田マハ3

第1回『日本ラブストーリー大賞』大賞受賞作品。

カフーとは、与那喜島の方言で果報や幸せという意味。
舞台は沖縄の離島、与那喜島。
生まれつき右手の不自由な明青は身内を失くしカフーと名づけた犬と一緒に暮らしていた。
旅先の北陸の神社で書いた「嫁に来ないか」という絵馬を見て幸という女が尋ねてくる。それから2人の微妙な同居生活が始まる。

最後はちょっと無理やりな感じがしたけど面白かったです。
2007年に映画化が決定してるみたい。
誰が演るんだろう?

カフーを待ちわびて
カフーを待ちわびて
posted with amazlet on 07.02.20
原田 マハ
宝島社
売り上げランキング: 136374



December 27, 2006

天使の梯子 - 村山由佳4

「天使の卵」の続編。

あれから10年。

慎一はバイト先で高校1年の時の担任の夏姫と再会する。
あるきっかけであの時の春妃と歩太のように8歳年下の男の子と付き合うことになった夏姫。
そして慎一は歩太という夏姫の近くに居る「男」の存在を知り激しい嫉妬に駆られ歩太に近づく。

夏姫は未だに春妃に言ってしまったひどい言葉を後悔していた。
同じく歩太もまだ春妃を引きずっていた。


続編なので天子の卵を読んでから読む方がいいと思います。
久々に天使の卵も読み返してみようかな?

天使の梯子
天使の梯子
posted with amazlet on 06.12.27
村山 由佳
集英社
売り上げランキング: 71479


天使の卵(エンジェルス・エッグ)
村山 由佳
集英社
売り上げランキング: 138977



December 26, 2006

アジアンタムブルー - 大崎善生3

この人の作品も初めて読みました。
最近映画化された作品です。


アダルト雑誌の編集者山崎とカメラマンの葉子の話。
山崎の過去、現在。その間に出逢った葉子。
突然訪れた愛する人の「死」を目の前にしていったい何ができるのか。
彼女のためにニースに行き最期を迎える。

そして現在。葉子が居なくなってしまったことで山崎は現実に戻れないでデパートの屋上をフラフラしている。


続き?としてパイロットフィッシュという作品があるらしい。機械があれば読んでみよう。

アジアンタムブルー
アジアンタムブルー
posted with amazlet on 06.12.26
大崎 善生
角川書店
売り上げランキング: 134706



Visita
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: