久しぶりの更新。

今は 元気になったけれど、先月4月26日 クールが倒れた。



4月26日朝
ココアと一緒に庭を駆け回り
家の中を駆け回り
階段駆け上がりと遊んでいる間に 犬の餌の用意。
いつもの変わらない朝のはずが 餌の準備が終わってもクールの姿がない
ありえない

一階を探して 庭をみてもいない えっ?!
お隣の敷地で遊んでいるのか???
探しても居ない・・・
二階のベランダ???
二階に探しに行ったら クールが倒れている
吐いたあとが数ヶ所あり 起き上がろうにも起き上がれない状態


何事????!!!!

様子をみると眼球が左右にめっちゃ揺れている

あぁ・・・あれか・・・ 前庭疾患?
ほんまに突然やな!!
脳とか そんな病気じゃないかな?
妄想暴走

落ち着け私!! 今 手遅れで死ぬわけじゃない!!と自分に言い聞かせ
クールを撫でで落ち着かせて 寝かせた。
私が大好きクール さすが こんな状態でも 私が撫でると寝る



えーっと、、、病院に電話、、、、アカンまだ開いてない
えーっと掃除 えーっと・・・えーっと・・・
担架がわりの 持ち手つき敷物 何処になおしたっけ???
パニック!!!!!

血液検査の結果
炎症はみられず 菌によるものではない
腫瘍マーカーも異常なし
これかな?あれかな?と考えられるケース全て異常なしで一安心。

クールの場合 老犬性前庭疾患
人で言うと メニエール病に似た症状
普段なら薬は錠剤で苦くても 凄い顔しながらバリバリ食べてしまうクール
はたして、、、食べてくれるか?薬を飲んでくれるか?

この病気自体で死ぬ事はないけれど
めまいを起こして気持ちが悪くて船酔い気分がエンドレス
エサや水を受け付けられず、衰弱して亡くなってしまう犬もいるそうです。
動けない 食べれない 弱る 筋肉も弱る 寝たきり・・・
死なないといっても 回復したときに元に近い状態で復活してほしいから
日々のマッサージを欠かさないようにしなければ!!

倒れた26日は 病院で注射をしてもらい 26日夜の薬と
27日朝晩の薬をもらい クールの様子をみましょうってことで帰宅。

薬が効いたみたいで 私もいるし 落ち着いてスヤスヤ寝るクール。
凄く寝ると思いますが 心配しないで下さい。って言われていたので
安心して 寝ているクールに ひたすらマッサージ
動かすと余計にグルングルン世界が回り 辛いらしいので
クール1階で介護生活。

上半身を起こせるも フラフラなので補助ベストを着せて
補助しながら起こして私の体でクールを支え 喉につまらせたら怖いしね
夜は雑炊を作ったら いつもの1/3だけれど 食べてくれた♪
支えながらスプーンでクールの口に運ぶも まごろっこしいのか
餌皿に顔を突っ込んで 自力で食べる。
食欲はあるみたい でも 気持ち悪いようで 量はいらない感じ
薬も飲んでくれて一安心。

27日
何なら食べてくれるか?食べやすいか?栄養万点か?
昨夜まで食べていた大好きなおやつなのに見向きもしない
朝1食は雑炊を食べてくれるも 夜は食べてくれない・・・
水なら飲むので 肉と野菜を圧力鍋で調理してミキサーで粉砕
ドロっとしたスープ状にすると飲んだ♪
少しでも食べてくれるものを発見☆ 薬も飲ませることができた。

28日朝、吐く吐く吐く 食べれない 薬も飲めないので病院に担ぎ込んで注射。

帰ってきたら 薬効果か 補助なしで立てるようになりスープも飲んでくれた。
夜もスープを飲んでくれたので いけそうやな♪と 粉砕した錠剤をスープに混ぜ
再び飲ませる。

29日以降は、目覚しい回復力を発揮☆あんた倒れて3日ですけど?
自分で歩いていき 水を飲むようになり
庭にも出れるようになってトイレも自分でできるように。
私を後追いするようにまで回復☆ ストーカークール復活。



 
父に治療してもらっているクール

 
5月7日 おやつくれ♪とパパを後追い中 おォ〜 お久し振りねウエスト もう痩せなくていいよ
首の傾きが残るかと思いきや 元に戻った。
散歩に行きたがったので 連れ出してみた。
日曜日の公園 クールファンの子どもたちがクールの元にかけ集まってきた。
「クールどうしたん?何かちがう」
遠くからやったのに何故分かった?! さすがクールファン
子どもにもわかるように説明して 倒れてから初散歩と言うと
「クール良かったな」「クール凄いな」
「クール凄いなおじいちゃんやのに」「頑張って元気になるんやで」「クール頑張れ」
数々のクール応援の言葉をくれた。
すっごい感動
クールを気遣って ほんまに そ〜っと撫でてくれて 直ぐに去っていって
小学生やのに あなたたちの方が凄いな!!
一緒に居たパパさんママさんたちにも説明したみたいで
帰りには 子どもたちのパパさんママさんにも 声をかけてもらって
いや〜〜〜〜〜〜〜〜 ほんまに 嬉しかった。

1週間かけて 餌を徐々に形あるものにして普段の量に戻す。
普通に散歩するようになり 5月15日には走った。
現在は 3kg痩せて 脚力がやっぱり弱った・・・
ココアと飛び跳ねて遊べるけれど 踏ん張りがきかないようで
尻もちをつくけれど まあまあ通常運転のクール。

5月29日朝 これで最後の薬。

クールの様子で薬の処方も変わり どんどん少なくなって2錠になったのだけれど
その薬も終わる。

再発率・再発するまでの平均日数を病院で尋ねたら 先生曰く

薬を止めたとたん再発することもある。
全く再発しない犬もいる。
再発率は、高い気がします。ただ再発しないと病院には来ないので そっちの記憶が薄くて
再発で病院に来た子たちの印象が強くて その記憶が凄く濃いっていうのがあります。
だから 僕自身が高いと感じているのかも知れません。
この病気は原因不明で 原因不明=わからないので・・・

再発しないまま元気で寿命を全うしていたら
犬が居ないと 動物病院に行かないし。
予防接種、予防薬では 強烈な印象無いしね。

凄い15歳!!!!
このまま寝たきりを 最悪お別れを覚悟したけれど
復活してくれた♪
このまま 再発しない事を祈る!!!
階段の上り下りも出来るけれど もしも落ちたら・・・私が抱いて上り下りしています。
出かけるときは 1階に連れて行って 階段下のドアを閉め
クールが自分で上り下りしないようにしているけれど
3回ほど 自分で上り下りしている。。。
気をつけねば!!


母ちゃんのスリッパ♪

クールの方が学習して 階段で私が抱っこするのを待ってくれている
アカンやろ飼い主として


確保


歩く時はスリッパを履くもんだから
私が移動の時に 寝ていても起きれるように スリッパを枕にするクール・・・