July 30, 2007

ダイアログ・イン・ザ・ダーク今年も開催されます

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」、今年も開催されます。
 
昨年の体験談は、こちら
 
本当に、衝撃的で、でも、心に深く刻まれた体験でした。
どれだけ普段、自分の五感を眠らせているか、
ひしひしと感じる1時間でした。
 
生きているって、どういうことなのか、
自分と相手との境界ってなんなのか、
自然と自分との境界ってなんなのか、
そんなことを考えずにいられない、60分です。

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク2007東京」が、
9月13日(木)〜12月19日(水)の90日間、港区の旧赤坂小学校で開催されます。
すでに、チケットは、残り平日のみとなっています。
 
ぜひぜひ、この機会をお見逃しなく!
http://www.dialoginthedark.com/
  
Posted by precious_sandalwood at 21:16Comments(2)OTHER

July 19, 2007

ごぶさたでございます!!!

 
んもー、ごぶさたどころではないですね。
前に更新したのが3ヶ月も前だなんて・・・・
月日がたつのは早いものです。ほんと。

いつも、プレシャスのことを気にかけ、
時々このちぃとも更新されないブログを覗きに来て
くださっているみなさま、
 
ほんとうにありがとうございますっ!!
 
プレは、おかげさまで、元気にしています。
ちょっと変わったことがあるとすれば・・・
 
前よりも、甘えん坊になったことと・・・
(↓最近は、すぐお膝の上で、手をもみもみするのです)
 プレ4
 





もみもみ…ままぁー








前よりもちょっと(!?)ぽっちゃりさんになったこと↓ 
 プレ2





んふ?なにか?









3歳になったプレと○3歳になったおねえさんは、
二人仲良く歳をとっていっています。
 
はぁ、これを機会に、またブログ更新
ちゃんとがんばらなくちゃ!!
 
プレ1






そうだにゃ!






こんなのんきな二人ですが、
ご縁あってこのブログに遊びに来て下さったみなさま、

プレ3





今後とも、よろしくお願いいたし
ます☆








  
Posted by precious_sandalwood at 21:15Comments(5)にゃんにゃん

April 18, 2007

通勤途中のアザミ

170a2e97.jpg
通勤途中に咲いていた立派なアザミ。
こんな都会(大田区)のど真ん中で、なぜか、この一箇所にだけ
田園風景に見られるような植物がいつも咲いている。
夏には、こんな野生の朝顔みたいな花が咲き乱れていたし・・・。
不思議なこの一角は、大田区のミステリースポットと呼ばれている。
(呼んでるのは私一人だけど)
 
それにしても、このアザミ怖い・・・・。
丈は130cmぐらいもあって、悪魔みたいな姿をしてる。
たくさんつぼみをつけていて、そのすべてに
堅くて鋭いトゲをつけていて、茎も葉にも無数の針が出ている。
なんか攻撃的で、怒ってるみたい・・・
ピンクの花がひとつ咲いてたから、触れようとしたら、
隣のつぼみのトゲにチクリとやられた。痛いよ〜。
 
でも、意外なことに、このアザミ、別名を「ミルクシッスル」といい
肝機能障害や、胆のう・肝臓の浄化に大きな働きをする
人間にとって有益なれっきとした薬用植物・ハーブなのだ。
このトゲトゲの茎も葉も根も花も、全草が食用になる。
人も植物も見かけによらないなぁ・・・
  続きを読む
Posted by precious_sandalwood at 19:02Comments(2)ハーブ

April 12, 2007

スペシャルオリンピックス

c3a58e1a.gif
昨日の新聞記事で、スペシャルオリンピックス(SO)というスポーツ組織があることを知った。
日本ではまだあまり知られていないけれど、知的発達生涯のあるアスリートとボランティアからなる国際組織だ。
 
地域での継続的なスポーツトレーニングと、世界大会、全国大会、地区大会など様々なスポーツイベントを主催しており、これらのSO活動を通じ、知的障害のある人たちの自立と社会参加を促進することを目的としている。(SO HPより一部抜粋)
 
もっと耳なじみのある「パラリンピック」は、身体的な障害のあるアスリートが、競技に参加してタイムや記録を競い合うスポーツ組織だが、SOでは、タイムを競い合うことも、勝ち負けもなく各アスリートの、各々の目標が達成されたことを表彰する。
だから、全員がすがすがしい表情で表彰台に上がるのだそうだ。
また、この大会はほとんどがボランティアの手によって運営されているそうだ。
参加したボランティアは、アスリートに負けないぐらいの感動をもらっているとのこと。
 
なんて素敵なスポーツ組織なんだろうって思う。
SOのHPで、参加したアスリートたちの声や、家族の声を読むとじーんと目頭が熱くなる。
この活動を通して、スポーツに参加するようになると、それまで、何に対しても意欲を見せず、反応も小さかった人たちが笑顔が増えたり、自分のことを自分でしたり、自主性が自然に生まれるそうだ。
 
また、学校と連携して、生徒たちに活動に参加してもらうことで知的発達障害への理解を深めたりもしている。理解することで、目に見えない障害に対するバリアを、若い世代の視野から取り払うことができれば、これからの日本は私たち全員にとって、より住みやすいところになるはず。
 
現在のSO日本の理事、三井さんが、当時SOに参加するきっかけとなった言葉が記事中に紹介されていた。私は、この言葉を電車の中で読んで、鼻水が止まらなくなってしまった。
 
―どんなに医学技術が進歩しても、これからも、
生まれてくる子どもたちの2%は、知的発達障害者なのです。
なぜなら、彼らは、優しさや感謝の気持ちを忘れた私たちに
それを思い出させてくれる、神様からのプレゼントだからです―
 
2007年10月には、北京大会が開催され、
日本からもたくさん代表選手が向かうことになっている。
今からたくさん応援したい!
  
Posted by precious_sandalwood at 14:32Comments(3)OTHER

April 03, 2007

プレシャスへのラブレター

b78b6739.jpg
4月2日で、プレちゃんがおねえさんちに来て、丸2年が経ちました。
 
2年の間、いつもこーんなに元気でいてくれて、ありがとう。
野良時代を、よく元気で乗り越えて、うちに来てくれたね。
よく、こんなマイペースなおねえさんの所を選んで来てくれたね。
 
「生まれ変わる前にも、きっと私たちはパートナーだったんだね。
また会えて嬉しいね〜」
って言うと、目を細めてにゃーぁって言うプレちゃん。
 
最近は、なぜか「のんのこ」って呼ばれてるけど(笑。
どう呼んでも「にゃーぁ」ってお返事ができるプレちゃんは
なんてお利巧さんなの。
 
いつもおねえさんのこと、構ってくれてありがとう。
ときどき、なでなでし過ぎるところとか、
肉球もみもみし過ぎるところとか、
耳を食べようとするところは、許してね☆
・・・おねえさんの生きがいだから(笑。
 
いつも、お尻をおねえさんの顔にくっつけて寝てくれて
ありがとう。
おねえさんが後ろにいると、安心するんだよね。
えぇー、わかってますとも!
 
プレちゃんがいてくれるから、毎日仕事もがんばれます。
プレちゃんが、毎晩体をこすりつけて、時々頭を
壁や戸にゴンゴンぶつけながらも、玄関まで出迎えてくれるから、
一日の疲れなんて吹っ飛んじゃうよ。
 
これからも、
いっぱい食べて、いっぱい寝て、
いっぱいうんちとおしっこもして
いっぱい遊ぶ、というプレちゃんのお仕事、
がんばろうね。
 
おねえさんも、社会の一員というお仕事、
娘というお仕事、他にも、姉、友人、
恋人、有権者、誰かの手助けができる人、
辛い人の気持ちがわかる人、などなど・・・
いろんなお仕事をがんばります。
 
これからも、よろしくね。
 
大好きなプレちゃんへ
親ばかおねえさんより

PS
おねえさんの、かえるみたいな色の靴下、
ちょっと恥ずかしかったけど
プレちゃんが一番いとしい顔をしてたので
つい選んでしまいました。
許してね☆

  
Posted by precious_sandalwood at 19:27Comments(4)にゃんにゃん

March 14, 2007

いのちの本質を見つめるセミナー

3月25日 10:30〜 イイノホール(虎ノ門)にて、帯津良一先生が会長を務める「サトルエネルギー学会」主催の、春のイベントが開催されます。
多彩な講師陣による、興味深いセミナーを、1日にして楽しめます。
 
ぱっと見は難しそうなセミナー??という印象を受けるかも知れませんが、実際は、社会や学校で誰も教えてくれなかった、「いのちの本質」について、わかりやすい言葉でお話いただけることと思います。

日ごろお疲れの方は、ちょっと息抜きに春の陽射しの中でひなたぼっこするような気持ちで、ぜひ足を運んでみてください。

きっと、今抱えている問題や悩み事の糸口が見つかったり、肩の力がふっと抜けたりするのではないかと思います。

-----------------------------------------------
サトルエネルギー学会 春の大会
いのちの本質をみつめよう〜共生の本質、医の本質〜
 
■10:30〜11:15
医療と舞アートの融合「楽以舞療法(ライブセラピー)と健康」
講師:朝日舞 訌軾堂 代表取締役 未来光道創始者
 
■11:15〜12:00
おバカ待望論 〜アホなヒトやアホなコトが世界を救う〜
講師:江場 康雄 螢┘弌‖緝充萃役
 
■13:20〜14:20
病気になりたくてもなれない話
講師:宇田 成徳 宇田技術研究所 代表
 
■14:20〜15:20
ツキを呼ぶ魔法の言葉 
講師:五日市 剛 工学博士
 
■15:45〜16:45
宇宙にアクセスする右脳
講師:七田 眞 七田チャイルドアカデミー校長 教育学博士 心理学博士
-----------------------------------------------
 
詳しくは、こちら
 
サトルエネルギーホームページ
http://www.subtle-eng.com/index.html
 
特別価格によるお申し込みはこちら
  
Posted by precious_sandalwood at 18:11Comments(0)spiritual

March 07, 2007

もくれんが咲いていました

cffc8fb4.jpg
通勤途中の新宿中央公園で。
冬の間ずっと、ほとんど色がなくて、グレーで湿った雰囲気だったこの公園にも、春の訪れを感じた。
陰気な公園だなぁと思ってたけど、ちゃんと幹の下でいのちを育んでたんだね。
 
桜のつぼみもほころびはじめているのを発見!
ここ最近の異常気象は気になるけど、春の訪れを植物が教えてくれるのを見つけると、やっぱり嬉しい。
 
プレも、最近抜け毛が収まってきた。
今年は、ずいぶん早かったね、プレさん。
一回りやせて小顔に見える。私も、冬物の脂肪、脱ぎたいよー。
 
kinkan←これは、もぎたてのきんかん。
職場の香川出身の方が、庭からもいで(笑)持ってきてくださったのだ。
まさにもぎたて、フレッシュ。
私は、きんかんが皮ごと食べられるものだとは、この歳になるまで知らなかった!!
あまりにかわいくて、すぐ食べるのはもったいないので、現在水をはったコップで栽培中♪
  
Posted by precious_sandalwood at 19:05Comments(2)OTHER

March 01, 2007

プレシャスと小太郎

kotaro sleep三重にいる母の元ですくすく育っている小太郎。
ちょっと前まで、こーんなにちっちゃかったのに、
今ではこーんなに大きくなりました。
でも、この写真は、今年のお正月の頃のものなので
今ではもっと大きくなってるかも!
 








kotaro2




ぼく、牛乳だーいすき。
空パックを見るだけで喉がごろごろ言っちゃうの。
 







kotarro
ママのこともだーいすきなんだ。
ぼく甘えん坊だから、ママにくっついてばっかり。
でも、こないだママにおひげを切られちゃったんだ(涙。
ほら、おひげ短いでしょ?
 
 
↑そうそう、うちの母ときたら、小太郎が色んなところに
飛び乗るもんだから、ヒゲがなければ、上がれなくなって
おとなしくなるだろう、と思ったらしく、ヒゲを切ってしまったそうなのだ(涙
ひどい・・・根元には神経も通ってるし、ネコにとってはヒゲは何より大切なものなんやで!こんなん、虐待やで〜!と猛非難したら、知らなかったわ・・と反省していた。
 

pre sleep
これはつい最近のプレ様。
プレのことが気になって、時々覗きにきてくださってる皆様、ちぃとも更新してなくてごめんなさいね〜。
今日は反省の意味もこめて、オンパレードでございます☆
どうぞおつきあいくださいまし!










pre mouth


ZZZZZ。。。。
おねえさんに、ちゅーされまくっているとも知らず
無防備なお口。
だって、起きてるときには嫌がられるんだもん
(by おねえさん)






bikkuri


あっ、何それ。
なんか怖いもんちゃう?!
ドキドキ・・・


streching
のびーっとにゃ。






unya?
うにゃ?
呼んだ?
(おねえさんはこれをデスクトップの壁紙にしていつもニヤついている。)





  
Posted by precious_sandalwood at 17:50Comments(8)にゃんにゃん

February 07, 2007

ほんとにこれでいいの?

dc5317a0.jpg
ぽかぽかの陽だまりに抱かれて
居眠りするプレさん・・・
あったかいにゃぁ〜
気持ちいいにゃぁ〜
 
・・・でも、これって、ほんとに2月の風景?
 
ここ最近は毎年暖冬とはいえ、これほどまで2月が温かいことも、
1日の温度差が激しいこともなかった。
体が理由もなくだるかったり、朝、喘息のような胸苦しさで
目が覚めることも、そんなになかった。
こういう微妙な体調の変化も、
近頃の異常気象のせいではないかと感じる。
 
ニュースでは、おかしな報道ばかりだし。
冬眠できない動物たちが食べ物をめぐって山を降りてきたり、
東京の市場では、もう春の山菜が並んでいたり。
札幌雪祭りは、かろうじて開催できたものの、
会期中、雪像がもつかどうかわからないらしい。
 
ほんとにこれでいいのか、2月。
 
私たちは、より(物質的に)豊かな生活を求めて
自然をむさぼっているうちに、地球になんて仕打ちを
してしまったんだろう。
 
いまさらながら、ふと本気で怖くなる。
50年後、100年後の地球を危惧する声は
ずっと以前からあがっていたけど、もしかしたら50年後どころか、
今の子どもたちが大人になる、ほんの数年後にさえ
地球の自然の秩序は壊れてしまうのかも知れない。
 
もっとわたしも、危機感をもたなくては。
もっとわたしも、異常を肌で感じなくては。
 
コートを脱いでセーターの腕まくりをしながら、そう思った。
  
Posted by precious_sandalwood at 16:18Comments(5)OTHER

January 09, 2007

ただいまー!

d56d2915.jpg
田舎の三重から帰ってまいりました!
有休もプラスして、長めの帰郷になったため、
心身ともに相当リフレッシュできたと同時に
長らく会えなかった三重の古〜い友人たちと
つかの間の再会も果たせました。
 
ここで報告したいことは、盛りだくさん!ですが
仕事はじめって毎年バタバタしますねぇ・・・。
また、落ち着いたら順次Upしますので
どうぞおつきあいくださいまし☆
 
とはいえ、1歳1ヶ月の姪っ子「すみれ」の写真は
何より先にUpしたい、叔母バカな私。
 
半年前は「ガッツ似」(すまん、妹(笑))だったけど、
最近ずいぶん女の子らしく笑うよりになりました。
初めて覚えた言葉は「わんわ?」でした。
ホントはワンワンと言いたいらしく、動物を見ると必ず
「わんわ?」と疑問形で言って、ちっちゃな人差し指を立て
とことこ歩きまわります。

上の写真は、小太郎(母のにゃんこ)のしっぽをつかんで
わんわ?と得意げのすみれ。
  
Posted by precious_sandalwood at 14:20Comments(5)わたしについて

December 20, 2006

手を握ることの大切さ

7b0e92e5.jpg
Photo from Skychasers.net

陰鬱なニュースばかりが取り上げられる中、今日のYahoo!ニュースで、ちょっと素敵な記事を見つけた。
幸せな結婚をしている女性は、夫の手を握ることでストレスが即座に解消されることが発見されたそうだ。
これって、カップルだけでなくて、親子、友達、同僚やペットとのスキンシップにおいても言えることだと思う。
 
そこに信頼関係があれば、人の心はそっと触れただけで癒されるようにできているんだと思う。
 
母親が、怪我をした子供を「痛いの痛いの、飛んでいけ〜」とさすってあげたり、
失敗してへこんでいるとき、同僚が肩をポンと叩いてくれたり、
疲れて帰ったときに、ペットが大喜びして体をこすりつけてくるとき、
私たちは癒される。
誰もが経験した、あたりまえのことだけど、これこそが「ヒーリング」なんだと思う。
相手のことを心から思って触れたとき、誰でもみんな「ヒーラー」になってたんだ。
 
以下、Yahoo!ニュースより----------------------------
[ニューヨーク 19日 ロイター] 米研究によれば、幸せな結婚をしている女性が、ストレスを感じた際に夫の手を握ると、ストレスが即座に解消されることが、脳のスキャンではっきりと示されるという。
 研究は、結婚生活が良好と見られる16組のカップルを対象に、神経科学を専門とするバージニア大のジェームズ・コーン博士らが行った。
 同博士は、ロイターに対して、夫の手を握るという行為が女性のストレスの程度に与える影響の大きさに驚いたと話す。同博士は「関係が良好であれば、傷が早く癒え、病気になる頻度も低く、長生きすることは、これまでにも分かっていた。しかし、親密な関係が精神面に及ぼす利点を量的に測ったのは、今回の研究が初めてのことだ」としている。
 研究は、「サイコロジカル・サイエンス」誌12月号に掲載された。
  
Posted by precious_sandalwood at 18:24Comments(5)spiritual

プレの新しいおもちゃ

waht is it新しいおもちゃをゲットしました。
最初はちょっと警戒気味でも・・・












goron
「コテン」がお気に入りに
 変わった証拠!
  
Posted by precious_sandalwood at 17:39Comments(2)にゃんにゃん

December 08, 2006

プレのお口元

86e01b73.jpg
にゃんこの口元って癒されるなぁ・・・
プレさんのお口は、チューするとお魚の香りがする(笑。
  
Posted by precious_sandalwood at 17:03Comments(4)にゃんにゃん

December 05, 2006

ハーブカプセルで風邪予防!

4f8bd9a6.jpg
風邪対策ハーブカプセル
 
やっぱり今年も風邪が流行っている。
私は、人にハーブだのホメオパシーだのを薦めておきながら、
たいてい毎年風邪を引く。
自分の健康管理もできないうちは、プロのセラピストとは言えないぞ、私。
そこで、今年はこんなものを作ってみた。
天然ハーブ100%のカプセル。
 
風邪に負けない強い体を作るには、まずは自らが持つ
免疫力・抵抗力をUPすること。
そこで、免疫力向上、抗菌作用を持つハーブで
ハーブカプセルを作った。
 
使ったハーブは、多いものから順に
 
・エキナセア
・ネトル(西洋イラクサ)
・ペパーミント
・エルダーフラワー(西洋ニワトコ)
・カレンデュラ(マリーゴールド)
 
これをミルサーでパウダー状に細かく砕いて、カプセルに詰める。
昔の薬剤師さんが病院で粉薬を出してくれたときのように、
三角に折った紙で、さらさらとカプセルにハーブパウダーを注いで、ふたをして完成。
 
こりゃ一人で詰めるのはしんどそうやな・・・と思った私は、
昨夜、ダーリンをカプセル作製要員に緊急召集し
深夜近くからせっせと初めて、1時間程度で、100個詰め終わった。
詰めるのはちょっと大変だった(笑。
おかげで今朝、会社にちょっと遅刻した(おい!)。
 
でも、エキナセアやネトルの味は、苦手な人も多く、
ティーにするとちょっと飲みづらい。
このブレンドなら、ペパーミントやエルダーフラワーが
いい香りなので飲めなくはないが、
私は、毎年このエキナセアの効能を知りながら
味が苦手で、ティーや濃縮エキスに手が出ず、
なかなか摂取できずにいた。
 
でも、今年の私は昨年とはちと違うのだ(鼻息)!
細かく砕いたパウダーをカプセルにすることで、
直接ハーブを取り込むことができ、ティーとして抽出液を飲むより
摂取の効率があがる。
繊維質のハーブをそのまま取り入れることで、
食物繊維も摂取できて一石二鳥だ。
 
プレも、手についたパウダーをぺろぺろなめていた。
うんうん、体にいいお薬だから、どんどん召し上がれ。
 
おうちにミルサーがある方、ハーブカプセルで
この冬を風邪知らずで乗り切りませんか?
  
Posted by precious_sandalwood at 13:33Comments(5)ハーブ

December 01, 2006

木の実のクリスマスリース

cc5a15f0.jpg
かわいいでしょ?
木の実や落ち葉のクリスマスリース。
台紙は、ダンボール紙を緑に塗ったもの。
そこに、木の実などをボンドで貼っていくだけの簡単リース。
(ちょっと画像が荒くてごめんなさい・・)
 
先日、都内の高齢者福祉施設で、おじいちゃん、おばあちゃん方皆で1つずつ手作りした。ボランティアで参加した私も、ちゃっかり便乗して、1つ自分用に作らせていただいた。
ラベンダーの精油をアロマポットで焚いて芳香浴を楽しみながらの活動。
 


麦と唐辛子は施設内で育ったものを乾燥させてある。
まつぼっくりとどんぐりは、都内某所で拾われたもの。
都内にも、まだこんな立派などんぐりを拾えるところがあるんだ〜ってびっくり。
場所は・・・教えてもらったけど内緒(笑。
 
上のほうについているオレンジの木の実は、
垣根に咲いているのを、摘んできて乾燥させたらしい。
なんと「へくそ・かずら」という植物。
こんなか〜わいいオレンジの実をつけるのに
葉や花の匂いがその名のとおりなのだっ。
うちへもって帰ってきて飾っておいたら・・・ひょえ〜
最初の3日はやっぱりちょっと匂ってた(笑
プレさんも、くんくんしにきて、鼻の上に皺を寄せていた。
別名「馬喰わず」。くさくて馬も食べないからだって。
猫喰わずでもあることが、実験により判明。
 
小枝や八角や大小さまざまな木の実たちは、
クリスマスデコレーションとして売られているものだそうだ。
 
施設利用者さんたちも、一生懸命に手作りされていた。
やっぱり、木の実や麦や落ち葉など、自然のものに触れて
手作りするのは、とても楽しい様子。
 
クリスマスリースを作り終えたところで、
焚いている香りと同じ、ラベンダーのハーブティーを入れて
皆さんに飲んでいただいた。
  続きを読む
Posted by precious_sandalwood at 17:21Comments(3)ハーブ

冬の憩い

プレとの2度目の冬がやってきた。

やっぱりプレは、夏より冬のほうが好きみたい。
 
かつおぶしにゃー


あっ、それって鰹節とちゃう?










テレビを見る


ホットカーペットと座布団の間で、
ぬくぬくとテレビを見るのが
冬の憩いというものやな。
 







zzzz


そろそろテレビも飽きてきたにゃぁ。
リモコン権は、おねえさんに返すわ。
 








おひざのプレ




ホットカーペットもええけど
やっぱりお膝の上が一番あったかいにゃ。

プレさん、お膝の上では赤ちゃん返り。



  
Posted by precious_sandalwood at 15:46Comments(1)にゃんにゃん

November 28, 2006

チャーリー、だいすき!バイバイ!

956f07ba.jpg
三重の田舎の愛犬チャーリーが、11月24日(金)午前9時半ごろ、病院の診察台の上で父に見守られながら、天国へ行った。
ほんの9日前に15歳になったところだった。
 
もうかれこれ1年前に心臓発作を起こして以来、「次にまた同じような発作を起こしたら覚悟してください」とお医者さんに言われながらも、全盲で、耳も鼻も不自由になりながら、オムツまでして、ここまでがんばってくれたチャーリー。
 
チャーリーの15年間は、すばらしかったね。
うちにきたときは、私はまだ高校生で自分のことに精一杯のわがまま娘だったから、もっぱら同居中のおじいちゃんが、朝夕散歩に連れて行ってくれた。
妹が通っていた幼稚園の裏を回って、小学校の裏山のほうへ行くのが、チャーのお気に入り散歩コースだった。ティッシュ箱よりも小さな体をしてるくせに、辺りに一生懸命マーキングして、自分の縄張りを近所の大きなハスキー犬が通ると、ガウガウガウ〜って威勢良く攻撃しに行ったね。
 
その後、私が家を離れ、妹が家を離れ、おじいちゃんが一足先に天国へ旅立ち、おばあちゃんが高齢者施設へ入居し、父母が離婚をし、私たちは家を離れた。
その、私たち家族の、どこにでもあるような慌しい人生模様(時々は雲ひとつない晴天で、時々は大嵐だった)を、チャーリーは、ぜんぶ見届けてくれた。
 
私は、実はチャーリーとは、先日お別れを済ませていた。
ちょうどチャーリーが天国へ行く1ヶ月前に、鮮明な夢を見た。
夢の中で、三重の元・実家で入浴していると、裏庭の犬小屋から、くーんくーんと鳴く声が聞こえた。昔、スヌーピーという名のビーグル犬を裏庭で飼っていて、スヌーピーが時々家の中に入れてもらいたくて鳴くことがあったから、夢の中の私は、「あ、スヌーピーを部屋の中にいれてあげなくては」と、お風呂から出る。
勝手口を開けて中に入れてやると、入ってきたのは、チャーリーだった。
チャーリーは家の中に迎え入れられると、嬉しそうに、父母、妹、私の座る食卓の一角に座った。するとしばらくして、満足気なチャーリーは、うとうとし始めた。私たち家族もそれを見ていて嬉しくて、部屋の中は、温かい暖色系の明かりで満たされた。
 
・・・そこで目を覚まして、夢だったことに驚いた。あまりに鮮明だった。
初めて飼った、外犬だったスヌーピーにしてやれなかった多くのことを、室内犬だったチャーリーにはしてあげられたということを、チャーリー自身もよく理解していて、そのことを伝えに夢に現れてくれたんだ。
そうか、チャーリーは幸せだったんだね。
 
チャーリーが旅立った日の朝、私は出勤途中に、ふとスヌーピーの気配を感じた。懐かしい気持ちでスヌーピーのことを思い出していた。今日は、なんでこんなにスヌーピーのことを思い出すのかな・・・と思っていた矢先に、父から、チャーリーが逝った、とのメールが届いた。
 
チャーあくびスヌーピーが、天国からチャーリーを迎えに来ていて、それを私に伝えに来てくれてたんだ。
そう思ったら、私は、うれしくなった。
私たちは、住む世界が違って会えなくても、つながっている。
チャーリーのことは、スヌーピーに任せて、私たち家族はまたいつもの毎日を送る。
いつもの、代わり映えのしないけど、かけがえのない毎日。

パパをずっと健気に支えてくれて、ありがとう。
どんなときも、家族を結びつける絆でいてくれてありがとう。

チャーリー、ありがとう!
チャーリー、だいすき!
  
Posted by precious_sandalwood at 19:14Comments(5)わたしについて

November 21, 2006

ゾーンセラピーやります!

d63e3d38.jpg
今度の12月9日(土)、10日(日)の二日間、
「女性の働き方見本市」というフェスタが、三軒茶屋で開かれます。
その「癒しコーナー」の一画で、師匠とフィトセラピスト仲間たちと、アロマ・ゾーンセラピーを実施することになりました。
植物療法というものを、女性の皆さんに広く知っていただくことが目標です。
 
オリジナルブレンドのアロマオイルを使っての、頭と肩のトリートメント・マッサージ(15分/500円)です。スーッと爽快感あふれるアロマオイルは、頭皮からの経皮吸収と香りの吸入のダブル効果で、気持ちがゆるりと癒されますよ。また、当日、お気に入りのアロマオイルがあれば、購入いただけます。

他にも、女性の起業や、家庭とキャリアの両立を応援する講演会や、落合由利子さんの写真展など、働く女性なら誰もが楽しめるイベントが企画されています。
 
日ごろストレスをぐっと抑えてがんばっている皆様、もしご都合ついたら、ぜひ遊びに来てください!
先輩フィトセラピストたちに紛れて、私も、新米ながらがんばります・・・・ドキドキ。

女性の働き方見本市。 わくわくワーク・フェスタin世田谷2006


  
Posted by precious_sandalwood at 10:51Comments(2)ハーブ

November 13, 2006

ダライ・ラマ法王からの言葉のおくりもの


こういう人になれますように、
今も、これからもずっと。
 
保護をもたない人の保護役に
道に迷った人の案内役に
海を渡る人の船に
川を渡る人の橋に
危機に瀕している人の避難所に
明かりをもたない人のたいまつに
逃げ場をもたない人のかくれ家に
そして困っているすべての人のしもべに
 
―ダライラマ14世
 
これは、私が自分のことが嫌いになったり、やる気を無くして、自分を見失いそうなときに、ひそかに思い出して、じわーっとしたりする、いつも心にしまっている大切な言葉。
 
先週の金曜日、東京の両国国技館で、ダライ・ラマ14世が、やさしさと思いやりをテーマに講演された。幸運にも拝聴の機会に恵まれた私は(やったぁーーー)、会社を休んで冬の両国へ足を運んだ。
 
特に印象深かった「現代」についてのお言葉を、この場を借りてご紹介します。

・「Compassion (思いやり)」「Friend(友)」「Money(お金)」この3つが選択肢があったら、あなたならどれを選びますか?
「友」?それも、いい答えですね。でも、「思いやり」が最初の選択肢にあがるといいと思うのです。
なぜなら、尊い友や必要なお金は、「思いやり」が生むものだからです。」

・「現代は、物質的な発展、技術の進化に伴って、人間性の発展が置き去りになっているのです。ようやく、ここ最近になって、そのことに気づき、「欠けている部分」や「心や感情」への関心が高まってきました。」

・「人々は忙しすぎて、自分がたくさんの人に支えられていることを忘れ自分のことは自分でなんとかできるし、他人の力は必要ない、と思い込んでいる人が増えているのです。内なるものに、もっと目を向けなくてはなりません。」

現代のわかりやすい言葉で、こうして物事の「真実」を改めて私たち現代人に語りかけてくださる法王の姿は、「神々しい教祖さま」でもなんでもなくて、とても人間的で、身近でキュートなおじいちゃまだった。今回は、照明がまぶしいからと、講演の間中、お袈裟と同じ生地のサンバイザーをつけていらした。つるつるの頭につけられたサンバイザー、素敵だったよ〜。

  続きを読む
Posted by precious_sandalwood at 18:53Comments(2)OTHER

November 05, 2006

かまきりさんに遭遇

back日曜の午後、

いつものようにマイキャットタワーに登って日向ぼっこしてたん。

そしたら、見たこともにゃい蛍光色みたいな黄緑色した、ヘンな奴がベランダにおって、頭が三角で、時々くるくる動いてんの。

じーっと見てたら、なんとそいつは、鎌みたいな武器を両手に持ち出してきて、左右にゆーらゆら揺れ始めたんやで。

そんにゃん見てしもたら、それはもー怖くて、不覚にも思わずにゃぁにゃぁ情けない声で、おねえさんを呼んでしまったにゃ。

おねえさんいわく、そいつは冬超えできない生き物で、この寒さにもう体が相当参っているらしい。だから、ここはプレさんの縄張りではあるけど、一休みさせたって、なんちゅうてくるの・・・。

 

up

そんにゃん、怖いやんかー。あんな鎌持ってこっち来たらどうすんの!

って構えてたら、どうやらそいつは、こっち(ガラスの内)側には入ってこれにゃいらしい。

それがわかって、ちょっとほっとしたけど、目は離せへんのは変わりにゃい。

ずーっと見てたよ。もう、それは、奴が動いてる数時間の間、ずぅーっと。

 

そいつは、しばらくベランダの物干しや、飛んできた枯葉に飛び移ってつかまったり、ゆらゆらして落っこちたりを繰り返しにゃがら、しばらくしたらどこかに行ってしまった。

 

 

 

semi up

 

どこに行ったんかにゃ。

私みたいな立派な毛皮持ってないあいつは、やっぱり寒いんやろにゃぁ。

もう少し、ここで休んで行っても良かったのににゃ・・・。  
Posted by precious_sandalwood at 23:52Comments(3)にゃんにゃん