2013年11月

2013年11月27日

イギリスのお仕事制作過程


イギリスからのお仕事途中で一時中断していましたが
今日からまた取り掛かります。

dragon

現在腹部を製作中です。
パーツも大きいので焦がしをつけるのに
一苦労です。






12月も近づいてクリスマスの飾り付けを街中に見かけるようになりました。

1127


私の事務所にもちょっとしたクリスマス

これは木象嵌を楽しむ会の生徒さんが作ってくださいました。

大人っぽいけどかわいらしいそんな素敵なリースです。

今年はサンタさんが何かプレゼント持って来てくれるかもしれませんね。





preciousfurniture at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イギリスの工房とのお仕事 | 木象嵌

2013年11月22日

木象嵌を楽しむ会


前回の生徒さんの作品です。

k

Kさんは毎回ご自宅で作品を一つ作りあげていらっしゃいます。

前回はワーゲン今回はバイク。

ドンドン細かく難しい絵柄に挑戦し、
また木を選ぶセンスもドンドン上がってきます。

このペースで作ったら個展が開けてしまうかもしれません。

 カフェやバーに飾ったらとても素敵だと思いませんか。 


preciousfurniture at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月19日

イギリスのお仕事

イギリスの工房からのお仕事

今回のはキャビネットのドアに入ります。

1119a

イギリスから送られてきたヨーロピアンウォールナットに
マグノリア・パドック・サテンシカモアなどを使っていきます。
 
1119d

龍の体の部分は緑がかったマグノリアを使います。
まずは絵柄を写して

1119e

焼いてあげるとこんなふうに
立体感がでてきます。

1119c

焦がしをいれてあげるだけで雰囲気がグッとひきしまります。

焼いてみないとなかなかその効果はわからず
いつもこんな風に上がってくれるだろうと想像しながらの作業
やってみると自分が想像していた以上の結果や
その逆に失敗があったりして

だから楽しくてやめられません。


命を吹き込む事ができるでしょうか

一つずつ丁寧に作っていきましょう。 



1119

 今年最後のアンネのバラ

秋のまだ暖かい光の中で
 


preciousfurniture at 20:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イギリスの工房とのお仕事 | 木象嵌

2013年11月15日

酉の市


今日は一日充実した日となりました。

午前中は取材を受けて
そしてその後はイギリスの仕事に入りました。

dragon-for-S1

図案をトレーシングペーパーに写し取ったところです。
幅が80センチほど高さが70ほどと大きな物です。
明日から象嵌の加工に入ります。
さてさてどんな木を使って描いていきましょうか。





そして仕事の後には南区の酉の市を
訪れました。

酉の市1

横浜商店街の裏道は人で一杯神社も
あまりの人の多さに参拝はあきらめました。

酉の市2

熊手の市も人があふれてとても選んでいる
余裕がありません。

どちらも諦めてでも夜のお祭りを満喫して帰ってきました。

27日も三の酉があります。
今度は早くでかけてみようと思います。

 


preciousfurniture at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

木象嵌を楽しむ会


11月13日のお教室での
生徒さんの制作風景

1113

皆さん思い思いの作品を制作中です。

o1113

Oさんはアールヌーボ調のデザインに
蜂を入れているところです。

s1113

Sさんは額縁にぐるりと葉っぱを入れていきます。
これは糸鋸を使った技法で制作していきます。

来年の4月か5月には生徒さんの作品展をやる予定です。
その時には素敵な作品が沢山出来上がって
ご覧いただけると思います。

今からとても楽しみです。

 


preciousfurniture at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)