2014年12月

2014年12月27日

象嵌の材料


1227a

今とりかかっているイギリスの教会のお仕事。
材料は2種類ペア(洋ナシ)とヨーロピアンウォールナットです。
この2種類で葉の束の絵柄を70個以上作るのですが
大体3か月くらいはかかります。

材料を広げたところで
そういえば生徒さんにもフルサイズの材料を見せてあげたこと
があまりないような気がしてブログで
見ていただこうと写真に撮りました。

厚さは0.6㎜くらいです。
長さはその木の高さでマチマチです。
こうやって広げるとほんの少しだけ木の姿が見えてきて
長く生きて成長した木を使わせていただいているんだなと
実感できたりします。







preciousfurniture at 15:52|Permalink 木象嵌 

2014年12月13日

紅葉続き


1213

さて、家具職人さんが象嵌が入るのをお待ちかねなので
今日は急遽紅葉の続きです。

これはイエローポプラーと言われているユリノキです。
薄い緑色の板を焦がしを入れると
ほんのりと緑があがってきます。

繊細で優しい色合い。

私が難しい事をしなくても
木が表現してくれるので
後は少し手を加えるだけです。








preciousfurniture at 13:04|Permalink 木象嵌 

2014年12月09日

クリスマスリース


1209

今年も教室の生徒さんが
リースを作ってくれました。

大人っぽくて素敵です。

今年は仕事が詰まっているので

「今年はクリスマスもお正月もなし!」

と気合を入れていたのですが
子供たちのトナカイさんの歌が聞こえてきたり、
お店に素敵なツリーが飾られていたりすると
なぜか気持ちがソワソワとしてしまいます。

お花屋さんの前を素通りできず
ついついシクラメンの鉢を買ってしまいまいした。

もう少しでポイントせチアも連れて帰るところでした。

がまん、がまん。

それではお仕事気合れてがんばりましょう。






preciousfurniture at 13:14|Permalink 日々の中で 

2014年12月07日

2015年 年賀状用木象嵌「羊」


2015年賀状a

塗装をしました。
この瞬間が一番楽しいです。

体の部分はマッパと言う木です。
毛のふさふさ感に合って
ます。

角はタモの玉杢この光沢感が硬さを感じさせてくれます。

目は漆の黄色にアンモニアで蒸したアネグレ
そして顔はメ
ープルです。

バックはマグノリアとかイエローポプラと呼ばれているユリノキです。

それぞれの木の表情が鮮やかに浮かびあがってくると
狙っていた効果が表れます。

木象嵌の面白さは
木の表情に出会って
そしてそれを使って描く事。

 


preciousfurniture at 13:52|Permalink

2014年12月02日

羊制作中 続き


1202

こんな感じになりました。

後は台に貼って塗装になります。

「美」という字は大きい羊を表すとか
角のついた羊の頭を被った男性を表しているとか
と言われています。

来年はさらに「美」を勉強していきたいと願い
大きな雄々しい羊をと思って制作中です。

立派な羊になりましたでしょうか?



preciousfurniture at 23:12|Permalink 木象嵌