アヤメ木のものづくり探訪 作品展

2018年05月26日

お別れ


18年前イギリスのペットショップにいたオカメインコ竹千代君
籠の外から覗くとしっかりと見返して来て目線を合わせるので
かわいくて3日通って迎え入れました。

2年前に精巣癌だとわかり「後3か月くらいだと思ってください。」
と言われてそこから2年もがんばりました。

昨日の朝いつも元気な竹千代君が床に座り込んで静かにこちらを
見つめるので

あぁ死を迎え入れる準備ができてるな。。。

と思いそっと傍にいる事にしました。
水が飲めなくて戻したりしていたのですが
視線は穏やかでしっかりとこちらを捉えていて
最後はこちらを見ていたと思ったら
お水が飲みたいと水場に行き
水を飲んだと思ったので
また戻すかなと思って傍にいくと
身体がぐらっと揺れて一瞬苦しそうにしましたが
そのまま力が抜けました。

その時驚いたような目をして私の方を見つめたまま
閉じることもなく力が抜けて手で受け止めた時には
もう息をしていませんでした。

先生には癌が大きくなれば足に力が入らなくなって
食事ができなくなって
呼吸ができなくなって死んでいくので
途中で安楽死させてあげるという事もできます。
と言われていました。

ですがずっと元気で沢山食べて
最後もそれほど苦しまず
視線を合わせたまま逝ってしまいました。

イギリスで一緒に暮らし始めて
飛行機に一緒に乗って日本に帰ってきて
川越のマンション
大船の工房
横浜の住まい
そして厚木のアトリエまでずっと一緒でした。

誰よりも一緒にいてくれてありがとう。

IMAG5039



IMAG5235

今年は一緒に花見もしました。

IMAG6191

なぜか今朝早すぎる蓮が咲きだしました。
小さな小さなクロッカスくらいの蓮。








preciousfurniture at 10:27│
アヤメ木のものづくり探訪 作品展