イギリスの工房とのお仕事

2016年12月23日

イギリスのお仕事


去年イギリスで携わったお仕事の完成の写真を
初めて見る事ができました。

culham court

この写真でははっきり見られませんが
奥のドアの象嵌は私の仕事です。

反対側から見るとベンチの背にもずっと象嵌は入っています。
これはイギリスにあるプライベートチャペルですが
どうやら一か月に一度だけ一般公開されるそうです。
いつか自分の仕事が納められている姿を見たいものです。

Culham chapel

このチャペルはテムズ川のほとりに建てられ
昔の技法を取り入れた作り方をされています。
全て人の手により作られています。
ドアのハンドルランプに至るまで
この建築家によりデザインされたものです。

Craighamilton

8年と言う時間をかけおよそ400枚の図面により
作られています。

私の手元に届いた図面もすべて手書きのものでした。

こんなお仕事に携わる事ができてとても幸せです。

自分が死んだ後も何百年と残ってくれる
凄い事だと思います。



preciousfurniture at 13:48|Permalink

2015年08月23日

Wedding box


5月の結婚式に彼に贈りたいとのご注文でドラゴンの象嵌を作らせてもらった
お客様のお宅へ招待されてでかけてきました。

お会いした事もない方に初めて一人で会いにいくのはちょっと不安でしたが
素敵なご家族でこんな方にずっと持っていてもらえるなんて幸せだなと感じました。


11903964_899429823466931_2632131382799784450_n



11952996_899424840134096_626087257798080067_n



11951801_899425163467397_7087903365523792173_n








preciousfurniture at 01:56|Permalink

2014年01月20日

イギリスのお仕事

塗装も終わって完成です。

marquetry dragon


marquetry dragon


せっかく写真を送ってくれたのですがピンボケなので
まだ貼られる前の写真も載せておきます。

dragon marquetry






preciousfurniture at 22:23|Permalink

2014年01月17日

イギリスのお仕事

龍の象嵌が海を越えてイギリスに
無時に到着しました。

そしてキャビネットに貼られて今この状態です。

dragon6

後は塗装を施せば完成。

もう少しでお客様の元へ納められます。
 


preciousfurniture at 12:43|Permalink

2014年01月01日

あけましておめでとうございます。

2014初日の出

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今回は大晦日もお仕事

元旦もお仕事
 
今年はきっと一杯お仕事ができるのではと
期待しています。

さてイギリスのお仕事は

dragon11

後は少し足りないと思うところを足して
サインを入れて終わりです。

昨年は大きな作品を3点も作る事ができました。
大きいと時間もかかり
完成が近づくとそこからミスをするわけには
いかなくなるために神経を集中させます。

とても疲れるのですが
とてもやりがいがあり
達成感がひとしおです。

今年はもっともっと

大きい作品も

小さい作品も

心を込めて

沢山作っていきたいと

思います。
 


preciousfurniture at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)